Alexaスキルのベータテストを行う

Alexaスキルのベータテストを行う

Alexaスキルを一般公開する前に、限定されたユーザーを対象にスキルのベータ版をテストできます。スキルのベータテストツールを使って、スキルをテストし、ユーザーからのフィードバックを収集します。スキルのベータテストツールは、既存のスキルに加えた変更をテストするためにも使用できます。その場合、公開中のスキルを一般公開したままテストを行えます。スキルをテストしてフィードバックをもらえるよう、友達、家族、ソーシャルネットワークの連絡先、またはメールアドレスを知っている他のユーザーを招待できます。1つのスキルにつき最大500人に招待を送信できます。テスターの追加や削除、テストの終了はいつでも行えます。テスターからのフィードバックは、Amazon開発者ポータルで確認できます。テストサイクル中はいつでもスキルのフィードバックを得ることができます。本番環境にリリースする前にスキルを修正できるので、コストを削減できます。ベータテストツールは、優れたスキルを作成するのに役立ちます。

セキュリティ

ベータ版のスキルを使用するには、ベータテスターが使用するAlexaデバイスに登録されたメールアドレスが、招待に記されているメールアドレスと一致している必要があります。

そのメールアドレスがベータテスターのAlexaデバイスに登録されていない場合、テスターはそのメールアドレスを使用してAmazonアカウントを作成し、Alexaデバイスに登録できます。または、テスターがスキル開発者に連絡し、デバイスに登録したメールアドレス宛てに別の招待を送信してもらうこともできます。テスターから連絡をもらえるようにするには、スキルのベータテストを作成するで説明されているとおり、連絡先メールアドレスを入力します。

Amazonから送信されるEメールを受信しないよう設定しているベータテスターもいます。これらのベータテスターには招待メールが届きません。これは次の2つの方法で解決できます。

スキルのベータテストツールのセットアップ

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開>公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。スキルに必要情報が入力されていないと、「このスキルではベータテストを利用できません」というメッセージが表示されます。

新しいスキルでベータテストを行う

ベータテストツールでスキルをテストできるようにするには、スキルが特定の条件を満たさなければなりません。条件は以下のとおりです。

必要な情報をすべて入力すると、ベータテストツールでスキルをテストできるようになります。また、これらの手順を踏むことで、スキル認定の準備も整います。

公開中のスキルのベータ版にベータテストツールを使用する

公開中のスキルがある場合でも、ベータ版のスキルを作成できます。ベータ版にアクセスできるテスターは、公開中のバージョンにはアクセスできません。テスターは、ベータテストから削除してもらうようAmazonに依頼できます。削除が完了したら、このテスターはAlexaアプリで公開中のスキルを再度有効にできます。

公開後にスキルの修正やアップデートを行うで説明されているように、スキルを公開すると、ユーザーはそのバージョンを利用できるようになります。

以下のように、開発者コンソールには、スキルの公開中のバージョンと開発中のバージョンが表示されます。編集をクリックして、開発中のバージョンを変更します。この開発中バージョンでは、公開中のものとは別のエンドポイントまたはAWS Lambda関数を使用して、元のスキルが変更されないようにします。新しいスキルでベータテストを行うに記載されているすべての条件を満たしていることを確認してから、スキルのベータテストを作成する手順を実行します。

スキルの公開中バージョンと開発中バージョン
スキルの公開中バージョンと開発中バージョン

スキルのベータテストを作成する

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開>公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. ベータテスト管理者用Eメールアドレスを入力し、追加をクリックします。
  5. スキルのベータテストのアクセスを管理の下で、テスターのEメールアドレスを追加します。このEメールアドレスは、テスターがAlexaアカウントに使用しているアドレスと一致している必要があります。

    • セミコロンまたは改行を入れてEメールアドレスを区切ります。
    • ファイルでEメールアドレスを一括でアップロードするには、一括アップロードをクリックします。これらのアドレスは必ず、セミコロンまたは改行、あるいはその両方で区切ってください。
  6. 追加をクリックしてテスターのメールアドレスを保存します。Amazonはメールアドレスを検証し、重複がないことを確認して、テストに追加します。有効でないメールアドレスが1つ以上ある場合、エラーが表示されます。メールアドレスを修正して、追加を再度クリックします。
  7. 有効なテスターのリストを確認します。スキルが審査中でない限り、テスト開始後にもテスターの追加や削除ができます。
  8. ベータテストを有効化をクリックします。

