スマートホームセキュリティの概要



スマートホームセキュリティの概要

Alexa APIを使用すると、カメラ、ロック、モーションセンサーなどのスマートホームセキュリティデバイスを制御するAlexaスキルを作成できます。スマートホームセキュリティスキルの作成方法は、他のスマートホームスキルと同じです。詳細については、スマートホームスキルAPIについてスマートホームスキルの作成手順を参照してください。

ビデオやオーディオをストリーミングするクラウド対応カメラ用のAlexaスキルを構築するには、Web Real-Time Communication(WebRTC)またはReal Time Streaming Protocol(RTSP)を使用します。できる限りWebRTCを使用することをお勧めします。双方向通信をサポートする場合は、Alexa.RTCSessionControllerを使用する必要があります。

スマートホームスキルAPIは、OAuth2.0の仕様に準拠しています。スマートホームスキルAPIからスマートホームスキルに送信されるリクエストにはすべて、OAuthアクセストークンが含まれています。これにより、ユーザーのデバイス制御クラウドにアクセスできるようになります。デバイス制御クラウドはAuthorization Code Grantのフロータイプをサポートしている必要があります。詳細については、スマートホームなどのドメインのアカウントリンクを参照してください。

発話

Alexaインターフェースを使用してスマートホームスキルを開発する場合、音声対話モデルは既にビルドされています。以下に、ユーザーの発話の例を示します。

Alexa, talk to my front door camera.
Alexa, lock my front door.
Alexa, arm my home in away mode.

スマートホームセキュリティスキル用のAlexaインターフェース

スマートホームセキュリティスキルの開発に使用できるAlexaインターフェースを以下に示します。

Alexa.CameraStreamController
CameraStreamControllerインターフェースを実装すると、ユーザーが防犯カメラからのフィードを確認できます。
Alexa.ContactSensor
2面間の接触を検出するデバイス用のContactSensorインターフェースを実装します。
Alexa.DoorbellEventSource
DoorbellEventSourceインターフェースでは、インターホンイベントを発生させる機能を持つデバイスを指定します。
Alexa.EventDetectionSensor
EventDetectionSensorインターフェースを実装すると、セキュリティカメラデバイスが人の存在を検知したときにAlexaに通知できます。
Alexa.LockController
LockControllerインターフェースを実装すると、ユーザーがロック可能なデバイスをロック/ロック解除できます。
Alexa.MediaMetadata
MediaMetadataインターフェースを実装してセキュリティカメラからのメディア録画を管理すると、ユーザーが過去の録画を確認できます。
Alexa.MotionSensor
領域内の物体の動きを感知するデバイス用のMotionSensorインターフェースを実装します。
Alexa.RTCSessionController
リアルタイム通信(RTC)対応デバイス用のAlexa.RTCSessionControllerインターフェースを実装すると、ユーザーが自分のデバイスを使用してリモートで通信できます。
Alexa.SecurityPanelController
SecurityPanelControllerインターフェースを実装すると、ユーザーがセキュリティシステムを開始/解除したり、ユーザーにアラーム状態をレポートしたりできます。

Works with Alexa認定のガイドライン

Works with Alexa(WWA)認定は、応答性、信頼性、機能性の高い基準をクリアし、ユーザーに対して最高のスマートホームエクスペリエンスを保証する認定プログラムです。製品が認定されると、Amazonスマートホームストアと製品パッケージにWorks with Alexa認定バッジを貼付できます。詳細については、WWAスキルを参照してください。