ASK CLIコマンドリファレンス(v2)



ASK CLIコマンドリファレンス

Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェース(ASK CLI)を使って開発を始めるには、ASK CLIクイックスタートを参照してください。

ASK CLIについては、ASK CLIの概要を参照してください。

このリファレンスでは、ASK CLIで利用できるすべてのコマンドについて説明します。

ASK CLIのコマンド

開発者アカウントに関連付けられたスキルを処理するASK CLIのコマンドには、2つの種類があります。

  • 高レベルコマンドはスキルのプロジェクト作業効率を向上させるためのものです。通常、詳細を抽象化し、複数の操作を内部で実行できるようになっています。スキルを初めて開発する場合や、API呼び出しを細かく制御する必要がない場合に最適です。configurenewdeployなどの高レベルコマンドがあります。
  • 低レベルコマンドは、Alexaスキルを詳細に管理するために使用します。Alexaスキル管理API操作のシンラッパーとして機能するため、各API呼び出しを細かく制御することができます。既にアカウントに追加したスキルの一部を変更する場合に特に便利です。smapiサブコマンドは低レベルコマンドです。
$ ask  <サブコマンド> [オプション]

ASK CLIのコマンドにより、以下のタスクを実行できます。

コマンド                                説明
ask [コマンド] -h | --help ツールや特定のコマンドのヘルプを取得します。
ask -v | --version CLIのバージョンを返します。
ask configure Amazon開発者アカウント認証情報を使ってASK CLIを初期化します。スキル操作を実行する前に開発者アカウントの認証情報を使用してツールを初期化するには、このコマンドを実行します。このコマンドはポート9090を使用します。ポートが使用中の場合、エラーになりますので注意してください。
ask new コンピューターに新しいAlexaスキルプロジェクトを作成します(最小限の変更でデプロイ先に必要なフォルダやファイルも作成)。
ask init ASK CLIを使用してデプロイするスキルプロジェクトを初期化します。
ask deploy スキルのマニフェスト、対話モデル、AWS Lambda関数を含むスキルを開発者アカウントにデプロイします。
ask dialog 開発者がAlexaとのマルチターンの会話をシミュレートできるダイアログモードを開始します。
ask util [サブコマンド] Alexaスキルの作成を管理するユーティリティツールを提供します。
ask smapi [サブコマンド] 開発者アカウントに関連付けられた、ベータテストなどのAlexaスキルの詳細を管理します。Alexaスキルの一部を作成または更新する場合は、これらのコマンドを使用します。

configureコマンド

ask configureコマンドでは、認証情報を設定できます。ASK CLIは、この認証情報をAmazon開発者サービスやアマゾンウェブサービス(AWS)の認証に使います。この対話形式のコマンドを使うと、ウェブブラウザが開きます。Amazon開発者アカウントでサインインすると、使用する認証情報に関する情報を入力するか、質問に答えるようプロンプトが出ます。

ask configureを使うと、別のAmazonアカウントやAWSアカウントの認証情報を含むプロファイルの表示や設定ができます。プロファイルでは、ASK CLIを使って別のアカウントで作成したスキルを管理できます。ask newask deployなどのコマンドに-pまたは--profileオプションを付けて使用します。

ASK CLIがAmazon開発者アカウントやAWSアカウントの認証情報を保存、管理する方法については、ASK CLIを使った認証情報の管理を参照してください。

構文:

ask configure [-p | --profile <プロファイル>]
              [--no-browser]
              [--debug]
              [-h | --help]

オプション:

-l
--list-profiles
任意です。ASK CLIが使用可能なプロファイルのリストを表示します。
--profile, -p
任意です。設定する認証情報に使うプロファイルを指定します。このオプションを省略すると、リストからプロファイルを選択するか、新規作成するようASK CLIのプロンプトが出ます。
--no-browser
任意です。このオプションを使うと、ask initコマンドをウェブブラウザを持たないコンピューターで実行できます。ASK CLIにURLが表示されるので、別のコンピューターのウェブブラウザを使ってこのURLにアクセスし、Amazon開発者アカウントでサインインできます。サインインすると、ブラウザにコードが表示されるので、コマンドラインに入力して認証情報の設定を完了します。
--aws-setup
任意です。このオプションを使うと、Amazon開発者認証情報の設定を省略し、AWS認証情報のみを設定できます。

newコマンド

ask newコマンドでは、スキルテンプレートからコピーして新しいスキルプロジェクトを作成できます。

概要と使用例については、ASK CLIの概要で新しいスキルプロジェクトを作成するを参照してください。

構文:

ask new [--template-url <URL>]
        [-p | --profile <プロファイル>]
        [--debug]
        [--help]

オプション:

--template-url
オプション: スキルテンプレートを含むGitリポジトリのURL
--profile, -p
任意です。ASK CLIがスキル作成に使用したプロファイルです。指定しない場合、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。

initコマンド

ask initコマンドは、スキル開発者が新規または既存のAlexaスキルプロジェクトをセットアップするのに役立ちます。ユーザーは、このコマンドによりスキルのデプロイに使用するask-resources.jsonファイルを作成できます。最も一般的なアトリビュートが網羅されており、エンドポイントとしてAWS Lambdaを使用して目的に合ったデフォルト値を提案します。

構文:

ask init [--hosted-skill-id <hostedスキルのID>]
         [-p |--profile <profile>]
         [--debug]

オプション:

-hosted-skill-id
任意です。Alexa-hostedスキルのスキルIDを指定すると、現在のディレクトリにスキルのクローンが作成されます。
--profile, -p
任意です。ASK CLIがスキル作成に使用したプロファイルです。指定しない場合、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。

deployコマンド

概要と使用例については、ASK CLIの概要でスキルプロジェクトを開発中ステージにデプロイするを参照してください。

構文:

ask deploy [-p | --profile <プロファイル>]
           [--ignore-hash]
           [--debug]
           [--help | -h]

オプション:

--profile, -p
任意です。ASK CLIがスキルリソースをデプロイするプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--ignore-hash
任意です。変更がない場合でも、スキルを強制的に再度デプロイします。

dialogコマンド

開発者がAlexaとのマルチターンの会話をシミュレートできるダイアログモードを開始します。各ダイアログはsimulate-skillを使用します。これは、シミュレーション結果が入手できるまでポーリングを続ける非同期の操作です。結果を入手したら、Alexaのテキスト応答を表示します。パラメーターが無効な場合、対話モードは開始しません。また、ユーザーが特殊コマンドの「!quit」かCtrl+Cを入力しない限り終了しません。

ユーザーがダイアログ中に入力できるコマンドは2つあります。1つは.quitで、対話モードを終了します。もう1つは.recordで、ユーザーにファイル名を入力するようプロンプトを出し、ダイアログ入力を記録できます。これらのコマンドは、現在の対話モードのスキルID、ロケール、入力タイプ、すべての入力テキストと共に使用できます。.recordコマンドは、最後のセッションのユーザー入力のみを記録します。

このコマンドを--replayオプションを付けて実行する場合、スキルの情報とユーザー入力を含む再生ファイルを指定します。replayオプションはユーザー入力を再生し、Alexaが通常の会話のように応答します。再生ファイル形式を参照してください。コマンドラインでskillIdを指定しないでください。

このコマンドを--replayオプションを付けないで実行する場合、指定したスキルのリクエストをAlexaに話し掛けるときのようにダイアログに直接入力します。skillIdを指定するか、スキルプロジェクトのルートディレクトリからコマンドを実行し、localeを指定する必要があります。

スキルセッションが終了していない場合、「User >」プロンプトがコマンドラインに引き続き表示されるため、Alexaと会話しているときのようにテキストを入力できます。

スキルセッションが終了している場合は「—Skill Session Ended.—」行がコマンドラインウィンドウに表示されますが、対話モードは開いたままです。「User >」プロンプトが表示されるので、引き続きテキストを入力できます。

構文:

ask dialog [-s|--skill-id <スキルID>]
           [-l|--locale <ロケール>]
           [-g|--stage <ステージ>]
           [-r|--replay <再生ファイルへのパス>]

オプション:

