スマートホームスキルAPI



スマートホームスキルAPI

このセクションでは、Alexaスキルの開発に使用できる一般的なスマートホームAPIについて説明します。AlexaスマートホームスキルAPIの詳細については、スマートホームスキルAPIについてを参照してください。

このセクションの内容

Alexaスキルにスマートホームインターフェースを実装して、ユーザーがデバイスの機能を使用できるようにします。さまざまな製品でAlexaインターフェースを組み合わせる方法については、デバイステンプレートを使用して開発を始めるを参照してください。

  • BrightnessController — 電球などのデバイスの明るさをコントロールできます。
  • ColorController — 色が変化する電球などのデバイスの色を変更できます。
  • ColorTemperatureController — 白色光を調整可能な電球などのデバイスの色温度を制御できます。
  • InventoryLevelSensor — デバイスに残っている消耗品の量をレポートできます。
  • InventoryUsageSensor — デバイスが消費した消耗品の量をレポートできます。
  • PercentageController — パーセンテージで表現できるデバイスのプロパティを制御できます。
  • PowerController — スマートホームデバイスのオン/オフの切り替えができます。
  • PowerLevelController — スマートホームデバイスの電力レベルを制御できます。
  • SceneController — 1つのシーンにグループ化された複数のスマートホームデバイスを有効化/無効化できます。
  • TemperatureSensor — 現在の温度を検出するサーモスタットなどのデバイスの温度をレポートできます。
  • ThermostatController — スマートサーモスタットを制御できます。
  • TimeHoldController — デバイスを一時停止できます。
  • 汎用コントローラーインターフェース — Alexaスキルでスマートホームデバイスのさまざまなコンポーネントをモデル化するために使用できる汎用のインターフェースです。