カスタムスキルのQuick Linkを作成する



カスタムスキルのQuick Linkを作成する

Quick Links for Alexaを生成して、ユーザーをカスタムスキルに誘導することができます。Quick Linkはウェブサイト、モバイルアプリ、ソーシャルメディア、メールを介してユーザーに提供することができる標準のURLです。

ユーザーがQuick Linkをクリックすると、次のいずれかを実行できます。

  • Echoデバイスでスキルをすぐに起動する。
  • Alexa通知をEchoデバイスに送信するよう依頼して、デバイスの近くにいたらスキルを起動できるようにする。

AlexaのQuick Linkは、以下のデバイスをサポートしており、以下のロケールで利用できます。

  • デバイス: ユーザーがQuick Linkを使用してスキルを起動できるデバイスは、 Echo(すべてのバージョン)、Echo Tap、Echo Dot(すべてのバージョン)、Echo Show(すべてのバージョン)、Echo Spot、Fire TVです。
  • ロケールen_AU, en_CA, en_IN, en_GB, en_US, fr_CA, fr_FR, de_DE, hi_IN, it_IT, ja_JP, pt_BR, es_ES, es_MX, es_USに向けて作成されたカスタムスキルで利用できます。

スキルが満たす必要のある要件は次のとおりです。

カスタムスキルのQuick Linkに使用するURLの構文は、https://alexa-skills.amazon.<domain>/apis/custom/skills/<skill-id>/launchです。

公開中のカスタムスキルのQuick Linkを生成する方法

  1. skill-idを見つけます。
    1. Alexa開発者コンソールに移動します。
    2. 必要に応じて、ログインします。
    3. スキルタブで、スキル名の下にあるスキルIDの表示リンクをクリックします。
    4. 前述の構文を使用し、<skill-id>を前の手順で見つけたスキルIDに置き換えます。
  2. トップレベルドメイン(domain)を確認します。
    1. スキルが米国以外のマーケットプレイスで利用できる場合は、スキルのクイックリンクURLに異なるドメインを設定し、マーケットプレイスごとに個別のQuick Linkを作成することをお勧めします。
    2. スキルのQuick Linkは、AU、BR、CA、DE、ES、FR、GB、IN、IT、JP、MX、およびUSのマーケットプレイスで生成できます。
    3. スキルのQuick Linkを表示するマーケットプレイスごとに、以下の表からURLドメインを選択し、前述の構文の<domain>部分を置き換えます。
      マーケットプレイス ドメイン
      AU .com.au
      BR .com.br
      CA .ca
      DE .de
      ES .es
      FR .fr
      GB .co.uk
      IN .in
      IT .it
      JP .co.jp
      MX .com.mx
      US .com

    これで、Quick Linkの準備ができました。

Quick Linkは、ブラウザ、コンピューター、またはモバイルデバイス上で、ユーザーをQuick Links for Alexaのウェブページに誘導します。ユーザーは、このウェブページでAmazon Alexaアカウントにサインインして、スキルの詳細、所有デバイスのリスト、スキル内課金の評価や利用状況などの情報を取得できます。

サインインしてスキル情報を確認したら、2つの方法(ウェブまたはAlexa通知)のいずれかでスキルを起動できます。

オプション1: ウェブから起動する

ユーザーがAlexaデバイスの近くにいる場合は、Alexaデバイスでスキルをすぐに起動して試すことができます。Quick Links for Alexaのウェブページには、ユーザーが所有しているサポート対象のAlexaデバイスの一覧が表示されます。ユーザーがこれらのデバイスのいずれかをクリックすると、そのデバイスでスキルが起動し、ユーザーはすぐにスキルとの対話を開始できます。

オプション2: Alexa通知を起動する

ユーザーがこのオプションをクリックすると、Alexaデバイスに通知が送信され、ユーザーがAlexaデバイスの近くにいるときにスキルを起動できるようになります。Alexaにより通知が送信されると、画面のないデバイスでは黄色のランプが点灯し、画面のあるデバイスでは新しい通知があることを示す画面バナーが表示されます。ユーザーがスキルリンクの通知をAlexaデバイスに送信した後、「アレクサ、通知は何?」と言うと、Alexaは次のように応答します。「あなたは<スキル名>に興味を示しました。今すぐ試してみますか?」ユーザーが「はい」と答えると、「ウェブから起動された<スキル名>のスキルです」とAlexaが応答し、スキルが起動します。

アカウントリンクが必須のスキルの場合、ユーザーは上記のいずれかのオプションを使用してスキルを起動した後、アカウントをAlexaにリンクできます。たとえば、ユーザーがAlexa通知でスキルを起動した場合、スキルのアカウントリンクフローがすぐに表示されます。ユーザーがアカウントリンクを完了すると、Alexaがデバイスに通知を送信したことを示す確認メッセージが表示されます。

アカウントリンクをサポートしていても必須ではないスキルの場合は、ユーザーがQuick Linkを使用してスキルを起動してもアカウントリンクフローは表示されません。

アカウントリンクの詳細については、アカウントリンクとはを参照してください。

モバイルアプリにQuick Linkを表示する場合、ユーザーが既にログイン済みの場合でも、アカウントリンクプロセス中にアプリの認証情報を再度入力する必要があります。たとえば、モバイルアプリにサインインしているときにQuick Linkをクリックすると、ユーザーはQuick Links for Alexaのウェブページに移動し、アカウントリンクフローにリダイレクトされます(アカウントリンクがスキルに必要な場合)。ユーザーは既にモバイルアプリから移動しているため、アカウントリンクフローでサービスの認証情報の再入力が必要になります。この手間を解消するために、モバイルアプリでアプリ間アカウントリンク機能をユーザーに提供することができます。アプリ間アカウントリンクフローの最後のステップとして、ユーザーをQuick Linkにリダイレクトできます。

開発者コンソールでは、Quick Linkを使用して生成されたスキルの起動回数を表示できます。

さまざまなオンラインチャネルに表示された個々のリンクからのスキルの起動回数を追跡する場合は、スキルのカスタムタスクとQuick Link URLのクエリ文字列パラメーターを組み合わせて使用する必要があります。たとえば、ウェブサイト、モバイルアプリ、ソーシャルメディアページ、有料広告のうち、スキルのQuick Linkに最も多くのトラフィックを発生させているオンラインチャネルを把握したい場合、クエリ文字列アトリビューションパラメーターを使用して確認できます。カスタムタスクの入力パラメーターを使用して、パラメーターをスキルに渡すことができます。カスタムタスクのQuick Linkを作成する方法とQuick Linkおよびカスタムタスクでアトリビューションパラメーターを使用する方法を参照してください。スキルが入力を必要とせず、クエリ文字列アトリビューション入力パラメーターを非表示にする場合は、a2z_ref入力パラメーターを使用します。詳細については、トラフィック分析にキャンペーンアトリビューションを追加するを参照してください。