認定における指摘項目のトラブルシューティング

認定における指摘項目のトラブルシューティング

スキルは、Alexaスキルストアに認定を申請し、認定プロセスに合格して初めて公開されます。

このページでは、認定のフィードバックにおける一般的な指摘項目の詳細と、問題の解決方法について説明します。

問題:スキル説明が不完全である

概要

スキル説明は、スキルのコア機能に関連した情報を提供しているか。

合格基準

  • スキル説明は完全であり、不完全な文章がない。
  • スキル説明には、スキルでサポートされているすべての機能が正確に記述されている。
  • スキル説明のすべてのワンショットフレーズに、ウェイクワードと正しい呼び出し名が含まれている。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

スキル説明に十分な情報がない。

簡単な説明にはスキルを使用するための十分な情報が含まれているが、詳細な説明にはスキルを使用するために必要なすべての情報が含まれていない。

簡単な説明: このスキルは、宇宙についての豆知識をランダムで一つ提供します。

詳細な説明: スキルを起動するには、「アレクサ、宇宙情報を開いて」と言ってみてください。

詳細な説明にスキルの使用方法について詳細な情報を入力する。簡単な説明に、スキルの概要についての短い文章を入力する。

簡単な説明: このスキルは、宇宙についての豆知識をランダムで一つ提供します。

詳細な説明: このスキルは、宇宙についての豆知識をランダムで一つ提供します。スキルを起動するには、「アレクサ、宇宙情報を開いて」と言ってみてください。

スキル説明が実際の機能と異なる機能を説明している。

スキル説明に、実際には存在しない機能についての説明が記載されている。

スキル説明: このスキルは、1800年代から1900年代の歴史についてのクイズを出題します。

実際の機能: 1800年代のクイズのみが出題され、1900年代のクイズが含まれていない。

音声でスキルをテストして、すべての詳細が正しいことを確認する。

たとえば、スキル説明に、1800年代から1900年代までの歴史クイズが含まれていると表示されている場合、この機能が正確であることを確認する。機能が存在しない場合、または最初に入力した機能と異なる場合は、スキルのコア機能と一致するように説明を編集する。

スキル説明にタイプミス・誤用が含まれている。

スキル説明でスキルのことを「アプリ」と誤って表記している。

スキル説明: アプリを使用するには、「アレクサ、十二星座占いを開いて」と言ってください。

タイプミスを修正する必要がある。この例では「アプリ」の表記を「スキル」に修正が必要。

スキル説明: スキルを使用するには、「アレクサ、十二星座占いを開いて」と言ってください。

問題:サンプル発話にエラーが含まれている

概要

定義されたサンプル発話をスキル内でリクエストした際に、それぞれのインテントは関連性のある、理解ができる、エラーがない応答であるか。

合格基準

  • すべてのインテントが、リクエストに関連性がある応答を返す。
  • すべての応答内容が理解可能であり、適切である。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

