adbを使用してFire TVに接続する方法


adbを使用してFire TVに接続する方法

Android Debug Bridge(adb)を使用すると、Amazon Fire TVデバイスやAmazon Fire TV Stickに開発用コンピューターを接続して、アプリのインストール・テスト・デバッグを行うことができます。adbを使用する前に、必ずFire TVデバイスでデバッグを有効にしてコンピューターでadbを設定してください。手順は以下のとおりです。

手順A:Amazon Fire TVでデバッグを有効にする

Fire TVデバイスに接続する前に、同デバイスでadbとデバッグの両方を必ず有効にしてください。

  1. Fire TVのメイン画面で [設定] を選択します。
  2. [My Fire TV] > [開発者オプション] の順に選択します。
  3. [ADBデバッグ] を有効にします。
  4. [不明ソースからのアプリ] を有効にします。
  5. (省略可能)USBケーブルを使用してコンピューターをUSB対応のFire TVデバイスに接続する場合は、[USBデバッグ] をオンにします。USBデバッグが有効になっているときは、USBポートをほかの用途(外部ストレージ、入力デバイスなど)で使用することはできません。USBポートを再び有効にするには、USBデバッグをオフにしてください。

手順B:Android Debug Bridgeを設定する

Android Debug Bridge(adb)は、デバイスやエミュレーターでAndroidアプリを動かしたり管理したりするためのコマンドラインユーティリティです。Android Studioをインストールすることで利用可能になりますが、Windowsをご利用の場合は特別なUSBドライバーをインストールする必要があります。

Android Studioで [Tools] > [SDK Manager] の順に選択すれば、adbがインストールされているかどうかを確認できます。[SDK Tools] タブをクリックしてから、[Android SDK Platform-Tools] を選択してインストールしてください(まだ選択されていない場合)。

Mac

Mac OS Xでadbを使用する場合は、特に必要な作業はありません。

Windows

WindowsコンピューターをUSBケーブルでFire TVに接続する場合は、特別なUSBドライバーをインストールしてからadbを介してFire TVデバイスに接続する必要があります。すべてのFire TVプラットフォームをサポートする同ドライバーのインストール手順は以下のとおりです。

  1. USBファイルをダウンロードしてzipファイルの内容を抽出します。
  2. FireDevices_Driversをダブルクリックします。
  3. ダイアログボックスの指示に従ってインストールを実行します。

手順C:PATHにAndroid Debug Bridgeを追加する

adbコマンドを実行しやすくするために、PATHにadbを追加する必要があります。PATH環境変数は、プログラムの実行ファイルの場所を指定するものです。adbをPATHに追加しなかった場合、adbコマンドの実行時に、<Android SDK>/platform-toolsディレクトリに移動したうえでadbを実行する必要があります。

Mac

MacでPATHにadbを追加する手順は以下のとおりです。

  1. Android SDK platform-toolsディレクトリのパスを確認します。

    1. Android Studioを起動して [SDK Manager] ボタンをクリックします。上部の [Android SDK Location] の横にAndroid SDKの場所が表示されます。例:/Users/<your username>/Library/Android/sdk

      Android Studioを初めて起動する場合、[SDK Manager] ボタンは表示されません。代わりに [Welcome to Android Studio] というプロンプトで、[Configure] > [SDK Manager] の順にクリックし、Android SDKの場所を指定してください。

    2. SDKのパスをコピーして、テキストエディターなどに貼り付けます。
    3. 直前の手順でコピーしたパスの末尾に/platform-toolsを追加します(「platform-tools」はadb実行ファイルが格納されているディレクトリです)。
    4. フルパスをクリップボードにコピーします。
  2. 以下のコマンドを使用して、adbを.bash_profileに追加します。<ユーザー名>の部分を実際のユーザー名に置き換え、パスがAndroid SDKを指定するようにしてください。

    echo 'export PATH=$PATH:/Users/<ユーザー名>/Library/Android/sdk/platform-tools/' >> ~/.bash_profile
    

