標準ビルトインインテント



標準ビルトインインテント

標準インテントは、ストップ、キャンセル、ヘルプなどの一般的なアクションで使用します。

標準ビルトインインテントを実装するには、インテントスキーマにインテントを追加し、インテントの処理をコードに追加します。このインテントではサンプル発話を作成する必要はありませんが、インテントを拡張する場合は、作成することもできます。

ビルトインインテントを実装するをご覧ください。

利用できる標準ビルトインインテント

以下の表は、標準ビルトインインテントと、そのインテントを呼び出す際にユーザーが使用できる発話の一部をまとめたものです。

特に明記されていない限り、これらのインテントは サポートされているすべての言語のスキルでサポートされています。

インテント 一般的な発話 目的

AMAZON.CancelIntent

  • cancel
  • never mind
  • forget it

以下のいずれかの目的で使用されます。

  • 取引やタスクをキャンセルする(ただしスキルは終了しない)
  • スキルを完全に終了する

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.CancelIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.FallbackIntent

定型的な発話はありません。このインテントでは、対話モデルに基づいて生成されるドメイン外のモデルを使用します。発話が一致しない場合にフォールバックを提供するを参照してください。

スキルのインテントと一致しないユーザーの発話に対してフォールバックを提供します。AMAZON.FallbackIntentハンドラーで、スキルの機能やスキルとの対話方法について、ユーザーに詳細を説明できます。

AMAZON.HelpIntent

  • help
  • help me
  • can you help me

そのスキルの使用方法についてヘルプを提供します。状況に合ったヘルプについて詳しくは、Alexaデザインガイドのコンテキストに合ったヘルプを提供するを参照してください。

AMAZON.LoopOffIntent

  • loop off

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.LoopOnIntent

  • loop
  • loop on
  • keep playing this

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NextIntent

  • next
  • skip
  • skip forward

リストの次の項目に移動します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.NextIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NoIntent

  • no
  • no thanks

二者択一形式の質問に、否定の回答をします。

AMAZON.PauseIntent

  • pause
  • pause that

進行中のアクションを一時停止します。ゲームの一時停止や、再生中のオーディオトラックの一時停止などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.PreviousIntent

  • go back
  • skip back
  • back up

リスト内の前の項目に戻ります。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.PreviousIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.RepeatIntent

  • repeat
  • say that again
  • repeat that

最後のアクションを繰り返すようリクエストします。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.RepeatIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ResumeIntent

  • resume
  • continue
  • keep going

アクションを再開または続行します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.SelectIntent

  • Select that item
  • Pick this option
  • Get fourth option
  • Select third entry
  • Select fifth item
  • Get top result
  • Get last result
  • Show the first option
  • Show that item

リスト上の項目など、特定の項目を選択するよう指示できます。このインテントには、次の4個のスロットがあり、選択項目の詳細がまとめられています。 AnaphorListPositionPositionRelationVisualModeTrigger。詳細についてはSelectIntentで項目を選択可能にするをご覧ください。

AMAZON.ShuffleOffIntent

  • stop shuffling
  • shuffle off
  • turn off shuffle

シャッフルモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ShuffleOnIntent

  • shuffle
  • shuffle on
  • shuffle the music
  • shuffle mode

シャッフルモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StartOverIntent

  • start over
  • restart
  • start again

アクションのやり直しをリクエストします。ゲームや取引、オーディオトラックをやり直す場合などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.StartOverIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StopIntent

  • stop
  • off
  • shut up

スキルを終了します。このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AMAZON.YesIntent

  • yes
  • yes please
  • sure

二者択一形式の質問に、肯定の回答をします。

インテント 一般的な発話 目的

AMAZON.CancelIntent

  • annule
  • cancelle

以下のいずれかの目的で使用されます。

  • 取引やタスクをキャンセルする(ただしスキルは終了しない)
  • スキルを完全に終了する

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.CancelIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.FallbackIntent

定型的な発話はありません。このインテントでは、対話モデルに基づいて生成されるドメイン外のモデルを使用します。発話が一致しない場合にフォールバックを提供するを参照してください。

スキルのインテントと一致しないユーザーの発話に対してフォールバックを提供します。AMAZON.FallbackIntentハンドラーで、スキルの機能やスキルとの対話方法について、ユーザーに詳細を説明できます。

AMAZON.HelpIntent

  • aide
  • aide-moi
  • j'ai besoin d'aide

そのスキルの使用方法についてヘルプを提供します。状況に合ったヘルプについて詳しくは、Alexaデザインガイドのコンテキストに合ったヘルプを提供するを参照してください。

AMAZON.LoopOffIntent

  • arrête le mode boucle

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.LoopOnIntent

  • mets en boucle

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NextIntent

  • suivant
  • prochain
  • saute
  • passe

リストの次の項目に移動します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.NextIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NoIntent

  • non
  • nan
  • absolument pas
  • hors de question
  • bien sûr que non

二者択一形式の質問に、否定の回答をします。

AMAZON.PauseIntent

  • pause
  • pause ça

進行中のアクションを一時停止します。ゲームの一時停止や、再生中のオーディオトラックの一時停止などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.PreviousIntent

  • précédent
  • juste avant
  • celui d'avant
  • celui qui précède

リスト内の前の項目に戻ります。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.PreviousIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.RepeatIntent

  • répètes
  • redis
  • est-ce que tu peux répéter

最後のアクションを繰り返すようリクエストします。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.RepeatIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ResumeIntent

  • reprends
  • continue

アクションを再開または続行します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.SelectIntent

  • sélectionne cet article
  • choisis cette option
  • choisis la quatrième chose
  • sélectionne la troisième entrée
  • sélectionne le cinquième article
  • choisis le résultat en haut
  • choisis le dernier résultat
  • montre le premier choix
  • affiche la dernière option

リスト上の項目など、特定の項目を選択するよう指示できます。このインテントには、次の4個のスロットがあり、選択項目の詳細がまとめられています。 AnaphorListPositionPositionRelationVisualModeTrigger。詳細についてはSelectIntentで項目を選択可能にするをご覧ください。

AMAZON.ShuffleOffIntent

  • arrête la lecture aléatoire

シャッフルモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ShuffleOnIntent

  • mélanger
  • mets la lecture aléatoire

シャッフルモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StartOverIntent

  • recommence
  • commence à nouveau

アクションのやり直しをリクエストします。ゲームや取引、オーディオトラックをやり直す場合などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.StartOverIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StopIntent

  • arrête
  • stop
  • stoppe

スキルを終了します。このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AMAZON.YesIntent

  • oui
  • bien sûr
  • ouais
  • ouaip
  • exactement
  • correct
  • okay
  • d'accord

二者択一形式の質問に、肯定の回答をします。

インテント 一般的な発話 目的

AMAZON.CancelIntent

  • abbrechen
  • abbruch
  • vergiss es

以下のいずれかの目的で使用されます。

  • 取引やタスクをキャンセルする(ただしスキルは終了しない)
  • スキルを完全に終了する

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.CancelIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.FallbackIntent

定型的な発話はありません。このインテントでは、対話モデルに基づいて生成されるドメイン外のモデルを使用します。発話が一致しない場合にフォールバックを提供するを参照してください。

スキルのインテントと一致しないユーザーの発話に対してフォールバックを提供します。AMAZON.FallbackIntentハンドラーで、スキルの機能やスキルとの対話方法について、ユーザーに詳細を説明できます。

AMAZON.HelpIntent

  • hilfe (bitte)
  • hilf mir (bitte)
  • kannst du mir helfen (bitte)

そのスキルの使用方法についてヘルプを提供します。状況に合ったヘルプについて詳しくは、Alexaデザインガイドのコンテキストに合ったヘルプを提供するを参照してください。

AMAZON.LoopOffIntent

  • deaktiviere loop
  • stoppe loop
  • stopp jetzt loop

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.LoopOnIntent

  • starte loop
  • aktiviere loop
  • geloopt abspielen

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NextIntent

  • weiter
  • bitte geh zum nächsten kapitel
  • zum nächsten gehen

リストの次の項目に移動します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.NextIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NoIntent

  • nein
  • nein danke

二者択一形式の質問に、否定の回答をします。

AMAZON.PauseIntent

  • pause (bitte)
  • unterbrechung
  • pausieren

進行中のアクションを一時停止します。ゲームの一時停止や、再生中のオーディオトラックの一時停止などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.PreviousIntent

  • vorheriges
  • spiele das letzte

リスト内の前の項目に戻ります。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.PreviousIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.RepeatIntent

  • wiederhole (bitte)
  • wiederhole das (bitte)
  • sag das noch mal (bitte)

最後のアクションを繰り返すようリクエストします。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.RepeatIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ResumeIntent

  • mach weiter
  • weiterlesen
  • fortsetzen

アクションを再開または続行します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.SelectIntent

  • könntest du diesen da auswählen
  • das nehm ich
  • ich nehme das zweite
  • kann ich den vierten nehmen
  • kannst du den fünften auswählen
  • könnte ich den obersten eintrag abrufen
  • ich nehme das untere
  • zeige mir das oberste ergebnis
  • zeig mir diesen artikel

リスト上の項目など、特定の項目を選択するよう指示できます。このインテントには、次の4個のスロットがあり、選択項目の詳細がまとめられています。 AnaphorListPositionPositionRelationVisualModeTrigger。詳細についてはSelectIntentで項目を選択可能にするをご覧ください。

AMAZON.ShuffleOffIntent

  • deaktiviere shuffle
  • stoppe shuffle
  • deaktiviere die Zufallswiedergabe

シャッフルモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ShuffleOnIntent

  • aktiviere shuffle
  • start den shuffle mode
  • aktiviere die Zufallswiedergabe

シャッフルモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StartOverIntent

  • (bitte) von vorne (bitte)
  • neustart
  • beginne erneut

アクションのやり直しをリクエストします。ゲームや取引、オーディオトラックをやり直す場合などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.StartOverIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StopIntent

  • stopp
  • hör endlich auf
  • aufhören

スキルを終了します。このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AMAZON.YesIntent