--skill-id, -s
任意です。amzn1.ask.skill.12345678-1234-1234-123456789123の形式で指定する必要があります。skill-idが指定されておらず、--replayオプションが指定されていない場合、このコマンドは、テストするスキルが既に作成またはクローンされているスキルプロジェクトのルートディレクトリから実行する必要があります。--replayオプションを使用する場合は、skill-idを指定できません。
--locale, -l
ASK_DEFAULT_DEVICE_LOCALE環境変数が設定されている場合は任意、--replayオプションが使用されていない場合は必須です。シミュレートするスキルのロケールです。有効な値は、en-USen-GBen-CAen-AUen-INde-DEja-JPです。このオプションも--replayオプションも指定されていない場合、ロケールを入力するようプロンプトが出ます。--replayオプションを使用する場合は、localeを指定できません。
--stage, -g
任意です。スキルのステージを表します。値として、developmentliveのいずれかを使用します。デフォルトはdevelopmentです。
--replay, -r
任意です。スキルとの会話をシミュレートする再生ファイルを指定します。このファイルには、セッションの開始または最後に記録した位置からのテキスト発話が含まれます。記録されたファイルを使用して、よく使われるテストの実行を自動化できます。この再生ファイルには、skill-idlocaleが含まれる場合があります。ファイルにskill-idが含まれていない場合、このコマンドは、テストするスキルが既に作成またはクローンされているスキルプロジェクトのルートディレクトリから実行する必要があります。
--profile, -p
任意です。デフォルト以外のプロファイルを使うには、プロファイル名を指定します。
--debug
任意です。標準エラー出力にデバッグメッセージを追加します。

再生ファイル形式

再生ファイルは以下の形式になります。

{
    "skillId":"amazon.skill.123..",
    "locale": "ja-JP",
    "type": "text",
    "userInput": ["フライトの予約", "バンクーバー", ...]
}
アトリビュート 説明
skillId シミュレートするスキルのIDです。
locale 「ja-JP」など、指定するスキルをテストするロケールを指定します。
type "text"(テキスト)を指定します。
userInput ユーザーがスキルに話し掛ける発話の配列です。

適切な情報を指定し、以下の形式に従って再生ファイルを手動で作成して、後で利用できるよう保存できます。

再生ファイルは以下の手順でも作成できます。

  • ask dialogコマンドを入力します。
  • プロンプトが出たら、.recordと入力します。
  • プロンプトに従って、必要な情報を入力します。これには、保存するファイル名も含まれます。

どちらの場合にも、--replayオプションを使用するときに使う再生ファイルを指定します。

utilコマンド

utilコマンドは、Alexaスキルの作成を管理するユーティリティツールを提供します。

サブコマンド

サブコマンド 説明
upgrade-project ASK CLI v1.xスキルプロジェクトをASK CLI v2プロジェクト形式にアップグレードします。
git-credentials-helper Alexa-hostedスキルリポジトリのgit認証情報を返します。
generate-lwa-tokens LWAクライアントからLogin with Amazonのトークンを生成します。

upgrade-project

ASK CLI v1.xスキルプロジェクトをASK CLI v2プロジェクト形式にアップグレードします。

構文:

ask util upgrade-project [-p | --profile <プロファイル>]
                         [--debug]
                         [--help]

オプション:

--profile, -p
任意です。ASK CLIがスキルリソースをデプロイするプロファイルです。指定しない場合、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。

git-credentials-helper

Alexa-hostedスキルリポジトリのgit認証情報を返します。

構文:

ask util git-credentials-helper [-p | --profile <プロファイル>]
                                [--debug]
                                [--help]

オプション:

--profile, -p
任意です。ASK CLIがスキルリソースをデプロイするプロファイルです。指定しない場合、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。

generate-lwa-tokens

LWAクライアントからLogin with Amazonのトークンを生成します。詳細については、Login with Amazonを参照してください。

構文:

ask util generate-lwa-tokens [--profile | -p <プロファイル>]
                             [--client-id]
                             [--client-confirmation]
                             [--scopes]
                             [--no-browser]
                             [--debug]

オプション:

--profile, -p
任意です。リクエストのプロファイル。指定しない場合、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--client-id
任意です。LWAアプリケーションを登録するときのクライアントID。
--client-confirmation
任意です。LWAアプリケーションを登録するときのクライアントシークレット。
--scopes
任意です。アクセスをリクエストするスコープのリスト(スペース区切り)。
--no-browser
任意です。Amazon開発者アカウントでサインインするための、どこからでも使用できるURLが表示されます。

smapiコマンド

smapi コマンドは、Alexaスキル管理API(SMAPI)の基本API操作に1:1でマッピングされたサブコマンドを提供します。これらのコマンドは、API入力を詳細に制御でき、生データを出力します。スキル、対話モデル、アカウントリンク情報の作成と更新、スキル認定プロセスの開始を行うサブコマンドがあります。

構文:

$ ask smapi <サブコマンド>

smapiサブコマンド

generate-catalog-upload-urlサブコマンド

データをアップロードするための署名付きURLを生成します。

構文:

$ ask smapi generate-catalog-upload-url <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                        <--number-of-upload-parts <アップロードパートの数>>
                                        [-p| --profile <プロファイル>]
                                        [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--number-of-upload-parts <アップロードパートの数>
必須です。ファイルが分割されるパートの数です。応答では、同じ数の署名済みアップロードURLが生成されるため、各パートを簡単にアップロードできます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-catalog-uploadサブコマンド

カタログの新しいアップロードを作成し、アップロード状態を追跡する場所を返します。

構文:

$ ask smapi create-catalog-upload <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                  <-catalog-upload-request-body<catalog-upload-request-body>>
                                  [-p| --profile <プロファイル>]
                                  [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--catalog-upload-request-body <カタログアップロードリクエスト本文>
必須です。作成したコンテンツアップロードのリクエスト本文です。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-content-upload-by-idサブコマンド

特定のカタログの特定のアップロードに関する情報を取得します。アップロードの取り込みステップとファイルダウンロードのURLを含みます。

構文:

$ ask smapi get-content-upload-by-id <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                     <-upload-id<upload-id>>
                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                     [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--upload-id <アップロードID>
必須です。一意のアップロードIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-isp-list-for-vendorサブコマンド

ベンダーのスキル内商品のリストを取得します。

構文:

$ask smapi get-isp-list-for-vendor[-next-token<次のトークン>]
                                    [--max-results <結果の最大件数>]
                                    [--product-id <商品ID>]
                                    [-g|--stage <ステージ>]
                                    [--type <タイプ>]
                                    [--reference-name <参照名>]
                                    [--status <ステータス>]
                                    [--is-associated-with-skill <スキルとの関連付け>]
                                    [-p| --profile <プロファイル>]
                                    [--debug]

オプション:

--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
--product-id <商品ID>
任意です。概要を取得するスキル内商品のIDのリストです。1つのlistInSkillProducts呼び出しで、最大50個のスキル内商品IDを指定できます。このパラメーターは'nextToken'または'maxResults'パラメーターと共に使用する必要があります。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
-g,--stage <ステージ>
任意です。スキル内商品を指定したステージでフィルタリングします。[列挙]:development,live
--type <タイプ>
任意です。フィルタリングするスキル内商品のタイプです。[列挙]: SUBSCRIPTION,ENTITLEMENT,CONSUMABLE
--reference-name <参照名>
任意です。スキル内商品を参照名でフィルタリングします。
--status <ステータス>
任意です。スキル内商品のステータスです。[列挙]: INCOMPLETE,COMPLETE,CERTIFICATION,PUBLISHED,SUPPRESSED
--is-associated-with-skill <スキルとの関連付け>
任意です。スキル内商品を、スキルに関連付けられているかどうかでフィルタリングします。[列挙]: ASSOCIATED_WITH_SKILL,NO_SKILL_ASSOCIATIONS
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-isp-for-vendorサブコマンド

指定されたベンダーIDで新しいスキル内商品を作成します。

構文:

$ ask smapi create-isp-for-vendor <--create-in-skill-product-request <create-in-skill-product-request>>
                                  [-p| --profile <プロファイル>]
                                  [--debug]

オプション:

--create-in-skill-product-request <create-in-skill-product-request>
必須です。createInSkillProduct APIのリクエスト本文です。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-isp-list-for-skill-idサブコマンド

スキルのスキル内商品のリストを取得します。

構文:

$ ask smapi get-isp-list-for-skill-id <-s|--skill-id <スキルID>>
                                      <-g|--stage <ステージ>>
                                      [--next-token <次のトークン>]
                                      [--max-results <結果の最大件数>]
                                      [-p| --profile <プロファイル>]
                                      [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-isp-definitionサブコマンド

指定された商品IDのスキル内商品の定義を返します。

構文:

$ ask smapi get-isp-definition <--product-id <商品ID>>
                               <-g|--stage <ステージ>>
                               [-p| --profile <プロファイル>]
                               [--debug]