    .bash_profileファイルは通常、ユーザーディレクトリにあります。ユーザーディレクトリは、「cd ~」(change directory)と入力して確認できます。次に、「ls -a」(list all)と入力して、非表示のファイルも含めたすべてのファイルを表示します。

    .bash_profileファイルが存在しない場合は、新規に作成します。そのうえで「open .bash_profile」と入力すると、パスが一覧表示されます。

    bash profileにこのPATHを追加すると、.bash_profileファイルで次のように表示されます。

    export PATH=$PATH:/Users/johndoe/Library/Android/sdk/platform-tools/
    

    (ただし、johndoeの部分には実際のユーザー名が表示されます)

  3. ターミナルセッションをすべて再起動して、「adb」と入力します。PATHにadbが正しく追加されると、adbのヘルプ情報が表示されます。正しく追加されていないと、「command not found.」と表示されます。

Windows

WindowsでPATHにadbを追加する手順は以下のとおりです。

  1. Android SDK platform-toolsディレクトリのパスを確認します。

    1. Android Studioを起動して [SDK Manager] ボタンをクリックします。

      上部の [Android SDK Location] の横にAndroid SDKの場所が表示されます。たとえば、次のようになります。 C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools

      Android Studioを初めて起動する場合、[SDK Manager] ボタンは表示されません。代わりに [Welcome to Android Studio] というプロンプトで、[Configure] > [SDK Manager] の順にクリックし、Android SDKの場所を指定してください。

    2. SDKのパスをコピーして、テキストエディターなどに貼り付けます。
    3. 直前の手順でコピーしたパスの末尾に/platform-toolsを追加します(「platform-tools」はadb実行ファイルが格納されているディレクトリです)。
    4. フルパスをクリップボードにコピーします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、検索ボックスに「システムの詳細設定の表示」と入力します。
  3. [システムの詳細設定の表示] をクリックします。
  4. [システム設定] ダイアログが表示されたら、[環境変数] ボタンをクリックします。
  5. [システム環境変数](下のペイン)で [Path] を選択し、[編集] をクリックします。
  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • Windows 7または8の場合:カーソルを右端に移動し、「;」と入力してCtrl+Vキーを押し、先ほどコピーしたSDKのパスを挿入します(例:;C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Android\Sdk\platform-tools)。開いている3つのダイアログボックスを [OK] ボタンで閉じます。
    • Windows 10の場合:[新規] ボタンをクリックしてこの場所を追加します。
  7. ターミナルセッションを再起動して「adb」と入力します。PATHにadbが正しく追加されると、adbのヘルプ情報が表示されます。正しく追加されていないと、「command not found.」と表示されます。

手順D: adbを使用してFire TVに接続する

adbは、ネットワーク経由またはUSB経由で接続できます。ほとんどのFire TVデバイスはネットワーク接続のみ可能となっているため、接続方式としてはネットワーク経由の方が一般的です。

ネットワーク接続

有線イーサネットまたはワイヤレス接続を使用した接続方法です。ネットワークadb接続が機能するには、コンピューターとFire TVデバイスが同じネットワーク上に存在する必要があります。また、すべてのFire TVデバイスにはワイヤレス接続の機能が備わっています。

  1. Fire TVデバイスとコンピューターが同じネットワーク上にあることを確認します。Wi-Fiネットワークと有線ネットワークのどちらも使用可能です。Fire TVがどのネットワーク上にあるかを確認するには、[設定] > [ネットワーク] の順にクリックしてください。
  2. 次に、ネットワークのIPアドレスを取得します。[設定] から、[My Fire TV] > [バージョン情報] > [ネットワーク] の順に選択します。(一部のFire TVモデルでは、[My Fire TV] ではなく [デバイス] と表示される場合があります)。この画面に表示されるIPアドレスを書き留めます。

