スマートホームスキルAPI

スマートホームスキルAPI

スマートホームAPIを使用して、Alexaスキルを作成できます。スマートホームスキルを作成するAlexaインターフェースでは、プリビルドの対話モデルを使用します。スマートホームスキルの詳細については、スマートホームスキルを理解するを参照してください。

このセクションの内容

Alexaスキルにスマートホームインターフェースを実装して、ユーザーがデバイスの機能を使用できるようにします。各種スキル向けのスマートホームAPIの一覧は、スマートホームスキルのタイプを参照してください。各製品でAlexaインターフェースを組み合わせる方法については、デバイステンプレートを使用して開発を始めるを参照してください。ビデオスキル向けのスマートホームAPIについては、ビデオスキルAPIを参照してください。

  • Alexa.AutomationManagement – サーモスタットなど、自動化をサポートするデバイス向けのAPIです。
  • Alexa.BrightnessController – 電球などで、デバイスの明るさをコントロールできます。
  • Alexa.CameraStreamController – 防犯カメラからのフィードを確認できます。
  • Alexa.ChannelController – エンターテイメントデバイスのチャンネルを変えたり、チャンネルの番号を上げたりできます。
  • Alexa.ColorController – 色が変化する電球などで、デバイスの色を変更できます。
  • Alexa.ColorTemperatureController – 白色光を調整可能な電球などで、デバイスの色温度を制御できます。
  • Alexa.Commissionable – デバイスをAlexaにローカル接続できるようにする委託操作可能なデバイスを報告します。
  • Alexa.ContactSensor – 2面間の接触を検出するデバイス向けのAPIです。
  • Alexa.Cooking – 調理器具向けのインターフェースです。
  • Alexa.DeviceUsage – エネルギー使用量を推定したり、測定したりするインターフェースです。
  • Alexa.DoorbellEventSource – インターホンイベントを発生させられるデバイス向けのAPIです。
  • Alexa.EqualizerController – スマートエンターテイメントデバイスのイコライザー帯域やサウンドモードを設定したり、調整したりすることができます。
  • Alexa.EventDetectionSensor – カメラが人の存在を検出したときにAlexaに通知できるデバイス向けのAPIです。
  • Alexa.InputController – エンターテイメントデバイスの入力を変更できます。
  • Alexa.InventoryLevelSensor – デバイスに残っている消耗品の量をレポートできます。
  • Alexa.InventoryLevelUsageSensor – デバイスに取り付けられている消耗品のおおよその使用状況をレポートできます。
  • Alexa.InventoryUsageSensor – デバイスが使用した消耗品の量をレポートできます。
  • Alexa.LockController – ロック可能なデバイスのロック/ロック解除ができます。
  • Alexa.MediaMetadata – メディアに録画された防犯カメラからの映像を管理したり、過去の録画を確認したりできます。
  • Alexa.ModeController – ユーザーがリストのいずれかの値を設定できるデバイスのプロパティをモデル化します。
  • Alexa.MotionSensor – 領域内の物体の動きを感知するデバイス向けのインターフェースです。
  • Alexa.Networking – ホームネットワークデバイス向けのインターフェースです。
  • Alexa.PercentageController – パーセンテージで表現できるデバイスのプロパティを制御できます。
  • PowerController – スマートホームデバイスのオン/オフの切り替えができます。
  • Alexa.PowerLevelController – スマートホームデバイスの電力レベルを制御できます。
  • Alexa.ProactiveNotificationSource – デバイスに注目する必要があるときに、ユーザーに通知します。
  • Alexa.RangeController – ユーザーがいずれかの範囲の値を設定できるデバイスのプロパティをモデル化します。
  • Alexa.RTCSessionControllerリアルタイム通信をサポートするデバイス向けのインターフェースです。Alexa.RTCSessionControllerインターフェースを使用することで、Alexaユーザーはセキュリティカメラやその他のデバイスとリモートで通信できます。
  • Alexa.SceneController – 1つのシーンにグループ化された複数のスマートホームデバイスを有効化/無効化できます。
  • Alexa.SecurityPanelController – セキュリティシステムの開始や解除を行ったり、デバイスのアラーム状況をユーザーに報告したりできます。
  • Alexa.Speaker – オーディオスピーカーを搭載したエンターテイメントデバイスの音量を調整できます。
  • Alexa.StepSpeaker – オーディオスピーカーを搭載したエンターテイメントデバイスの音量を調整できます。
  • Alexa.TemperatureSensor – 現在の温度を検出するサーモスタットなどで、デバイスの温度をレポートできます。
  • Alexa.ThermostatController – スマートサーモスタット制御のためのインターフェースです。
  • Alexa.TimeHoldController – さまざまなデバイスを一時停止できます。
  • Alexa.ToggleController – オン/オフを設定できるデバイスのプロパティをモデル化します。
  • Alexa.WakeOnLANController – Wake-on-LANまたはWake on Wireless LAN規格をサポートするスマートホームデバイスのエンドポイント向けインターフェースです。