スキルのパーソナライズのテストとトラブルシューティング

スキルのパーソナライズのテストとトラブルシューティング

Alexaスキルを開発したら、スキルのエクスペリエンスをあらゆる側面からテストする必要があります。テストを開始するには、Amazonアカウントに、スキルをパーソナライズを有効にしているプロフィールが1つ以上必要です。設定後、複数のプロフィールが同じアカウントのAlexaデバイスでスキルと対話するとき、スキルがどう応答するかをテストします。スキルにアカウントリンクが含まれている場合は、共有アカウントレベルと個人プロフィールレベルの両方で、アカウントリンクをテストする必要があります。また、スキルのパーソナライズを無効にしたときにどうなるかもテストする必要があります。

パーソナライズをサポートするスキルの作成について詳しくは、Alexaスキルのパーソナライズを参照してください。

スキルのパーソナライズをスキルユーザーとして管理する

ユーザーエクスペリエンスをテストするには、さまざまなシナリオに対応するAmazonアカウントと音声IDをセットアップする必要があります。

ここで説明する手順は、自分の音声IDで、スキルをパーソナライズする、または無効にするユーザーを対象としています。テストプランの一環として、Amazonアカウントに1つ以上のプロフィールが含まれていることを確認し、そのアカウントにほかのユーザーを追加して個人プロフィールを設定することも検討してください。また、スキルのパーソナライズを無効にした状態のプロフィールでも、スキルをテストする必要があります。

Alexaプロフィールと個人プロフィールという用語は、どちらを使っても構いません。どちらも、ユーザーの音声IDを含む、Alexaユーザーを識別する情報を指しています。自分の個人プロフィールを確認するには、Alexaアプリを開き、設定>マイプロフィールと家族を選択します。

個人プロフィールの例
個人プロフィールの例

音声IDは、個人プロフィールの一部です。音声IDの変更、削除、追加を行うには、設定>プロフィール>音声を選択し、画面の指示に従います。

新規のAlexaプロフィールをセットアップする

  1. Alexaアプリを開き、設定>マイプロフィールと家族を選択します。
  2. 画面の指示に従って、プロフィールを追加します。
指示に従って新規のプロフィールを追加
指示に従って新規のプロフィールを追加

Alexaプロフィールでパーソナライズが許可されているかどうかを確認し、必要に応じて設定を変更する

  1. Alexaアプリを開きます。
  2. 設定>マイプロフィールと家族>プロフィール>音声ID>音声IDの設定を開きます。
  3. 必要に応じて、スキルのパーソナライズを有効または無効にします。
スキルのパーソナライズのオン/オフ切り替え
スキルのパーソナライズのオン/オフ切り替え

すべてのAlexaプロフィールについて、Alexaアプリからいつでもスキルをパーソナライズを無効にできます。無効にしても、アカウントに存在するほかの個人プロフィールには影響しません。個人プロフィールにはそれぞれ、スキルをパーソナライズの切り替えボタンがあります。

音声IDは、Amazonアカウントに関連付けられています。このため、ユーザーの識別は、Amazonアカウントごとに行われます。複数のAmazonアカウントでパーソナライズしたスキルにアクセスする場合、各アカウントでプロフィールのスキルをパーソナライズする設定や、アカウントリンク設定を行うようにしてください。

スキルリクエストのuserId値とpersonId値を追跡する

パーソナライズされたスキルのプロフィールの場合、スキルサービスでは、スキルリクエストのuserId値とpersonId値を別々に追跡する必要があります。この追跡を行うことで、1人以上のユーザーとAlexaが、ゲームなどの進行中の対話に参加できます。たとえば、1人のユーザーがゲームの第1部にいて、別のユーザーが第3部にいるとします。スキルでpersonIdを追跡していれば、スキルは特定のユーザーが行った最後のリクエストを記憶しておき、その時点からスキルを再開できます。

