Alexa.SecurityPanelController.ErrorResponseイベント



Alexa.SecurityPanelController.ErrorResponseイベント

Alexaからスキルに送信されたAlexa.SecurityPanelControllerディレクティブを正しく処理できなかった場合は、Alexa.SecurityPanelController.ErrorResponseイベントで応答します。詳細については、Alexa.SecurityPanelControllerインターフェースを参照してください。

ErrorResponseイベント

Alexa.SecurityPanelController.ErrorResponseのペイロードでは、エラータイプを指定し、エラー情報のメッセージを含めます。Alexa.SecurityPanelControllerのエラータイプのリストについては、エラータイプの値を参照してください。

ErrorResponseイベントのペイロードの詳細

フィールド 説明 必須
type エラーのタイプです。Alexaはこれをユーザーと共有します。 文字列
message エラーのエラーメッセージです。この情報はユーザーとは共有されません。 文字列

ErrorResponseイベントの形式

クリップボードにコピーされました。

{
"event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.Health",
      "name": "ErrorResponse",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "payloadVersion": "1"
    },
    "payload": {
      "type": "<エラータイプ>",
      "message": "<エラーメッセージ>"
    }
  }
}

エラータイプの値

次の表に、Alexa.SecurityPanelControllerの有効なエラータイプの値を示します。

説明
AUTHORIZATION_REQUIRED セキュリティシステムの現在の状態はARMED_AWAYですが、ユーザーがARMED_STAYまたはARMED_NIGHTに変更してシステムを開始しようとしています。こちらの例をご覧ください。詳細については、セキュリティシステムの開始を参照してください。
BYPASS_NEEDED セキュリティパネルでオープンゾーンが検出されました。ユーザーはセキュリティシステムを開始する前に、このオープンゾーンをバイパスする必要があります。ユーザーが音声コマンドでエラーをバイパスできるようにするには、バイパスが必要なエンドポイントのリストをエラー応答のペイロードのendpointsNeedingBypassフィールドに含めます。Alexaがユーザーにエンドポイント名を伝えられるように、各エンドポイントのフレンドリー名を指定します。Alexa.ContactSensorインターフェースとAlexa.MotionSensorインターフェースを実装するセンサーのendpointIdを含めます。エラー応答のペイロードにエンドポイントのリストを含めなかった場合、Alexaはユーザーに手動でバイパスするように伝えます。こちらの例をご覧ください。詳細については、音声オプションによるバイパスを参照してください。
NOT_READY セキュリティパネルを開始/解除する準備ができていません。インストールモードのセキュリティパネルをユーザーが制御しようとしたときに、このエラータイプを使用します。
UNAUTHORIZED PINコードが正しくありません。
UNCLEARED_ALARM アクティブなアラームがある状態で、ユーザーがセキュリティパネルを開始しようとしています。こちらの例をご覧ください。
UNCLEARED_TROUBLE セキュリティパネルの状態に問題があります。

Alexa.SecurityPanelControllerエラータイプのほかに、Alexaエラータイプを使用することもできます。詳細については、Alexa.ErrorResponseのエラータイプの値を参照してください。

同期応答の例

以下は、Alexaに同期的に送信するエラー応答の例です。Alexa.SecurityPanelControllerのエラータイプのリストについては、エラータイプの値を参照してください。

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.SecurityPanelController",
      "name": "ErrorResponse",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint":{
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {
      "type": "UNAUTHORIZED",
      "message": "PINコードが正しくありません。"
    }
  }
}

非同期応答の例

以下は、Alexaイベントゲートウェイに非同期的に送信するエラー応答の例です。非同期で応答する場合、相関トークンと、認可トークンを含めたスコープを含めます。詳細については、イベントゲートウェイにイベントを送信するを参照してください。

Alexa.SecurityPanelControllerのエラータイプのリストについては、エラータイプの値を参照してください。

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.SecurityPanelController",
      "name": "ErrorResponse",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint":{
      "scope":{
        "type":"BearerToken",
        "token":"access-token-from-Amazon"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {
      "type": "UNAUTHORIZED",
      "message": "PINコードが正しくありません。"
    }
  }
}

AUTHORIZATION_REQUIRED

以下は、AUTHORIZATION_REQUIREDエラータイプのエラー応答の例です。ユーザーがシステムを解除せずにARMED_AWAYからARMED_NIGHTまたはARMED_STAYに直接切り替えようとした場合に、このエラータイプを使用します。詳細については、セキュリティシステムの開始を参照してください。

Alexa.SecurityPanelControllerのエラータイプのリストについては、エラータイプの値を参照してください。

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.SecurityPanelController",
      "name": "ErrorResponse",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
          "type": "BearerToken",
          "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {
      "type": "AUTHORIZATION_REQUIRED",
      "message": "リクエストされた警備状態を設定する前に、システムを解除する必要があります。"
    }
  }
}

BYPASS_NEEDED

以下は、BYPASS_NEEDEDエラータイプのエラー応答の例です。発生しているオープンゾーンエラーをユーザーがバイパスしないとシステムを開始できない場合に、このエラータイプを使用します。この例では、バイパスが必要なエンドポイントのリストを指定します。これを指定することで、ユーザーが音声でエラーをバイパスできるようになります。詳細については、音声オプションによるバイパスを参照してください。

Alexa.SecurityPanelControllerのエラータイプのリストについては、エラータイプの値を参照してください。

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.SecurityPanelController",
      "name": "ErrorResponse",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
          "type": "BearerToken",
          "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {
      "type": "BYPASS_NEEDED",
      "message": "オープン状態のセンサーがあるため、セキュリティパネルを開始できません。",
      "endpointsNeedingBypass": [
        {
          "friendlyName": "側面窓のセンサー", 
          "endpointId": "<エンドポイントID>"
        },
        {
          "friendlyName": "玄関ドアのセンサー", 
          "endpointId": "<エンドポイントID>"
        },
        {
          "friendlyName": "水センサー"
        }
      ]
    }
  }
}

UNCLEARED_ALARM

以下は、UNCLEARED_ALARMエラータイプのエラー応答の例です。アクティブなアラームがある状態で、ユーザーがセキュリティシステムを開始しようとしたときに、このエラータイプを使用します。Alexa.SecurityPanelControllerのエラータイプのリストについては、エラータイプの値を参照してください。

クリップボードにコピーされました。

{
  "event": {
    "header": {
      "namespace": "Alexa.SecurityPanelController",
      "name": "ErrorResponse",
      "messageId": "<メッセージID>",
      "correlationToken": "<opaque相関トークン>",
      "payloadVersion": "3"
    },
    "endpoint": {
      "scope": {
          "type": "BearerToken",
          "token": "<OAuth2ベアラートークン>"
      },
      "endpointId": "<エンドポイントID>"
    },
    "payload": {
      "type": "UNCLEARED_ALARM",
      "message": "アクティブなアラームがあるため、セキュリティパネルを開始または解除できません。"
    }
  }
}