オプション:

--product-id <商品ID>
必須です。スキル内商品のIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

update-isp-for-productサブコマンド

指定された商品IDのスキル内商品の定義を更新します。開発ステージのみサポートされています。

構文:

$ ask smapi update-isp-for-product [--if-match <一致>]
                                   <--product-id <商品ID>>
                                   <-g|--stage <ステージ>>
                                   <--in-skill-product <スキル内商品>>
                                   [-p| --profile <プロファイル>]
                                   [--debug]

オプション:

--if-match <一致>
任意です。エンティティタグを指定したリクエストヘッダーです。サーバーは、eTagがリソースの現在のeTagと一致した場合にのみリソースを更新します。
--product-id <商品ID>
必須です。スキル内商品のIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--in-skill-product <スキル内商品>
必須です。updateInSkillProduct APIのリクエスト本文を定義します。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-isp-for-productサブコマンド

指定されたproductIdのスキル内商品を削除します。開発ステージのみサポートされています。公開中のスキル内商品、またはスキルに関連付けられたスキル内商品は、このAPIでは削除できません。

構文:

$ ask smapi delete-isp-for-product <--product-id <商品ID>>
                                   <-g|--stage <ステージ>>
                                   [--if-match <一致>]
                                   [-p| --profile <プロファイル>]
                                   [--debug]

オプション:

--product-id <商品ID>
必須です。スキル内商品のIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--if-match <一致>
任意です。エンティティタグを指定したリクエストヘッダーです。サーバーは、eTagがリソースの現在のeTagと一致した場合にのみリソースを更新します。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-isp-summaryサブコマンド

スキル内商品の概要を取得します。

構文:

$ ask smapi get-isp-summary <--product-id <商品ID>>
                            <-g|--stage <ステージ>>
                            [-p| --profile <プロファイル>]
                            [--debug]

オプション:

--product-id <商品ID>
必須です。スキル内商品のIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-isp-associated-skillsサブコマンド

スキル内商品に関連付けられたスキルを取得します。

構文:

$ ask smapi get-isp-associated-skills <--product-id <商品ID>>
                                      <-g|--stage <ステージ>>
                                      [--next-token <次のトークン>]
                                      [--max-results <結果の最大件数>]
                                      [-p| --profile <プロファイル>]
                                      [--debug]

オプション:

--product-id <商品ID>
必須です。スキル内商品のIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

associate-isp-with-skillサブコマンド

スキル内商品をスキルに関連付けます。

構文:

$ ask smapi associate-isp-with-skill <--product-id <商品ID>>
                                     <-s|--skill-id <スキルID>>
                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                     [--debug]

オプション:

--product-id <商品ID>
必須です。スキル内商品のIDです。
-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

disassociate-isp-with-skillサブコマンド

スキル内商品とスキルの関連付けを解除します。

構文:

$ ask smapi disassociate-isp-with-skill <--product-id <商品ID>>
                                        <-s|--skill-id <スキルID>>
                                        [-p| --profile <プロファイル>]
                                        [--debug]

オプション:

--product-id <商品ID>
必須です。スキル内商品のIDです。
-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

reset-entitlement-for-productサブコマンド

現在のユーザーに対して買い切り型の商品(複数可)をリセットします。

構文:

$ ask smapi reset-entitlement-for-product <--product-id <商品ID>>
                                          <-g|--stage <ステージ>>
                                          [-p| --profile <プロファイル>]
                                          [--debug]

オプション:

--product-id <商品ID>
必須です。スキル内商品のIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-account-linking-infoサブコマンド

スキルのアカウントリンク情報を取得します。

構文:

$ ask smapi get-account-linking-info <-s|--skill-id <スキルID>>
                                     <-g|--stage <ステージ>>
                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                     [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

update-account-linking-infoサブコマンド

スキルのアカウントリンク情報を作成します。

構文:

$ ask smapi update-account-linking-info <-s|--skill-id <スキルID>>
                                        <-g|--stage <ステージ>>
                                        <--account-linking-request <アカウントリンクリクエスト>>
                                        [--if-match <一致>]
                                        [-p| --profile <プロファイル>]
                                        [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
--account-linking-request <アカウントリンクリクエスト>
必須です。アカウントリンクパートナーの作成に必要なフィールドです。[JSON]
--if-match <一致>
任意です。エンティティタグを指定したリクエストヘッダーです。サーバーは、eTagがリソースの現在のeTagと一致した場合にのみリソースを更新します。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-account-linking-infoサブコマンド

スキルの特定のステージのアカウントリンク情報を削除します。

構文:

$ ask smapi delete-account-linking-info <-s|--skill-id <スキルID>>
                                        <-g|--stage <ステージ>>
                                        [-p| --profile <プロファイル>]
                                        [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

generate-credentials-for-alexa-hosted-skillサブコマンド

Alexa-hostedスキルリポジトリにアクセスするための認証情報を生成します。

構文:

$ ask smapi generate-credentials-for-alexa-hosted-skill <-s|--skill-id <スキルID>>
                                                        [--repository-url <リポジトリURL>]
                                                        [--repository-type <リポジトリの種類>]
                                                        [-p| --profile <プロファイル>]
                                                        [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--repository-url <リポジトリURL>
任意です。Alexa-hostedスキルのリポジトリ情報です。
--repository-type <リポジトリの種類>
任意です。Alexa-hostedスキルのリポジトリ情報です。[列挙]: GIT
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-alexa-hosted-skill-metadataサブコマンド

Alexa-hostedスキルのメタデータを取得します。

構文:

$ ask smapi get-alexa-hosted-skill-metadata <-s|--skill-id <スキルID>>
                                            [-p| --profile <プロファイル>]
                                            [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-alexa-hosted-skill-user-permissionsサブコマンド

Alexa-hostedスキル機能への現在のユーザーのアクセス権限を取得します。

構文:

$ ask smapi get-alexa-hosted-skill-user-permissions <--permission <権限>>
                                                    [-p| --profile <プロファイル>]
                                                    [--debug]

オプション:

--permission <権限>
必須です。ユーザーがチェックする必要のあるAlexa-hostedスキル機能の権限です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-beta-testサブコマンド

特定のスキルのベータテストを取得します。

構文:

$ ask smapi get-beta-test <-s|--skill-id <スキルID>>
                          [-p| --profile <プロファイル>]
                          [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-beta-testサブコマンド

特定のスキルのベータテストを作成します。

構文:

$ ask smapi create-beta-test <-s|--skill-id <スキルID>>
                             [--feedback-email <フィードバックEメール>]
                             [-p| --profile <プロファイル>]
                             [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--feedback-email <フィードバックEメール>
任意です。フィードバックを提供するEメールアドレスです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

update-beta-testサブコマンド

特定のスキルのベータテストを更新します。

構文:

$ ask smapi update-beta-test <-s|--skill-id <スキルID>>
                             [--feedback-email <フィードバックEメール>]
                             [-p| --profile <プロファイル>]
                             [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--feedback-email <フィードバックEメール>
任意です。フィードバックを提供するEメールアドレスです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

start-beta-testサブコマンド

特定のスキルのベータテストを開始します。システムは、各テスターに招待のEメールを送信し、承諾されると参加資格を追加します。

構文:

$ ask smapi start-beta-test <-s|--skill-id <スキルID>>
                            [-p| --profile <プロファイル>]
                            [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

end-beta-testサブコマンド

特定のスキルのベータテストを終了します。システムは各テスターの参加資格を取り消し、テスターにアクセス終了の通知メールを送信します。

構文:

$ ask smapi end-beta-test <-s|--skill-id <スキルID>>
                          [-p| --profile <プロファイル>]
                          [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-list-of-testersサブコマンド

特定のAlexaスキルのベータテストに参加しているテスターをすべて表示します。

構文:

$ ask smapi get-list-of-testers <-s|--skill-id <スキルID>>
                                [--next-token <次のトークン>]
                                [--max-results <結果の最大件数>]
                                [-p| --profile <プロファイル>]
                                [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

add-testers-to-beta-testサブコマンド

テスターを特定のスキルのベータテストに追加します。システムは、各テスターに招待のEメールを送信し、承諾されると参加資格を追加します。

構文:

$ ask smapi add-testers-to-beta-test <-s|--skill-id <スキルID>>
                                     <--testers-emails <テスターのEメール>>
                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                     [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--testers-emails <テスターのEメール>
必須です。ベータテストのテスターのEメールアドレスです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

remove-testers-from-beta-testサブコマンド

特定のスキルのベータテストからテスターを削除します。システムは、各テスターにアクセス終了の通知メールを送信し、参加資格を削除します。

構文:

