Visual Studio Codeでスキルの作成や管理を行う

Visual Studio Codeでスキルの作成や管理を行う

ASK Toolkitは、Visual Studio Code(VS Code)の拡張機能です。これにより、Alexaスキルの開発、テスト、デプロイがより簡単になります。前提条件とインストール手順については、ASK Toolkit for VS Codeで開発を始めるを参照してください。

Alexaスキルを利用できるようにする

新しいスキルを作成したり、既存スキルをダウンロードしたり、以前使ったスキルを開いたりすることで、Alexaスキルの開発を開始できます。Alexa Skills Toolkitでは、Alexa-hostedスキルまたはセルフホストのスキルが作成できます。Alexa-hostedスキルの詳細については、Alexa-hostedスキルを使用してスキルをエンドツーエンドで作成するを参照してください。

新しいスキルを作成する

新しいスキルを作成する

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills Managementを展開し、Create a skillを選択します。Create new skillフォームが表示されます。

    1. Skill nameを入力します。
    2. Default languageでスキルの言語を選択します。
    3. Skill Modelで、Customを選択してスキルのカスタム音声対話モデルを定義します。プリビルドの音声対話モデルを使う場合、Alexa開発者コンソールを使用してスキルを作成してから、VS Codeにスキルをダウンロードします。
    4. Choose a method to host your skill's backend resourcesで、Alexa-hostedProvision your ownのいずれかを選択します。詳細については、Alexa-hostedスキルを参照してください。
    5. セルフホストスキルの場合、Programming languageでスキルコードのプログラミング言語を選択します。
    6. Alexa-hostedスキルの場合、Hosting runtimeでスキルコードのプログラミング言語を選択します。
    7. Alexa-hostedスキルの場合、Hosting regionでバックエンドリソースをホストするリージョンを選択します。ホスティングするリージョンによって、Amazon S3バケットとDynamoDBテーブルの場所が決まります。詳細はリソースをさまざまなAWSリージョンでホスティングするを参照してください。
    8. Local directoryで、プロジェクトファイルの場所を選択します。
  3. Createをクリックします。約1~2分後、サイドバーにスキルが表示されます。

既存スキルをダウンロードする

既存スキルをダウンロードする

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills Managementを展開し、Download and edit skillを選択します。既存スキルのリストが表示されます。
  3. ダウンロードするスキルをクリックし、プロジェクトを保存する場所を選択します。指定した場所にプロジェクトの子フォルダが作成されます。約1~2分後、サイドバーにスキルが表示されます。

ローカルのスキルプロジェクトを開く

ローカルのスキルプロジェクトを開く

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills Managementを展開し、Open local skillを選択します。
  3. 開くプロジェクトのフォルダを選択し、Select Folderを選択します。サイドバーにスキルプロジェクトが表示されます。

スキルをビルドする

プロジェクトファイルを編集してVS CodeでAlexaスキルをビルドします。

APL

スキルでAlexa Presentation Language(APL)を使用する場合、Alexa Skills Toolkit for Visual Studio Codeを使ってAPLの作成、編集、プレビューができます。詳細については、Visual Studio CodeでAPLドキュメントの管理やプレビューを行うを参照してください。

対話モデル

音声対話モデルでは、ユーザーがスキルを使うときにどう対話するかを定義します。詳細については、スキルの対話モデルの作成対話モデルのスキーマを参照してください。

カスタム音声対話モデルを持つスキルの場合、次の方法で対話モデルを編集できます。

  • VS Codeで、対話モデルのJSONファイルを直接編集します。ファイルはスキルフォルダにあります。
  • Alexa開発者コンソールを使い、スキルのビルドページで対話モデルを編集します。変更を保存し、対話モデルをビルドします。その後、ローカルプロジェクトに対話モデルを同期します。
  • VS CodeでEdit in consoleリンクを使ってAlexa開発者コンソールに移動し、スキルの対話モデルを開きます。Skills、スキル、Interaction Modelの順に展開し、Edit in consoleを選択します。スキルのビルドページが表示されます。対話モデルを編集して変更を保存し、対話モデルをビルドします。その後、ローカルプロジェクトに対話モデルを同期します。

コンソールでの変更を同期する

対話モデルを同期する

カスタム音声対話モデルを持つスキルの場合、Alexa開発者コンソールで対話モデルの作成や更新ができます。コンソールでスキルの対話モデルの作成や更新を行う場合、最新の対話モデルをVS Codeプロジェクトにダウンロードします。

対話モデルをダウンロードする

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills、スキル、Interaction Modelの順に展開し、Downloadを選択します。Download latest interaction modelページが表示されます。
  3. 正しいロケールを選択し、Downloadをクリックします。

スキルマニフェストを同期する

公開する詳細、権限、サポートするインターフェース、エンドポイントといったスキルのコンフィギュレーションは、Alexa開発者コンソールで変更できます。スキルのコンフィギュレーションは、スキルマニフェストに保存されます。コンソールでスキルのコンフィギュレーションを変更した場合は、最新のスキルマニフェストをVS Codeプロジェクトにダウンロードします。

スキルマニフェストをダウンロードする

  1. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  2. Skills、スキル、Skill Manifestの順に展開し、Downloadを選択します。Download latest skill manifestページが表示されます。
  3. Downloadをクリックします。最新バージョンのマニフェストが表示され、スキルプロジェクトのskill-package/skill.jsonファイルと置き換わります。
  4. Fileメニューで、Saveを選択して更新したマニフェストを保存します。

ローカルのAlexaスキルをテストする

VS Codeでスキルをテストする場合は、Visual Studio Codeでスキルをテストするを参照してください。

Alexaスキルをデプロイする

VS Codeからスキルをデプロイすると、Alexa開発者コンソールで変更した内容が上書きされます。このため、スキルをデプロイする前に、以下の点を確認してください。

コンソールからすべての変更が同期されたら、ローカルの変更をスキルにデプロイできます。

ローカルで行った変更をスキルにデプロイする

  1. スキルにローカルの変更を保存します。

    Alexa-hostedスキルの場合、スキルの変更をmasterというブランチにコミットします。VS Codeのgit supportを使用するか、任意のgitクライアントを使用します。

    セルフホストスキルの場合、変更をスキルプロジェクトに保存します。ASK CLIまたは別の方法を使って、変更をLambdaコードにデプロイする必要があります。

  2. アクティビティバーで、Alexaアイコンをクリックします。Alexa Skills Toolkitサイドバーが表示されます。
  3. Skills、スキルの順に展開し、Deploy skillを選択します。Skill deploy and buildページが表示されます。このセクションで前述したようにローカルスキルがコンソールで行われた変更と同期されたら、Deploy & buildボタンが有効になります。

    Alexa-hostedスキルの場合、スキルパッケージとスキルコードのステータスが表示されます。

    セルフホストスキルの場合、スキルパッケージのみのステータスが表示されます。ASK CLIまたは別の方法を使って、変更をLambdaコードにデプロイする必要があります。

  4. Deploy & buildをクリックします。変更がデプロイされます。デプロイのステータスを追跡するには、Alexa開発者コンソールコードエディタページにアクセスします。