Alexa.WakeOnLANControllerインターフェース



Alexa.WakeOnLANControllerインターフェース

Wake-on-LAN(WoL)またはWake on Wireless LAN(WoWLAN)による電源オンをサポートしているスマートホームデバイス用のAlexaスキルにAlexa.WakeOnLANControllerインターフェースを実装します。このインターフェースは、Alexa.PowerControllerインターフェースのみでは電源をオンにできないエンドポイントに便利です。低電力モードでは、クラウドがインターネット経由でエンドポイントに到達できないためです。このインターフェースを使用することで、ユーザーのサポートされているAlexaデバイスから、Alexaによりローカルネットワークでエンドポイントに直接Wake-on-LANメッセージが送信されます。エンターテイメントデバイスのスキルの詳細については、エンターテイメントデバイス用のスマートホームスキルを作成するを参照してください。

WakeOnLANControllerインターフェースがサポートする言語については、Alexaインターフェースとサポートしている言語の一覧を参照してください。

発話

Alexa.WakeOnLANControllerインターフェースを使用する場合、音声対話モデルは既にビルドされています。以下に、ユーザーの発話の例を示します。

Alexa, turn on the TV.

アレクサ、テレビをつけて

ユーザーがこのような発話をしたら、Alexaがそれに対応するディレクティブをスキルに送信します。

概要

Alexa.WakeOnLANControllerインターフェースは、Alexa.PowerControllerインターフェースと共に実装します。WakeOnLANControllerインターフェースをサポートするには、以下の特定のワークフローに従ってください。各ステップの詳細については、このドキュメントの残りの部分で説明します。

  1. デバイスの検出中に、スキルでWakeOnLANControllerインターフェースとPowerControllerインターフェースの両方のサポートを宣言します。

  2. ユーザーがAlexaにWakeOnLANControllerインターフェースを実装したデバイスの電源をオンにするよう話しかけます。

  3. AlexaがPowerController.TurnOnディレクティブをスキルに送信します。

  4. スキルから次の3つの応答イベントを送信します。

    1. DeferredResponseイベントをAlexaに送信します。

    2. WakeOnLANController.WakeUpイベントをAlexaイベントゲートウェイに送信します。

      AlexaはWakeUpイベントを処理し、サポートしているデバイスのいずれかに、エンドポイントの検出応答で提供されたMACアドレスにWake-on-LAN(WoL)メッセージを配信するよう指示します。その後、Alexaイベントゲートウェイからスキルに成功応答またはエラー応答が送信されます。

    3. 最終的なResponseまたはErrorResponseイベントをスキルからAlexaに送信します。

サポートしているAlexaデバイス

スキルのユーザーは、電源をオンにするデバイスと同じローカルネットワークにAlexaデバイスを接続している必要があります。Wake-on-LAN機能をサポートしているAlexaデバイスは以下のとおりです。

  • Amazon Tap、Echo(全世代)
  • Echo Dot(全世代)
  • Echo Input
  • Echo Plus(全世代)
  • Echo Show(全世代)
  • Echo Spot

検出

Alexa.WakeOnLANControllerをサポートするエンドポイントは、Alexa.Discoveryの標準検出メカニズムを使用して表します。

Alexaからスキルに状態レポートリクエストが送信されるときにレポートするすべてのインターフェースとプロパティのretrievableをtrueに設定します。変更レポートでAlexaにプロアクティブにレポートするインターフェースとプロパティのproactivelyReportedをtrueに設定します。

表示カテゴリーの一覧は、表示カテゴリーを参照してください。

WakeOnLANControllerには、標準の検出応答フィールドのほかに、次のフィールドを含むconfigurationオブジェクトを含めます。

フィールド 説明 必須
MACAddresses 起動するデバイスのMACアドレスです。 配列

応答例

以下は、WakeOnLANControllerインターフェースとPowerControllerインターフェースをサポートする1つのエンドポイントに対するDiscover.Responseメッセージの例です。

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.Discovery",
      "name": "Discover.Response",
      "payloadVersion": "3",
      "messageId": "<メッセージID>"
    },
    "payload": {
      "endpoints": [
        {
          "endpointId": "<エンドポイントの一意のID>",
          "manufacturerName": "<エンドポイントのメーカー名>",
          "description": "<Alexaアプリに表示される説明>",
          "friendlyName": "<Alexaアプリに表示されているデバイス名>",
          "displayCategories": ["TV"],
          "cookie": {},
          "capabilities": [
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.WakeOnLANController",
              "version": "3",
              "properties": {},
              "configuration": {
                "MACAddresses": ["00-14-22-01-23-45"]
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa.PowerController",
              "version": "3",
              "properties": {
                "supported": [
                  {
                    "name": "powerState"
                  }
                ],
                "proactivelyReported": true,
                "retrievable": true
              }
            },
            {
              "type": "AlexaInterface",
              "interface": "Alexa",
              "version": "3"
            }
          ]
        }
      ]
    }
  }
}

