DetailsFragmentを使用したアプリコンテンツの詳細情報の提供


DetailsFragmentを使用したアプリコンテンツの詳細情報の提供

最終更新日:2016年12月

特定のコンテンツに関する情報を提供する方法を見てみましょう。それには、Leanback対応プロジェクトの主要コンポーネントの1つであるDetailsFragmentを使用します。

DetailsFragment

DetailsFragmentは、ユーザーがBrowseFragment上の特定のコンテンツを選択したときに表示されます。タイトル、サブタイトル、説明などの情報が含まれており、コンテンツのプレビューが添付されています。

DetailsFragmentで使用される重要なクラスの1つがDetailsOverViewRowです。このクラスは、フラグメントに表示されるコンテンツを定義します。また、最も重要な点は、ユーザーに実行を促すことができるアクションを定義することです。

private void setupDetailsOverviewRow() {

    final DetailsOverviewRow row
			= new DetailsOverviewRow(mSelectedMovie);
    ...
    row.setImageDrawable(R.drawable.default_background));
    row.addAction(new Action(ACTION_WATCH_TRAILER,
				"予告編を見る", "無料")));

    mAdapter.add(row);
}

下のハイライトされた行は、DetailsFragmentに特定のアクションを簡単に追加できることを示しています。addAction()をコーディングすることで、ユーザーが実行する新しいアクションを追加できます。この例では、アクションに一意のID ACTION_WATCH_TRAILERを追加し、ボタンのテキストフィールドを定義するために「予告編を見る」と「無料」という2つの文字列を追加しました。

この行を追加すると、アクションがDetailsFragmentに表示されます。

アクションを使用することで、「コンテンツのレンタル」、「購入」、「購読」などのIAPアイテムを簡単に追加できます。リスナーをアクションに追加して、後続のタスクを実行するだけです。

Leanback対応プロジェクトをデプロイする際に、デフォルトで定義されているアクションは「予告編を見る」だけです。このアクションは、コンテンツの予告編の再生を促します。