  3. ターミナルウィンドウを開きます。

    Macの場合、ターミナルを開くには、Cmd+Spaceキーを押して「Terminal」と入力します。 Windowsの場合は、プログラム検索で「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開く方法が一般的です(厳密な手順は、Windowsのバージョンによって異なります)。

  4. 次のコマンドを実行します。<ipaddress>の部分には、前のセクションでメモしたFire TVデバイスのIPアドレスを指定してください。

    adb connect <ipaddress>:<port>
    

    たとえば、次のようになります。

    adb connect 10.49.172.51:5555
    

    adb connectを初めて実行すると、Fire TVの画面に「USBデバッグを許可しますか?」という画面が表示されます。

    USBデバッグを許可しますか?
    USBデバッグを許可しますか?

    USBデバッグを許可しない場合、Fire TVはadb接続を承認しません。[このコンピューターから常に許可する] チェックボックスをオンにして、[OK] を選択します。

    adb接続に成功すると、adbから次のようなメッセージが返されます。

    connected to <ipaddress>:5555
    

    サーバーの停止や再起動が必要な場合は、次のadbコマンドを使用します。

    adb kill-server
    adb start-server
    
  5. 次のコマンドを実行して、デバイスのリストにFire TVデバイスが表示されることを確認します。

    adb devices
    

    adbから次のようなメッセージが返されます。

    List of devices attached
    10.49.172.51:5555	device
    

    (IPアドレスが10.49.172.51の場合)

adb devicesを実行してもシリアル番号が表示されない場合や、unable to connectというメッセージが返された場合は、adbのトラブルシューティングを行う必要があります。

USB接続

コンピューターをUSBでFire TV(第1世代または第2世代)に接続するには、A-to-AタイプのUSBケーブルが必要です。USBケーブルポートはFire TV(第1世代、第2世代)にしか用意されていません。この接続方法が利用できるのはFire TV(第1世代、第2世代)デバイスのみで、Fire TV Stick、Fire TV(第3世代)、Fire TV Edition(日本未対応)では利用できません。お持ちのFire TVデバイスにUSBケーブルポートがない場合は、代わりにネットワーク接続を行ってください。

  1. Windowsコンピューターを使用する場合は、USBドライバーをインストールします(Android Debug Bridgeを設定するを参照)。
  2. USBデバッグをオンにします。Amazon Fire TVでデバッグを有効にするを参照してください([設定] > [My Fire TV] > [開発者オプション] の順に選択し、[USBデバッグ] をオンにします)。
  3. コンピューターのUSBポートにFire TVを接続します。
  4. 次のコマンドを実行します。

    adb kill-server
    adb start-server
    adb devices
    

最後のコマンドを入力すると、adbから次のメッセージが返されます。<serialno>にはデバイスのシリアル番号が入ります。

List of devices attached
<serialno> device

adbの接続で問題が発生した場合は、トラブルシューティングのヒントを参照してください。

トラブルシューティング

次のようなメッセージが表示される場合があります。

unable to connect to 192.168.0.6:5555: Operation timed out

または

error: device offline

この場合は、次のことを試してください。

  • Fire TVとコンピューターの両方が同じネットワーク上にあることを確認します。
  • adb connect<ipaddress>でワイヤレス接続している場合は、IPアドレスが正しく入力され、必要なドットが漏れていないことを確認してください
  • Android Studioとそのほかのエミュレーター、USBケーブル接続を閉じます。
  • サーバーを停止(adb kill-server)してから再起動(adb start-server)します。
  • Fire TVを再起動します([設定] > [端末] または [システム] > [再起動])。
  • ルーターを再起動します。
  • adbが別のサービスによってブロックされていないかを確認します。
  • AndroidでAndroid Debug Bridge(adb)全体を読みます。
  • エラーメッセージをオンライン検索します。

次のステップ

テストのためにAmazon Fire TVデバイスにアプリをインストールして実行する方法については、アプリのインストールと実行を参照してください。