Alexaがユーザーを識別し、そのユーザーとパーソナライズされた対話を進めている間に、別のユーザーがAlexaに話しかける状況も考えられます。その場合、別々のユーザーからのスキルリクエストをどのように追跡すればよいでしょうか。 通常、複数のセッションを実行するスキルでは、できる限り各ユーザー向けにパーソナライズしたエクスペリエンスを提供できるよう、userIdpersonIdを追跡する必要があります。

プロフィールが識別されない場合に再プロンプトを出す

音声IDを登録しているユーザーを、Alexaが常に識別するとは限りません。パーソナライズされた応答を提供していたスキルが、スキルセッションの最中に突然一般的な応答に切り替わってしまうと、ユーザーエクスペリエンスが低下する恐れがあります。たとえば、Alexaが現在のプロフィールを識別していないにもかかわらず、以前に識別したプロフィールのスキルセッションを継続している場合を考えてみてください。話している人は同じでAlexaが識別できていないだけかもしれませんし、別の人に変わったのかもしれません。personオブジェクトがないことがわかった場合、personオブジェクトを含む新しいスキルリクエストを受け取った後で再プロンプトを発話すれば、話しているユーザーの声をAlexaが再識別できる機会ができます。

スキルリクエストにpersonオブジェクトがない場合のトラブルシューティング

Alexaがスキルに送信するリクエストにpersonオブジェクトが含まれていない場合、必要に応じて以下の点を確認してください。

  • (開発者側)スキルの開発者コンソールで、スキルのパーソナライズを有効にします。
  • (ユーザー側)デバイスを使用しているアカウントでAlexaアプリを開き、現在のユーザーの音声IDを確認します。スキルをパーソナライズをオンにします。
  • ユーザーの音質に問題がないことを確認します。 ユーザーが騒がしい環境にいないこと、Alexaデバイスとの距離が離れすぎていないことを確認します。

スキルのパーソナライズをテストする

スキルを適切にテストするには、複数のプロフィールが設定されているアカウントと、どのプロフィールも設定されていない別のアカウントを、それぞれ1つ以上用意する必要があります。複数のプロフィールがそれぞれ個人プロフィールを作成し、音声でスキルにリクエストできる状況が理想的です。

スキルテストでは次の状況を確認します。

  • 家族に新しく追加したプロフィールがスキルと対話したときのスキルの動作をテストします。新しいプロフィールがない場合、任意のプロフィールの音声IDを削除してから、そのプロフィールにスキルと対話させます。その後、このプロフィールの音声IDを再作成して、もう一度テストできます。

  • Alexaアプリで音声IDのスキルをパーソナライズが有効になっている場合の、スキル動作をテストします。スキルは、そのユーザーがスキルと対話したときに、パーソナライズされた応答を返す必要があります。

  • パーソナライズされた応答を受けていたユーザーがAlexaアプリでスキルをパーソナライズをオフにした場合、スキルがどのように動作するかをテストします。

  • パーソナライズされた応答を受けていたユーザーが、スキルを無効にしてから再度有効にした場合、スキルがどのように動作するかをテストします。

  • ユーザーが識別されていない場合や、スキルをパーソナライズが無効の場合、スキルが、識別されていないユーザーに対してデフォルトのワークフローを実行するか、またはセッションを正常に終了するかを確認します。

  • デバイスでアカウントを切り替えた場合や、音声IDを作成していない別のAmazonアカウントに登録した場合に、何が起こるかをテストします。同じスキルテストをもう一度実行します。

