Alexaスキルで収益を得る

Alexaスキルで収益を得る

Alexaカスタムスキルで収益を得るには、スキル内課金(ISP)、有料スキル、Alexaスキル向けAmazon Payという方法があります。

スキル内課金

トリビアスキルのヒント、ゲームスキルの追加ライフなどのデジタル商品やサービスを提供するには、スキル内課金を使用します。スキル内課金の商品には、3種類あります。

  • 買い切り型は、有効期限のないプレミアムコンテンツにアクセスできるようにするものです。
  • 消費型は、購入して使い、使ったらなくなり、再度購入できるというプレミアムコンテンツにアクセスできるようにするものです。
  • サブスクリプション型は、一定期間にわたってプレミアムコンテンツへのアクセスを提供するもので、ユーザーがキャンセルするまで定期的に課金されます。

スキル内課金の開発を始めるには、スキル内課金とはを参照してください。

その他のリソースは、以下を参照してください。

  • スキル内課金のエクスペリエンスを理解する(英語のみ) – ユーザーがスキル内で課金を了承したり、拒否したりするまでに考えられる流れと、シームレスなスキル内課金エクスペリエンスを作成するためのベストプラクティスです。
  • Alexaスキルで収益を上げよう(英語のみ) – Alexaスキルで収益を上げるさまざまな方法や、プレミアムなエクスペリエンスを作成するためのベストプラクティス、および必要に応じた適切な商品を選択する方法に関するウェビナーです。

事前に料金を請求してからユーザーがスキルのデジタルコンテンツにアクセスできるようにする場合、スキルを有料スキルとして提供できます。この場合、以下の支払いモデルを利用できます。

  • 買い切り型には、Alexaスキルが提供されている限り、アクセスできます。
  • サブスクリプション型には、一定期間にわたってアクセスできます。ユーザーがサブスクリプションをキャンセルするまで定期的に課金されます。

有料スキルの開発を開始するには、有料スキルの概要を参照してください。

Alexaスキル向けAmazon Pay

食品、衣類、タクシー予約などの実際の商品やサービスを提供するには、Alexaスキル向けAmazon Payを使用します。Amazon Payを使用するには、Amazon Pay販売事業者として登録し、スキルをAmazon Payアカウントにリンクします。

Alexaスキル向けAmazon Payを使用して開発を始めるには、Alexaスキル向けAmazon Payの概要を参照してください。