スキル内課金の認定



スキル内課金の認定

スキルの認定を申請すると、Amazonはスキル内商品の評価を行います。スキルがカスタムスキルの認定要件、および以下のセクションのテストケースをすべて満たしていることを確認してください。

機能テスト

カスタムスキルの機能テストに説明されているすべてのテストに、スキルが合格していることを確認してください。

また、以下を行う必要があります。

  • 商品の説明とプロンプトを見直して、以下を確認してください。

    • 商品の標準価格が価格フィールドにのみ記載されていること。
    • すべての商品名と説明に誤字脱字、顔文字、特殊文字がないこと。
    • 各商品の説明が、商品が提供するものを簡潔に示していること。
    • 商品テンプレートのすべてのプレースホルダー値がその商品向けにカスタマイズされていること。たとえば、その商品独自の有効なアイコンURLを含んでいること。
    • すべての商品に関連付けられたアイコンがあること、およびそのアイコンのURLが正しく解決されること。
  • Alexaアプリを開いてスキルをクリックし、目的のスキルにスクロールします。

    • 商品説明に、このスキルにはスキル内課金がある旨の記載があること。ただしその中に価格の詳細は含めないようにしてください。
    • 説明で、提供する商品の種類(買い切り型、消費型、サブスクリプション型)と、その使用方法がわかること。たとえば、最初に使用したときから一定時間で有効期限が切れる消費型商品を提供する場合は、それを明確に説明します。

ユーザーエクスペリエンスのテスト

このテストのセクションを完了する前に、スキルがカスタムスキルのユーザーエクスペリエンスのテストに説明されているすべてのテストに合格していることを確認してください。

すべての種類のスキル内課金のテスト

テスト 想定される結果 必要な作業
スキルを開始して利用可能な商品に関する情報をAlexaにたずねます。

プロモーションを行うには、このインテントに「何を買えるの」という発話を含める必要があります。
ユーザーが購入できるすべての商品(買い切り型、消費型、サブスクリプション型)に関する情報を取得できます。提供を終了した商品は含まれません。 購入リクエストに対するサポートを提供します。スキルのテスト手順の説明で、利用できる商品を判別する方法に関するガイダンスを提供します。
スキルのお勧め(アップセル)を呼び出します。 商品オファーが、ユーザーにとって自然なコンテキストで発生します。ユーザーは、スキルが購入を勧めている内容とその理由を理解できます。購入のプロンプトには、標準価格が含まれません。そしてお勧めと購入プロンプトは別個のフローになっています。提供を終了した商品のアップセルは発生しません。 購入プロンプトの説明に標準価格が含まれないことを確認します。
スキルを開始して、スキルが提供する各商品を購入するようリクエストします。すぐに商品を使用してみます。 ユーザーは、スキルに関連付けられた購入可能な商品をすべて購入できます。また、それをすぐに使用できます。 スキルのテスト手順の説明で、商品の使用方法に関するガイダンスを提供します。
スキルを開始し、スキルが提供する各商品を購入するようリクエストしてから、スキルのセッションを終了します。スキルを再開して、各商品を使用してみます。 ユーザーは、スキルに関連付けられた商品をすべて購入できます。また、それを別のスキルセッションで使用できます。 ユーザーが商品を購入したケースを正しく処理できたことを確認します。スキル内商品のリストを取得するを参照してください。
スキルが提供する各商品を購入します。 アイテムごとの領収書を確認します。商品の説明と画像が、購入した商品を正しく反映しています。 商品のフィールドすべてに商品情報を入力します。
商品を購入し、ユーザーがその商品を購入していない場合に購入を勧めるプロンプトを出すフローを開始します。 ユーザーが既に所有している商品は、購入のお勧めを受け取りません。 ALREADY_PURCHASEDの結果が正しく処理されていることを確認します。
購入のお勧めに至るシナリオを完了し、お勧めを断ります。 ユーザーは購入フローに入らず、スキルは無料コンテンツの提供を続けます。 DECLINEDの結果が正しく処理されていることを確認します。
お勧めに至るスキルフローを完了します。お勧めには同意しますが、購入プロンプトは断ります。 スキルがシームレスに再開し無料コンテンツの提供を続行します。 DECLINEDの結果が正しく処理されていることを確認します。
お勧めに至るスキルフローを完了します。オファーを断り、同じフローをもう一度完了させます。 ユーザーは、断ったものと同じ商品のお勧めを受け取りません。 DECLINEDの結果を受け取った後にお勧めを提供しないようにします。
提供を終了した商品がある場合は、以前にその商品を購入したユーザーでスキルを呼び出して、プレミアムコンテンツにアクセスしてみます。 以前に商品を購入したユーザーがプレミアムコンテンツにアクセスできます。商品の提供終了が、ユーザーエクスペリエンスへのネガティブな印象につながっていません。 以前に商品を購入したユーザーが引き続き商品にアクセスできるようにします。詳細については、商品の提供を終了するを参照してください。
提供を終了した商品がある場合、スキルを呼び出して、終了した商品のアップセルが発生しないことを確認します。 提供を終了した商品がアップセルに含まれません。 ユーザーが購入できない商品に関するアップセルやその他の言及がないことを確認します。詳細については、商品の提供を終了するを参照してください。
サブスクリプション型を提供するスキルの場合、音声によるリクエストでサブスクリプションをキャンセルします。 ユーザーは、正常にサブスクリプションをキャンセルできます。 キャンセルの音声リクエストが正しく処理されていることを確認します。
買い切り型および消費型を提供するスキルの場合、返金をリクエストします。 ユーザーは払い戻しをリクエストでき、AlexaはユーザーをAmazonカスタマーサポートに案内します。 返金の音声リクエストが正しく処理されていることを確認します。
アカウントで無効な支払い情報を設定し、商品を購入してみます。 購入フローがユーザーに失敗のメッセージを出します。スキルはこの情報を繰り返さずにスキルを再開し、無料コンテンツや既に購入済みのコンテンツを勧めます。 ERRORの結果が正しく処理されていることを確認します。