チェックリスト:パーソナライズ機能とアカウントリンクの連携をテストする

スキルがプロフィールに対してパーソナライズ機能とアカウントリンクを両方サポートする場合は、これらの連携をテストしてください。

以下の前提条件とテスト項目をチェックします。

  • 作成したスキルが、プロフィールに対するパーソナライズ機能とアカウントリンクをサポートしていること。
  • Alexaアプリに、音声IDを持つプロフィールが少なくとも1つ登録されていること。
  • 1つ以上のプロフィールが、Alexaアプリでスキルをパーソナライズを有効にしていること。
  • スキルがプロフィールに対するパーソナライズとアカウントリンクをサポートしている場合、スキルをパーソナライズを有効にしたプロフィールが、自身の個人プロフィールにアカウントリンクできること。スキルをパーソナライズを無効にしている場合、このユーザーがデフォルトの共有アカウントレベルでアカウントリンクできること。
  • 個人プロフィールを設定したプロフィールとしてアカウントリンクをテストすること。
  • 共有アカウントレベルでアカウントリンクを行い、プロフィールのあるなしの両方でスキルをテストすること。
  • 共有アカウントレベルと個人プロフィールレベルの両方で、アカウントリンクを解除し、スキルの使用を続行した場合にどうなるかをテストすること。

個人プロフィールを使用してスキルのアカウントリンクを実行する

この手順は、未公開のスキルをテストすること、または変更したけれどまだ公開していないスキルをテストすることを前提としています。

  1. 前述のチェックリストに記載した前提条件を満たしていることを確認します。
  2. 開発者アカウントで、Alexaアプリにサインインします。テスト用のAlexa搭載デバイスにも、開発者アカウントでサインインしたことを確認します。
  3. Alexaアプリで、スキル・ゲームを選択します。
  4. 作成したスキルのリストを開くには、有効なスキル>開発の順に選択します。
  5. パーソナライズ機能を含むスキルを選択します。
  6. スキルが有効になっていない場合、有効にして使用するを選択します。アカウントをリンクをタップして、アカウントリンクを開始します。Alexaアプリに表示される手順に従って、個人アカウントをリンクします。
  7. パーソナライズ機能を使用するスキルが既に有効になっている場合は、そのスキルページで設定>アカウントを管理の順にタップします。
  8. アカウントを追加を選択してから、画面の指示に従い、個人アカウントのアカウントリンクを設定します。

パーソナライズ機能を追加する前に、スキルのアカウントリンクを既に設定している場合は、スキルの設定ページに表示される共有Amazonアカウントにリンクされます。スキルで個人アカウントまたは共有アカウントがリンクされているかどうかを確認し、いずれかのリンクを解除できます。

スキルのアカウントリンクを解除する方法

  1. Alexaアプリのメニューでスキル・ゲームをタップします。
  2. スキルが公開中の場合、虫眼鏡アイコンを選択し、Alexaスキルストアでスキル名を入力して検索します。スキルが開発中の場合、有効なスキル>開発を選択し、スキルページを開きます。
  3. 設定をタップします。
  4. 設定ページで、リンクされているアカウント(共有アカウントまたは個人アカウント)を確認します。
  5. 個人アカウントまたは共有アカウントのリンクを解除するには、アカウントを管理をタップします。
  6. 共有アカウントのリンクを解除するには、アカウントを管理ページで、共有アカウントの横にあるリンクを解除をタップします。
  7. 個人アカウントのリンクを解除するには、個人アカウントの横にあるリンクを解除をタップします。

ほかのユーザーに紐づけられた個人プロフィールのリンクを解除することはできません。

スキルがどのレベル(ユーザー自身のAlexaプロフィール、ほかのユーザーのAlexaプロフィール、共有アカウント)でアカウントリンクしているかにかかわらず、デバイスにアクセスできるすべてのスキルユーザーがスキルをテストできます。それぞれの状況で、スキルをどのように動作させるかを決定してください。

現在の個人プロフィールでスキルをパーソナライズが無効になっている場合でも、スキルにアカウントをリンクできます。その場合、リンクした共有アカウントはAmazonアカウントに関連付けられます。これを行うには、目的のスキルページに移動して、設定>アカウントを管理>アカウントを追加の順にタップしてください。

パーソナライズ機能とアカウントリンクがスキルにどのように影響するかについては、スキルでのパーソナライズ機能とアカウントリンクの連携を参照してください。

シミュレーターでスキルをテストする

Alexaデバイスでスキルをテストするだけでなく、Alexaシミュレーターを使ってテストすることもできます。詳細については、Alexaシミュレーターでパーソナライズ機能をテストするを参照してください。