Fire TVの開発:最新情報


Fire TVの開発:最新情報

新しいFire TVデバイス

新しい2019デバイスが多数発表されています。最新のFire TVデバイスの詳細については、Fire TV Announces More Than 20 New Products(英語のみ)を参照してください。

Amazon Fire TVドキュメントの更新

一般的なAmazon Fire TVに関するドキュメントの重要な更新や追加されたページについては、以下の表をご覧ください。Fire App BuilderFire TV向けウェブアプリスターターキットAmazon Creatorに関する更新は、それぞれのドキュメントのリリースノートセクションに記載されています。

</tr>
日付 ページ 詳細
2019年9月24日 オーディオフォーカスをテストする方法のコードサンプルを更新しました。 バックグラウンドサービスの不正使用により、Googleによってバックグラウンドサービスの優先順位が下げられました。フォアグラウンドサービスのみがインテントによって開始されます。このページでは、それに応じてコードサンプルが更新されています。
2019年9月18日 Fire OS 7搭載Fire TV対応アプリの開発について 2019年のFire TVデバイスは、Android 9 PieをベースとしたFire OS 7上で動作します。アプリをFire OS 7に対応させるためのガイドラインが、このドキュメントに記載されています。
2019年7月9日 Fire TVのデバイス仕様 Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4K(2018/2019)の仕様を更新して、一部モデルのドルビービジョンのサポートを追加しました。また、名称の年名を「2018/2019」に変更しました。
2019年7月7日 アプリ内の音声ナビゲーションと選択 テスト手順とロールアウトに関するドキュメントのコンテンツを更新しました。
2019年5月29日 Fire TVのUIから注目コンテンツへのディープリンク ディープリンクとは、アプリのホームページではなく、アプリ内の特定のコンテンツへユーザーを直接誘導するリンクです。
2018年1月22日 アプリ内の音声ナビゲーションと選択 アプリ内での音声ベースのスクロールと選択をサポートするようになりました。
2018年11月21日 Androidアプリにおけるオーディオとビデオの同期 コンテンツをアップデートされたバージョンに置き換えました。
2018年10月3日 Fire TV Stick 4K(2018)
- アプリを海外へ配布する
Fire TV Stick 4Kの仕様です。カナダのマーケットプレイスにおけるFire TV Edition(日本未対応)ToshibaスマートTVの更新情報です。
2018年10月 Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia 4K(2018)
Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia HD(2018)
Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4K(2018)
Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba HD(2018)
Fire TV Edition(日本未対応)スマートTV(2018)の仕様
2018年7月13日 オーディオフォーカスを管理する コンテンツを更新および簡略化しました。
2018年6月7日 Fire TV Cube(日本未対応)のデバイス仕様 Fire TV Cube(日本未対応)のデバイス仕様を追加しました。
2018年6月7日 アプリおよびコンテンツの音声対応化 アプリの音声化対応の2つのアプローチであるビデオスキルAPIとMediaSession APIについて説明しています。
2018年6月7日 Amazon Fire TVデバイスの命名規則 「Fire TV Cube」(日本未対応)は、Fire TVデバイスの新しいカテゴリーのことを指します。
2018年5月30日 Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4Kのデバイス仕様 Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4KスマートTVのデバイス仕様を追加しました。
2018年5月30日 Amazon Fire TVデバイスの命名規則 「Fire TV Edition」(日本未対応)は、Fire TVが組み込まれたElementまたはToshiba製のスマートTVのことを指します。
2018年5月30日 Fire TVデバイスを識別する Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4Kの詳細を追加しました。
2018年5月10日 オーディオフォーカスをテストする Audio Focus Requesterツールを使用して、アプリがオーディオフォーカスを正しく処理しているかどうかを検証します。
2018年4月24日 Fire TVのデバイス仕様 増加するFire TVデバイスの種類に対応するため、ページのフォーマットをタブ方式のレイアウトからドロップダウンセレクター方式のレイアウトに変更しました。デバイスごとに一般的な説明を加えました。

Amazon Fire TVブログの更新

ブログのFire TVカテゴリーで、Fire TVに関する最新情報をチェックできます。