消費型商品のテスト

テスト 想定される結果 必要な作業

複数の消費型商品を購入して、少なくとも1つ使用してみます。スキルを無効にしてから、スキルを再度有効にします。消費型アイテムのインベントリーを確認し、もう一度消費型アイテムを1つ使用します。

スキルが無効にされてから再度有効にされたときに、消費型アイテムのインベントリーが保持されています。スキルを再有効にした後、ユーザーが以前に購入した消費型商品を使用できます。

ユーザーのインベントリーがuserIdと共に保存され、スキルが無効にされたときにそのデータが消去されていないことを確認します。詳細については、ユーザーがスキルを無効化してから再有効化した場合にユーザーインベントリーを管理するを参照してください。

消費型商品をいくつか購入して使用してから、スキルに消費型アイテムの現在のインベントリーをたずね、数があっているかどうかを確認します。

ユーザーは使用できる消費型商品のインベントリーをたずね、正確な数を聞くことができます。

ユーザーが消費型商品のインベントリーをたずねることができるインテントを提供します。ユーザーが商品を購入および使用するに応じてインベントリーを管理します。

テスト手順を説明する

スキルの認定を申請する前に、スキルのテストの手順に、提供するスキル内商品のそれぞれの名前が指定されていることを確認します。各アイテムを購入するプロンプトを出すために、ユーザーがたどる手順を含めます。これらのプロンプトをすぐに出すのに必要なユーザー認証情報があれば、それを含めます。

購入を勧めるようなメッセージがスキルに含まれる場合は、それらの商品用のメッセージを呼び出す手順を説明してください。

スキルに消費型商品が含まれる場合は、購入後の使用方法や、インベントリー数の確認方法などの手順を説明してください。

開発者コンソールでは、テストの手順公開ページのプライバシーとコンプライアンスセクションにあります。

商品のリリース日を確認する

スキルが公開されると、商品のリリース日を変更することはできません。そのため、正しい日付が指定されていることを確認してください。詳細については、次のページを参照してください。

スキルを申請する

最後に、スキルストアの詳細と公開範囲を定義するをよく確認して必要なスキル情報をすべて入力し、スキルの認定を申請します。