開発環境をセットアップする


開発環境をセットアップする

Amazon Fire TVプラットフォームを対象にしたAndroidベースのFire TV対応アプリを開発するには、まず開発環境をセットアップする必要があります。

JDKのセットアップ

ご使用のコンピューターでJavaアプリをコンパイルするには、Oracleから提供されているJava Development Kit(JDK)が必要です。

まず、JDKが既にインストールされているかどうかを確認します。ターミナルまたはコマンドプロンプトを開いてjava -versionと入力します。JDKがインストールされている場合、次のようなレスポンスが返されます。

java version "1.8.0_101"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_101-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.101-b13, mixed mode)

JDKがインストールされていない場合は、ご使用のコンピューターに合ったバージョンのJDKインストーラーをJava SE Development Kit Downloadsからダウンロードして実行してください。

詳細については、以下を参照してください。

そのほかのオペレーティングシステムと情報については、JDK and JRE 8 Installation Start Here(JDK 8およびJRE 8のインストール概要)を参照してください。

Android Studioのセットアップ

Androidプロジェクトの公式IDEであるAndroid Studioをインストールします。ご使用のコンピューターへのAndroid Studio開発環境のセットアップについては、Android Studioの概要に関するページAndroid Studioのインストールを参照してください。

次のステップ

adbを使用してAmazon Fire TVデバイスを開発用コンピューターに接続する方法については、adbを使用してFire TVに接続するを参照してください。

開発したアプリをAmazon Fire TVデバイスにインストールして実行する方法については、アプリのインストールと実行を参照してください。