チュートリアル:音声によるアカウントリンクを実装する(LWA)

チュートリアル:音声によるアカウントリンクを実装する(LWA)

以下のチュートリアルでは、Alexaユーザーが、音声を使ってスキルサービスで使うアカウントをAmazonアカウントにリンクさせるための手順を紹介します。

音声によるアカウントリンクの概要については、Alexaスキルで音声によるアカウントリンクを使用する(LWA)を参照してください。

カスタムスキルに音声によるアカウントリンクを実装する手順

カスタムスキルに音声によるアカウントリンクを実装するには、次の手順に従います。

  1. 要件を確認する
  2. カスタムスキルを設定し、アカウントリンクを実装する
  3. カスタムスキルコードに音声によるアカウントリンクを追加する
  4. 実装をテストする
  5. スキルの認定を受ける

ステップ1: 要件を確認する

前提条件で、スキルとウェブサイトの要件、ユーザーの要件を確認します。

ステップ2: カスタムスキルを設定し、アカウントリンクを実装する

音声によるアカウントリンクのコードを追加する前に、カスタムスキルを設定して従来のアカウントリンクを実装する必要があります。

カスタムスキルを設定し、従来のアカウントリンクを実装する

  1. Alexa開発者コンソールにサインインし、カスタムスキルに移動します。
  2. ビルドタブをクリックします。
  3. 左側のツールをクリックし、アカウントリンクをクリックします。
  4. ユーザーがアカウントや既存アカウントへのリンクを作成することを許可しますか?を有効にします。
  5. アカウントリンクを任意のままにしておきたい場合、アカウントリンクなしでスキルを有効にすることをユーザーに許可します(推奨)を有効にします。
  6. ユーザーが音声を使用して自分のアカウントをスキルにリンクすることを許可するを有効にします。
  7. Authorization code grantを設定するの情報に基づいて残りのアカウントリンク設定を入力し、スキルを保存します。
  8. 従来のアカウントリンクを実装します。実装の詳細については、スキルへのアカウントリンクの実装手順を参照してください。

ステップ3: スキルコードに音声によるアカウントリンクを追加する

ここでは、カスタムスキルのコードに音声によるアカウントリンクを追加する手順について説明します。

音声によるアカウントリンクを追加する

  1. Amazonが管理する音声によるアカウントリンクスキルに制御を渡すことで、アカウントリンクを開始するハンドラーを実装します。
    詳細については、音声によるアカウントリンク開始タスクをリクエストするハンドラーを実装するを参照してください。
  2. アカウントリンクタスクが完了した後、Amazonが管理する音声によるアカウントリンクスキルから応答を受信するハンドラーを実装します。
    詳細については、音声によるアカウントリンクを開始するタスクの応答を取得するハンドラーを実装するを参照してください。
  3. アカウントリンクのほかの方法と同様に、Alexaのリクエストからユーザーのアクセストークンを取得・検証し、リソースサーバーから必要なユーザー情報を取得するスキルコードを追加する必要があります。
    スキルがリソースサーバーを持たない場合、LWAを呼び出すことでLWAのuser_idを取得できます。
  4. (任意)ユーザーのプロフィール情報が必要な場合は、音声によるアカウントリンクフローが完了したときにCustomer Profile APIを呼び出すフォールバックロジックを追加してください。これは、音声によるアカウントリンクフロー中に取得したアカウントリンクトークンがprofile:user_idスコープに限定されるためです。ユーザープロフィール情報を取得するには、以下の手順に従います。
    1. 音声によるアカウントリンクの応答で受け取ったアクセストークンを使ってLWAを呼び出し、ユーザーのuser_idを取得します。
    2. 返されたapiAccessTokenを使ってCustomer Profile APIを呼び出し、ユーザーの情報を取得します。

ステップ4: 実装をテストする

開発者コンソールを使用して、次のように実装をテストします。

実装をテストするには

  1. Alexa開発者コンソールにサインインします。
  2. スキルリストからスキルを選択します。
  3. 上部のテストタブをクリックします。
  4. 左上のヘッダーバーの下にあるスキルテストが有効になっているステージで、開発中を選択します。
    詳細については、開発者コンソールでスキルをテストするを参照してください。別の方法として、iOSやAndroidのモバイルデバイスにインストールしたAlexaアプリを使ってスキルをテストすることもできます。詳細については、Alexaアプリでテストするを参照してください。
  5. Echoデバイスでスキルを起動し、音声によるアカウントリンクのユーザーエクスペリエンスに示されている例など、さまざまなシナリオでテストします。
  6. 音声プロフィールのないテストアカウントや、スキルをパーソナライズが有効になっていない音声プロフィールなど、さまざまなユーザーアカウント設定をテストします。

ステップ5: スキルの認定を受ける

スキルをビルドし、自身のアカウントでテストしたら、スキルの認定を申請できます。カスタムスキルの認定の詳細については、認定の要件を参照してください。