Visual Studio Codeでスキルの作成や管理を行う



Visual Studio Codeでスキルの作成や管理を行う

ASK Toolkitは、Visual Studio Code(VS Code)の拡張機能です。これにより、Alexaスキルの開発、テスト、デプロイがより簡単になります。前提条件とインストール手順については、ASK Toolkit for VS Codeで開発を始めるを参照してください。

Alexaスキルを利用できるようにする

新しいスキルを作成したり、既存スキルをダウンロードしたり、以前使ったスキルを開いたりすることで、Alexaスキルの開発を開始できます。現在、Alexa Skills ToolkitではAlexa-hostedスキルのみ作成が可能です。Alexa-hostedスキルの詳細については、Alexa-hostedスキルを使用してスキルをエンドツーエンドで作成するを参照してください。

新しいスキルを作成する

新しいスキルを作成する

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills Managementを展開し、Create Alexa-hosted skillを選択します。Create new skillフォームが表示されます。
  3. フォームに入力して、Createをクリックします。約1~2分後、サイドバーにスキルが表示されます。

既存スキルをダウンロードする

この手順では、選択したディレクトリにAlexa-hostedスキルプロジェクトのgit cloneを行います。

既存スキルをダウンロードする

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills Managementを展開し、Download and edit skillを選択します。既存のAlexa-hostedスキルのリストが表示されます。
  3. ダウンロードするスキルをクリックし、プロジェクトを保存する場所を選択します。指定した場所にプロジェクトの子フォルダが作成されます。約1~2分後、サイドバーにスキルが表示されます。

ローカルのスキルプロジェクトを開く

ローカルのスキルプロジェクトを開く

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills Managementを展開し、Open local skillを選択します。
  3. 開くプロジェクトのフォルダを選択し、Select Folderを選択します。サイドバーにスキルプロジェクトが表示されます。

スキルをビルドする

プロジェクトファイルを編集してVS CodeでAlexaスキルをビルドします。

対話モデル

対話モデルでは、ユーザーがスキルを使うときにどう対話するかを定義します。詳細については、スキルの対話モデルの作成対話モデルのスキーマを参照してください。

スキルの対話モデルは、次の方法で編集できます。

  • VS Codeで、対話モデルのJSONファイルを直接編集します。ファイルはスキルフォルダにあります。
  • Alexa開発者コンソールを使い、スキルのビルドページで対話モデルを編集します。変更を保存し、対話モデルをビルドします。その後、ローカルプロジェクトに対話モデルを同期します。
  • VS CodeでEdit in consoleリンクを使ってAlexa開発者コンソールに移動し、スキルの対話モデルを開きます。Skills、スキル、Interaction Modelの順に展開し、Edit in consoleを選択します。スキルのビルドページが表示されます。対話モデルを編集して変更を保存し、対話モデルをビルドします。その後、ローカルプロジェクトに対話モデルを同期します。

APL

スキルでAlexa Presentation Language(APL)を使用する場合、Alexa Skills Toolkit for Visual Studio Codeを使ってAPLの作成、編集、プレビューを実行できます。詳細については、Visual Studio CodeでAPLドキュメントの管理やプレビューを行うを参照してください。

コンソールでの変更を同期する

対話モデルを同期する

スキルの対話モデルの作成や更新は、Alexa開発者コンソールから実行できます。コンソールでスキルの対話モデルの作成や更新を行う場合、最新の対話モデルをVS Codeプロジェクトにダウンロードします。

対話モデルをダウンロードする

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills、スキル、Interaction Modelの順に展開し、Downloadを選択します。Download latest interaction modelページが表示されます。
  3. 正しいロケールを選択し、Downloadをクリックします。

スキルマニフェストを同期する

公開する詳細、権限、サポートするインターフェース、エンドポイントの更新といったスキルのコンフィギュレーションの変更は、Alexa開発者コンソールで実行できます。スキルのコンフィギュレーションは、スキルマニフェストに保存されます。コンソールでスキルのコンフィギュレーションを変更した場合は、最新のスキルマニフェストをVS Codeプロジェクトにダウンロードします。

スキルマニフェストをダウンロードする

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills、スキル、Skill Manifestの順に展開し、Downloadを選択します。Download latest skill manifestページが表示されます。
  3. Downloadをクリックします。最新バージョンのマニフェストが表示され、スキルプロジェクトのskill-package/skill.jsonファイルと置き換わります。
  4. Fileメニューで、Saveを選択して更新したマニフェストを保存します。

ローカルのAlexaスキルをテストする

VS Codeでスキルをテストする場合は、Visual Studio Codeでスキルをテストするを参照してください。

Alexaスキルをデプロイする

VS Codeからスキルをデプロイすると、Alexa開発者コンソールで変更した内容を上書きすることができます。スキルをデプロイする前に、以下の点を確認してください。

コンソールからすべての変更をダウンロードしたら、スキルをデプロイできます。VS CodeからAlexa-hostedスキルをデプロイするには、gitコマンドを使用します。

スキルの変更をデプロイする

  1. スキルの変更をスキルのmasterブランチにコミットします。VS Codeのgit supportを使用するか、任意のgitクライアントを使用します。
  2. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  3. Skills、スキルの順に展開し、Deploy skillを選択します。Skill deploy and buildページが表示されます。
  4. Deploy & buildをクリックします。変更が、Alexa-hostedスキルのリモートgitリポジトリにプッシュされます。

デプロイのステータスを追跡するには、Alexa開発者コンソールCodeページにアクセスします。