スキルがエラーを返す。

ユーザーがスキルのアクションを承認または拒否する発話をした際に、スキルがエラーを返す。

ユーザー: 「アレクサ、十二星座占いを開いて」

スキル: 「十二星座占いへようこそ! いつでも指定の星座を聞くことができます。もしくは十二星座すべてについて聞くことができます。星座のリストを確認しますか?」

ユーザー: 「はい」

スキル: 「スキルがリクエストに正しく応答できませんでした」

スキルがインテントを正しく処理していることを確認する。スキルを実行し、さまざまなシナリオやサンプル発話をテストすることが必要となる。

スキルが関連性のない応答を返す。

スキルでユーザーが選択肢Aを選択するが、スキルはユーザーが選択肢Bをリクエストしたかのように応答する。

ユーザー: 「アレクサ、物語リーダーを開いて」

スキル: 「物語リーダースキルへようこそ。物語のあらゆる分岐点でAまたはBを選択することで、その後の展開が変わります。それでは始めましょう」

スキルが物語を読む

スキル: 「キャラクターが次に取る行動を決めることができます。AルートとBルート、どちらを選択しますか?」

ユーザー: 「Aルート」

スキル: 「Bルートを選択しました」

スキルが物語をBルートで続ける。

スキルの応答を聞いて、ユーザーの各リクエストと一致することを確認する。

この例では、物語はAルートで進んでいる必要がある。

スキルの応答に発音できない特殊文字が含まれている。

カードゲームスキルに、♣や♥などのカードに関連したクラブやハートの記号が含まれている。

ユーザー: 「アレクサ、ランダムカードを開いて」

スキル: 「♣の10」

スキルがクラブの記号を発音できない。

スキルは特殊文字や記号を発音できないため、読み上げ可能な日本語で置き換える。

ユーザー: 「アレクサ、ランダムカードを開いて」

スキル: 「クラブの10」

スキルが♣の記号を解釈することなく「クラブ」という単語を読み上げる。

問題:スキルセッションが自動的に終了しない

概要

ユーザーが要求されたタスクを完了した後、スキルセッションは閉じるか。 ユーザーに対してセッションが開いているか閉じているか明確であるか。

合格基準

  • 要求されたタスクが完了した後、スキルのセッションが閉じる。ユーザーに対して発話の促しがない。
  • セッションが開いたままで、常に発話を聞き取っている場合(たとえば、会話スキルやアドベンチャースキルなど)は、スキルはセッションが開いていることを明確にしている。
  • ユーザーの発話を促し、入力を待機している状態を明確にしてから、スキルのセッションが開く。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

エラーの後にスキルセッションが開いたままになる。

「すみません、わかりませんでした」などのカスタムエラーが起こった後、ユーザーに追加の発話を促すことなくセッションが開いたままになる。

ユーザー: 「アレクサ、宇宙情報を開いて」

スキル: 「宇宙情報へようこそ! どの惑星について学びたいですか?」

ユーザー: 「海」

スキル: 「すみません、よくわかりませんでした」

セッションは開いたままになる。

エラー後にセッションを開いたままにする場合は、ユーザーが次に何を発話するべきかわかるように明確な再プロンプトを含める。

ユーザー: 「アレクサ、宇宙情報を開いて」

スキル: 「宇宙情報へようこそ! どの惑星について学びたいですか?」

ユーザー: 「海」

スキル: 「すみません、よくわかりませんでした。学びたい惑星の名前を言ってください」

セッションは開いたままになる。

ウェルカムプロンプトの後にスキルセッションが開いたままになる。

ウェルカムプロンプトでスキルの短い概要を提供した後、ユーザーに発話を促すことなくセッションが開いたままになる。

ユーザー: 「アレクサ、十二星座占いを開いて」

スキル: 「十二星座占いへようこそ!」

セッションは開いたままになる。

スキルがウェルカムプロンプトでスキルの短い概要を提供した後、質問や複数の選択肢を含めユーザーへ続きの発話を促す。

ユーザー: 「アレクサ、十二星座占いを開いて」

スキル: 「十二星座占いへようこそ! どの星座について知りたいですか?」

セッションは開いたままになる。

リクエストを完了した後にスキルセッションが開いたままになる。

スキルがウェルカムプロンプトでタスクを完了したにもかかわらず、応答後にセッションが開く。

ユーザー: 「アレクサ、宇宙情報を開いて」

アレクサ: 「水星での1年はわずか88日間です」

セッションは開いたままになる。

単発でタスクが完了する豆知識スキルなどではウェルカムプロンプトの後にセッションが閉じることを確認する。デバイスのライトは発話を聞き取っていることを示す青いライトが付いていない状態になる。

ユーザー: 「アレクサ、宇宙情報を開いて」

アレクサ: 「水星での1年はわずか88日間です」

セッションは開いたままになる。

問題:最初のサンプルフレーズに無効なキーワードが含まれている

概要

最初のサンプルフレーズには、ウェイクワードとスキルの呼び出し名が含まれているか。

合格基準

  • 最初のサンプルフレーズは、ウェイクワード(「アレクサ」、「アマゾン」、「コンピューター」、「エコー」のいずれか)から始まる。
  • 最初のサンプルフレーズには呼び出し名が含まれており、サンプルフレーズを発話した際にスキルが起動する。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