$ ask smapi remove-testers-from-beta-test <-s|--skill-id <スキルID>>
                                          <--testers-emails <テスターのEメール>>
                                          [-p| --profile <プロファイル>]
                                          [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--testers-emails <テスターのEメール>
必須です。ベータテストのテスターのEメールアドレスです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

send-reminder-to-testersサブコマンド

指定したAlexaスキルについて、ベータテストに参加しているテスターにリマインダーを送信します。システムは、各テスターに招待メールを送信し、受諾時にエンタイトルメントを追加します。

構文:

$ ask smapi send-reminder-to-testers <-s|--skill-id <スキルID>>
                                     <--testers-emails <テスターのEメール>>
                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                     [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--testers-emails <テスターのEメール>
必須です。ベータテストのテスターのEメールアドレスです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

request-feedback-from-testersサブコマンド

特定のAlexaスキルについて、ベータテストに参加しているテスターにフィードバックをリクエストします。システムはテスターに通知メールを送信し、フィードバックをリクエストします。

構文:

$ ask smapi request-feedback-from-testers <-s|--skill-id <スキルID>>
                                          <--testers-emails <テスターのEメール>>
                                          [-p| --profile <プロファイル>]
                                          [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--testers-emails <テスターのEメール>
必須です。ベータテストのテスターのEメールアドレスです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-certifications-listサブコマンド

過去の認定や現在有効な認定など、スキルで利用可能なすべての認定のリストを取得します。デフォルトの並べ替え順序は、認定のskillSubmissionTimestampの新しい順です。

構文:

$ ask smapi get-certifications-list <-s|--skill-id <スキルID>>
                                    [--next-token <次のトークン>]
                                    [--max-results <結果の最大件数>]
                                    [-p| --profile <プロファイル>]
                                    [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-certification-reviewサブコマンド

特定の認定リソースを取得します。応答には、Amazonによる審査終了までにかかる予想残り時間を示すスキル審査の追跡情報が含まれます。審査が完了すると、応答には審査結果も入ります。古い認定については取得できない場合もありますが、継続中の認定には常に応答を返します。認定情報が取得できない場合、結果にはHTTPステータスコード404が返されます。

構文:

$ ask smapi get-certification-review [--accept-language <言語>]
                                     <-s|--skill-id <スキルID>>
                                     <-c|--certification-id <認定ID>>
                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                     [--debug]

オプション:

--accept-language <言語>
任意です。コンテキスト内のユーザーのロケールまたは言語です。
-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-c,--certification-id <認定ID>
必須です。認定のIDです。IDの予約語であるmostRecentを使って最新のスキル認定を取得できます。この場合のAPI動作は、リクエストで実際に指定されたIDが最新の認定IDだった場合と同様です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-skill-enablement-statusサブコマンド

指定したskillId/stageとcustomerId(Authトークンにより取得)の有効化ステータスが存在するかどうかを確認します。

構文:

$ ask smapi get-skill-enablement-status <-s|--skill-id <スキルID>>
                                        <-g|--stage <ステージ>>
                                        [-p| --profile <プロファイル>]
                                        [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

set-skill-enablementサブコマンド

指定したskillId/stageとcustomerId(Authトークンにより取得)の有効化ステータスを作成/更新します。

構文:

$ ask smapi set-skill-enablement <-s|--skill-id <スキルID>>
                                 <-g|--stage <ステージ>>
                                 [-p| --profile <プロファイル>]
                                 [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-skill-enablementサブコマンド

指定したskillId/stageとcustomerId(Authトークンにより取得)の有効化ステータスを削除します。

構文:

$ ask smapi delete-skill-enablement <-s|--skill-id <スキルID>>
                                    <-g|--stage <ステージ>>
                                    [-p| --profile <プロファイル>]
                                    [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

profile-nluサブコマンド

対話モデルに対して発話をプロファイルします。

構文:

$ ask smapi profile-nlu <-u|--utterance <発話>>
                        <--multi-turn-token <マルチターントークン>>
                        <-s|--skill-id <スキルID>>
                        <-g|--stage <ステージ>>
                        <-l|--locale <ロケール>>
                        [-p| --profile <プロファイル>]
                        [--debug]

オプション:

-u,--utterance <発話>
必須です。Alexaに対してユーザーが実際に話しかける内容です。
--multi-turn-token <マルチターントークン>
必須です。マルチターン関連のコンテキストを含むOpaque文字列です。
-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-l,--locale <ロケール>
必須です。リクエストするモデルのロケールです。例:ja-JP、en-US、de-DEなど。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-utterance-dataサブコマンド

構文:

$ ask smapi get-utterance-data <-s|--skill-id <スキルID>>
                               [--next-token <次のトークン>]
                               [--max-results <結果の最大件数>]
                               [--sort-direction <並べ替え順序>]
                               [--sort-field <並べ替えフィールド>]
                               [-g|--stage <ステージ>]
                               [-l|--locale <ロケール>]
                               [--dialog-act-name <ダイアログアクション名>]
                               [--intent-confidence-bin <インテント信頼度>]
                               [-intent-name <インテント名>]
                               [-intent-slots-name <インテントスロット名>]
                               [-interaction-type <対話タイプ>]
                               [-publication-status <公開ステータス>]
                               [-utterance-text <発話テキスト>]
                               [-p| --profile <プロファイル>]
                               [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
--sort-direction <並べ替え順序>
任意です。リスト項目の並べ替え順序を設定します。'asc'を設定すると、項目はsortField値の昇順で返され、'desc'を設定すると、項目はsortField値の降順で返されます。
--sort-field <並べ替えフィールド>
任意です。並べ替えの基準とするフィールドを設定します。
-g,--stage <ステージ>
任意です。指定した値と同じステージの項目取得に使用するフィルターです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。[列挙]:development,live
-l,--locale <ロケール>
任意です。指定した値と同じロケールの項目取得に使用するフィルターです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。[列挙]:en-US,en-GB,en-IN,en-CA,en-AU,de-DE,ja-JP
--dialog-act-name <ダイアログアクション名>
任意です。ダイアログアクションディレクティブの名前です。* `Dialog.ElicitSlot`: Alexaがユーザーに特定のスロットの値を尋ねた場合(https://developer.amazon.com/docs/custom-skills/dialog-interface-reference.html#elicitslot)。* `Dialog.ConfirmSlot`: Alexaがダイアログを続行する前に特定のスロット値を確認した場合(https://developer.amazon.com/docs/custom-skills/dialog-interface-reference.html#confirmslot)。* `Dialog.ConfirmIntent`: Alexaがスキルのアクション実行の前にユーザーがインテントに提供したすべての情報を確認した場合(https://developer.amazon.com/docs/custom-skills/dialog-interface-reference.html#confirmintent)。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。[列挙]: Dialog.ElicitSlot,Dialog.ConfirmSlot,Dialog.ConfirmIntent
--intent-confidence-bin <インテント信頼度>
任意です。指定した値と同じインテント信頼度の項目取得に使用するフィルターです。*'HIGH': インテントが高信頼度と認識された場合。*'MEDIUM': インテントが中信頼度を認識された場合。*'LOW': インテントが低信頼度と認識された場合。注: 低信頼度のインテントはスキルに送信されません。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。[列挙]: HIGH,MEDIUM,LOW
--intent-name <インテント名>
任意です。指定した値と同じインテント名の項目取得に使用するフィルターです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
--intent-slots-name <インテントスロット名>
任意です。指定したいずれかの値と同じスロット名の項目取得に使用するフィルターです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
--interaction-type <対話タイプ>
任意です。対話が"ONE_SHOT"対話として実行されたのか、"MODAL"対話として実行されたのかを表します。* `ONE_SHOT`: ユーザーはスキルを呼び出しとインテントのリクエストを単一のフレーズで伝えます。* `MODAL`: ユーザーは最初にスキルを呼び出してからインテントを伝えます。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。[列挙]: ONE_SHOT,MODAL
--publication-status <公開ステータス>
任意です。この対話が発生したときのスキルの公開ステータスです。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。[列挙]: Development,Certification
--utterance-text <発話テキスト>
任意です。発話テキストに特定のフレーズを含む項目の取得に使用されるフィルターです。各フィルターの値は1~100文字で指定できます。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-modelサブコマンド