  • ja
  • ja bitte

二者択一形式の質問に、肯定の回答をします。

インテント 一般的な発話 目的

AMAZON.CancelIntent

  • छोड़ो
  • cancel कर दो
  • रद्द करें

以下のいずれかの目的で使用されます。

  • 取引やタスクをキャンセルする(ただしスキルは終了しない)
  • スキルを完全に終了する

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.CancelIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.FallbackIntent

定型的な発話はありません。このインテントでは、対話モデルに基づいて生成されるドメイン外のモデルを使用します。発話が一致しない場合にフォールバックを提供するを参照してください。

スキルのインテントと一致しないユーザーの発話に対してフォールバックを提供します。AMAZON.FallbackIntentハンドラーで、スキルの機能やスキルとの対話方法について、ユーザーに詳細を説明できます。

AMAZON.HelpIntent

  • मदद करो
  • सहायता करो
  • मेरी help करो

そのスキルの使用方法についてヘルプを提供します。状況に合ったヘルプについて詳しくは、Alexaデザインガイドのコンテキストに合ったヘルプを提供するを参照してください。

AMAZON.LoopOffIntent

  • loop करना बंद करो please
  • loop में मत बजाओ

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.LoopOnIntent

  • loop में बजाओ
  • इसको loop कर दो

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NextIntent

  • अगला
  • मुझे अगले वाला दो
  • अगला वाला

リストの次の項目に移動します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.NextIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NoIntent

  • मुझे नहीं लगता
  • नहीं
  • ना

二者択一形式の質問に、否定の回答をします。

AMAZON.PauseIntent

  • pause कर दो

進行中のアクションを一時停止します。ゲームの一時停止や、再生中のオーディオトラックの一時停止などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.PreviousIntent

  • पीछे जाना
  • पिछला वाला
  • पीछे जाओ

リスト内の前の項目に戻ります。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.PreviousIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.RepeatIntent

  • क्या कहा आपने
  • क्या क्या

最後のアクションを繰り返すようリクエストします。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.RepeatIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ResumeIntent

  • फिर से चालू करो

アクションを再開または続行します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.SelectIntent

  • यह चुनो
  • इसको चुनो 
  • तीसरा उत्तर दिखाओ
  • मेरे लिए तीसरा select करो
  • चौथा वाला
  • सबसे ऊपर वाला उत्तर display करो
  • नीचे वाला select करो
  • पहला option show करें
  • यह चीज़ दिखाना

リスト上の項目など、特定の項目を選択するよう指示できます。このインテントには、次の4個のスロットがあり、選択項目の詳細がまとめられています。 AnaphorListPositionPositionRelationVisualModeTrigger。詳細についてはSelectIntentで項目を選択可能にするをご覧ください。

AMAZON.ShuffleOffIntent

  • shuffle off करना
  • shuffle बंद करना
  • shuffle करना बंद कर

シャッフルモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ShuffleOnIntent

  • shuffle करना
  • shuffle on कर
  • shuffle करो

シャッフルモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StartOverIntent

  • फिर से शुरू करो
  • शुरू से शुरू करो

アクションのやり直しをリクエストします。ゲームや取引、オーディオトラックをやり直す場合などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.StartOverIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StopIntent

  • इसे बंद करो
  • बंद कर
  • चुप
  • Stop

スキルを終了します。このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AMAZON.YesIntent

  • हां

二者択一形式の質問に、肯定の回答をします。

インテント 一般的な発話 目的

AMAZON.CancelIntent

  • Annulla
  • Non importa
  • Lascia stare

以下のいずれかの目的で使用されます。

  • 取引やタスクをキャンセルする(ただしスキルは終了しない)
  • スキルを完全に終了する

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.CancelIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.FallbackIntent

定型的な発話はありません。このインテントでは、対話モデルに基づいて生成されるドメイン外のモデルを使用します。発話が一致しない場合にフォールバックを提供するを参照してください。

スキルのインテントと一致しないユーザーの発話に対してフォールバックを提供します。AMAZON.FallbackIntentハンドラーで、スキルの機能やスキルとの対話方法について、ユーザーに詳細を説明できます。

AMAZON.HelpIntent

  • Aiuto
  • Aiutami
  • Aiuto per favore

そのスキルの使用方法についてヘルプを提供します。状況に合ったヘルプについて詳しくは、Alexaデザインガイドのコンテキストに合ったヘルプを提供するを参照してください。

AMAZON.LoopOffIntent

  • Spegni la modalità loop

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.LoopOnIntent

  • La modalità loop
  • Vorrei attivare la modalità loop
  • Puoi attivare la modalità loop

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NextIntent

  • Il prossimo
  • La prossima
  • Il successivo

リストの次の項目に移動します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.NextIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NoIntent

  • No
  • No grazie

二者択一形式の質問に、否定の回答をします。

AMAZON.PauseIntent

  • Metti in pausa
  • Mettila in pausa

進行中のアクションを一時停止します。ゲームの一時停止や、再生中のオーディオトラックの一時停止などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.PreviousIntent

  • Vai indietro
  • Ritorna indietro
  • Il precedente

リスト内の前の項目に戻ります。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.PreviousIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.RepeatIntent

  • Ripeti
  • Ripeti il passo
  • Ripetere

最後のアクションを繰り返すようリクエストします。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.RepeatIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ResumeIntent

  • Riprendi
  • Continua
  • Riprendilo

アクションを再開または続行します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.SelectIntent

  • voglio questa voce
  • vai su questo elemento
  • mi dai il primo risultato
  • ho bisogno del secondo articolo
  • il terzo per piacere
  • fammi vedere il numero sopra
  • fammi vedere la scelta in basso
  • mostraci il primo
  • scegli questo

リスト上の項目など、特定の項目を選択するよう指示できます。このインテントには、次の4個のスロットがあり、選択項目の詳細がまとめられています。 AnaphorListPositionPositionRelationVisualModeTrigger。詳細についてはSelectIntentで項目を選択可能にするをご覧ください。

AMAZON.ShuffleOffIntent

  • Mi puoi disattivare la modalità casuale
  • Mi puoi disattivare la modalità shuffle
  • Puoi spegnere la modalità shuffle

シャッフルモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ShuffleOnIntent

  • Mi puoi attivare la modalità casuale
  • Mi puoi attivare la modalità shuffle

シャッフルモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StartOverIntent

  • Comincia da capo
  • Ricomincia
  • Riinizia

アクションのやり直しをリクエストします。ゲームや取引、オーディオトラックをやり直す場合などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.StartOverIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StopIntent

  • Ferma
  • Smettila
  • Basta

スキルを終了します。このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AMAZON.YesIntent

  • Sì per favore
  • Certo

二者択一形式の質問に、肯定の回答をします。

インテント 一般的な発話 目的

AMAZON.CancelIntent

  • キャンセル
  • 取り消し
  • やめて

以下のいずれかの目的で使用されます。

  • 取引やタスクをキャンセルする(ただしスキルは終了しない)
  • スキルを完全に終了する

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.CancelIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.FallbackIntent

定型的な発話はありません。このインテントでは、対話モデルに基づいて生成されるドメイン外のモデルを使用します。発話が一致しない場合にフォールバックを提供するを参照してください。

スキルのインテントと一致しないユーザーの発話に対してフォールバックを提供します。AMAZON.FallbackIntentハンドラーで、スキルの機能やスキルとの対話方法について、ユーザーに詳細を説明できます。

AMAZON.HelpIntent

  • ヘルプ
  • どうすればいいの
  • 使い方を教えて

そのスキルの使用方法についてヘルプを提供します。状況に合ったヘルプについて詳しくは、Alexaデザインガイドのコンテキストに合ったヘルプを提供するを参照してください。

AMAZON.LoopOffIntent

  • ループ再生オフ
  • ループ停止
  • ループ取り消し

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.LoopOnIntent

  • ループ再生して
  • ループで流してくれる
  • ループでかけて

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NextIntent

  • 次にスキップして
  • 次のに飛んで

リストの次の項目に移動します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.NextIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NoIntent

  • いいえ
  • そうじゃない

二者択一形式の質問に、否定の回答をします。

AMAZON.PauseIntent

  • 一時停止
  • 一旦停止して
  • ポーズして

進行中のアクションを一時停止します。ゲームの一時停止や、再生中のオーディオトラックの一時停止などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.PreviousIntent

  • 前に戻って
  • 前へ
  • 直前のへ

リスト内の前の項目に戻ります。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.PreviousIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.RepeatIntent

  • もう一度
  • もう一度言って
  • 繰り返して

最後のアクションを繰り返すようリクエストします。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.RepeatIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ResumeIntent

  • 再開
  • 続けて
  • 続行して

アクションを再開または続行します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.SelectIntent

  • これにする
  • それにして
  • 一つ目がいい
  • 三番目をお願い
  • 二番目にする
  • 一番最初のもの
  • 一番最後のやつ
  • 一番目のものを表示して
  • その結果を見せて

リスト上の項目など、特定の項目を選択するよう指示できます。このインテントには、次の4個のスロットがあり、選択項目の詳細がまとめられています。 AnaphorListPositionPositionRelationVisualModeTrigger。詳細についてはSelectIntentで項目を選択可能にするをご覧ください。

AMAZON.ShuffleOffIntent

  • シャッフル再生をオフにして
  • シャッフル止めて
  • シャッフル再生オフ

シャッフルモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ShuffleOnIntent

  • シャッフル再生して
  • ランダム再生して
  • あの曲をランダム再生して
  • シャッフルで流して

シャッフルモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StartOverIntent

  • 最初から始めて
  • 最初に戻って
  • もう一度初めから

アクションのやり直しをリクエストします。ゲームや取引、オーディオトラックをやり直す場合などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.StartOverIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StopIntent

  • とめて
  • ストップ
  • 中止して

スキルを終了します。このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AMAZON.YesIntent

  • はい
  • そうです
  • いいよ

二者択一形式の質問に、肯定の回答をします。

インテント 一般的な発話 目的

AMAZON.CancelIntent

  • cancelar
  • anule

以下のいずれかの目的で使用されます。

  • 取引やタスクをキャンセルする(ただしスキルは終了しない)
  • スキルを完全に終了する

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.CancelIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.FallbackIntent

