AlexaスキルのAutomotiveプロパティ



AlexaスキルのAutomotiveプロパティ

ユーザーが車載エンドポイントからAlexaを操作する場合、AlexaへのユーザーのリクエストにはAutomotiveプロパティが含まれます。自動車からAlexaを使用するユーザーとの対話を管理できるよう、スキルの応答を調整できます。自動車スキルの詳細については、自動車運転用Alexaスキルを参照してください。

Automotiveプロパティのしくみ

車載エンドポイントは、Alexaサービスによって自動車内での使用を目的としたものとして識別されたデバイスです。

ユーザーは任意のAlexa搭載デバイスでスキルを操作できます。スキルと対話するデバイスが車載エンドポイントである場合、以下の例に示すように、スキルに送信されるユーザーリクエストには、contextオブジェクト内にAutomotiveプロパティが含まれています。

{
  "version": "1.0",
  "session": {
    ...
  },
  "context": {
    "Automotive": {}
    ...
  },
  "request": {
    ...
  }
}

これらのユーザーリクエストの詳細については、標準のリクエストタイプのリファレンスを参照してください。

AutomotiveインジケーターのNode.jsサンプルコード

このNode.jsコードでは、contextオブジェクトを解析し、Automotiveプロパティが存在するかどうかを確認しています。このプロパティが存在する場合、コードではデバイスが車載エンドポイントであると判断されます。

var isAnAutomotiveEndpoint = handlerInput.requestEnvelope.context.Automotive;
if (isAnAutomotiveEndpoint) {
     console.log("Alexaユーザーは車載エンドポイントです");
}

Automotiveプロパティに基づくスキルの応答のカスタマイズ

スキルでリクエストを解析し、Automotiveプロパティが存在するかどうかを確認できます。存在する場合は、適切な応答を行うようにスキルをデザインできます。スキルの応答をデザインする方法の詳細については、自動車用Alexaスキルデザインのベストプラクティスを参照してください。