ADBを使用してFire TVに接続する

ADBを使用してFire TVに接続する (Amazon Fire TV)

Android Debug Bridge (ADB) を使用すると、Amazon Fire TV端末またはAmazon Fire TV Stickに開発用コンピューターを接続して、アプリのインストール、テスト、デバッグを行うことができます。

ADBを使用する前に、Fire TV端末でデバッグを有効にしてコンピューターでADBを設定する必要があります。以下の手順に従います。

手順 1. Amazon Fire TVでデバッグを有効にする

接続前に、Fire TV端末でADBとデバッグを両方とも有効にする必要があります。

  1. Fire TVのメイン画面で [設定] を選択します。
  2. [端末] > [開発者オプション] の順に選択します。
  3. [ADBデバッグ] を有効にします。
  4. (省略可能) USBケーブルを使用してコンピューターをFire TV端末に接続する場合は、[USBデバッグ] をオンにします。

  5. [不明ソースからのアプリ] を有効にします。

手順 2. Android Debug Bridgeを設定する

Android Debug Bridge (ADB) は、ご利用の端末またはエミュレータでAndroidアプリの実行と管理を行うためのコマンドラインユーティリティです。ADBはAndroid Studioをインストールすると利用できますが、Windowsをご利用の場合は、特別なUSBドライバをインストールする必要があります。

Mac OS X

Mac OS XでADBを使用する場合は、特に必要な作業はありません。

Windows

Windowsが実行されているコンピューターをUSBケーブルでFire TVに接続する場合、ADBを介してFire TV端末にコンピューターを接続するためには特別なUSBドライバーをインストールする必要があります。このドライバは、すべてのFire TVプラットフォームをサポートしています。ドライバをインストールするには:

  1. USBファイルをダウンロードしてzipファイルの内容を抽出します。
  2. FireDevices_Driversをダブルクリックします。
  3. ダイアログボックスの指示に従ってインストールを実行します。

手順 3. パスにAndroid Debug Bridgeを追加する

adbのコマンドを実行しやすくするために、PATHにADBを追加する必要があります。(PATH環境変数は、プログラムの実行ファイルの場所を指定するものです。ADBをPATHに追加しなかった場合、adbコマンドを実行するには、<Android SDK>/platform-toolsディレクトリに移動したうえでadbを実行する必要があります。)

Mac OS X

MacでPATHにADBを追加するには:

  1. Android SDK platform-toolsディレクトリのパスを確認します。

    1. Android Studioを起動して [SDK Manager] ボタンをクリックします。上部の [Android SDK Location] の横にAndroid SDKの場所が表示されます。次に例を示します。/Users/<ユーザー名>/Library/Android/sdk

      Android Studioを初めて起動する場合は、[SDK Manager] ボタンが表示されません。[Welcome to Android Studio] というプロンプトで、[Configure] > [SDK Manager] の順にクリックし、Android SDKの場所を指定してください。

    2. SDKのパスをコピーして、テキストエディターなどに貼り付けます。
    3. 直前の手順でコピーしたパスの末尾に/platform-toolsを追加します (「platform-tools」はadb実行ファイルが格納されているディレクトリです)。
    4. フルパスをクリップボードにコピーします。
  2. 以下のコマンドを使用してadbを.bash_profileに追加します。/Users/<ユーザー名>/Library/Android/sdk/platform-tools/の部分は、Android SDKの実際のパスに置き換えてください。

    echo 'export PATH=$PATH:/Users/<your username>/Library/Android/sdk/platform-tools/' >> ~/.bash_profile
    

    .bash_profileファイルは通常、ユーザーディレクトリにあります。ユーザーディレクトリは、「cd ~」(change directory) と入力して確認できます。次に、「ls -a」(list all) と入力して、非表示のファイルも含めたすべてのファイルを表示します。

    .bash_profileファイルが存在しない場合は、新規に作成します。そのうえで「open .bash_profile」と入力すると、パスが一覧表示されます。そのうちの1行が、export PATH=$PATH:/Users/<ユーザー名>/Library/Android/sdk/platform-tools/のようになっていることを確認します。

  3. ターミナルセッションを再起動して「adb」と入力します。PATHにADBが正しく追加されると、ADBのヘルプ情報が表示されます。正しく追加されていないと、「command not found.」と表示されます。

Windows

WindowsでPATHにADBを追加するには:

  1. Android SDK platform-toolsディレクトリのパスを確認します。

    1. Android Studioを起動して [SDK Manager] ボタンをクリックします。

      上部の [Android SDK Location] の横にAndroid SDKの場所が表示されます。次に例を示します。C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools

      Android Studioを初めて起動する場合は、[SDK Manager] ボタンが表示されません。[Welcome to Android Studio] というプロンプトで、[Configure] > [SDK Manager] の順にクリックし、Android SDKの場所を指定してください。

    2. SDKのパスをコピーして、テキストエディターなどに貼り付けます。
    3. 直前の手順でコピーしたパスの末尾に/platform-toolsを追加します (「platform-tools」はadb実行ファイルが格納されているディレクトリです)。
    4. フルパスをクリップボードにコピーします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、検索ボックスに「システムの詳細設定の表示」と入力します。
  3. [システムの詳細設定の表示] をクリックします。
  4. [システム設定] ダイアログが表示されたら、[環境変数] ボタンをクリックします。
  5. [システム環境変数] (下のペイン) で [Path] を選択し、[編集] をクリックします。
  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows 7または8の場合: カーソルを右端に移動し、「;」と入力してCtrl+Vキーを押し、先ほどコピーしたSDKのパスを挿入します (例: ;C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools)。開いている3つのダイアログボックスをそれぞれ [OK] ボタンで閉じます。
    • Windows 10の場合: [新規] ボタンをクリックしてこの場所を追加します。
  7. ターミナルセッションを再起動して「adb」と入力します。PATHにADBが正しく追加されると、ADBのヘルプ情報が表示されます。正しく追加されていないと、「command not found.」と表示されます。

手順4: ADBを接続する方法を選択する

ADBを使用してFire TVまたはFire TV Stickをコンピューターに接続するには、次の2つの方法を利用できます。

  • ネットワーク経由でADBを接続する。有線イーサネットまたはWiFiネットワーク接続を使用した接続方法です。ネットワーク ADB 接続が機能するには、コンピューターと Fire TV 端末が同じネットワーク上に存在する必要があります。すべてのFire TV端末にはワイヤレスで接続する機能が備わっています。
  • USB経由でADBを接続する。USBケーブル (A-to-A) を使用して直接USB接続を確立する方法です。USB接続はFire TV (第1世代と第2世代) の端末のみで利用できます。

ネットワーク経由でADBを接続する

ネットワークで ADB に Fire TV 端末を接続するには、端末の IP アドレスが必要です。

  1. Fire TV端末とコンピューターが同じネットワーク上にあることを確認します。WiFiネットワークと有線ネットワークのどちらも使用できます。 Fire TVがどのネットワーク上にあるか確認するには、[設定] > [ネットワーク] の順にクリックします。
  2. 次に、ネットワークのIPアドレスを取得します。[設定] から、[端末] > [バージョン情報] > [ネットワーク] の順にクリックします。画面に表示されるIPアドレスをメモします。

  3. ターミナルウィンドウを開きます。

    Macの場合、ターミナルを開くには、Cmd + Spaceキーを押して「Terminal」と入力します。Windowsの場合は、プログラムの検索画面で「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開く方法が一般的です (厳密な手順は、Windowsのバージョンによって異なります)。

  4. 次のコマンドを実行します。<ipaddress>の部分には、前のセクションでメモしたFire TV端末のIPアドレスを指定してください。

    adb kill-server
    adb start-server
    adb connect <IPアドレス>
    

    接続に成功すると、ADBから次のようなメッセージが返されます。

    connected to <ipaddress>:5555
    
  5. 以下のコマンドを実行して、端末のリストに Fire TV 端末が表示されることを確認します。

    adb devices
    

    ADBから次のメッセージが返されます。

    List of devices attached <ipaddress>:5555 device
    

adb devicesを実行してもシリアル番号が表示されない場合は、ADBを更新してから再度この手順を実行してください。

USB経由でADBを接続する

コンピューターをUSBでFire TVに接続するには、A-to-AタイプのUSBケーブルが必要です。USBケーブルポートはFire TV (第1世代、第2世代) にしか用意されていません。したがって、この接続方法が利用できるのはFire TV (第1世代、第2世代) 端末のみで、Fire TV StickやFire TV Editionでは利用できません。お持ちのFire TV端末にUSBケーブルポートがない場合は、代わりにネットワーク接続を行ってください。

  1. Windowsコンピューターを使用する場合は、USBドライバーをインストールします (Android Debug Bridgeを設定するを参照)。
  2. USBデバッグをオンにします。Amazon Fire TVでデバッグを有効にするセクションを参照してください ([設定] に移動して、[端末] > [開発者オプション] の順にクリックします。次に、[USBデバッグ] をオンにします)。
  3. コンピューターのUSBポートにFire TVを接続します。
  4. 次のコマンドを実行します。

    adb kill-server
    adb start-server
    adb devices
    

最後のコマンドを入力すると、ADBから次のメッセージが返されます。<シリアル番号>には、端末のシリアル番号が入ります。

List of devices attached
<シリアル番号> device

adb devicesを実行してもシリアル番号が表示されない場合は、上記の手順を繰り返すか、ADBを更新してから、再度この手順を実行してください。

コンピューターとFire TV端末の接続がADBによって確立された後、Android Studioを起動して [Run App] ボタンをクリックすると、次のようなダイアログボックスが表示されます。

この例では、「Amazon AFTS」はFire TV (第2世代) を表しています。

既存のアプリとの競合

公開済みバージョンのアプリが既にFire TV端末にインストールされている場合、Android Studioから (同じパッケージ名の) 開発バージョンのアプリをサイドロードまたは実行しようとすると、エラーメッセージが表示されます。

この場合は、公開済みアプリを端末からアンインストールした後に開発バージョンのアプリを実行してください。公開済みアプリをFire TVからアンインストールするには、[設定] > [アプリケーション] > [インストール済みアプリケーションを管理] の順にクリックします。アプリを選択し、[アンインストール] を2回クリックします。

ADBを更新する

adb devices」と入力してもご利用の端末が表示されない場合は、次の手順に従ってADBを更新してみてください。

  1. ターミナルセッションを開き、Android SDKのtoolsディレクトリに移動します。

    インストールディレクトリは、Android Studioで [Tools] > [Android] > [SDK Manager] の順に選択するか、[SDK Manager] ボタンをクリックして確認できます。[Android SDK Location] の横にディレクトリが表示されます。

  2. ターミナルまたはコマンドプロンプトからcd (change directory) コマンドでAndroid SDKディレクトリに移動し、cdで1階層下のtoolsに移動します (toolsディレクトリはSDKディレクトリに格納されています)。

  3. 次のいずれかのコマンドを実行してADBを更新します。

    Mac:

    ./sdkmanager update adb
    

    Windows:

    sdkmanager update adb
    

    ADBが更新されたことを示すメッセージが返されます。

アプリを実行する

ADBを使用してコンピューターとFire TV端末を接続したら、Fire TV端末でアプリを構築して実行することができます。Android Studioで、[Run App] ボタンをクリックしてください。

トラブルシューティング

次のようなメッセージが表示される場合があります。

unable to connect to 192.168.0.6:5555: Operation timed out

error: device offline

この場合は、次のことを試してください。

  • Fire TVとコンピューターで、どちらも同じネットワークとルーターが使用されていることを確認します。
  • adb connect <IPアドレス>でワイヤレス接続している場合は、IPアドレスがドットであることを確認します。
  • Android Studioとその他のエミュレータ、USBケーブル接続を閉じます。
  • サーバーを停止 (adb kill-server) してから再起動 (adb start-server) します。
  • Fire TVを再起動します ([設定] > [端末] または [システム] > [再起動])。
  • ルーターを再起動します。
  • ADBを更新します。
  • エラーメッセージをオンライン検索します。

次のステップ

テストのため、Amazon Fire TV 端末にアプリをインストールして実行する方法については、「アプリのインストールと実行」を参照してください。