定型的な発話はありません。このインテントでは、対話モデルに基づいて生成されるドメイン外のモデルを使用します。発話が一致しない場合にフォールバックを提供するを参照してください。

スキルのインテントと一致しないユーザーの発話に対してフォールバックを提供します。AMAZON.FallbackIntentハンドラーで、スキルの機能やスキルとの対話方法について、ユーザーに詳細を説明できます。

AMAZON.HelpIntent

  • ajuda
  • me ajude
  • pode me ajudar

そのスキルの使用方法についてヘルプを提供します。状況に合ったヘルプについて詳しくは、Alexaデザインガイドのコンテキストに合ったヘルプを提供するを参照してください。

AMAZON.LoopOffIntent

  • desativar o loop

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.LoopOnIntent

  • modo de repetição contínua

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NextIntent

  • próxima
  • próximo
  • seguinte

リストの次の項目に移動します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.NextIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NoIntent

  • não
  • não obrigado

二者択一形式の質問に、否定の回答をします。

AMAZON.PauseIntent

  • aguarda
  • dê pausa
  • espera

進行中のアクションを一時停止します。ゲームの一時停止や、再生中のオーディオトラックの一時停止などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.PreviousIntent

  • voltar ao anterior
  • anterior
  • voltar atrás

リスト内の前の項目に戻ります。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.PreviousIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.RepeatIntent

  • de novo
  • novamente
  • repita isso

最後のアクションを繰り返すようリクエストします。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.RepeatIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ResumeIntent

  • continuar
  • retoma
  • prossiga

アクションを再開または続行します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.SelectIntent

  • selecionar aquele item
  • escolha essa por favor
  • selecione a segunda opção na lista
  • a sexta opção na lista
  • selecionar o primeiro resultado da lista
  • selecione o número de cima
  • selecione o último item por favor
  • mostrar primeiro número
  • me mostre este número por favor

リスト上の項目など、特定の項目を選択するよう指示できます。このインテントには、次の4個のスロットがあり、選択項目の詳細がまとめられています。 AnaphorListPositionPositionRelationVisualModeTrigger。詳細についてはSelectIntentで項目を選択可能にするをご覧ください。

AMAZON.ShuffleOffIntent

  • desativar o modo de reprodução aleatória
  • modo aleatório desativado
  • desligue a ordem aleatória

シャッフルモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ShuffleOnIntent

  • ativar o modo de reprodução aleatória
  • modo aleatório ativado
  • ative o modo aleatório nessa música

シャッフルモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StartOverIntent

  • recomeçar
  • começa de novo
  • inicie novamente

アクションのやり直しをリクエストします。ゲームや取引、オーディオトラックをやり直す場合などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.StartOverIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StopIntent

  • parar

スキルを終了します。このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AMAZON.YesIntent

  • sim
  • sim por favor
  • certamente

二者択一形式の質問に、肯定の回答をします。

インテント 一般的な発話 目的

AMAZON.CancelIntent

  • cancela
  • olvídalo
  • cancela eso

以下のいずれかの目的で使用されます。

  • 取引やタスクをキャンセルする(ただしスキルは終了しない)
  • スキルを完全に終了する

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.CancelIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.FallbackIntent

定型的な発話はありません。このインテントでは、対話モデルに基づいて生成されるドメイン外のモデルを使用します。発話が一致しない場合にフォールバックを提供するを参照してください。

スキルのインテントと一致しないユーザーの発話に対してフォールバックを提供します。AMAZON.FallbackIntentハンドラーで、スキルの機能やスキルとの対話方法について、ユーザーに詳細を説明できます。

AMAZON.HelpIntent

  • ayuda
  • ayúdame

そのスキルの使用方法についてヘルプを提供します。状況に合ったヘルプについて詳しくは、Alexaデザインガイドのコンテキストに合ったヘルプを提供するを参照してください。

AMAZON.LoopOffIntent

  • apaga repetición continua
  • desactivar la repetición continua

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.LoopOnIntent

  • repetición continua
  • activa la repetición continua

全曲リピート再生モードまたはリピートモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.LoopOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NextIntent

  • siguiente
  • próxima

リストの次の項目に移動します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.NextIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.NoIntent

  • no
  • no gracias

二者択一形式の質問に、否定の回答をします。

AMAZON.PauseIntent

  • pausa
  • puedes pausar

進行中のアクションを一時停止します。ゲームの一時停止や、再生中のオーディオトラックの一時停止などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.PreviousIntent

  • a la previa
  • previa

リスト内の前の項目に戻ります。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.PreviousIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.RepeatIntent

  • repite
  • puedes repetir

最後のアクションを繰り返すようリクエストします。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.RepeatIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ResumeIntent

  • reanuda
  • continúa
  • por favor reanuda

アクションを再開または続行します。

AudioPlayerインターフェースを使用するオーディオをスキルでストリーミングする場合は、必ずこのインテントを実装する必要があります。スキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。

AMAZON.SelectIntent

  • cogeré ese elemento
  • elige este resultado
  • seleccione el quinto artículo
  • seleccionar la octava entrada
  • seleccione el tercer artículo de la lista
  • por favor enseñe el de arriba
  • consigue el último artículo
  • enseña esa opción
  • muéstra me ese artículo

リスト上の項目など、特定の項目を選択するよう指示できます。このインテントには、次の4個のスロットがあり、選択項目の詳細がまとめられています。 AnaphorListPositionPositionRelationVisualModeTrigger。詳細についてはSelectIntentで項目を選択可能にするをご覧ください。

AMAZON.ShuffleOffIntent

  • apaga modo aleatorio
  • apaga el modo aleatorio
  • para de mezclar

シャッフルモードをオフにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOffIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.ShuffleOnIntent

  • activa el modo aleatorio
  • activa modo aleatorio
  • activa modo mezcla

シャッフルモードをオンにするようスキルにリクエストします。通常、プレイリストのトラックをストリーミングするオーディオスキルで使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.ShuffleOnIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StartOverIntent

  • empieza de nuevo
  • empieza otra vez

アクションのやり直しをリクエストします。ゲームや取引、オーディオトラックをやり直す場合などに使用します。

AudioPlayerインターフェースを使用してオーディオをストリーミングするスキルの場合、そのスキルがオーディオを再生中だったり、最後にオーディオを再生したスキルがそのスキルであったりした場合は、呼び出し名を言わなくても、このインテントを呼び出すことができます。この場合、インテントスキーマにAMAZON.StartOverIntentがなくても、インテントがスキルに送信されます。

AMAZON.StopIntent

  • para
  • apagar
  • callar

スキルを終了します。このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。

キャンセルとストップの詳細については、この後の項目をご確認ください。

AMAZON.YesIntent

  • sí por favor
  • claro

二者択一形式の質問に、肯定の回答をします。

キャンセルおよびストップについて

キャンセルとストップについては、この2つの概念をスキルで区別する必要がある場合のために、別々のインテントが用意されています。これにより、「stop」とは異なる意味で「cancel」を使用できます。 これらのインテントは、次のように処理します。

  • AMAZON.CancelIntent: ほとんどの場合、これは単にスキルを終了させるものです。ただし、スキルに必要な場合は、機能を変更してこのインテントにマッピングできます。ビルトインインテントを実装するを参照してください。
  • AMAZON.StopIntent: このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。また、こちらは、スキル認定プロセスの必須要件でもあります(ストップとキャンセルの認定要件をご覧ください)。AMAZON.CancelIntentと同じ機能が必要な場合は、両方のインテントに同じインテントハンドラーを使用できます。

AMAZON.CancelIntentを使用してスキルを終了する例:

ユーザー: Alexa, Open Tide Pooler.
Tide Pooler: Welcome to Tide Pooler.Which city would you like tide information for?
ユーザー: Never mind.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
Tide Pooler: Good-bye. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

AMAZON.CancelIntentの別の使い方として、取引のキャンセルのみを行い、スキルは終了しない例:

...これ以前のやりとりで、ユーザーはピザを注文しています。
My Pizza: Confirming order for a large pepperoni and mushroom pizza. Is that correct?
ユーザー: Cancel.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
My Pizza: Canceling order.Did you want to order something else? (応答は、質問をし、shouldEndSessionfalseに設定することで、セッションをオープンのままにします。)
ユーザー: Order a small Italian sausage pizza.(ユーザーの新規リクエストが、スキル固有の適切なインテントにマッピングされます)
...(対話が続きます)

ユーザーは、Alexaの応答中にウェイクワードを言うことで、応答を中断することもできます。これは、読み上げテキストが長い場合に、スキルを停止する際によく使用されます。ユーザーのコマンドが、いずれかのインテント(カスタムインテントまたはビルトインインテント)にマッピングされたら、サービスは通常どおり、IntentRequestを受け取ります。例:

ユーザー: Alexa, Ask Tide Pooler for high tides in Monterey.
Tide Pooler: Today in Monterey, the first high tide… (スキルが応答を完了する前にAlexaを中断します)
ユーザー: Alexa, Stop.IntentRequestAMAZON.StopIntentを送信します)
Tide Pooler: Good-bye. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

キャンセルとストップについては、この2つの概念をスキルで区別する必要がある場合のために、別々のインテントが用意されています。これにより、「stop」とは異なる意味で「cancel」を使用できます。 これらのインテントは、次のように処理します。

  • AMAZON.CancelIntent: ほとんどの場合、これは単にスキルを終了させるものです。ただし、スキルに必要な場合は、機能を変更してこのインテントにマッピングできます。ビルトインインテントを実装するを参照してください。
  • AMAZON.StopIntent: このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。また、こちらは、スキル認定プロセスの必須要件でもあります(ストップとキャンセルの認定要件をご覧ください)。AMAZON.CancelIntentと同じ機能が必要な場合は、両方のインテントに同じインテントハンドラーを使用できます。

AMAZON.CancelIntentを使用してスキルを終了する例:

User: Alexa, démarre voyages en ville.
Voyages en Ville: Voyages en Ville: Bienvenue sur Voyages en Ville.Quelle ville souhaitez-vous visiter ?
ユーザー: Laisse tomber.IntentRequestAMAZON.CencelIntentを送信します)
Alexa: Voyages en Ville: Bye. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

