購入フローとキャンセルフローのデザイン

購入フローとキャンセルフローのデザイン

スキルを有料スキルとして提供する場合は、お勧めと、購入を完了するためのAlexaへの引き渡しをデザインします。購入フローの完了後は、スキルに戻るフローをデザインします。また、キャンセルと返金のフローもデザインするようにします。有料スキルでは、買い切り型またはサブスクリプション型の支払いモデルを使用できます。

ユーザーを引き付けるためのベストプラクティス

ユーザーを中心に据えた、確かな信頼に基づく魅力的なスキルを開発することで、スキルを継続的に使ってくれるユーザー層を獲得できます。有料スキルを提供する場合、無料スキルを超える価値をユーザーに提供するものでなくてはなりません。音声ファーストの対話をデザインする場合のベストプラクティスについては、Alexaデザインガイドを参照してください。

お勧めをデザインする

お勧めとは、スキルのメリットをユーザーに紹介するものです。お勧めは以下の要素で構成されています。

  1. スキルが提供する無料コンテンツからの任意の移行。
  2. スキルの簡単な説明とユーザーの購入可能状況。

  3. オファーに興味を持っているかどうかを確認する明示的な確認(はい/いいえ)。たとえば「詳しく知りたいですか?」など。

以下に、買い切り型の支払いによる有料スキルのお勧めの例を示します。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアを開いて。
Quick Trivia: クイックトリビアへようこそ。 10個のトリビアカテゴリーがある楽しいゲームです。問題の難易度は、初級、中級、上級から選べます。詳しく知りたいですか?
ユーザー: はい
Alexa: クイックトリビアは、あらゆるレベルの方が楽しめるトリビアゲームです。価格は税抜きで1ドル99セントです。購入しますか?
購入フローが続きます…

この例は、お勧めの定義に次のように対応しています。

  1. スキルの説明: クイックトリビアへようこそ。 10個のトリビアカテゴリーがある楽しいゲームです。問題の難易度は、初級、中級、上級から選べます。
  2. 明示的な確認: 詳しく知りたいですか?
  3. 設定済みの商品オファーの説明: クイックトリビアは、あらゆるレベルの方が楽しめるトリビアゲームです。
  4. 価格の詳細: 価格は税抜きで1ドル99セントです。

直接購入に対応する

ユーザーがAlexaにスキルを直接購入したいと伝えた場合は、明示的な確認を行わずに購入フローに遷移させることができます。以下に、買い切り型の支払いによる有料スキルで、Alexaに直接ユーザーを引き渡す場合の例を示します。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアを買って。
Alexa: クイックトリビアは、あらゆるレベルの方が楽しめるトリビアゲームです。価格は税抜きで1ドル99セントです。購入しますか?
購入フローが続きます…

サブスクリプションを提示する

定期請求があることをユーザーが把握できるように、有料スキルにサブスクリプションが必要であることを購入フローで明示的に伝えます。そのサブスクリプションに何が含まれるかについて、説明で情報を伝えます。購入の詳細は含めないようにしてください。

以下に、有料スキルのサブスクリプションにおけるお勧めとAlexaへの引き渡しの例を示します。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアを開いて。
Quick Trivia: クイックトリビアへようこそ。 10個のトリビアカテゴリーがある楽しいゲームです。問題の難易度は、初級、中級、上級から選べます。毎月新しい問題が追加されます。詳しく知りたいですか?
ユーザー: はい
Alexa: クイックトリビアは税抜きで月額99セントです。請求は毎月、自動的に行われます。キャンセルはいつでもできます。利用規約やサービスの詳細等はAlexaアプリで確認できます。申し込みますか?
購入フローが続きます…

お試しを提示する

お試しは、ユーザーが購入前にスキルコンテンツの感覚をつかむための最適な手段です。お勧めでは、試用期間については言及しないようにしてください。お試しの詳細は、購入フローでAlexaが説明します。設定の詳細については、請求の設定を参照してください。