指定したステージにあるスキルの`InteractionModel`(対話モデル)を取得します。パスパラメーターのskillIdstagelocaleは必須です。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model <-s|--skill-id <スキルID>>
                                  <-g|--stage <ステージ>>
                                  <-l|--locale <ロケール>>
                                  [-p| --profile <プロファイル>]
                                  [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
-l,--locale <ロケール>
必須です。リクエストするモデルのロケールです。例:ja-JP、en-US、de-DEなど。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-metadataサブコマンド

指定したステージの対話モデルリソースの最新メタデータを取得します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-metadata <-s|--skill-id <スキルID>>
                                           <-g|--stage <ステージ>>
                                           <-l|--locale <ロケール>>
                                           [-p| --profile <プロファイル>]
                                           [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
-l,--locale <ロケール>
必須です。リクエストするモデルのロケールです。例:ja-JP、en-US、de-DEなど。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

set-interaction-modelサブコマンド

スキルの対話モデルを作成します。

構文:

$ ask smapi set-interaction-model <-s|--skill-id <スキルID>>
                                  <-g|--stage <ステージ>>
                                  <-l|--locale <ロケール>>
                                  <--interaction-model <対話モデル>>
                                  [--if-match <一致>]
                                  [-p| --profile <プロファイル>]
                                  [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
-l,--locale <ロケール>
必須です。リクエストするモデルのロケールです。例:ja-JP、en-US、de-DEなど。
--interaction-model <対話モデル>
必須です。[JSON]
--if-match <一致>
任意です。エンティティタグを指定したリクエストヘッダーです。サーバーは、eTagがリソースの現在のeTagと一致した場合にのみリソースを更新します。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

list-interaction-model-catalogsサブコマンド

ベンダーのすべてのカタログのリストを取得します。

構文:

$ ask smapi list-interaction-model-catalogs [--max-results <結果の最大件数>]
                                            [--next-token <次のトークン>]
                                            [--sort-direction <並べ替え順序>]
                                            [-p| --profile <プロファイル>]
                                            [--debug]

オプション:

--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--sort-direction <並べ替え順序>
任意です。リスト項目の並べ替え順序を設定します。'asc'を設定すると、項目はsortField値の昇順で返され、'desc'を設定すると、項目はsortField値の降順で返されます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-interaction-model-catalogサブコマンド

指定したcatalogId内に新しいカタログバージョンを作成します。

構文:

$ ask smapi create-interaction-model-catalog [--catalog-name <カタログ名>]
                                             [--catalog-description <カタログの説明>]
                                             <--vendor-id <ベンダーID>>
                                             [-p| --profile <プロファイル>]
                                             [--debug]

オプション:

--catalog-name <カタログ名>
任意です。カタログの名前です。
--catalog-description <カタログの説明>
任意です。カタログの説明文字列です。
--vendor-id <ベンダーID>
必須です。カタログが属するベンダーのIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-catalog-definitionサブコマンド

カタログ定義を取得します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-catalog-definition <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                                     [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-interaction-model-catalogサブコマンド

カタログを削除します。

構文:

$ ask smapi delete-interaction-model-catalog <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                             [-p| --profile <プロファイル>]
                                             [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-catalog-update-statusサブコマンド

指定したcatalogIdのカタログリソースとそのサブリソースのステータスを取得します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-catalog-update-status <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                                        <--update-request-id <更新リクエストID>>
                                                        [-p| --profile <プロファイル>]
                                                        [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--update-request-id <更新リクエストID>
必須です。slotTypeバージョンの作成プロセスのIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

update-interaction-model-catalogサブコマンド

カタログの特定バージョンのdescriptionとvendorGuidanceの文字列を更新します。

構文:

$ ask smapi update-interaction-model-catalog <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                             [--slot-type-description <スロットタイプの説明>]
                                             [-p| --profile <プロファイル>]
                                             [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--slot-type-description <スロットタイプの説明>
任意です。255文字までのスロットタイプの説明です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-interaction-model-catalog-versionサブコマンド

指定したcatalogIdの新しいカタログエンティティバージョンを作成します。

構文:

$ ask smapi create-interaction-model-catalog-version <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                                     [--source-type <ソースの種類>]
                                                     [-source-url <ソースのURL>]
                                                     <--description <説明>>
                                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                                     [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--source-type <ソースの種類>
任意です。カタログの種類です。
--source-url <ソースのURL>
任意です。参照するカタログのURLです。
--description <説明>
必須です。特定のカタログバージョンの説明文字列です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-catalog-versionサブコマンド

指定したカタログバージョンのカタログバージョンデータを取得します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-catalog-version <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                                  <--version <バージョン>>
                                                  [-p| --profile <プロファイル>]
                                                  [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--version <バージョン>
必須です。対話モデルのバージョンです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-interaction-model-catalog-versionサブコマンド

カタログバージョンを削除します。

構文:

$ ask smapi delete-interaction-model-catalog-version <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                                     <--version <バージョン>>
                                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                                     [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--version <バージョン>
必須です。対話モデルのバージョンです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

update-interaction-model-catalog-versionサブコマンド

カタログの特定バージョンのdescriptionとvendorGuidanceの文字列を更新します。

構文:

$ ask smapi update-interaction-model-catalog-version <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                                     <--version <バージョン>>
                                                     [--description <説明>]
                                                     [-p| --profile <プロファイル>]
                                                     [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--version <バージョン>
必須です。対話モデルのバージョンです。
--description <説明>
任意です。カタログの説明です(最大255文字)。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-catalog-valuesサブコマンド

catalogIdとversionを指定してカタログの値を取得します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-catalog-values <-c|--catalog-id <カタログID>>
                                                 <--version <バージョン>>
                                                 [--max-results <結果の最大件数>]
                                                 [--next-token <次のトークン>]
                                                 [-p| --profile <プロファイル>]
                                                 [--debug]

オプション:

-c,--catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
--version <バージョン>
必須です。対話モデルのバージョンです。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-versionサブコマンド

スキルの指定したバージョンの`InteractionModel`を取得します。現在のバージョンのモデルを取得するには、バージョンパラメーターとして`~current`を使用します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-version <-s|--skill-id <スキルID>>
                                          <-g|--stage <ステージ>>
                                          <-l|--locale <ロケール>>
                                          <--version <バージョン>>
                                          [-p| --profile <プロファイル>]
                                          [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
-l,--locale <ロケール>
必須です。リクエストするモデルのロケールです。例:ja-JP、en-US、de-DEなど。
--version <バージョン>
必須です。対話モデルのバージョンです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

list-interaction-model-versionsサブコマンド

ベンダー用にスキルのinteractionModelバージョンのリストを取得します。

構文:

$ ask smapi list-interaction-model-versions <-s|--skill-id <スキルID>>
                                            <-g|--stage <ステージ>>
                                            <-l|--locale <ロケール>>
                                            [--next-token <次のトークン>]
                                            [--max-results <結果の最大件数>]
                                            [--sort-direction <並べ替え順序>]
                                            [--sort-field <並べ替えフィールド>]
                                            [-p| --profile <プロファイル>]
                                            [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
-l,--locale <ロケール>
必須です。リクエストするモデルのロケールです。例:ja-JP、en-US、de-DEなど。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
--sort-direction <並べ替え順序>
任意です。リスト項目の並べ替え順序を設定します。'asc'を設定すると、項目はsortField値の昇順で返され、'desc'を設定すると、項目はsortField値の降順で返されます。
--sort-field <並べ替えフィールド>
任意です。並べ替えの基準とするフィールドを設定します。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

list-interaction-model-slot-typesサブコマンド

ベンダーのすべてのスロットタイプのリストを取得します。

構文:

$ ask smapi list-interaction-model-slot-types [--max-results <結果の最大件数>]
                                              [--next-token <次のトークン>]
                                              [--sort-direction <並べ替え順序>]
                                              [-p| --profile <プロファイル>]
                                              [--debug]

オプション:

--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--sort-direction <並べ替え順序>
任意です。リスト項目の並べ替え順序を設定します。'asc'を設定すると、項目はsortField値の昇順で返され、'desc'を設定すると、項目はsortField値の降順で返されます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-interaction-model-slot-typeサブコマンド

指定したslotTypeId内に新しいスロットタイプバージョンを作成します。

構文:

$ ask smapi create-interaction-model-slot-type <--slot-type <スロットタイプ>>
                                               [-p| --profile <プロファイル>]
                                               [--debug]

オプション:

--slot-type <スロットタイプ>
必須です。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-slot-type-definitionサブコマンド