AMAZON.CancelIntentの別の使い方として、取引のキャンセルのみを行い、スキルは終了しない例:

...これ以前のやりとりで、ユーザーはピザを注文しています。
Ma Pizza Rouge: Vous confirmez votre commande d'une grande pizza champignons.Est-ce correct?
ユーザー: Annule.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
Ma Pizza Rouge: J'annule cette commande.Souhaitez-vous autre chose? (応答は、質問をし、shouldEndSessionfalseに設定することで、セッションをオープンのままにします。)
ユーザー: Je veux plutôt une petite pizza pepperoni. (ユーザーの新規リクエストが、スキル固有の適切なインテントにマッピングされます)
...(対話が続きます)

ユーザーは、Alexaの応答中にウェイクワードを言うことで、応答を中断することもできます。これは、読み上げテキストが長い場合に、スキルを停止する際によく使用されます。ユーザーのコマンドが、いずれかのインテント(カスタムインテントまたはビルトインインテント)にマッピングされたら、サービスは通常どおり、IntentRequestを受け取ります。例:

ユーザー: Alexa, demande à Voyages en Ville les heures d'ouverture de l'atonium à Bruxelles.
Voyages en Ville: Voyages en Ville: L'atonium à Bruxelles est ouvert de 10 heures a 18 heures tous les jours de la semaine…(スキルが応答を完了する前にAlexaを中断します)
ユーザー: Alexa, arrête.IntentRequestAMAZON.StopIntentを送信します)
Voyages en Ville: Bye. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

キャンセルとストップについては、この2つの概念をスキルで区別する必要がある場合のために、別々のインテントが用意されています。これにより、「stopp」とは異なる意味で「abbrechen」を使用できます。 これらのインテントは、次のように処理します。

  • AMAZON.CancelIntent: ほとんどの場合、これは単にスキルを終了させるものです。ただし、スキルに必要な場合は、機能を変更してこのインテントにマッピングできます。ビルトインインテントを実装するを参照してください。
  • AMAZON.StopIntent: このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。また、こちらは、スキル認定プロセスの必須要件でもあります(ストップとキャンセルの認定要件をご覧ください)。AMAZON.CancelIntentと同じ機能が必要な場合は、両方のインテントに同じインテントハンドラーを使用できます。

AMAZON.CancelIntentを使用してスキルを終了する例:

ユーザー: Alexa, Öffne Tageshoroskop.
Tageshoroskop: Wilkommen bei Tageshoroskop.Welches Sternzeichen bist du?
ユーザー: Vergiss es.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
Tageshoroskop: Alles klar, tschüss. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)

AMAZON.CancelIntentの別の使い方として、取引のキャンセルのみを行い、スキルは終了しない例:

...これ以前のやりとりで、ユーザーはピザを注文しています。
Meine Pizza: Du möchtest also eine große Pepperoni Pizza mit Champignons, ist das richtig?
ユーザー: Abbrechen.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
Meine Pizza: Die Bestellung wurde abgebrochen.Möchtest du noch was anderes bestellen? (応答は、質問をし、shouldEndSessionfalseに設定することで、セッションをオープンのままにします。)
ユーザー: Bestelle eine kleine Käsepizza.(ユーザーの新規リクエストが、スキル固有の適切なインテントにマッピングされます)
...(対話が続きます)

ユーザーは、Alexaの応答中にウェイクワードを言うことで、応答を中断することもできます。これは、読み上げテキストが長い場合に、スキルを停止する際によく使用されます。ユーザーのコマンドが、いずれかのインテント(カスタムインテントまたはビルトインインテント)にマッピングされたら、サービスは通常どおり、IntentRequestを受け取ります。例:

ユーザー: Alexa, frage Gezeitenkalendar nach der nächsten Flut in Bremerhaven.
Gezeitenkalender: Heute in Bremerhaven ist die nächste Flut um 17:50 Uhr.Die… (スキルが応答を完了する前にAlexaを中断します)
ユーザー: Alexa, Stopp.IntentRequestAMAZON.StopIntentを送信します)
Gezeitenkalender: Ciao. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

キャンセルとストップについては、この2つの概念をスキルで区別する必要がある場合のために、別々のインテントが用意されています。これにより、「stop」とは異なる意味で「cancel」を使用できます。 これらのインテントは、次のように処理します。

  • AMAZON.CancelIntent: ほとんどの場合、これは単にスキルを終了させるものです。ただし、スキルに必要な場合は、機能を変更してこのインテントにマッピングできます。ビルトインインテントを実装するを参照してください。
  • AMAZON.StopIntent: このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。また、こちらは、スキル認定プロセスの必須要件でもあります(ストップとキャンセルの認定要件をご覧ください)。AMAZON.CancelIntentと同じ機能が必要な場合は、両方のインテントに同じインテントハンドラーを使用できます。

AMAZON.CancelIntentを使用してスキルを終了する例:

ユーザー: Alexa, शहर की जानकारी खोलो.
शहर की जानकारी: शहर की जानकारी में आपका स्वागत है. आप किस शहर के लिए जानकारी लेना पसंद करेंगे?
ユーザー: छोड़ो.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
शहर की जानकारी: अलविदा. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

AMAZON.CancelIntentの別の使い方として、取引のキャンセルのみを行い、スキルは終了しない例:

...これ以前のやりとりで、ユーザーはピザを注文しています。
मेरा Pizza: आपको एक बड़ा Chicken और Mushroom Pizza चाहिए. क्या ये सही हैं?
ユーザー: रद्द करो.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
मेरा Pizza: आदेश रद्द किया. क्या आपको कुछ और मंगवाना हैं? (応答は、質問をし、shouldEndSessionfalseに設定することで、セッションをオープンのままにします。)
ユーザー: एक छोटा पनीर टिक्का Pizza मंगवाओ.(ユーザーの新規リクエストが、スキル固有の適切なインテントにマッピングされます)
...(対話が続きます)

ユーザーは、Alexaの応答中にウェイクワードを言うことで、応答を中断することもできます。これは、読み上げテキストが長い場合に、スキルを停止する際によく使用されます。ユーザーのコマンドが、いずれかのインテント(カスタムインテントまたはビルトインインテント)にマッピングされたら、サービスは通常どおり、IntentRequestを受け取ります。例:

ユーザー: Alexa, शहर की जानकारी से मंबई के बारे में पूछो.
शहर की जानकारी: मुंबई भारत का … (スキルが応答を完了する前にAlexaを中断します)
ユーザー: Alexa, चुप.IntentRequestAMAZON.StopIntentを送信します)
शहर की जानकारी: अलविदा. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

キャンセルとストップについては、この2つの概念をスキルで区別する必要がある場合のために、別々のインテントが用意されています。これにより、「ferma」とは異なる意味で「annulla」を使用できます。 これらのインテントは、次のように処理します。

  • AMAZON.CancelIntent: ほとんどの場合、これは単にスキルを終了させるものです。ただし、スキルに必要な場合は、機能を変更してこのインテントにマッピングできます。ビルトインインテントを実装するを参照してください。
  • AMAZON.StopIntent: このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。また、こちらは、スキル認定プロセスの必須要件でもあります(ストップとキャンセルの認定要件をご覧ください)。AMAZON.CancelIntentと同じ機能が必要な場合は、両方のインテントに同じインテントハンドラーを使用できます。

AMAZON.CancelIntentを使用してスキルを終了する例:

ユーザー: Alexa, Apri Vacanze in Città.
Vacanze in Città: Benvenuto a Vacanze in Città.Quale città vorresti visitare?
ユーザー: Lascia stare.IntentRequestAMAZON.CencelIntentを送信します)
Vacanze in Città: Ciao. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

AMAZON.CancelIntentの別の使い方として、取引のキャンセルのみを行い、スキルは終了しない例:

...これ以前のやりとりで、ユーザーはピザを注文しています。
La Mia Pizza: Vuoi confermare un ordine per una pizza grande con prosciutto e funghi.È corretto?
ユーザー: Annulla.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
La Mia Pizza: Ordine annullato.Vuoi ordinare qualcos'altro? (応答は、質問をし、shouldEndSessionfalseに設定することで、セッションをオープンのままにします。)
ユーザー: Ordina una pizza con salsiccia. (ユーザーの新規リクエストが、スキル固有の適切なインテントにマッピングされます)
...(対話が続きます)

ユーザーは、Alexaの応答中にウェイクワードを言うことで、応答を中断することもできます。これは、読み上げテキストが長い場合に、スキルを停止する際によく使用されます。ユーザーのコマンドが、いずれかのインテント(カスタムインテントまたはビルトインインテント)にマッピングされたら、サービスは通常どおり、IntentRequestを受け取ります。例:

ユーザー: Alexa, Domanda a Vacanze in Città se può dirmi gli orari del Colosseo.
Vacanze in Città: Il Colosseo è aperto tutti i giorni e segue i seguenti orari…(スキルが応答を完了する前にAlexaを中断します)
ユーザー: Alexa, basta.IntentRequestAMAZON.StopIntentを送信します)
Vacanze in Città: Ciao(応答は、shouldEndSessionフラグをtrueに設定することで、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

キャンセルとストップについては、この2つの概念をスキルで区別する必要がある場合のために、別々のインテントが用意されています。これにより、「ストップ」とは異なる意味で「キャンセル」を使用できます。 これらのインテントは、次のように処理します。

  • AMAZON.CancelIntent: ほとんどの場合、これは単にスキルを終了させるものです。ただし、スキルに必要な場合は、機能を変更してこのインテントにマッピングできます。ビルトインインテントを実装するを参照してください。
  • AMAZON.StopIntent: このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。また、こちらは、スキル認定プロセスの必須要件でもあります(ストップとキャンセルの認定要件をご覧ください)。AMAZON.CancelIntentと同じ機能が必要な場合は、両方のインテントに同じインテントハンドラーを使用できます。

AMAZON.CancelIntentを使用してスキルを終了する例:

ユーザー:アレクサ、潮汐情報を開いて。
潮汐情報:潮汐情報へようこそ。どの都市の潮汐情報を知りたいですか?
ユーザー:取り消して。IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
アレクサ:さようなら。 (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