ウェイクワードが含まれていない。

最初のサンプルフレーズの始めにウェイクワードが含まれていない。音声で起動されるデバイスはウェイクワードを必要とする。

「宇宙情報を開いて」

フレーズの先頭にウェイクワードを追加する。

例:「アレクサ、宇宙情報を開いて」

最初のサンプルフレーズに誤った呼び出し名が使用されている。

サンプルフレーズに含まれている呼び出し名が実際の呼び出し名と異なる。

サンプルフレーズ内の呼び出し名: 「アレクサ、十三星座占いを開いて」

サンプルフレーズに含まれる呼び出し名が開発者コンソールのビルド>呼び出し名ページに登録されていることを確認する。

問題例のフレーズの「十三星座占い」では呼び出せないため、開発者コンソールと同じ呼び出し名「十二星座占い」に設定する。

サンプルフレーズ: 「アレクサ、十二星座占いを開いて」

最初のサンプルフレーズに呼び出し名がない。

最初のサンプルフレーズに、サンプルフレーズに含まれている呼び出し名がない。

「アレクサ、品川区の郵便番号を検索して」

実際の呼び出し名: 郵便番号ファインダー。

ウェイクワードの後に呼び出し名を含める。ユーザーのリクエストに呼び出し名が含まれていない場合、スキルではなくAlexaサービスへ転送されるため、スキルの起動には呼び出し名が必要。

「アレクサ、郵便番号ファインダーで品川区の郵便番号を検索して」

問題:状況に応じた読み上げ応答またはオーディオ再生応答に関する問題

概要

すべてのサンプルフレーズ(スキル説明に記載されたものも含む)は、状況に応じた読み上げ応答またはオーディオ再生応答をエラーなく提供しているか。

合格基準

スキルが適切な読み上げまたはオーディオ再生をエラーなく提供する。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

スキルが起動しない。

一部の呼び出し名と起動フレーズの組み合わせがうまく機能しない。

サンプルフレーズ: アレクサ、<呼び出し名>を始めて。

ユーザー: 「アレクサ、<呼び出し名>を始めて」

ユーザー発話の履歴: 「アレクサ、<呼び出し名>を始めて」

履歴画面に「このリクエストは<スキル名>に送信されました」のように正しいスキル名を含んだメッセージが表示されてない。

サンプルフレーズがスキルに届くことを確認する。呼び出し名と起動フレーズの相性には良し悪しがあるため、

必ずサンプルフレーズを音声で試し、Alexaアプリで発話の履歴を確認する。


履歴画面にはリクエストで使用された発話が表示されるため、実際に発話したフレーズとログの内容が一致する必要がある。メッセージは次の形式で表示されます。 「このリクエストは<スキル名>に送信されました」

