SMAPIで開発を始める



SMAPIで開発を始める

Alexaスキル管理API(SMAPI)は、Alexaスキル管理タスクをプログラムで実行できるRESTful HTTPインターフェースを提供します。スキル管理タスクには、スキルの新規作成や対話モデルの更新などがあります。APIは、Login with Amazonを使用して呼び出し元を認証します。認証された開発者はすべて、ユーザーに代わってAlexaスキルの作成や更新を行うツールやサービスの開発ができるようになります。ASK CLIは、そうしたツールの1つです。

スキル管理APIの認証スキームは、開発者がAPIアクセス権限をツールやサービスに委譲する用途に最適化されています。

SMAPI(スキル管理API)を使用して、多くのスキルに関する操作を実行できます。次のようなことができます。

Alexaスキル管理API

APIに統合するツールやサービスを独自に開発している場合、Login with AmazonにOAuth 2.0を統合する必要があります。ユーザーの認可をリクエストしたり、スキル管理APIの呼び出しに使用するアクセストークンを取得したりするには、このOAuth 2.0を使用します。APIでは、authorization code Grant種別を使用する必要があります。アクセストークンの取得方法と、アプリケーションがリクエストできるOAuthスコープの詳細については、SMAPIで使用するアクセストークンの取得方法を参照してください。

APIエンドポイント

APIのルートエンドポイントはhttps://api.amazonalexa.comです。以下の各API操作に表示されるパスはrootに続けて記述する必要があります。Login with Amazonから取得したアクセストークンは、各リクエストのAuthorizationヘッダーに格納されます。

オブジェクトスキーマ

AlexaスキルをASK CLIまたはSMAPIで管理する場合、各リソースをJSON形式で表記する必要があります。

関連トピック:

SMAPI SDK

SMAPIはNode.js、Python、JavaのSMAPI SDKでも使うことができます。SMAPI SDKを用いて任意のスキル管理APIを呼び出すことで、スキルをプログラムで管理できます。使用方法については以下を確認してください。