AMAZON.CancelIntentの別の使い方として、取引のキャンセルのみを行い、スキルは終了しない例:

...これ以前のやりとりで、ユーザーはピザを注文しています。
マイピザ:ご注文はLサイズのペパロニとマッシュルームピザです。これでよろしいですか?
ユーザー:キャンセル。IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
マイピザ:注文をキャンセルします。他にも注文はありますか?(応答は、質問をし、shouldEndSessionfalseに設定することで、セッションをオープンのままにします)
ユーザー: Sサイズのイタリアンソーセージピザを注文して。(ユーザーの新規リクエストが、スキル固有の適切なインテントにマッピングされます)
...(対話が続きます)

ユーザーは、Alexaの応答中にウェイクワードを言うことで、応答を中断することもできます。これは、読み上げテキストが長い場合に、スキルを停止する際によく使用されます。ユーザーのコマンドが、いずれかのインテント(カスタムインテントまたはビルトインインテント)にマッピングされたら、サービスは通常どおり、IntentRequestを受け取ります。例:

ユーザー:アレクサ、潮汐情報に神戸の満潮時を聞いて。
潮汐情報:今日の神戸の最初の満潮は… (スキルが応答を完了する前にAlexaを中断します)
ユーザー:アレクサ、ストップ。IntentRequestAMAZON.StopIntentを送信します)
潮汐情報:さようなら。 (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

キャンセルとストップについては、この2つの概念をスキルで区別する必要がある場合のために、別々のインテントが用意されています。これにより、「stop」とは異なる意味で「cancel」を使用できます。 これらのインテントは、次のように処理します。

  • AMAZON.CancelIntent: ほとんどの場合、これは単にスキルを終了させるものです。ただし、スキルに必要な場合は、機能を変更してこのインテントにマッピングできます。ビルトインインテントを実装するを参照してください。
  • AMAZON.StopIntent: このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。また、こちらは、スキル認定プロセスの必須要件でもあります(ストップとキャンセルの認定要件をご覧ください)。AMAZON.CancelIntentと同じ機能が必要な場合は、両方のインテントに同じインテントハンドラーを使用できます。

AMAZON.CancelIntentを使用してスキルを終了する例:

ユーザー: Alexa, abre a Marés altas
Marés Altas: Marés Altas: Bem-vindo à Marés Altas.Qual a cidade litorânea que você deseja saber mais informações sobre a maré?
ユーザー: cancelar.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
Alexa: Marés Altas: Tchau. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

AMAZON.CancelIntentの別の使い方として、取引のキャンセルのみを行い、スキルは終了しない例:

...これ以前のやりとりで、ユーザーはピザを注文しています。
Minha Pizza: Confirmando o seu pedido: uma pizza grande de calabresa e cogumelos.Correto?
ユーザー: cancelar.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
Minha Pizza: Pedido cancelado.Deseja algo mais? (応答は、質問をし、shouldEndSessionfalseに設定することで、セッションをオープンのままにします。)
ユーザー: Pedir uma pizza pequena de salsicha.(ユーザーの新規リクエストが、スキル固有の適切なインテントにマッピングされます)
...(対話が続きます)

ユーザーは、Alexaの応答中にウェイクワードを言うことで、応答を中断することもできます。これは、読み上げテキストが長い場合に、スキルを停止する際によく使用されます。ユーザーのコマンドが、いずれかのインテント(カスタムインテントまたはビルトインインテント)にマッピングされたら、サービスは通常どおり、IntentRequestを受け取ります。例:

ユーザー: Alexa, pergunta para Marés Altas sobre a maré no Rio de Janeiro.
Marés Altas: Marés Altas: Hoje, a primeira maré alta no Rio de Janeiro…(スキルが応答を完了する前にAlexaを中断します)
ユーザー: Alexa, parar.IntentRequestAMAZON.StopIntentを送信します)
Marés Altas: Tchau. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

キャンセルとストップについては、この2つの概念をスキルで区別する必要がある場合のために、別々のインテントが用意されています。これにより、「stop」とは異なる意味で「cancel」を使用できます。 これらのインテントは、次のように処理します。

  • AMAZON.CancelIntent: ほとんどの場合、これは単にスキルを終了させるものです。ただし、スキルに必要な場合は、機能を変更してこのインテントにマッピングできます。ビルトインインテントを実装するを参照してください。
  • AMAZON.StopIntent: このインテントをスキルに実装する必要があり、応答では、EndSessiontrueまたはnullである必要があります。また、こちらは、スキル認定プロセスの必須要件でもあります(ストップとキャンセルの認定要件をご覧ください)。AMAZON.CancelIntentと同じ機能が必要な場合は、両方のインテントに同じインテントハンドラーを使用できます。

AMAZON.CancelIntentを使用してスキルを終了する例:

ユーザー: Alexa, abre Mareas Altas.
Mareas Altas: Bienvenido a Mareas Altas.De qué ciudad quieres saber la marea?
ユーザー: Olvídalo.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
Mareas Altas: Adiós. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

AMAZON.CancelIntentの別の使い方として、取引のキャンセルのみを行い、スキルは終了しない例:

...これ以前のやりとりで、ユーザーはピザを注文しています。
Mi Pizza: Confirmando una orden para una pizza grande de queso.Es correcto?
ユーザー: Cancela.IntentRequestAMAZON.CancelIntentを送信します)
Mi Pizza: Cancelando la orden.Deaseas algo más? (応答は、質問をし、shouldEndSessionfalseに設定することで、セッションをオープンのままにします。)
ユーザー: Ordena una pizza pequeña de setas.(ユーザーの新規リクエストが、スキル固有の適切なインテントにマッピングされます)
...(対話が続きます)

ユーザーは、Alexaの応答中にウェイクワードを言うことで、応答を中断することもできます。これは、読み上げテキストが長い場合に、スキルを停止する際によく使用されます。ユーザーのコマンドが、いずれかのインテント(カスタムインテントまたはビルトインインテント)にマッピングされたら、サービスは通常どおり、IntentRequestを受け取ります。例:

ユーザー: Alexa, pregúntale a Mareas Altas por la marea en Santander.
Mareas Altas: Hoy en Santander, la primera marea alta… (スキルが応答を完了する前にAlexaを中断します)
ユーザー: Alexa, para.IntentRequestAMAZON.StopIntentを送信します)
Mareas Altas: Adiós. (応答はshouldEndSessionフラグをtrueに設定して、セッションを終了します)
(スキルが終了します)。

発話が一致しない場合にフォールバックを提供する

AMAZON.FallbackIntentは、ユーザーの音声入力がスキルの他のインテントに自信を持って一致できない場合に選択されます。AMAZON.FallbackIntentはドメイン外モデルとしてデザインされています。このモデルでは、スキルで意図するデザインに当てはまらないユーザーの入力を選択できます。

対話モデルを作成するとき、指定するサンプル発話は、Alexaが想定外のユーザー発話に最適なインテントを選べるための「ヒント」の役割を果たします。AMAZON.FallbackIntentのドメイン外モデルにより、スキルは、定義したサンプル発話やインテントにまったく一致しない多くの発話を処理できるようになります。

AMAZON.FallbackIntentのビルトインインテントは、統計モデルによって選択されます。つまり、対話モデルで定義されたすべてのカスタムインテントを使用して、ユーザー発話がスキルでは意味をなさない(ドメイン外である)可能性について評価します。カスタムインテントと同様に、発話もAMAZON.FallbackIntentに対して高、中、低の信頼度で選択されます。Alexaがある発話をカスタムインテントのいずれかにマッピングできる確率が高いと判断すると、そのインテントが選択されます。一方、発話がスキルのドメイン外(スキルでは意味をなさない)である確率が高いと判断すると、AlexaはAMAZON.FallbackIntentを選択します。すべてのインテントに対して信頼度が非常に低い場合(音声が不明瞭な場合や雑音が入った場合など)は、かわりに再プロンプトが出される可能性があります。

すべてのビルトインインテントと同様、適切な応答をユーザーに返すハンドラーを設定します。通常これは、ユーザーのリクエストがスキルでは対応できないものであることをユーザーに知らせ、そのスキルの機能に戻るためのガイダンスを提供するプロンプトとなります。また、プロンプトでは、自分がどのスキルと対話しているのかをユーザーが再度認識できるようにする必要があります。例:

ユーザー: アレクサ、トリッププランを開いて
Alexa: 旅行を計画しましょう。目的地はどこですか?
ユーザー: 札幌の天気を教えて (この発話は、トリッププランのどのインテントとも一致しません。)
Alexaはこの発話をインテントにマッピングできる確率が低いと判断したため、スキルにAMAZON.FallbackIntentを送信します。
Alexa: トリッププランスキルではその質問にはお答えできませんが、フライトを調べたり、旅行の計画の手伝いをしたりすることはできます。どこに行きますか? (応答にスキルの名前を含めて、ユーザーを正しくガイドします。)

ダイアログをデリゲートした場合のAMAZON.FallbackIntent

ダイアログをAlexaにデリゲートする場合、Alexaはダイアログモデルの定義に基づき、ダイアログ内の必須スロットの内容をたずねるプロンプトを自動で出すことができます。このダイアログでは、通常、AMAZON.FallbackIntentはトリガーされません。必要なスロットを入力するようユーザーに求めるプロンプトが生成されると、音声モデルは、ダイアログモデルのスロットに定義されている特定の発話が行われるのを待機します。ユーザーが「見当違い(ドメイン外)」のことを言った場合、Alexaは再度スロットを入力するよう応答します。

ただし、発話を追加してAMAZON.FallbackIntentを拡張する場合は、拡張された発話によってスロットの情報を引き出すときも、このインテントがトリガーされます。

AMAZON.FallbackIntentとインテントリクエスト履歴

集計され、匿名化された発話には、インテントリクエスト履歴APIまたは開発者コンソールのインテント履歴ページからアクセスできます。これにより、ユーザーがどのようにスキルと対話しているかを知ることができたり、Alexaによってトリガーされた発話やインテントを確認したりできます。