スキル応答がスキル説明の記載と一致しない。

実際のスキルの応答が意図したリクエスト、またはスキル説明の記載と異なる。

サンプルフレーズ: 「動物の鳴き声を出して」

ユーザー: 「アレクサ、アニマルサウンドを開いて」

スキル: 「アニマルサウンドスキルへようこそ! 何をしますか?」

ユーザー: 「動物の鳴き声を出して」

スキル: 自動車の音を再生する。

サンプルフレーズのリクエストに対して意図した応答であり、スキル説明の記載と一致していることを確認する。

ユーザー: 「アレクサ、アニマルサウンドを開いて」

スキル: 「アニマルサウンドスキルへようこそ! 何をしますか?」

ユーザー: 「動物の鳴き声を出して」

スキルが犬が吠える声を再生する。

スキルの応答にエラーが含まれている。

ユーザーのリクエストは目的のスキルに届いているが、エラーが返される。

「スキルがリクエストに正しく応答できませんでした」または「未定義」

サンプルフレーズ: 「アレクサ、アコースティックギターでGマイナーコードを弾いて」

ユーザー: 「アレクサ、アコースティックギターでGマイナーコードを弾いて」

スキル: 「未定義のコードを弾きます」

スキルがコードを再生する。

すべてのサンプルフレーズに対してエラーなく応答することを確認する。

ユーザー: 「アレクサ、アコースティックギターでGマイナーコードを弾いて」

スキル: 「Gマイナーコードを弾きます」

スキルがGマイナーコードを再生する。

問題:サンプルフレーズが正しくモデル化されない

概要

すべてのサンプルフレーズは、対話モデルのサンプル発話と正確に一致しているか。

合格基準

  • サンプルフレーズのすべての部分が、サンプル発話と完全に一致する。これには、ウェイクワード、呼び出し名、関連した起動フレーズは含まれない。
  • サンプルフレーズに使用されているスロット値はスロット値の範囲に含まれている。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

音声プロンプトがサンプル発話と一致しない。

音声プロンプトで提供されているフレーズがサンプル発話の定義と完全一致しない。

問題の音声プロンプトの例: 始めるには、「音楽を再生」と言ってください

サンプル発話: PlayIntent 音楽再生

フレーズは、サンプル発話で正確に定義されている必要があり、類似のものでは不十分。

サンプル発話: PlayIntent 音楽を再生

サンプルフレーズが定義されていない。

サンプルフレーズまたはスキル説明内のフレーズがサンプル発話に定義されていない。

サンプルフレーズ: 「アレクサ、アニマルサウンドで牛の音を再生して」

サンプル発話: CowIntent 牛の音

モーダル応答やワンショットフレーズが正確にインテントスキーマに定義されていることを確認する。

サンプル発話: CowIntent 牛の音を再生して

スロット値が正しくない。

スロット値の1つが欠落している。

問題の音声プロンプトの例: 「朝、昼、夜から1つ選択してください。」

カスタムスロット値:
  • {Time}
  • {Time}

音声で提示されたすべての選択肢はスロット値として定義されている必要がある。例は以下のとおり。

カスタムスロット値:
  • {Time}
  • {Time}
  • {Time}

問題:サンプル発話の量が少ない

概要

ユーザーがリクエストする際に発話すると思われる、一般的な言い回しが不足していないか。

合格基準

ユーザーのリクエストがスキルに届くよう、インテントに幅広く十分な数のサンプル発話が定義されている。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

「はい」または「いいえ」の発話が認識されない。

「はい」および「いいえ」がサンプル発話に定義されていない。

プロンプトの例: 「続けますか?」

サンプル発話:
  • YesIntent 続ける
  • NoIntent 続けない

「はい」および「いいえ」が確実にインテントに含まれていることを確認する。また、ユーザーが発話されると想定される「続けます」や「続けません」などの発話を含めることを推奨。

サンプル発話:
  • YesIntent はい
  • YesIntent 続ける
  • NoIntent いいえ
  • NoIntent 続けない

回答方法によって正しく機能しない。

インテントに単位が含まれていない。

プロンプトの例: 「5メートル足す20センチの長さは?」

サンプル発話: AnswerIntent {number}

ユーザーは、数字だけでなく特定の単位(インチ、フィート、ヤード)を含めて応答することがある。

サンプル発話:
  • AnswerOnlyIntent {number}
  • AnswerIntent {number}メートル
  • AnswerIntent {number}センチ

自由回答式の質問の発話が認識されない。

複数の機能があるスキルにおいて、各リクエストに対応するための多様なサンプル発話が不足している。ユーザーは同じリクエストを少し異なった方法で発話する可能性がある。

問題プロンプトの例: 「何をしますか?」

サンプル発話:
  • AnswerIntent {number}
  • PatternIntent パターンについて知りたい
  • PatternIntent パターンについて
  • ColorIntent
  • ColorIntent 色について教えて