以下に、無料お試しのある有料スキルのサブスクリプションにおけるお勧めとAlexaへの引き渡しの例を示します。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアを開いて。
Quick Trivia: クイックトリビアへようこそ。 10個のトリビアカテゴリーがある楽しいゲームです。問題の難易度は、初級、中級、上級から選べます。このゲームは無料でお試しいただけます。 詳しく知りたいですか?
ユーザー: はい
Alexa: クイックトリビアは2週間無料です。それ以降は、税抜きで月額99セントが自動請求されます。請求は毎月、自動的に行われます。キャンセルはいつでもできます。利用規約やサービスの詳細等はAlexaアプリで確認できます。今すぐ無料お試しを始めますか?
購入フローが続きます…

以下の例は、試用期間が終了したときのAlexaへの引き渡しを示しています。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアを開いて。
Alexa: 7日間の無料お試し期間が終了しました。引き続きクイックトリビアを使う場合は、税抜きで99セントとなります。購入しますか?
購入フローが続きます…

購入後のフローをデザインする

ユーザーがスキルを購入するか、無料お試しを受け入れた場合は、Amazonの購入フローからスキルにスムーズに戻るようにします。

以下に、買い切り型の購入フローが正常に完了し、スキルに戻る場合の例を示しています。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアを買って。
Alexa: クイックトリビアの価格は税抜きで1ドル99セントです。購入しますか?
ユーザー: はい
Alexa: わかりました。 領収書をメールで送信しました。
Quick Trivia: トリビアで 挑戦したいカテゴリーを選んでください。カテゴリーを言うか、画面から選ぶことができます。

購入が断られた場合

ユーザーが購入を断ると、AlexaはスキルセッションにDECLINEDを返します。この例では、スキルがスキルセッションを終了しています。

以下に、ユーザーが購入オファーを断った場合の購入フローの例を示します。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアを買って。
Alexa: クイックトリビアの価格は税抜きで1ドル99セントです。購入しますか?
ユーザー: いいえ
Alexa: わかりました。クイックトリビアを購入したくなったら、いつでも言ってください。
クイックトリビアがスキルセッションを終了します。

キャンセルしやすくする

返金とキャンセルは、必ずユーザーの意向を尊重するようにします。キャンセルのリクエストを、ユーザーに対してスキルのメリットを強調するための機会として利用することは避けてください。購入と同様、返金とキャンセルの場合は、スキルからAmazonキャンセルフローを呼び出します。

返金、キャンセル、登録解除のインテントをトリガーするために、Amazon.CancelIntentAMAZON.StopIntentなどの標準インテントを変更しないでください。これらのインテントは、購入フローではなくスキルセッションを終了します。キャンセルに対応するには、Amazon購入フローを呼び出す必要があります。

以下の例は、ユーザーが毎月のサブスクリプションをキャンセルする場合のキャンセルフローを示しています。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアのサブスクリプションをキャンセルして。
Quick Triviaがキャンセルフローを呼び出します。
Alexa: わかりました。キャンセルしてよろしいですか?
ユーザー: はい
Alexa: わかりました。クイックトリビアをキャンセルしました。今後の請求は発生しません。現在のサブスクリプション期間が終了するまでは使うことができます。
ユーザーは月末までクイックトリビアにアクセスできます。
Quick Trivia: 次のカテゴリーに進みますか?…

以下の例は、ユーザーが有料スキルの返金を求める場合のキャンセルフローを示しています。

ユーザー: アレクサ、クイックトリビアを返金して。
Quick Triviaがキャンセルフローを呼び出します。
Alexa: 返金については、Alexaアプリにリンクを送信しましたので、そちらで確認してください。
Quick Trivia: ご利用いただきありがとうございました。
Quick Triviaがスキルセッションを終了します。

結果を最適化する

購入数が少ないと感じる場合は、一部の主要な項目を変更してみることで収益を改善できます。

  • スキルの標準価格を変更するか、試用期間を変更する。
  • 購入オファーの説明とお勧めの説明を更新する。
  • スキルコンテンツを再評価する。プレミアムなエクスペリエンスにふさわしいコンテンツを増やすべきかどうか考えてみましょう。 スキルが古い場合、コンテンツを更新すべきタイミングかもしれません。

改良点が機能しているかどうかを判断するには、Alexa開発者コンソールレポートページでコンバージョン率メトリクスを継続的に確認してください。