マルチ機能スキル(MCS)とは



マルチ機能スキル(MCS)とは

マルチ機能スキル(MCS)を使うと、独自のカスタム音声対話モデルを使い、特定の発話に対するビルトインサポートを拡張するAlexaスマートホームスキルを作成できます。たとえば、スキルでデバイスのオン、オフを行うビルトインサポートを利用したり、同じスキルで「アレクサ、<呼び出し名>で何ができるのか教えて」などのカスタム発話をサポートしたりできます。

はじめに

ネイティブのスマートホーム発話とカスタム発話をサポートするスキルを作成するには、Alexa Skills Kit開発者コンソールAlexa Skills Kitコマンドラインインターフェース(ASK CLI)スキル管理API(SMAPI)のいずれかを使って複数のモデルをスキルに追加します。すでに公開中のスキルがある場合、追加のモデルでスキルを更新します。スキルのモデルの概要については、スキルの種類についてを参照してください。

モデルを組み合わせたスキルを公開するには、含まれるすべてのモデルについて認定要件を満たす必要があります。それぞれのモデルの認定要件の詳細については、スマートホームスキルの要件カスタムスキルの要件を参照してください。

スキルのスキーマ

スキルの機能セットは、JSONスキーマのセットによって記述されます。開発者コンソールでスキルを作成および管理する場合、これらのスキーマは表示されません。ただし、ASK CLIまたはSMAPIを使用してスキルを管理する場合は、これらのスキーマを直接変更します。

スマートホームとカスタムのモデルを組み合わせたスキルを作成するには、以下のデータが必要です。

対話モデルのスキーマは、音声インターフェースの定義で行った作業によって変わります。詳細については、音声インターフェースをデザインするを参照してください。

マルチ機能スキル(MCS)にアップグレードする

MCSの新規作成、既存のスマートホームスキルまたはカスタムスキルからMCSへのアップグレードはいずれも、Alexa Skills Kit開発者コンソールおよびASK CLIのどちらからでも行えます。

スキルをテストする

Alexa Skills Kit開発者コンソールで提供される機能の大半は、ASK CLIからでも利用できます。ASK CLIについて詳細は、クイックスタート:Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェース(ASK CLI)を参照してください。

ASK開発者コンソールでスキルをテストする

ASK開発者コンソールでスキルをテストするには、スキルのテストの手順に従います。スマートホームモデルとカスタム対話モデル両方のテスト要件に従うようにしてください。

ASK CLIを使ってスキルをテストする

たとえば、invoke-skillサブコマンドでスキルを呼び出してから、simulate-skillサブコマンドでスキルをシミュレートします。

ASK CLIで利用可能なすべての高レベルコマンドを確認するには、次のコマンドを入力します。

ask --help

スキル管理APIで利用可能なすべての低レベルコマンドを確認するには、次のコマンドを入力します。

ask api --help

これらのコマンドの詳細については、ASK CLIコマンドリファレンスを参照してください。