ディレクティブ

Alexa.WakeOnLANControllerインターフェースではディレクティブを定義しませんが、以下に説明するように、Alexa.PowerControllerインターフェースのTurnOnディレクティブとの組み合わせで動作します。

TurnOnディレクティブ

ユーザーがデバイスの電源をオンにできるように、Alexa.PowerControllerインターフェースのTurnOnディレクティブをサポートします。Alexa.WakeOnLANControllerインターフェースを実装する場合、TurnOnディレクティブに対する応答は、通常の応答とは異なります。詳細については、次のセクションで説明します。

TurnOnディレクティブの例

次の例は、Alexaがスキルに送信するTurnOnディレクティブを示しています。

{
  "directive": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.PowerController",
      "name": "TurnOn",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>",
      "cookie": {}
    },
    "payload": {}
  }
}

応答イベント

通常、PowerControllerインターフェースのTurnOnディレクティブをサポートする場合は、1つの応答を送信します。Alexa.WakeOnLANControllerインターフェースを実装するには、以下に説明するように、3つの応答を送信します。

1.DeferredResponseイベント

次の例は、TurnOnディレクティブに対する1番目の応答を示しています。同期的なDeferredResponseイベントをAlexaに送信します。オプションで、WakeUpイベントを送信するまでのおおよその時間であるestimatedDeferralInSeconds(単位:秒)を含めます。詳細については、DeferredResponseを参照してください。

遅延応答の例

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa",
      "name": "DeferredResponse",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "payload": {
      "estimatedDeferralInSeconds": 15
    }
  }
}

2.WakeUpイベント

次の例は、TurnOnディレクティブに対する2番目の応答を示しています。WakeUpイベントをAlexaイベントゲートウェイに非同期的に送信します。詳細については、イベントゲートウェイにイベントを送信するを参照してください。

WakeUpイベントの例

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.WakeOnLANController",
      "name": "WakeUp",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {}
  },
  "context": {
    "properties": [
      {
        "namespace": "Alexa.PowerController",
        "name": "powerState",
        "value": "OFF",
        "timeOfSample": "2017-02-03T16:20:50.52Z",
        "uncertaintyInMilliseconds": 500
      }
    ]
  }
}

3.ResponseイベントまたはErrorResponseイベント

AlexaイベントゲートウェイにWakeUpイベントを送信すると、イベントゲートウェイからスキルに成功応答またはエラー応答が送信されます。TurnOnディレクティブに対する3番目の応答は、対応するResponseイベントまたはErrorResponseイベントである必要があります。

次の例は、TurnOnディレクティブに対する3番目の応答としてのResponseイベントを示しています。

Responseイベントの例

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa",
      "name": "Response",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {}
  },
  "context": {
    "properties": [
      {
        "namespace": "Alexa.PowerController",
        "name": "powerState",
        "value": "ON",
        "timeOfSample": "2017-02-03T16:20:50.52Z",
        "uncertaintyInMilliseconds": 500
      }
    ]
  }
}

次の例は、TurnOnディレクティブに対する3番目の応答としてのErrorResponseイベントを示しています。詳細については、Alexa.ErrorResponseを参照してください。

ErrorResponseイベントの例

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa",
      "name": "ErrorResponse",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {
      "type": "<エラータイプ>",
      "message": "<エラーメッセージ>"
    }
  }
}

状態レポート

Alexaはエンドポイントの状態についての情報をリクエストするために、ReportStateディレクティブを送信します。AlexaがReportStateディレクティブを送信したら、それに対する応答としてStateReportイベントを送信します。この応答には、contextオブジェクトのすべてのretrievableプロパティの現在の状態を含めます。retrievableプロパティは検出応答で特定します。状態レポートの詳細については、状態および変更レポートについてを参照してください。

StateReport応答イベントの例

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa",
      "name": "StateReport",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {}
  },
  "context": {
    "properties": [
      {
        "namespace": "Alexa.PowerController",
        "name": "powerState",
        "value": "OFF",
        "timeOfSample": "2017-02-03T16:20:50.52Z",
        "uncertaintyInMilliseconds": 0
      }
    ]
  }
}

変更レポート

エンドポイントの状態の変化をプロアクティブにレポートするために、ChangeReportイベントを送信します。プロアクティブにレポートするプロパティは検出応答で特定します。変更レポートの詳細については、状態および変更レポートについてを参照してください。

ChangeReportイベントの例

クリップボードにコピーされました。

{  
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa",
      "name": "ChangeReport",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
        "type": "BearerToken",
        "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {
      "change": {
        "cause": {
          "type": "VOICE_INTERACTION"
        },
        "properties": [
          {
            "namespace": "Alexa.PowerController",
            "name": "powerState",
            "value": "ON",
            "timeOfSample": "2017-02-03T16:20:50.52Z",
            "uncertaintyInMilliseconds": 0
          }
        ]
      }
    }
  },
  "context": {}
}