このAPIでは、スキルと対話する際にユーザーが言った発話を確認できるため、AMAZON.FallbackIntentの使用を試みる場合は特に役立ちます。この方法は、ユーザーが期待していると思われる機能や、スキルに追加すべき、よく間違って話されるフレーズを確認する際に便利です。たとえば「トリッププラン」では、多くのユーザーが目的地の天気について質問するのであれば、その機能をスキルに追加するといいでしょう。後で説明するように、インテントリクエスト履歴を使用してAMAZON.FallbackIntentを調整する必要があるかどうかを判断することもできます。

インテントリクエスト履歴データでは、スキルのすべての発話を確認できるわけではないことに注意してください。詳細については、以下を参照してください。

カスタム発話でAMAZON.FallbackIntentを拡張する

AMAZON.FallbackIntentを拡張してより多くの発話を追加できます。AMAZON.FallbackIntentにルーティングされるべき発話が稀にカスタムインテントとして認識される場合は、拡張してそれらの発話を追加してください。多数の発話が間違ってルーティングされている場合は、代わりにAMAZON.FallbackIntentの感度を調整することを検討してください。

サンプル発話を追加してビルトインインテントを拡張するを参照してください。

AMAZON.FallbackIntentの感度を調整する

fallbackIntentSensitivity設定は、次のロケールで使用できます。

  • 英語(すべて)

  • ドイツ語(DE)

AMAZON.FallbackIntentで予期した発話がキャプチャされない場合は、fallbackIntentSensitivityの設定を変更できます。この設定を変更すると、サポートされていないリクエストを幅広く受け取り、カスタムインテントにマッピングされているスキルに大きく影響します。デフォルトでは、fallbackIntentSensitivityの感度はLOWです。感度を上げると、AMAZON.FallbackIntentはカスタムインテントでサポートされていないユーザー発話をさらに多くキャプチャします。

設定を変更するかどうかを判断するには、インテント履歴でユーザーの発話を確認してください

次のような状況では、感度をMEDIUMまたはHIGHに上げることを検討してください。

  • スキルのユースケースが限定されており、ユーザーは特定のフレーズのみでトリガーし、それらのフレーズは対話モデルで完全にカバーされています。

    たとえば、スキルの回答のほとんどが「yes/no」または「true/false」の発話でカバーされている場合、感度を上げると、他のリクエストをされた場合にAMAZON.FallbackIntentで取り込みやすいため適切な処理に役立ちます。

  • スキルがサポートしていない機能をユーザーが頻繁にリクエストします。

    たとえば、道路の渋滞情報を配信するスキルにもかかわらず、ルート検索に関する多くのリクエストを受信するとします。感度を高めると、AMAZON.FallbackIntentはこのようなスキルの機能範囲外のリクエストをキャプチャできます。

  • 対話モデルがサポートするすべての発話または大部分の発話をカバーしていると確信しているため、その他のすべての発話をAMAZON.FallbackIntentにルーティングする必要があります。

    たとえば、スキルはユーザーに対話モデルでカバーされている明確に定義された発話で回答するように求めるとします。感度を上げると、AMAZON.FallbackIntentは想定外のダイアログの発話を取り込むことができます。

次のシナリオでは、感度をLOWに設定したままにします。

  • AMAZON.FallbackIntentにルーティングされる発話と、カスタムインテントにルーティングされる発話の割合に満足しています。このシナリオでは、感度を上げると、カスタムインテントにルーティングする必要がある発話が誤ってリダイレクトされることがあります。
  • スキルのユースケースにより、サンプル発話に含まれていない多様な単語やフレーズを取得するため、それらをカスタムインテントにマップする必要があります。

    たとえば、ユーザーが間違った単語で頻繁に回答するトリビアやゲームのスキルなどです。これらの誤った回答は対話モデルではカバーされませんが、これらの発話はカスタムインテントにルーティングする必要があります。このシナリオで感度を上げると、これらの誤った回答がAMAZON.FallbackIntentに送信される可能性があります。

AMAZON.FallbackIntentの感度を調整するには

ASK CLI またはJSONエディタを使用して、対話モデルのJSONのinteractionModel.languageModel.modelConfiguration.fallbackIntentSensitivity.level設定を更新します。fallbackIntentSensitivity.levelHIGHMEDIUMLOWのいずれかに設定します。

{
  "interactionModel": {
    "languageModel": {
      "invocationName": "...",
      "intents": [],
      "types": [],
      "modelConfiguration": {
        "fallbackIntentSensitivity": {
          "level": "HIGH"
        }
      }
    },
    "dialog": {},
    "prompts": []
  }
}

対話モデルスキーマの全体を確認するには、対話モデルのスキーマを参照してください。

ASK CLIを使用して対話モデルを更新するにはdeployコマンドを使用します。ASK CLIの例については、スキルプロジェクトを開発中ステージにデプロイするを参照してください。

開発者コンソールで対話モデルを更新するには、JSONエディタでJSONを編集し、モデルを保存してビルドします

SelectIntentで項目を選択可能にする

AMAZON.SelectIntentビルトインインテントによって、項目を選択するよう指示できます。他の標準ビルトインインテントとは異なり、AMAZON.SelectIntentは選択しようとする項目についての情報をまとめた4個のスロットで構成されます。

AMAZON.SelectIntentスロット

スロット名 説明/例 スロットタイプ

Anaphor

「this」「that」「it」などの項目を表す照応形の単語を取得します。

  • 「Select that item」:that
  • 「Pick this option」:this

AMAZON.Anaphor

ListPosition

「first」や「second」というような順序を示す語を取得し、それを数値に変換します。

  • 「Get the fourth option」: 4
  • 「Select third entry」: 3
  • 「Select fifth item」: 5

AMAZON.Ordinal

PositionRelation

「top」、「bottom」、「last」などのリストの項目の相対位置を表す単語を取得します。

  • 「Get top result: top」:top
  • 「Get last result: last」:last

AMAZON.RelativePosition

VisualModeTrigger

「show」や「display」など、視覚要素を用いた応答が求められる場合を示す単語を取得します。

  • 「Show the first option」:show
  • 「Display that item」:display

このスロットの値は、他のいずれかのAMAZON.SelectIntentスロットと組み合わせて返されることがあります。たとえば、「show the first item」という発話はVisualModeTriggershowListPosition1を返します。例をご覧ください

AMAZON.VisualModeTrigger

AMAZON.SelectIntentの拡張はできません

他の標準ビルトインインテントとは異なり、カスタマイズした発話でAMAZON.SelectIntentを拡張することはできません。
スロット名 説明/例 スロットタイプ

Anaphor

「cet」「cette」「ça」などの項目を表す照応形の単語を取得します。

  • Sélectionne cet article: cet
  • Choisis cette option: cette

AMAZON.Anaphor

ListPosition

「premier」や「deuxième」というような順序を示す語を取得し、それを数値に変換します。

  • Choisis la quatrième chose: 4
  • Sélectionne la troisième entrée: 3
  • Sélectionne le cinquième article: 5

AMAZON.Ordinal

PositionRelation

「haut」、「bas」、「dernier」などのリストの項目の相対位置を表す単語を取得します。

  • Choisis le résultat en haut: haut
  • Choisis le dernier résultat: dernier

AMAZON.RelativePosition

VisualModeTrigger

「montre」や「affiche」など、視覚要素を用いた応答が求められる場合を示す単語を取得します。

  • Montre le premier choix: montre
  • Affiche la dernière option: affiche

このスロットの値は、他のいずれかのAMAZON.SelectIntentスロットと組み合わせて返されることがあります。たとえば、「montre le premier choix」という発話はVisualModeTriggermontreListPosition1を返します。例をご覧ください

AMAZON.VisualModeTrigger

AMAZON.SelectIntentの拡張はできません

他の標準ビルトインインテントとは異なり、カスタマイズした発話でAMAZON.SelectIntentを拡張することはできません。
スロット名 説明/例 スロットタイプ

Anaphor

「die」「das」「diesen」などの項目を表す照応形の単語を取得します。

  • "Könntest du diesen da auswählen": diesen
  • "Das nehm ich": das

AMAZON.Anaphor

ListPosition

「erste」や「sweite」というような順序を示す語を取得し、それを数値に変換します。

  • Ich nehme das zweite: 2
  • Kann ich den vierten nehmen: 4
  • Kannst du den fünften auswählen: 5

AMAZON.Ordinal

PositionRelation

「obersten」、「untere」、「letzte」などのリストの項目の相対位置を表す単語を取得します。

  • Könnte ich den obersten eintrag abrufen: obersten
  • Ich nehme das untere: untere

AMAZON.RelativePosition

VisualModeTrigger

「zeige」や「öffne」など、視覚要素を用いた応答が求められる場合を示す単語を取得します。

  • Zeige mir das oberste ergebnis: zeige
  • Zeig mir diesen artikel: zeig

このスロットの値は、他のいずれかのAMAZON.SelectIntentスロットと組み合わせて返されることがあります。たとえば、「Öffne den vierten item」という発話はVisualModeTriggeröffneListPosition4を返します。例をご覧ください

AMAZON.VisualModeTrigger

AMAZON.SelectIntentの拡張はできません

他の標準ビルトインインテントとは異なり、カスタマイズした発話でAMAZON.SelectIntentを拡張することはできません。
スロット名 説明/例 スロットタイプ

Anaphor

「यह」「इसक」「उस」などの項目を表す照応形の単語を取得します。

  • यह चुनो: यह
  • इसको चुनो: इसको 

AMAZON.Anaphor

ListPosition

「पहली」「दूसरा」というような順序を示す語を取得し、それを数値に変換します。

  • तीसरा उत्तर दिखाओ: 3
  • मेरे लिए तीसरा select करो: 3
  • चौथा वाला: 5

AMAZON.Ordinal

PositionRelation

「ऊपर」、「नीचे」、「last」などのリストの項目の相対位置を表す単語を取得します。

  • सबसे ऊपर result: ऊपर
  • नीचे वाला select करो: नीचे

AMAZON.RelativePosition

VisualModeTrigger

「show」や「दिखाना」など、視覚要素を用いた応答が求められる場合を示す単語を取得します。

  • पहला option show करें: show
  • यह चीज़ दिखाना : दिखाना

このスロットの値は、他のいずれかのAMAZON.SelectIntentスロットと組み合わせて返されることがあります。たとえば、「पहला * option *show करें」という発話はVisualModeTriggershowListPosision1を返します。例をご覧ください