スロットタイプ定義を取得します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-slot-type-definition <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                                       [-p| --profile <プロファイル>]
                                                       [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-interaction-model-slot-typeサブコマンド

スロットタイプを削除します。

構文:

$ ask smapi delete-interaction-model-slot-type <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                               [-p| --profile <プロファイル>]
                                               [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-slot-type-build-statusサブコマンド

指定したslotTypeIdのスロットタイプリソースとそのサブリソースのステータスを取得します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-slot-type-build-status <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                                         <--update-request-id <更新リクエストID>>
                                                         [-p| --profile <プロファイル>]
                                                         [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
--update-request-id <更新リクエストID>
必須です。slotTypeバージョンの作成プロセスのIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

update-interaction-model-slot-typeサブコマンド

スロットタイプの特定バージョンのdescriptionとvendorGuidanceの文字列を更新します。

構文:

$ ask smapi update-interaction-model-slot-type <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                               [--slot-type-description <スロットタイプの説明>]
                                               [-p| --profile <プロファイル>]
                                               [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
--slot-type-description <スロットタイプの説明>
任意です。255文字までのスロットタイプの説明です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

list-interaction-model-slot-type-versionsサブコマンド

指定したslotTypeIdのすべてのスロットタイプバージョンのリストを取得します。

構文:

$ ask smapi list-interaction-model-slot-type-versions <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                                      [--max-results <結果の最大件数>]
                                                      [--next-token <次のトークン>]
                                                      [--sort-direction <並べ替え順序>]
                                                      [-p| --profile <プロファイル>]
                                                      [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--sort-direction <並べ替え順序>
任意です。リスト項目の並べ替え順序を設定します。'asc'を設定すると、項目はsortField値の昇順で返され、'desc'を設定すると、項目はsortField値の降順で返されます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-interaction-model-slot-type-versionサブコマンド

指定したslotTypeIdの新しいスロットタイプエンティティバージョンを作成します。

構文:

$ ask smapi create-interaction-model-slot-type-version <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                                       <--slot-type <スロットタイプ>>
                                                       [-p| --profile <プロファイル>]
                                                       [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
--slot-type <スロットタイプ>
必須です。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-interaction-model-slot-type-versionサブコマンド

スロットタイプバージョンを指定してスロットタイプバージョンのデータを取得します。

構文:

$ ask smapi get-interaction-model-slot-type-version <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                                    <--version <バージョン>>
                                                    [-p| --profile <プロファイル>]
                                                    [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
--version <バージョン>
必須です。対話モデルのバージョンです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-interaction-model-slot-type-versionサブコマンド

スロットタイプのバージョンを削除します。

構文:

$ ask smapi delete-interaction-model-slot-type-version <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                                       <--version <バージョン>>
                                                       [-p| --profile <プロファイル>]
                                                       [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
--version <バージョン>
必須です。対話モデルのバージョンです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

update-interaction-model-slot-type-versionサブコマンド

スロットタイプの特定バージョンのdescriptionとvendorGuidanceの文字列を更新します。

構文:

$ ask smapi update-interaction-model-slot-type-version <--slot-type-id <スロットタイプID>>
                                                       <--version <バージョン>>
                                                       [--slot-type-description <スロットタイプの説明>]
                                                       [-p| --profile <プロファイル>]
                                                       [--debug]

オプション:

--slot-type-id <スロットタイプID>
必須です。スロットタイプのIDです。
--version <バージョン>
必須です。対話モデルのバージョンです。
--slot-type-description <スロットタイプの説明>
任意です。255文字までのスロットタイプの説明です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-skill-manifestサブコマンド

指定したskillIdとステージのスキルマニフェストを返します。

構文:

$ ask smapi get-skill-manifest <-s|--skill-id <スキルID>>
                               <-g|--stage <ステージ>>
                               [-p| --profile <プロファイル>]
                               [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

update-skill-manifestサブコマンド

指定したskillIdとステージのスキルマニフェストを更新します。

構文:

$ ask smapi update-skill-manifest [--if-match <一致>]
                                  <-s|--skill-id <スキルID>>
                                  <-g|--stage <ステージ>>
                                  <--manifest <マニフェスト>>
                                  [-p| --profile <プロファイル>]
                                  [--debug]

オプション:

--if-match <一致>
任意です。エンティティタグを指定したリクエストヘッダーです。サーバーは、eTagがリソースの現在のeTagと一致した場合にのみリソースを更新します。
-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。新たに認定されたステージを含むスキルのステージです。* `development` - 現在開発中のスキルがこのステージに対応します。 * `certified` - 認定を完了し、公開準備のできたスキルがこのステージに対応します。 * `live` - 現在公開中のスキルがこのステージに対応します。
--manifest <マニフェスト>
必須です。updateSkill APIのリクエスト本文です。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-skill-metricsサブコマンド

スキル使用状況の分析指標レポートを取得します。

構文:

$ ask smapi get-skill-metrics <-s|--skill-id <スキルID>>
                              <--start-time <開始時刻>>
                              <-end-time <終了時刻>>
                              <--period <期間>>
                              <-metric <メトリック>>
                              <-g|--stage <ステージ>>
                              <--skill-type <スキルの種類>>
                              [--intent <インテント>]
                              [-l|--locale <ロケール>]
                              [--max-results <結果の最大件数>]
                              [--next-token <次のトークン>]
                              [-p| --profile <プロファイル>]
                              [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--start-time <開始時刻>
必須です。クエリの開始時刻です。
--end-time <終了時刻>
必須です。クエリの終了時刻です(最大期間は1週間です)。
--period <期間>
必須です。測定基準を取得する際に使用する集計期間は、ISO_8601の継続時間の形式に従います。
--metric <メトリック>
必須です。定期的にデータセットを返す別個のロジックのセットです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージです(live、development)。
--skill-type <スキルの種類>
必須です。スキルの種類です(custom、smartHome、flashBriefing)。
--intent <インテント>
任意です。スキルのインテントです。
-l,--locale <ロケール>
任意です。スキルのロケールです。例:ja-JP、en-US、de-DEなど。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

set-private-distribution-account-idサブコマンド

非公開の配信アカウントにIDを追加します。

構文:

$ ask smapi set-private-distribution-account-id <-s|--skill-id <スキルID>>
                                                <-g|--stage <ステージ>>
                                                <--id <ID>>
                                                [-p| --profile <プロファイル>]
                                                [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--id <ID>
必須です。スキルを非公開で配信できるARNです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-private-distribution-account-idサブコマンド

非公開の配信アカウントからIDを削除します。

構文:

$ ask smapi delete-private-distribution-account-id <-s|--skill-id <スキルID>>
                                                   <-g|--stage <ステージ>>
                                                   <--id <ID>>
                                                   [-p| --profile <プロファイル>]
                                                   [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--id <ID>
必須です。スキルを非公開で配信できるARNです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

list-private-distribution-accountsサブコマンド

非公開の配信アカウントのリストを表示します。

構文:

$ ask smapi list-private-distribution-accounts <-s|--skill-id <スキルID>>
                                               <-g|--stage <ステージ>>
                                               [--next-token <次のトークン>]
                                               [--max-results <結果の最大件数>]
                                               [-p| --profile <プロファイル>]
                                               [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

simulate-skillサブコマンド

Alexaエコシステムでユーザー発話のテキストを渡すスキルの実行をシミュレートする非同期APIです。成功した場合の応答のヘッダーには、シミュレーションリソースの場所が含まれます。このAPIへのリクエストがエラーになった場合、応答にはエラーコードと問題の詳細が含まれます。シミュレートされるスキルは、このAPIのユーザーに属し、このユーザーによって有効にされる必要があります。現時点では、1ユーザーからの同時かつ複数のリクエストは許可されていません。

構文:

$ ask smapi simulate-skill <-s|--skill-id <スキルID>>
                           <-g|--stage <ステージ>>
                           <--input-content <入力コンテンツ>>
                           <--device-locale <デバイスのロケール>>
                           [--session-mode <セッションモード>]
                           [-p| --profile <プロファイル>]
                           [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--input-content <入力コンテンツ>
必須です。ユーザーがAlexaに対して話しかける発話テキストを表す文字列です。
--device-locale <デバイスのロケール>
必須です。シミュレーションで使用する仮想デバイスの有効なロケール("ja-JP"など)です。
--session-mode <セッションモード>
任意です。現在のシミュレーションのセッションモードが使用中であることを表します。[列挙]: DEFAULT,FORCE_NEW_SESSION
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-skill-simulationサブコマンド

