リリースノートと既知の問題:Alexa Web API for Games



リリースノートと既知の問題

Alexa Web API for Gamesの新機能

バージョン1.1では、モーションAPIとセンシングAPIが導入され、Echo Show 10向けのゲームにモーションを追加できます。これらのextension機能の詳細については、ゲーム向けWeb API Extensionsの概要を参照してください。

サポートするデバイス

以下のデバイスがサポートされています。Echo Show 10はモーション対応デバイスです。

Echoシリーズ

  • Echo Show(第1世代)
  • Echo Show(第2世代)
  • Echo Show 5
  • Echo Show 8
  • Echo Show 10

Fire TVデバイス

  • Fire TV Stick 4K
  • Fire TV(第3世代)
  • Fire TV Cube(第1世代)
  • Fire TV Cube(第2世代)

既知の問題

  1. Echo Show 8では、window.innerWidthに関する誤ったwindow.devicePixelRatioを報告しています。innerWidthdevicePixelRatioを掛けてデバイスの物理ピクセルを計算すると、1多くなります。つまり、計算上は1281pxですが実際は1280pxです。

  2. FireTVデバイスでは、リモコンの戻るボタンで終了した場合にsessionEndedRequestがスキルに送信されないことがあります。

  3. スキル内課金の購入フローでスキルが適切に再開されないことがあります。注: FireTVデバイスでは、Connections.ResponseAlexa.Presentation.HTML.Startで応答する必要があります。

  4. three.jsには、Echo Showデバイス(第1世代および第2世代)におけるシェーダー描画のバグがあります。回避策についてはこちらを参照してください:https://github.com/mrdoob/three.js/pull/18678

  5. スキルマニフェストで設定されたウェイクワード応答は、スキルセッション外のデバイス上で引き続き保持されます。

その他のリソース