AMAZON.VisualModeTrigger

AMAZON.SelectIntentの拡張はできません

他の標準ビルトインインテントとは異なり、カスタマイズした発話でAMAZON.SelectIntentを拡張することはできません。
スロット名 説明/例 スロットタイプ

Anaphor

「questa」「questo」「quello」などの項目を表す照応形の単語を取得します。

  • Voglio questa voce: questa
  • Vai su questo elemento: questo

AMAZON.Anaphor

ListPosition

「primo」や「secondo」というような順序を示す語を取得し、それを数値に変換します。

  • Mi dai il primo risultato: 1
  • Ho bisogno del secondo articolo: 2
  • Il terzo per piacere: 3

AMAZON.Ordinal

PositionRelation

「sopra」、「basso」、「ultimo」などのリストの項目の相対位置を表す単語を取得します。

  • Fammi vedere il numero sopra: sopra
  • Fammi vedere la scelta in basso: basso

AMAZON.RelativePosition

VisualModeTrigger

「mostra」や「scegli」など、視覚要素を用いた応答が求められる場合を示す単語を取得します。

  • Mostraci il primo: mostra
  • Scegli questo: scegli

このスロットの値は、他のいずれかのAMAZON.SelectIntentスロットと組み合わせて返されることがあります。たとえば、「Mostra il primo articolo」という発話はVisualModeTriggermontreListPosition1を返します。例をご覧ください

AMAZON.VisualModeTrigger

AMAZON.SelectIntentの拡張はできません

他の標準ビルトインインテントとは異なり、カスタマイズした発話でAMAZON.SelectIntentを拡張することはできません。
スロット名 説明/例 スロットタイプ

Anaphor

「これ」「それ」「あれ」などの項目を表す照応形の単語を取得します。

  • これ にする: これ
  • それ にして: それ

AMAZON.Anaphor

ListPosition

「一」や「二」というような順序を示す語を取得し、それを数値に変換します。

  • つ目がいい: 1
  • 番目をお願い: 3
  • 番目にする: 2

AMAZON.Ordinal

PositionRelation

「一番最初」、「一番下」、「一番最後」などのリストの項目の相対位置を表す単語を取得します。

  • 一番最初 のもの: 一番最初
  • 一番最後 のやつ: 一番最後

AMAZON.RelativePosition

VisualModeTrigger

「表示して」や「見せて」など、視覚要素を用いた応答が求められる場合を示す単語を取得します。

  • 一番目のものを表示して: 表示して
  • その結果を見せて: 見せて

このスロットの値は、他のいずれかのAMAZON.SelectIntentスロットと組み合わせて返されることがあります。たとえば、「一番目を見せて」という発話はVisualModeTrigger見せてListPosition1を返します。例をご覧ください

AMAZON.VisualModeTrigger

AMAZON.SelectIntentの拡張はできません

他の標準ビルトインインテントとは異なり、カスタマイズした発話でAMAZON.SelectIntentを拡張することはできません。
スロット名 説明/例 スロットタイプ

Anaphor

「aquele」「essa」「isto」などの項目を表す照応形の単語を取得します。

  • Selecionar aquele item: aquele
  • Escolha essa por favor: essa

AMAZON.Anaphor

ListPosition

「primeiro」や「segunda」というような順序を示す語を取得し、それを数値に変換します。

  • Selecionar o primeiro resultado da lista: 1
  • Selecione a segunda opção na lista: 2
  • A sexta opção na lista: 6

AMAZON.Ordinal

PositionRelation

「cima」、「topo」、「último」などのリストの項目の相対位置を表す単語を取得します。

  • Selecione o número de cima: cima
  • Selecione o último item por favor: último

AMAZON.RelativePosition

VisualModeTrigger

「Mostrar」や「mostre」など、視覚要素を用いた応答が求められる場合を示す単語を取得します。

  • Mostrar primeiro número: mostrar
  • Me mostre este número por favor: mostre

このスロットの値は、他のいずれかのAMAZON.SelectIntentスロットと組み合わせて返されることがあります。たとえば、「Mostrar primeiro número」という発話はVisualModeTriggermostrarListPosition1を返します。例をご覧ください

AMAZON.VisualModeTrigger

AMAZON.SelectIntentの拡張はできません

他の標準ビルトインインテントとは異なり、カスタマイズした発話でAMAZON.SelectIntentを拡張することはできません。
スロット名 説明/例 スロットタイプ

Anaphor

「ese」「este」「eso」などの項目を表す照応形の単語を取得します。

  • Cogeré ese elemento: ese
  • Elige este resultado: este

AMAZON.Anaphor

ListPosition

「primer」や「segundo」というような順序を示す語を取得し、それを数値に変換します。

  • Seleccione el quinto artículo: 5
  • Seleccionar la octava entrada: 8
  • Seleccione el tercer artículo de la lista: 3

AMAZON.Ordinal

PositionRelation

「de arriba」、「inferior」、「último」などのリストの項目の相対位置を表す単語を取得します。

  • Por favor enseñe el de arriba: de arriba
  • Consigue el último artículo: último

AMAZON.RelativePosition

VisualModeTrigger

「enseña」や「muéstra」など、視覚要素を用いた応答が求められる場合を示す単語を取得します。

  • Enseña esa opción: enseña
  • Muéstra me ese artículo: muéstra

このスロットの値は、他のいずれかのAMAZON.SelectIntentスロットと組み合わせて返されることがあります。たとえば、「Por favor muestra el tercer elemento」という発話はVisualModeTriggermontreListPosition3を返します。例をご覧ください

AMAZON.VisualModeTrigger

AMAZON.SelectIntentの拡張はできません

他の標準ビルトインインテントとは異なり、カスタマイズした発話でAMAZON.SelectIntentを拡張することはできません。

例: ListPostionスロットとVisualModeTriggerスロットがあるIntentRequest

この例は、リスト上の順番を示す発話と、視覚的な応答を期待していることを示す単語の発話の両方を示しています。このIntentRequestには、VisualModeTriggerItemPositionの両方のスロットが含まれています。

ユーザー: Show the fifth result

{
  "request": {
    "type": "IntentRequest",
    "requestId": "amzn1.echo-api.request.xxxxxxxx-xxxx",
    "timestamp": "2018-09-21T23:13:30Z",
    "locale": "ja-JP",
    "intent": {
      "name": "AMAZON.SelectIntent",
      "confirmationStatus": "NONE",
      "slots": {
        "ListPosition": {
          "name": "ListPosition",
          "value": "5",
          "confirmationStatus": "NONE"
        },
        "Anaphor": {
          "name": "Anaphor",
          "confirmationStatus": "NONE"
        },
        "VisualModeTrigger": {
          "name": "VisualModeTrigger",
          "value": "show",
          "confirmationStatus": "NONE"
        },
        "PositionRelation": {
          "name": "PositionRelation",
          "confirmationStatus": "NONE"
        }
      }
    }
  }
}

画面付きのAlexa搭載デバイスで使用できる標準ビルトインインテント

画面付きのAlexa搭載デバイスでは、標準ビルトインインテントが利用できるほか、画面表示専用のビルトインインテントも使用できます。画面表示のインテントには、Alexaがスキルに代わって処理するインテントと、コードで処理する必要があるビルトインインテントがあります。

スキル開発者がインテントを処理する 画面付きのAlexa搭載デバイス用のインテント 一般的な発話
1. AMAZON.PreviousIntent
2. AMAZON.NextIntent
1.Previous page、last page、go back
2.Next page
AMAZON.PreviousIntentの発話は、戻るボタンのクリックに割り当てられます。
1. AMAZON.ScrollUpIntent
2. AMAZON.ScrollLeftIntent
3.AMAZON.ScrollDownIntent
4.AMAZON.ScrollRightIntent
5.AMAZON.PageUpIntent
6.AMAZON.PageDownIntent
7.AMAZON.MoreIntent
8AMAZON.NavigateHomeIntent
9.AMAZON.NavigateSettingsIntent
1.Scroll up
2.Scroll left、scroll back
3.Scroll down
4.Scroll right、scroll forward
5.Page up
6.Page down
7.Show more
8.デバイスのホーム画面に移動します。スキルのセッションが終了します。
9.デバイス設定画面に移動します。スキルのセッションは続行します。
スキル開発者がインテントを処理する Echo Showのインテント 一般的な発話
1. AMAZON.PreviousIntent
2. AMAZON.NextIntent
1. page précédente
2. page suivante
AMAZON.PreviousIntentの発話は、戻るボタンのクリックに割り当てられます。
1. AMAZON.ScrollUpIntent
2. AMAZON.ScrollLeftIntent
3.AMAZON.ScrollDownIntent
4.AMAZON.ScrollRightIntent
5.AMAZON.PageUpIntent
6.AMAZON.PageDownIntent
7.AMAZON.MoreIntent
8AMAZON.NavigateHomeIntent
9.AMAZON.NavigateSettingsIntent
1.Monte、remonte、plus haut
2.Va à gauche, à gauche
3.Descends、plus bas
4.Va à droite, à droite
5.Va à la page précédente
6.Va à la page suivante
7.Plus, davantage
8.Va à l'accueil(*Echo Showのホーム画面に移動します。スキルのセッションが終了します。*)
9. affiche les paramètres(*Echo Showのデバイス設定画面に移動します。スキルのセッションは続行します。*)
スキル開発者がインテントを処理する 画面付きのAlexa搭載デバイス用のインテント 一般的な発話
1. AMAZON.PreviousIntent
2. AMAZON.NextIntent
1. Vorherige Seite, letzte Seite, gehe zurück
2. Nächste Seite
AMAZON.PreviousIntentの発話は、戻るボタンのクリックに割り当てられます。
1. AMAZON.ScrollUpIntent
2. AMAZON.ScrollLeftIntent
3.AMAZON.ScrollDownIntent
4.AMAZON.ScrollRightIntent
5.AMAZON.PageUpIntent
6.AMAZON.PageDownIntent
7.AMAZON.MoreIntent
8AMAZON.NavigateHomeIntent
9.AMAZON.NavigateSettingsIntent
1. Hochscrollen
2. Nach Links scrollen、scrolle zurück
3.Nach unten scrollen
4.Nach rechts scrollen, scrolle nach vorne
5.Gehe zur Seite darüber
6.Gehe zur Seite darunter
7.Mehr anzeigen
8.Gehe auf die Startseite
9.Gehe zu den Einstellungen