このAPIは、以前に実行したシミュレーションの結果を取得します。成功した場合の応答には、実行したシミュレーションのステータスが含まれます。シミュレーションが成功すると、応答にはスキルの呼び出しに関連する情報も入ります。このAPIへのリクエストがエラーになった場合、応答にはエラーコードと問題の詳細が含まれます。シミュレーションが失敗した場合、応答にはエラーの発生とスキルエンドポイントに何が送信されたかの詳細を示すステータスアトリビュートが入ります。シミュレーション結果は、10分間保存されます。期限切れのシミュレーション結果をリクエストすると、404のHTTPステータスコードが返されます。

構文:

$ ask smapi get-skill-simulation <-s|--skill-id <スキルID>>
                                 <-g|--stage <ステージ>>
                                 <-i|--simulation-id <シミュレーションID>>
                                 [-p| --profile <プロファイル>]
                                 [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-i,--simulation-id <シミュレーションID>
必須です。シミュレーションのIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

submit-skill-validationサブコマンド

これは、スキル開発者がスキルに対してさまざまな検証を実行できる非同期APIです。

構文:

$ ask smapi submit-skill-validation <-l|--locales <ロケール>>
                                    <-s|--skill-id <スキルID>>
                                    <-g|--stage <ステージ>>
                                    [-p| --profile <プロファイル>]
                                    [--debug]

オプション:

-l,--locales <ロケール>
必須です。
-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-skill-validationsサブコマンド

このAPIは、以前に実行した検証の結果を取得します。成功した場合の応答には、実行した検証のステータスが含まれます。検証が成功すると、応答には実行した検証に関連する情報も入ります。このAPIへのリクエストがエラーになった場合、応答に問題の詳細が記述されています。検証が失敗した場合、応答にはエラーの発生を示すステータスアトリビュートが入ります。検証結果は、60分間保存されます。期限切れの検証結果をリクエストすると、404のHTTPステータスコードが返されます。

構文:

$ ask smapi get-skill-validations <-s|--skill-id <スキルID>>
                                  <-i|--validation-id <検証ID>>
                                  <-g|--stage <ステージ>>
                                  [--accept-language <言語>]
                                  [-p| --profile <プロファイル>]
                                  [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-i,--validation-id <検証ID>
必須です。検証のIDです。IDの予約語であるmostRecentを使って最新のスキルとステージの検証を取得できます。この場合のAPI動作は、リクエストで実際に指定されたIDが最新の検証IDだった場合と同様です。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--accept-language <言語>
任意です。コンテキスト内のユーザーのロケールまたは言語です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

list-skills-for-vendorサブコマンド

ベンダーのスキルリストを取得します。

構文:

$ ask smapi list-skills-for-vendor [--next-token <次のトークン>]
                                   [--max-results <結果の最大件数>]
                                   [-s|--skill-id <スキルID>]
                                   [-p| --profile <プロファイル>]
                                   [--debug]

オプション:

--next-token <次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられる(isTruncated応答要素の値がtrue)ときは、応答にnextToken要素も含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、スキル管理APIが理解できるOpaque値です。トークンは24時間で有効期限が切れます。
--max-results <結果の最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。上限である50件よりも少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。上限を超えるmaxResultsを指定することはできません。応答に含まれる項目がmaxResultsより少ない場合はありますが、この値を超えることはありません。検索条件を満たす結果が他にもあるけれど結果が返されない場合、応答にはisTruncated = trueが含まれます。
-s,--skill-id <スキルID>
任意です。概要を取得するスキルIDのリストです。1回のlistSkills呼び出しで、スキルIDを最大10個まで指定してスキルの概要を取得できます。このパラメーターは'nextToken'、'maxResults'パラメーターのいずれかまたは両方と共に使用する必要があります。[複数可]: 値はコンマで区切ることができます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-skill-for-vendorサブコマンド

指定されたベンダーIDで新しいスキルを作成します。

構文:

$ ask smapi create-skill-for-vendor <--manifest <マニフェスト>>
                                    [-p| --profile <プロファイル>]
                                    [--debug]

オプション:

--manifest <マニフェスト>
必須です。createSkill APIのリクエスト本文を定義します。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

delete-skillサブコマンド

指定されたskillIdのスキルとモデルを削除します。

構文:

$ ask smapi delete-skill <-s|--skill-id <スキルID>>
                         [-p| --profile <プロファイル>]
                         [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-skill-statusサブコマンド

指定したskillIdのスキルリソースとそのサブリソースのステータスを取得します。

構文:

$ ask smapi get-skill-status <-s|--skill-id <スキルID>>
                             [--resource <リソース>]
                             [-p| --profile <プロファイル>]
                             [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--resource <リソース>
任意です。ステータス情報を取得するリソース名です。任意のフィルタリングパラメーターであり、1回のAPI呼び出しでパラメーターを複数回使用してすべてのリソースまたはサブリソース(指定したもののみ)のステータスを取得できます。このパラメーターを指定しない場合、すべてのリソースまたはサブリソースのステータスが返されます。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-ssl-certificatesサブコマンド

このスキルに現在関連付けられているSSL証明書セットを返します。セットは、リージョンに関連付けられた1つのSSL証明書BLOBと、スキルのデフォルトの証明書で構成されます。

構文:

$ ask smapi get-ssl-certificates <-s|--skill-id <スキルID>>
                                 [-p| --profile <プロファイル>]
                                 [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

set-ssl-certificatesサブコマンド

このスキルに関連付けられたSSL証明書を更新します。

構文:

$ ask smapi set-ssl-certificates <-s|--skill-id <スキルID>>
                                 <--ssl-certificate-payload <SSL証明書のペイロード>>
                                 [-p| --profile <プロファイル>]
                                 [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--ssl-certificate-payload <SSL証明書のペイロード>
必須です。スキルのSSL証明書APIの入力および出力を定義します。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

submit-skill-for-certificationサブコマンド

スキルの認定を申請します。

構文:

$ ask smapi submit-skill-for-certification <-s|--skill-id <スキルID>>
                                           [--publication-method <公開方法>]
                                           [-p| --profile <プロファイル>]
                                           [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--publication-method <公開方法>
任意です。スキルを認定のためだけに申請して後から手動で公開するか、認定直後に公開するかを決定します。公開方法を省略すると、デフォルトで自動公開されます。[列挙]: MANUAL_PUBLISHING,AUTO_PUBLISHING
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

withdraw-skill-from-certificationサブコマンド

スキルの認定申請を取り下げます。

構文:

$ ask smapi withdraw-skill-from-certification <-s|--skill-id <スキルID>>
                                              [--reason <理由>]
                                              <--message <メッセージ>>
                                              [-p| --profile <プロファイル>]
                                              [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--reason <理由>
任意です。取り下げる理由です。[列挙]: TEST_SKILL,MORE_FEATURES,DISCOVERED_ISSUE,NOT_RECEIVED_CERTIFICATION_FEEDBACK,NOT_INTEND_TO_PUBLISH,OTHER
--message <メッセージ>
必須です。理由がOTHERの場合のみメッセージが必要です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-export-request-for-skillサブコマンド

スキルIDとステージを指定してスキルの新しいエクスポートを作成します。

構文:

$ ask smapi create-export-request-for-skill <-s|--skill-id <スキルID>>
                                            <-g|--stage <ステージ>>
                                            [-p| --profile <プロファイル>]
                                            [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-status-of-export-requestサブコマンド

指定したexportIdのステータスを取得します。

構文:

$ ask smapi get-status-of-export-request <--export-id <エクスポートID>>
                                         [-p| --profile <プロファイル>]
                                         [--debug]

オプション:

--export-id <エクスポートID>
必須です。エクスポートIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-skill-packageサブコマンド

スキルの新しいインポートを作成します。

構文:

$ ask smapi create-skill-package <--vendor-id <ベンダーID>>
                                 <--location <場所>>
                                 [-p| --profile <プロファイル>]
                                 [--debug]

オプション:

--vendor-id <ベンダーID>
必須です。スキルを所有しているベンダーのIDです。
--location <場所>
必須です。パッケージの場所です。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

import-skill-packageサブコマンド

指定されたスキルIDでスキルの新しいインポートを作成します。

構文:

$ ask smapi import-skill-package <--location <場所>>
                                 <-s|--skill-id <スキルID>>
                                 [--if-match <一致>]
                                 [-p| --profile <プロファイル>]
                                 [--debug]

オプション:

