トラブルシューティング用にメッセージIDをダウンロードする



トラブルシューティング用にメッセージIDをダウンロードする

スキルエラーやレイテンシーの問題の解消に役立つよう、Alexa Skills Kit開発者コンソールではメッセージIDログのセットをダウンロードする機能を提供しています。メッセージIDと、レイテンシー、エラー、例外といった関連メタデータをダウンロードし、確認する方法を学ぶことで、エラーの原因を可視化し、スキルエラーのデバッグに役立つインサイトを得ることができます。ダウンロード機能では、メッセージIDとその他のメタデータをCSVファイルにエクスポートして保存できます。

メッセージIDログをダウンロードする

Alexa Skills Kit開発者コンソールを使って、スキルメトリクスにアクセスし、指定したスキルのメッセージIDと関連メタデータをダウンロードします。

メッセージIDログをダウンロードする

  1. スキルのレポートの表示の手順に従って、Alexaレポートダッシュボードにアクセスし、スキルのいずれかについてメトリクスを確認します。
  2. メッセージIDログのダウンロードに使用する方法を決定します。

    • カテゴリーを指定してメッセージIDをダウンロードする – 独自のフィルター条件を適用して、スキルのメッセージIDのセットをダウンロードします。

      1. 左側のナビゲーションで、運用メトリクス見出しを見つけ、機能ディレクティブをクリックします。
      2. レポートの右側の更新ボタンの下にある、メッセージIDのダウンロードリンクをクリックします(以下の画像を参照)。
        メッセージIDのダウンロード
        メッセージIDのダウンロード
      3. メッセージIDのダウンロードダイアログが開きます。このとき、フィルター条件フィールドは空です。
      メッセージIDのダウンロードダイアログ
      メッセージIDのダウンロードダイアログ
    • チャートからメッセージIDをダウンロードする機能ディレクティブチャートからメッセージIDをエクスポートすることで、メッセージIDセットのフィルター条件を自動作成します。機能ディレクティブチャートの詳細については、運用メトリクスを参照してください。

      1. メッセージIDのエクスポートに使用する機能ディレクティブチャートを探します。
      2. 選択した機能ディレクティブチャートで、チャートを書き出しボタンをクリックします。
        チャートを書き出しボタン
        チャートを書き出しボタン
      3. チャートを書き出しメニューからメッセージIDのダウンロードリンクをクリックし、メッセージIDのダウンロードダイアログを開きます。このとき、フィールドにはチャートの作成に使用したフィルター条件が自動的に入力されています。
      フィールドに入力されたメッセージIDのダウンロードダイアログ
      フィールドに入力されたメッセージIDのダウンロードダイアログ
  3. メッセージIDのダウンロードダイアログで、メッセージIDの次の検索条件を選択するか、変更します。

    • 時系列(必須) – 検索条件を適用する開始時間と期間を指定します。指定した期間における最新のメッセージIDを20件までダウンロードできます。
      • 開始時間(UTC) – メッセージIDの検索フィルターに適用する開始時間のタイムスタンプ(UTC)です。
      • 期間 – 時系列の範囲計算に使用する期間です。有効な値は、5分10分15分30分45分1時間です。
    • 応答のタイプ(必須) – 検索結果に含まれる応答のタイプを選択します。
      • スキルの失敗 – 失敗と分類されたスキルへのリクエストです。
      • スキルの成功 – 成功と分類されたスキルへのリクエストです。
      • 無効なリクエスト – スキルへの無効なリクエストです。
      • すべて – スキルへのすべてのリクエストです。
    • 機能(必須) – スキルによってサポートされるすべての機能のリストから、検索結果に含める機能を1つ以上選択します。
    • ディレクティブ(必須) – スキルによってサポートされるすべてのディレクティブのリストから、検索結果に含めるディレクティブを1つ以上選択します。
    • エラータイプ/例外(任意) – リストから検索結果に含めるエラータイプまたは例外を1つ以上選択します。
      • エラータイプ – 最もよく見られるエラータイプのサブセットから選択します。このフィールドを空にすると、検索結果にはすべてのエラータイプとサポートされる例外のサブセットに関連するメッセージIDのうち、上位20件がダウンロードされます。すべてのエラータイプとその説明の一覧については、Alexa.ErrorResponseインターフェースのリファレンスを参照してください。
      • 例外 – Alexaがスキルからの応答を処理する間にAlexa側で発生した例外です。利用可能な例外のうち、以下の2つはAlexa例外のサブセットです。
        • SKILL_RESPONSE_TIMEOUT_EXCEPTION – スキルへのAlexaリクエストがタイムアウトした場合にスローされた例外です。
        • INVALID_SKILL_RESPONSE_EXCEPTION – Alexaがスキルから無効な応答を受け取った場合にスローされる例外です。
    • レイテンシーしきい値(ミリ秒)(任意) – レイテンシーのしきい値(ミリ秒)を指定して応答のレイテンシーで検索結果をフィルターします。レイテンシーがしきい値以上のメッセージIDのみをダウンロードできます。
  4. ダウンロードボタンをクリックすると、検索条件を満たす上位20件のメッセージIDとメタデータをCSVファイルとしてダウンロードできます。

メッセージIDログファイルについて

メッセージIDログのCSVファイルをダウンロードしたら、スプレッドシートエディターでファイルを開くことができます。CSVファイルには以下のフィールドが含まれます。

  • タイムスタンプ(UTC) – ユーザーがスキルを呼び出した時刻(UTC形式)です。
  • スキルID – スキルのAmazonスキルIDです。
  • スキルのステージ – スキルが開発中か公開中かを示します。
  • リージョン – ユーザーがスキルを呼び出したリージョンです。
  • 機能 – スキル呼び出しに関連付けられたAlexa機能です。
  • ディレクティブ – スキル呼び出しに関連付けられたAlexaディレクティブです。
  • リクエストメッセージID – リクエストに関連付けられたメッセージIDです。
  • 成功フラグ – TRUEはスキルリクエストが成功したことを示し、FALSEはスキルリクエストが失敗したことを示します。
  • レイテンシー(ミリ秒) – Alexaがスキルにリクエストを送信してから、Alexaがスキルから応答を受け取るまでの時間(ミリ秒)です。
  • エラータイプ – スキルによってスローされたエラーです。すべてのエラータイプについては、Alexa.ErrorResponseインターフェースを参照してください。
  • 例外名 – Alexa側の例外です。メッセージIDログでサポートされる例外には、SKILL_RESPONSE_TIMEOUT_EXCEPTIONINVALID_SKILL_RESPONSE_EXCEPTIONがあります。

開発者コンソール: