開発者コンソール

Fire TVのデバイス仕様: 概要


Fire TVのデバイス仕様: 概要

このページでは、Fire TVデバイス全モデルの仕様を確認することができます。この仕様ページはアプリ開発者向けに用意されているため、Amazon.comの製品ページよりも詳しい情報が記載されています。Fire TVのデバイスファミリーには、以下が含まれています。

Fire TV Edition(日本未対応)スマートTV
Fire TV Edition

ハードウェアにFire TVが直接組み込まれているスマートTVのことを指します。こうしたTVは通常、Amazonと提携するサードパーティメーカーから提供され、国ごとにラインナップが異なります。

Fire TV Cube
Fire TV Cube

キューブ型のFire TVデバイスを指します。Alexaへのリクエストでファーフィールド音声制御が行えます(リモコンのマイクボタンを押す必要はありません)。このデバイスではFire TVとEchoが一体となっています。

Fire TV Stick
Fire TV Stick

HDMIポートに接続される小さなスティック型のストリーミングメディアプレーヤーを指します。軽量で持ち運びできる、パワフルなデバイスです。

Fire TVペンダント型/ボックス型
Fire TV

小型のペンダント型またはセットトップボックス型のAmazon Fire TVデバイスを指します。これは初代のデザインで、このカテゴリーを定義付けるモデルとなりました。

Fire TVサウンドバー
Fire TVサウンドバー

サウンドバー型のFire TVデバイスを指します。これを既存のスマートTVに接続することで、豊かなサウンド環境も実現可能です。

上記の各Fire TVデバイスの詳細については、以下を参照してください。

Fire TVデバイス
デバイス 説明
Fire TV Edition(日本未対応)スマートTV

ほとんどがToshiba、Insignia、Element、JVC、Grundigといった企業によって製造され、TVのオペレーティングシステムとしてFire TVが採用されています。現時点では、これらの多くが特定のマーケットプレイス限定で販売されています。

Fire TV Cube

Fire TV Cubeは、完全なファーフィールド音声制御を提供する唯一のFire TVデバイスです。これまで2つの世代がリリースされています。

Fire TV Stick

Fire TV Stickの設計ラインには、 Fire TV Stick、Fire TV Stick 4K、Fire TV Stick Lite(日本未対応)、Fire TV Stick Basic Edition(日本未対応)の4系統があります。設計ラインごとにリリース済みの世代が異なります。

Fire TV

Fire TVでは、これまでに3つの世代がリリースされています。1〜2世代はセットトップボックス型で、第3世代はHDMIポートから垂れ下がるペンダント型になっています。

Fire TV Edition(日本未対応)サウンドバー

サウンドバー型のFire TVデバイスを指します。これを既存のスマートTVに接続することで、豊かなサウンド環境も実現可能です。Fire TV Edition(日本未対応)スマートTVと同様に、サウンドバーは通常、サードパーティのデバイスメーカーによって製造されています。サウンドバーのラインナップは、現時点で以下の1つのみです。

  • Nebula D3000サウンドバー(2019、日本未対応)