スキルのインテントスキーマが、ユーザーによる自由回答式の質問として考えられる発話を網羅していることを確認する。

サンプル発話:
  • AnswerIntent {number}
  • PatternIntent パターンについて知りたい
  • PatternIntent パターン
  • PatternIntent パターンを教えて
  • PatternIntent パターンについて
  • ColorIntent 色について知りたい
  • ColorIntent
  • ColorIntent 色について教えて
  • ColorIntent 色について

問題:サポートされていない起動リクエストと起動フレーズ

概要

起動リクエストを含むすべてのサンプルフレーズは、サポートされている起動フレーズリクエストを使用しているか。

合格基準

起動およびワンショットのリクエストのすべてのサンプルフレーズで、サポートされている起動フレーズを使用している。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

スキルで誤った呼び出し名が使用されている。

呼び出し名にタイプミス・誤用が含まれている。

実際の呼び出し名: 十二星座占い

サンプルフレーズ: 「アレクサ、十三星座占いを開いて」

「アレクサ、十二星座占いを開いて」

スキルで誤った起動フレーズが使用されている。

Alexaでサポートされていない起動フレーズが使用されている。

サンプルフレーズ: アレクサ、<呼び出し名>を検索して。

アレクサ、<呼び出し名>を開いて。

ウェイクワードが使用されていない。

呼び出し名と起動フレーズは正しいが、ウェイクワードが最初に含まれていない。

サンプルフレーズ: <呼び出し名>を開いて。

アレクサ、<呼び出し名>を開いて。

問題:Amazon以外のインテントでサンプル発話が重複している

概要

サンプル発話は、すべてのインテント間で一意となっているか。

合格基準

対話モデルは、複数のインテントで重複しているサンプル発話がない。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

標準ビルトインインテントを使用した際に失敗する。

拡張されたビルトインインテントの発話は既にほかのビルトインインテントで定義されており、2つのインテントが競合している。

サンプル発話: Amazon.CancelIntent とめて。

「とめて」はAmazon.StopIntentで既に定義されているため、拡張されているビルトインインテントのサンプル発話を削除する。

カスタムインテントを使用した際に失敗する。

2つ以上のカスタムインテントに同じサンプル発話が定義されている。

サンプル発話:
  • WhatCanIBuyIntent 買う。
  • BuyConfirmIntent 買う。

いずれかのインテントをより適切なサンプル発話に変更するか、重複している一方のサンプル発話を削除する。

スロット値を使用した際に失敗する。

カスタムスロット値とインテントに同じサンプル発話が含まれている。

サンプル発話:
  • IntentA {Slot}が欲しい。
  • IntentB 豆知識が欲しい。

カスタムスロット値:{Slot}豆知識。

重複しているインテントの一方を削除する。

問題:サンプル発話とスロット値にサポートされていない値が含まれている

概要

サンプル発話とスロット値は、スキルでサポートしている各言語に対して正しい言語を使用しているか。

合格基準

スキルのサンプル発話とスロット値は、サポートされている各言語に対して正しい言語で記述されている。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

アクロニムやイニシャリズムを使用した際に失敗する。

アクロニム: 複数の単語で構成される言葉の頭文字を繋げて、1つの単語として発音するもの。

イニシャリズム: 複数の単語で構成される言葉の頭文字をとり、1文字ずつアルファベットで発音するもの。

誤ったアクロニムの例:n a s a
誤ったイニシャリズムの例:gps

正しいアクロニムの例: NASA
正しいイニシャリズムの例:g p s

特殊文字を使用した際に失敗する。

サポートされていない特殊文字を使用している。

例:→、#、+

「次」「番号」「ハッシュタグ」「足す」など、特殊文字を発音できる言葉に変更する。

違う言語を使用した際に失敗する。

選択されていないロケールの言語が使用されている。

スキルは日本語(ja_JP)で使用できるが、インテントが日本語で表記されていない。

サンプル発話: StartIntent empezar。

同じスキルで複数のロケールを設定している場合、正しい言語を使用しており、言語ごとに適切なサポートが提供されていることを確認する。適切な言語に翻訳がされていない限り、ロケールの追加はしないこと。