ベータテストに招待するカスタマイズ済みリンクが入ったメールが各テスターに送信されます。この招待メッセージはAmazonが管理して送信します。

招待Eメールの形式は次のとおりで、件名は「You're invited to test a new Alexa skill」です。

ベータテストへの招待Eメール
ベータテストへの招待Eメール

スキルのテストを開始するには、ベータテスターがリンクをクリックし、Amazonアカウントにログインしてスキルのベータテストツールの利用規約に同意する必要があります。

スキルのベータテストを管理する

ベータテスト中、公開>公開範囲ベータテストセクションにあるダッシュボードで、どのテスターが招待を受け入れたかを確認できます。ダッシュボードから、テスターの追加や削除ができます。

  • ダッシュボードを開くには、開発者コンソールでスキルを開き、公開 > 公開範囲に移動します。

ベータテストボックスには、各テスターの現在の招待ステータスが表示されます。ここから、テスターの追加や削除、テスターへのリマインダーやフィードバックリクエストの送信、テストの終了を実行できます。

テスターを削除する

実行中のテストからいつでもテスターを削除することができます。

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開>公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. 削除するテスターのテスターを削除をクリックします。

Amazonがテスターのリストを更新します。

削除されたテスターには、テストが終了したというEメールが送信されます。他のテスターは引き続きテストを行います。対象スキルに公開中のバージョンと開発中のバージョンの両方がある場合、削除されたテスターは公開中のバージョンに再びアクセスできるようになります。

テスターにリマインダーを送信する

実行中のテストのリマインダーをテスターにいつでも送信できます。ただし、ベータテスト期間中に送信できるリマインダーは、各テスターにつき1件です。

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開>公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. テスターのリマインダーを送信をクリックします。

AmazonがテスターにEメールでリマインダーを送信します。この場合も、Amazonがメッセージを管理して送信します。このEメールの内容は、元の招待Eメールと同じですが、件名は「[Reminder] You're invited to test a new Alexa skill」となります。

テスターにフィードバックをリクエストする

ベータテストページで、スキルを有効にしたテスターにフィードバックをリクエストできます。テスターのEメールアドレスの隣にあるフィードバックをリクエストリンクをクリックします。ベータテスト管理者用Eメールアドレスが設定され、メッセージを受信できるようになっていることを確認してください。テスターが受信するEメールは次のようになります。

ベータテスターにフィードバックをリクエストするEメール
ベータテスターにフィードバックをリクエストするEメール

既存のテストに1人以上のテスターを追加する

スキルが審査中でない限り、既存のテストに1人以上のテスターを追加できます。スキルが審査中の場合、招待を受け入れたテスターのみがテストに参加できます。スキルが合格または不合格となって審査が完了すると、ベータテストにユーザーを追加できるようになります。

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開>公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. テスターのEメールアドレスをテスターのEメールボックスに追加します。このボックスに直接Eメールアドレスを入力するか、一括アップロードをクリックしてEメールアドレスが含まれるCSVファイルをアップロードできます。
  5. 追加をクリックしてEメールアドレスを検証します。必要に応じて、エラーを修正し、追加を再度クリックします。

画面には、新規追加されたテスターと既存のテスターが表示されます。Amazonは、元のテスターに送信したものと同じ招待Eメールを送信します。

テストを終了する

テストはいつでも終了できます。

  1. 開発者コンソールを使用してスキルを編集します
  2. 公開>公開範囲ページに移動します。
  3. ベータテストを展開表示します。
  4. テストを終了をクリックします。
  5. 確認メッセージが表示されたら、はいをクリックします。