「AMAZON.NavigateHomeIntent」と「AMAZON.NavigateSettingsIntent」の発話ではセッションが終了します。
スキル開発者がインテントを処理する 画面付きのAlexa搭載デバイス用のインテント 一般的な発話
1. AMAZON.PreviousIntent
2. AMAZON.NextIntent
1. पीछे जाना, पिछला वाला
2. अगला, अगला वाला
AMAZON.PreviousIntentの発話は、戻るボタンのクリックに割り当てられます。
1. AMAZON.ScrollUpIntent
2. AMAZON.ScrollLeftIntent
3.AMAZON.ScrollDownIntent
4.AMAZON.ScrollRightIntent
5.AMAZON.PageUpIntent
6.AMAZON.PageDownIntent
7.AMAZON.MoreIntent
8AMAZON.NavigateHomeIntent
9.AMAZON.NavigateSettingsIntent
1. ऊपर करो
2. बाईं ओर ले जा
3. नीचे करो
4. दाईं ओर ले जा
5. पन्ना ऊपर
6. page नीचे
7. मुझे और बताओ
8. home पे ले जाओ
9. मुझको settings दिखाओ
スキル開発者がインテントを処理する Echo Showのインテント 一般的な発話
1. AMAZON.PreviousIntent
2. AMAZON.NextIntent
1. il precedente、vai indietro
2. il prossimo、il seguente
AMAZON.PreviousIntentの発話は、戻るボタンのクリックに割り当てられます。
1. AMAZON.ScrollUpIntent
2. AMAZON.ScrollLeftIntent
3.AMAZON.ScrollDownIntent
4.AMAZON.ScrollRightIntent
5.AMAZON.PageUpIntent
6.AMAZON.PageDownIntent
7.AMAZON.MoreIntent
8AMAZON.NavigateHomeIntent
9.AMAZON.NavigateSettingsIntent
1. Scorri verso l'alto
2. Scorri a sinistra
3.Scorri verso il basso
4.Scorri a destra
5.Vai alla pagina sopra
6.Vai alla pagina seguente
7.Mostrami più cose simili
8Apri la pagina principale(Echo Showのホーム画面に移動します。スキルのセッションが終了します。)
9.Vai al menu del dispositivo(Echo Showのデバイス設定画面に移動します。スキルのセッションは続行します。)
スキル開発者がインテントを処理する 画面付きのAlexa搭載デバイス用のインテント 一般的な発話
1. AMAZON.PreviousIntent
2. AMAZON.NextIntent
1.前のページ、直前のページ、戻る
2.次のページ
AMAZON.PreviousIntentの発話は、戻るボタンのクリックに割り当てられます。
1. AMAZON.ScrollUpIntent
2. AMAZON.ScrollLeftIntent
3.AMAZON.ScrollDownIntent
4.AMAZON.ScrollRightIntent
5.AMAZON.PageUpIntent
6.AMAZON.PageDownIntent
7.AMAZON.MoreIntent
8AMAZON.NavigateHomeIntent
9.AMAZON.NavigateSettingsIntent
1.上にスクロールして
2.左にスクロールして、左へ行って
3.下にスクロールして
4.右にスクロールして、右へ行って
5.上のページ
6.次のページ
7.詳しく表示
8.デバイスのホーム画面に移動します。スキルのセッションが終了します。
9.デバイス設定画面に移動します。スキルのセッションは続行します。
スキル開発者がインテントを処理する 画面付きのAlexa搭載デバイス用のインテント 一般的な発話
1. AMAZON.PreviousIntent
2. AMAZON.NextIntent
1. A Página anterior、a última página、voltar para trás
2. A próxima página
AMAZON.PreviousIntentの発話は、戻るボタンのクリックに割り当てられます。
1. AMAZON.ScrollUpIntent
2. AMAZON.ScrollLeftIntent
3.AMAZON.ScrollDownIntent
4.AMAZON.ScrollRightIntent
5.AMAZON.PageUpIntent
6.AMAZON.PageDownIntent
7.AMAZON.MoreIntent
8AMAZON.NavigateHomeIntent
9.AMAZON.NavigateSettingsIntent
1. Ir para cima
2. Ir para esquerda、vai pra esquerda
3.Ir para baixo
4.Ir para direita、vai pra direita
5.Ir para a página de cima
6.Ir para a página debaixo
7.Saber mais
8Ir para a tela da home.デバイスのホーム画面に移動します。スキルのセッションが終了します。
9.Vai nas configurações.デバイス設定画面に移動します。スキルのセッションは続行します。
スキル開発者がインテントを処理する Echo Showのインテント 一般的な発話
1. AMAZON.PreviousIntent
2. AMAZON.NextIntent
1. a la anterior, anterior, pon me la anterior
2. a la próxima página
AMAZON.PreviousIntentの発話は、戻るボタンのクリックに割り当てられます。
1. AMAZON.ScrollUpIntent
2. AMAZON.ScrollLeftIntent
3.AMAZON.ScrollDownIntent
4.AMAZON.ScrollRightIntent
5.AMAZON.PageUpIntent
6.AMAZON.PageDownIntent
7.AMAZON.MoreIntent
8AMAZON.NavigateHomeIntent
9.AMAZON.NavigateSettingsIntent
1. ve hacia arriba
2. ve a la izquierda
3. ve hacia abajo
4. ve a la derecha
5. a la página arriba
6. a la página abajo
7. muéstrame más cosas similares
8. página de inicio.Echo Showのホーム画面に移動します。スキルのセッションが終了します。
9. abre ajustesEcho Showのデバイス設定画面に移動します。スキルのセッションは続行します。

対話モデルで使用するビルトインインテントを追加します。コードでインテントを参照するときは、AMAZONプレフィックスを含む完全なインテント名で記述してください。

Scrollインテント

テンプレートが表示されると、以下のAMAZON.Scroll*インテントが画面付きのAlexa搭載デバイスで生成されます。このインテントや同等のインテントが機能するには、スクリーンのDisplayテンプレートがスクロールをサポートしている必要があります。APL ScrollviewまたはAPL Sequenceを使用している場合、関連するコンポーネントがcomponent idに割り当てられている必要があります。

  • AMAZON.ScrollUpIntent

  • AMAZON.ScrollLeftIntent

  • AMAZON.ScrollDownIntent

  • AMAZON.ScrollRightIntent

このシナリオでは、このインテントはAlexaによって処理され、対応する画面付きデバイスへのコマンドが生成されます。

Pageインテント

Pageインテントの効果は、AMAZON.ScrollUpAMAZON.ScrollDownの各インテントと同様です。APL ScrollviewまたはAPL Sequenceを使用している場合、関連するコンポーネントがcomponent idに割り当てられている必要があります。

  • AMAZON.PageUpIntent

  • AMAZON.PageDownIntent

このインテントは、ページを上下に移動できるテンプレートが表示された場合に、画面付きのAlexa搭載デバイスによって生成され、ユーザーはいずれかのコマンドを使用できます(例:「アレクサ、前のページ」「アレクサ、次のページ」)。このインテントはAlexaによって処理され、対応する画面付きデバイスへのコマンドが生成されます。

AMAZON.MoreIntent

AMAZON.MoreIntentは、コンテンツの詳しい情報を表示するため、AMAZON.ScrollDownIntentインテントやAMAZON.ScrollRightIntentインテントと似ています。APL ScrollviewまたはAPL Sequenceを使用している場合、関連するコンポーネントがcomponent idに割り当てられている必要があります。

AMAZON.NavigateHomeIntent

AMAZON.NavigateHomeIntentは、スキルを終了し、ユーザーがホーム画面に戻ったときに、画面付きのデバイスを使用している場合にのみ有効になります。一般的なコマンドとしては、「アレクサ、ホーム画面に戻って」、「アレクサ、ホームに移動して」などがあります。

このインテントは、モデルを保存した後に、自動的に対話モデルに追加されます。インテントはAlexaが処理するため、ユーザーのスキルが適切に必要に応じて「終了」リクエストを処理するのであれば、このインテントのためにインテントハンドラーを作成する必要はありません。ユーザーのスキルにAMAZON.NavigateHomeIntentと重複するカスタム発話が含まれる場合は、ユーザーのカスタムインテントが優先され、代わりにそれらの発話がインテントを呼び出します。

スキルに転送されるインテント

ビルトインインテントには、デフォルト以外の実装を持たせることもできます。ただし、その場合、テンプレートには戻るボタンを含めないでください。AMAZON.PreviousIntentと戻るボタンの動作は同じだからです。デフォルトでは、これらのインテントは、直線的に前後方向に動作します。

  • AMAZON.PreviousIntent
  • AMAZON.NextIntent

上記のインテントは、サンプル発話を入力せずに、カスタムスキルで実装することもできます。

ユーザーがこのインテントを使用できるようにするには、必ずスキルのサービス(AWS Lambdaやウェブサービス)でこのインテントが処理されるようにする必要があります。

ビルトインインテントライブラリのドキュメント

すべてのビルトインインテントは、ビルトインインテントライブラリで参照できます。

利用可能なすべてのスロットタイプは、スロットタイプリファレンスで参照できます。

ビルトインインテントライブラリの使用方法については、以下を参照してください。

音声インターフェースの構築については、以下を参照してください。

ビルトインインテントライブラリでは、クリエイティブコモンズの表示 - 継承ライセンス(バージョン3.0)(以下「ライセンス」)のライセンス許諾のもとに、Schema.orgが採用されています。ライセンスに準拠することなくこのファイルを使用することはできません。ライセンスのコピーは、http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/で入手できます。ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。