APLインターフェースのスキルリクエストと応答のリファレンス

APLインターフェースのスキルリクエストと応答のリファレンス

APLインターフェースは、AlexaにAPLドキュメントを送信したり、デバイスで発生するイベントからAPLリクエストを受信したりするためのディレクティブとリクエストを提供します。

スキルコードで使用できるAPLインターフェースには、以下の3つの種類があります。

Alexa.Presentation.APL

画面付きデバイスを操作するためのディレクティブとリクエストです。このインターフェースでは、APLドキュメントを使用します。たとえば、このインターフェースのRenderDocumentディレクティブを使用してAlexaにAPLドキュメントを送信すると、ユーザーのデバイスで表示を行うことができます。

このインターフェースに含まれるすべてのディレクティブとリクエストについては、Alexa.Presentation.APLインターフェースのリファレンスを参照してください。

Alexa.Presentation.APLA

APL for Audio用のディレクティブとリクエストです。このインターフェースでは、APLAドキュメントを使用します。たとえば、このインターフェースのRenderDocumentディレクティブを使用してAlexaにAPLAドキュメントを送信すると、オーディオ応答の再生を行うことができます。

このインターフェースに含まれるすべてのディレクティブとリクエストについては、Alexa.Presentation.APLAインターフェースのリファレンスを参照してください。

Alexa.Presentation.APLT

キャラクターディスプレイ用のディレクティブとリクエストです。このインターフェースでは、APLTドキュメントを使用します。たとえば、このインターフェースのRenderDocumentディレクティブを使用してAlexaにAPLTドキュメントを送信すると、キャラクターディスプレイにテキストを表示することができます。

このインターフェースに含まれるすべてのディレクティブとリクエストについては、Alexa.Presentation.APLTインターフェースのリファレンスを参照してください。