--location <場所>
必須です。パッケージの場所です。
-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
--if-match <一致>
任意です。エンティティタグを指定したリクエストヘッダーです。サーバーは、eTagがリソースの現在のeTagと一致した場合にのみリソースを更新します。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-import-statusサブコマンド

指定されたimportIdのステータスを取得します。

構文:

$ ask smapi get-import-status <--import-id <インポートID>>
                              [-p| --profile <プロファイル>]
                              [--debug]

オプション:

--import-id <インポートID>
必須です。インポートIDです。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

create-upload-urlサブコマンド

新しいアップロードURLを作成します。

構文:

$ ask smapi create-upload-url [-p| --profile <プロファイル>]
                              [--debug]

オプション:

-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

get-vendor-listサブコマンド

ベンダー情報のリストを取得します。

構文:

$ ask smapi get-vendor-list [-p| --profile <プロファイル>]
                            [--debug]

オプション:

-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

query-development-audit-logsサブコマンド

SMAPI監査ログAPIは、ユーザーにそのアカウントに対する権限を持った開発者(複数可)によって呼び出されたすべてのSMAPI呼び出しの監査履歴を提供します。

構文:

$ ask smapi query-development-audit-logs <--vendor-id <ベンダーID>>
                                         [--request-filters-clients <クライアントリクエストフィルター>]
                                         [--request-filters-operations <操作リクエストフィルター>]
                                         [--request-filters-resources <リソースリクエストフィルター>]
                                         [--request-filters-requesters <リクエスターリクエストフィルター>]
                                         [--request-filters-start-time <開始時刻リクエストフィルター>]
                                         [--request-filters-end-time <終了時刻リクエストフィルター>]
                                         [--request-filters-http-response-codes <HTTP応答コードリクエストフィルター>]
                                         [--sort-direction <並べ替え順序>]
                                         [--sort-field <並べ替えフィールド>]
                                         [--pagination-context-next-token <ページ分割コンテキストの次のトークン>]
                                         [--pagination-context-max-results <ページ分割コンテキストの最大件数>]
                                         [-p| --profile <プロファイル>]
                                         [--debug]

オプション:

--vendor-id <ベンダーID>
必須です。ベンダーIDです。developer.amazon.com/mycid.htmlを参照してください。
--request-filters-clients <クライアントリクエストフィルター>
任意です。フィルタリングするクライアントIDのリストです。
--request-filters-operations <操作リクエストフィルター>
任意です。操作名とバージョンリストのフィルターです。
--request-filters-resources <リソースリクエストフィルター>
任意です。リソース、リソースの種類のいずれかまたは両方のリストのフィルターです。利用可能な種類については、ドキュメントを参照してください。
--request-filters-requesters <リクエスターリクエストフィルター>
任意です。監査ログをフィルタリングするリクエストフィルターです。
--request-filters-start-time <開始時刻リクエストフィルター>
任意です。この検索の開始時刻を設定します。この時刻以降のタイムスタンプの監査ログがすべて応答に含まれます。この時刻も含まれます。
--request-filters-end-time <終了時刻リクエストフィルター>
任意です。この検索の終了時刻を設定します。この時刻より前のタイムスタンプの監査ログがすべて応答に含まれます。この時刻は含まれません。
--request-filters-http-response-codes <HTTP応答コードリクエストフィルター>
任意です。HTTP応答コードでフィルタリングします。たとえば、'200'や'503'のように指定します。
--sort-direction <並べ替え順序>
任意です。リスト項目の並べ替え順序を設定します。'ASC'を設定すると、項目はsortField値の昇順で返され、'DESC'を設定すると、項目はsortField値の降順で返されます。[列挙]: ASC,DESC
--sort-field <並べ替えフィールド>
任意です。並べ替えの基準とするフィールドを設定します。[列挙]:timestamp,operation,resource.id,resource.type,requester.userId,client.id,httpResponseCode
--pagination-context-next-token <ページ分割コンテキストの次のトークン>
任意です。このAPI呼び出しへの応答が切り捨てられると、応答にnextToken要素が含まれます。nextTokenの値は、オブジェクトの次のセットのリストを表示する継続トークンとして次のリクエストで使用できます。継続トークンは、このAPIが理解できるOpaque値です。トークンは1時間で有効期限が切れます。
--pagination-context-max-results <ページ分割コンテキストの最大件数>
任意です。応答本文で返される結果の最大数を設定します。デフォルトの50件より多い結果、または少ない結果を取得する場合、このパラメーターをリクエストに追加できます。最大件数の250を超えるmaxResultsを指定することもできますが、この件数以上の項目は返されません。SLA順守の目的で、または該当する項目が少ないために、応答にmaxResultsよりも少ない件数の項目しか含まれない場合はありますが、それよりも多い件数が含まれることは決してありません。
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

invoke-skill-end-pointサブコマンド

これは、指定されたスキルのLambdaまたはサードパーティのHTTPSエンドポイントを呼び出す同期APIです。正常に完了した応答には、呼び出されたエンドポイントと、エンドポイントとの間で送受信されたペイロードの情報が含まれます。このAPIへのリクエストがエラーになった場合、応答にはエラーコードと問題の詳細が含まれます。具体的なエラー内容がスキルエンドポイントの呼び出しの失敗である場合、応答にはエラーの発生とエンドポイントに何が送信されたかの詳細を示すステータスアトリビュートが入ります。スキルは、このAPIのユーザーに属し、このユーザーによって有効にされる必要があります。また、スキルエンドポイントへの呼び出しは、10秒後にタイムアウトします。現在、このAPIは、大幅に長いタイムアウトが必要な場合に非同期APIに対して延長を許可するようにデザインされています。

構文:

$ ask smapi invoke-skill-end-point <-s|--skill-id <スキルID>>
                                   <-g|--stage <ステージ>>
                                   <--endpoint-region <エンドポイントのリージョン>>
                                   <--skill-request-body <スキルのリクエスト本文>>
                                   [-p| --profile <プロファイル>]
                                   [--debug]

オプション:

-s,--skill-id <スキルID>
必須です。スキルIDです。
-g,--stage <ステージ>
必須です。スキルのステージ。
--endpoint-region <エンドポイントのリージョン>
必須です。呼び出されるエンドポイントのリージョンです。[列挙]: NA,EU,FE
--skill-request-body <スキルリクエスト本文>
必須です。公開ドキュメント(https://developer.amazon.com/ja-JP/docs/alexa/custom-skills/request-and-response-json-reference.html#request-body-syntax)で定義されたASKリクエスト本文のスキーマです。[JSON]
-p, --profile <プロファイル>
使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

upload-catalogサブコマンド

カタログのファイルをアップロードします。

構文:

$ ask smapi upload-catalog [-c| --catalog-id <カタログID>]
                           [-f| --file <ファイル>]
                           [-p| --profile <プロファイル>]
                           [--debug]

オプション:

-c, --catalog-id <カタログID>
必須です。一意のカタログIDです。
-f, --file <ファイル>
必須です。入力するターゲットファイルのパスです。
-p, --profile <プロファイル>
任意です。使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
任意です。このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

export-packageサブコマンド

スキルパッケージを現在のディレクトリのskill-packageフォルダにダウンロードします。

構文:

$ ask smapi export-package [-s| --skill-id <スキルID>]
                           [-g| --stage <ステージ>]
                           [-p| --profile <プロファイル>]
                           [--debug]

オプション:

-s, --skill-id <スキルID>
必須です。スキルID。
-g, --stage <ステージ>
必須です。スキルのステージです。
-p, --profile <プロファイル>
任意です。使用するASK CLIプロファイルです。このオプションを含めない場合は、ASK CLIはデフォルトのプロファイルを使用します。
--debug
任意です。このオプションを指定すると、ASK CLIはコマンド出力にデバッグメッセージを表示します。

ASK CLIコマンドのデバッグモード

ほとんどのコマンドは、説明に記載されているとおり、デバッグモードで実行できます。デバッグモードにするには、コマンドに--debugを追加します。

コマンドの実行完了後にデバッグメッセージが表示される(標準エラー出力に送られる)以外は、–debugを指定しない場合と同じ結果が表示されます。このデバッグメッセージは、次のフィールドで構成されます。timestampapi-namerequest-idmethodurlresponse-coderequest-headerrequest-bodyresponse-headerresponse-body

これらの結果を保存するには、コマンドを実行し、パイプを使って以下のように出力をローカルテキストファイルに送ります。

$ ask [コマンド] --debug 2> debug.txt