問題:申請時にテストアカウントが提供されない

概要

スキルの認定を申請するときは、ログイン情報など、スキルをテストするための有効な指示を認定チームに提供する必要がある。

合格基準

有効なテストアカウントとテスト手順を認定チームに提供する。

よくある指摘シナリオ

問題 問題の例 修正の例

認定申請にログイン認証情報がない。

有効な認証情報がないため、認定チームがスキルのアカウントリンクをテストできない。

有効なアカウントリンク認証情報(例:ユーザー名とパスワード)を認定申請と共に提供する。

開発者コンソールで認証情報を送信するには、公開>プライバシーとコンプライアンスタブをクリックし、テストの手順セクションに認証情報を追加する。

問題:スマートホームデバイスの検出に関する問題

概要

スキルの認定を申請するときは、テストアカウントに関連付けられている検出可能なデバイスがあることを確認する。

合格基準

スキルがスマートホームスキルAPIまたはビデオスキルAPIをサポートしている場合、デバイスの検出中に少なくとも1つの検出可能なデバイスがある。

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

テスト中にデバイスが検出されない。

スキルの認定を申請するときは、認定が完了するまで検出されたデバイスがアカウントに残るようにする。

認定チームが、スマートホームスキルの機能をテストおよび検証するデバイスを検出できない。

認定を申請したアカウントに、少なくとも1つの検出可能なデバイスを追加する。

問題:スキルキーワードに無効なキーワードが含まれている

概要

スキルの説明とスキルのプロンプトに、テストスキルであることを示すキーワードを含めることはできない。

合格基準

スキルの説明と応答に、スキルがトライアル、サンプル、テストであるという言及がない。

問題 問題の概要 問題の例 修正の例

無効なキーワードが使用されているため、スキルが認定されない。

スキルの説明またはプロンプトで、スキルがトライアル、サンプル、またはテストスキルであることが言及されている。

スキルの説明の例: このスキルはテスト用です。日本の鉄道に関する知識をチェックできます! スキルを起動するとクイズが始まります。


プロンプトの例:
ユーザー: 「アレクサ、カラーピッカーを開いて」

アレクサ: 「ようこそ! 色選びをお手伝いをします」

ユーザー:「ヘルプ」

アレクサ: 「このスキルは内部テスト用です。色を選びたい場合は『色を選んで』と言ってください」

スキルがトライアル、サンプル、テストであることを示すキーワードをすべて削除する。

スキルの説明の例: このスキルはテスト用です。日本の鉄道に関する知識をチェックできます! スキルを起動するとクイズが始まります。


スキルがトライアル、サンプル、テストであることを示すプロンプトのキーワードをすべて削除する。

プロンプトの例:
ユーザー: 「アレクサ、カラーピッカーを開いて」

アレクサ: 「ようこそ! 色選びをお手伝いをします」

ユーザー:「ヘルプ」

アレクサ: このスキルは内部テスト用です。 色を選びたい場合は『色を選んで』と言ってください」

問題: フラッシュブリーフィングスキルに有効なコンテンツが含まれていない

概要

スキルの認定を申請する場合、フラッシュブリーフィングスキルに有効なコンテンツが含まれている必要がある。

合格基準

フラッシュブリーフィングのコンテンツが7日以内のものである。この日付は、フラッシュブリーフィングのupdateDate値またはpubDate値から取得される。

コンテンツが7日を超えている場合、Alexaはコンテンツを処理せず、読み上げることもない。フラッシュブリーフィングスキルの認定を申請するときは、コンテンツが有効であることを確認する。

問題 問題の例 修正の例

フラッシュブリーフィングスキルには、過去7日以内のコンテンツが含まれている必要がある。

ユーザー: 「アレクサ、今日のニュースは?」

アレクサ: 「ジャパンニュースからお伝えします。 現時点で、日本のニュースには最新のコンテンツがありません」

ユーザー: 「アレクサ、今日のニュースは?」

スキル: 「ジャパンニュースからお伝えします。 昨日、お台場エリアに遊園地がオープンしました...」