テスターは、テストが終了したことを示すEメールを受信します。

ベータテストに関するよくある質問

ベータテストに関するよくある質問(FAQ)を以下に示します。

質問: スキルのベータテストツールは無料ですか?
はい、スキルのベータテストツールは無料のサービスです。
質問: どうすれば自分のベータ版スキルを友達や家族と共有できますか?
友達や家族がAlexaアカウントで使用しているEメールアドレスを入手します。これらのEメールアドレスをベータテストに追加します。スキルベータテストツールが招待Eメールを送信します。Eメールには、ツールが生成したスキルへのセキュアなリンクが含まれています。Eメールを受信したテスターは、リンクをクリックしてAmazonの認証情報でログインし、スキルのテストへの参加を選択します。テスターが参加すると、そのスキルは、Amazonアカウントを登録したすべてのデバイスで自動的に有効になります。
質問: ベータ版の有効期間はどれくらいですか?
ベータ版は最長で90日間有効にできます。その時点でベータテストは自動的に終了し、テストが終了したという通知EメールをAmazonが参加者に送信します。90日の期間中は、いつでもベータテストを終了することができます。ただし、延長することはできません。新しいベータテストを作成できますが、その場合、元のテストを作成したときと同じ手順を実行する必要があります。
質問: 1つのスキルにつき最大で何人のベータテスターを招待できますか?
招待できるテスターの数は500人までです。
質問: ベータテスターが、スキルとは異なるリージョンやロケールのデバイスを使用することはできますか?
スキルが全てのリージョンで使用できる場合、またはベータテスターのデバイスと同じリージョンやロケールで使用できる場合は、スキルを使用できます。ベータテスターがスキルとは異なるリージョンやロケールのデバイスを使用してる場合、スキルを使用できません。
質問: スキルの公開中のバージョンとベータテスト中のバージョンを並存させることはできますか?
はい。一般公開される公開中バージョンと、一部のテスターが利用できるベータテストバージョンは並存が可能です。ただし、ベータテスターがベータ版スキルを有効にすると、テストからそのテスターを削除するか、テスター自身がテストからの削除を選択するか、またはベータテストが終了するかのいずれかでない限り、公開中バージョンのスキルにはアクセスできなくなります。
質問: テスターにフィードバックを求めることができますか?
1人でもテスターがスキルを有効にしたら、スキルの管理ページでフィードバックをリクエストするボタンをクリックできるようになります。スキルを有効にしたテスター宛に、連絡先Eメールアドレスにフィードバックを送るようリクエストするEメールが送信されます。
質問: テスターに送信するEメールメッセージをカスタマイズできますか?
Amazonが送信するメッセージのカスタマイズはできません。ただし、スキルのベータテストツールを使用せずに、テスターとやり取りすることはできます。
質問: あるスキルの異なる複数のベータ版を、複数のグループに公開できますか?
いいえ。スキルの複数のバージョンを公開することはできません。
質問: Eメールはモバイル用に最適化されていますか?
はい。Amazonはモバイルデバイス用にEメールテンプレートを最適化しています。
質問: ベータテスターはどのようにフィードバックを送信できますか?
テスターは、招待Eメールに記載されているフィードバックを送るEメールリンクを使用してフィードバックを送信します。さらに、スキル開発者がテスターの管理ページでフィードバックをリクエストするボタンをクリックすると、Amazonは、招待Eメールにあったベータ版スキルへのリンクを有効にしたテスターに対し、フィードバックを依頼するEメールをもう1通送信します。
質問: ベータ版ユーザーはスキルが公開中かベータ版かを見分けることができますか?
ベータスキルのアイコンには、「dev」タグが表示されます。
質問: スキルをベータ版として公開するには、認定を受ける必要がありますか?
スキルのベータテストには認定は不要です。
質問: ベータを公開した後に、ベータ版を更新できますか?
はい。公開した後でもベータ版を更新できます。
質問: ベータテスターは、招待Eメールを登録解除できますか?
はい。ベータテスターは、スキルのベータテストツールによって送信されたEメールから、登録解除できます。
質問: 開発者は、スキルのベータテストツールで実際のアカウントリンクを使用できますか?
はい。開発者は、ベータテストツールでアカウントリンク機能を使用できます。
質問: ベータテストからテスターをどのように削除できますか?
テスターを削除するには、対象のテスターのEメールアドレスの隣にあるテスターを削除ボタンをクリックします。テストを終了して、テスター全員のアクセスを効率的に削除することもできます。