Alexaスキルにおけるユーザーのアカウントリンク体験

Alexaスキルにおけるユーザーのアカウントリンク体験

このトピックでは、ユーザーから見た一般的なアカウントリンクエクスペリエンスと、その背後で何が起こっているかについて紹介します。例として、ユーザーが配車を依頼する「タクシー予約」という架空のカスタムスキルを使います。

アカウントリンクの概念については、Alexaスキルにおけるアカウントリンクの構成要素を参照してください。アプリ間アカウントリンクの特殊なケースについてはここでは説明しませんので、詳細はアプリ間アカウントリンクの設定を参照してください。

ユーザーがスキルにアカウントリンクが必要かどうかを確認する方法

デフォルトでは、ユーザーはアカウントリンクフローを開始せずにスキルを有効にできます。このコンフィギュレーションでは、ユーザーがスキルを簡単に有効にでき、認証が不要な機能を利用できます。たとえば、タクシー予約ではアカウントリンクをしなくても、特定の目的地までどれくらい時間がかかるかをたずねることができます。また、ユーザーがスキルを有効にする際にアカウントリンクを行うよう求めることもできます。

Alexaアプリのスキル詳細ページでは、次のようにアカウントリンクが必須か任意かを示します。

Alexaスキルにおける必須または任意のアカウントリンク

アカウントリンクのユーザーエクスペリエンス

ユーザーは、以下の3つの時点で、Alexaアプリのアカウントリンクフローを開始できます。

  • スキルを有効にする際 – ユーザーはAlexaアプリのスキル詳細ページで有効にして使用するボタンを選択します。
  • スキルの設定から – ユーザーは、スキルを有効にしてからAlexaアプリでスキルの設定ページを開きます。
  • アカウントリンクカードから – ユーザーが認証の必要なスキル機能を使おうとし、スキルがAlexaアプリにカードを送信します。

次の例は、各ケースのユーザーフローと、セットアップしたアカウントリンクのコンポーネントとAlexaアプリの連携について示しています。

スキルを有効にする際

以下のフローでは、ユーザーがAlexaアプリでスキルを有効にする際にアカウントリンクを開始しています。

スキルの設定から

以下のフローでは、ユーザーがAlexaアプリでスキルを有効にした後で、スキルの設定からアカウントリンクを開始しています。

アカウントリンクカードから

以下のフローでは、ユーザーが認証の必要な機能を使おうとしたときにスキルがAlexaアプリに送信するカードを使って、アカウントリンクを開始しています。