開発者コンソールでマルチ機能スキル(MCS)にアップグレードする



開発者コンソールでマルチ機能スキル(MCS)にアップグレードする

マルチ機能スキル(MCS)を使うと、独自のカスタム音声対話モデルを使い、特定の発話に対するビルトインサポートを拡張するAlexaスマートホームスキルを作成できます。たとえば、スキルでデバイスのオン、オフを行うビルトインサポートを利用したり、同じスキルで「アレクサ、<呼び出し名>で何ができるのか教えて」などのカスタム発話をサポートしたりできます。

このページでは、Alexa Skills Kit開発者コンソールを使って次のタスクを実行する手順を説明します。

スキルにアクセスする

Alex Skills Kit開発者コンソールからスキルにアクセスし、対話モデルを更新します。

スキルとその対話モデルにアクセスする方法

  1. Alexa Skills Kit開発者コンソールにログインします。
  2. スキル一覧から、更新するスキルを選択します。
  3. 左のナビゲーションタブからモデルを選択して、スキルのモデルを変更します。

    開発者コンソールに、選択したスキルのモデルタブが表示されます。

スマートホームスキルとカスタムスキル両方の機能を持つ新しいMCSスキルを作成する

スマートホームとカスタムスキルの両方の機能を備えた新しいMCSを作成できます。

スマートホームスキルとカスタムスキル両方の機能を持つ新しいMCSスキルを作成する

  1. 新しいスキルを作成するには、スキルを作成する手順に従います。
  2. 対話モデルを設定する場合、スマートホームカスタムのどちらかのステータススイッチをオンにして対話モデルを選択します。
  3. 新しいスキルを保存するには、保存をクリックします。
  4. カスタムまたはスマートホームの機能を追加して、既存のスキルをMCSにアップグレードするの手順に従って、新しいスキルをMCSにアップグレードします。

カスタムまたはスマートホームの機能を追加することで、既存スキルをMCSにアップグレードする

カスタムまたはスマートホームの機能を追加することで、既存スキルをMCSにアップグレードできます。

カスタム機能を追加することで、既存のスマートホームスキルをMCSにアップグレードする

  1. Alexa Skills Kit開発者コンソールにログインします。
  2. スキル一覧から、アップグレードするスキルを選択します。
  3. 左側のナビゲーションタブからモデルを選択します。
  4. スキルに追加するモデルのステータススイッチをオンにします。

    各モデルのテキストには、そのモデルを追加するための前提条件に関するリマインダーが含まれています。

    • カスタムモデル – スキルのエンドポイントと対話モデルを必ず設定してください。

    • スマートホームモデル – スマートホームのエンドポイントとスキルのアカウントリンクを必ず設定してください。

  5. 更新したスキルを保存するには保存をクリックします。

開発中ステージのスキルからモデルを削除する

スキルまたはモデルが以下のいずれかの条件を満たす場合はスキルからモデルを削除できます。

  • スキルが開発中ステージでまだ公開されていない場合、スキルからモデルを削除できます。
  • スキルが公開中であっても、モデル自体をまだ公開していない場合、このモデルを削除できます。

    たとえば、スマートホームモデルのみを含む公開中のスキルがある場合は、カスタムモデルを追加することでMCSへのアップグレードを試すことができます。アップグレードをやめる場合は、新しく追加したカスタムモデルのスキルを公開する前に、そのモデルを削除できます。

開発中ステージのスキルからモデルを削除する

  1. Alexa Skills Kit開発者コンソールにログインします。
  2. スキル一覧から、モデルを削除するスキルを選択します。
  3. 左側のナビゲーションタブからモデルを選択します。
  4. スキルからモデルを削除するには、そのモデルのセクションボックスのスイッチをオフにします。

    変更を確認するプロンプトが表示されます。

  5. 更新したスキルを保存するには保存をクリックします。

開発中のスキルをMCSへ試験的にアップグレードする

スマートホーム、カスタムのいずれかの対話モデルのスキルを公開中の場合、スキルをMCSで公開する前にユーザーのニーズに合っているかどうか、MCSを試してみることができます。

開発中のスキルを試験的にアップグレードする

  • スキルをアップグレードし、ユーザーと共に新しいモデルでテストします。アップグレードしたスキルを公開するかどうかを決定したら、次の操作を行います。

    -または-

    • MCS機能を気に入り、ユーザーにMCSバージョンを公開する場合は、アップグレードしたスキルの認定を申請します。