既存のアプリをAmazonアプリストアへ移行する方法


既存のアプリをAmazonアプリストアへ移行する方法

アプリによっては、コードベースを更新しなければFireタブレットなどのFire OSデバイスで正常に動作しないものもあります。このページでは、AmazonアプリストアにFire OSアプリを申請する際に満たすべき要件と、移行時の推奨事項について説明します。

移行プロセスの概要

既存のAndroidアプリをAmazonアプリストア向けのFire OSに対応させるには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. API、サービス、機能をFire OS対応のものに移行させます(必要な場合)。
  2. サポート予定のFire OSデバイスに合わせて最小APIレベルを更新します(必要な場合)。
  3. サポート対象外の機能をすべてアプリから削除します。
  4. アプリを再コンパイルします。
  5. Amazonアプリストアにアプリを申請します。

サポート対象のAPI、サービス、機能

アプリでFire OS非対応のAPI・サービス・機能が使用されている場合、コードを更新してAmazonがサポートする同等のサービスおよび機能を使用できるようにします。

AndroidアプリをFire OSに対応させるために変更が必要なAPI・サービス・機能は、以下のとおりです。

API、サービス、機能 対処法 参考資料
Google Play請求サービス Amazonアプリ内課金(IAP)APIを使用する Google Play請求サービスからAmazonアプリ内課金(IAP)v2.0への移行
Googleマップ Amazon Maps APIを使用する Migrating an App from Google Maps v2(英語のみ)
Google Cloud Messaging Amazon Device Messagingを使用する N/A
モバイルデータプランを使用しないタブレットのGPS位置情報 Wi-Fi位置情報を使用するか、適切に機能を制限するようアプリをコーディングする N/A
すべての通話機能 適切に機能を制限するようアプリをコーディングする N/A
デバイスの向きの設定 デバイスの向きの設定を参照して対処する N/A
サポート対象外のインテント サポート対象のAndroidインテントを参照して対処する N/A
サポート対象外の画面サイズおよびレイアウト 画面のレイアウトと解像度を参照して、AndroidManifest.xmlで画面サイズのサポートを宣言する N/A

サポート対象のAPIレベル

全Fireタブレットとの互換性を確保するために、最小APIレベルを10に設定することをお勧めします。FireタブレットのAndroid OSバージョンについては、Fireタブレットのデバイス仕様を参照してください。

アプリで使用するメソッドが以下に示すAPIレベルで導入されたものである場合、対処が必要になります。

  • APIレベル11~15:Kindle Fire(第1世代)でこれらのメソッドを呼び出さないよう、実装を変更してください。
  • APIレベル16または17:Kindle Fire(第1世代)およびKindle Fire(第2世代)でこれらのメソッドを呼び出さないよう、実装を変更してください。
  • APIレベル18以降:Kindle Fire(第3世代)でこれらのメソッドを呼び出さないよう、実装を変更してください。

詳細については、Androidトレーニングガイドの異なるプラットフォームバージョンのサポートに記載の実行時にシステムバージョンを確認するを参照してください。

アプリでAPIレベルを指定する方法については、Androidトレーニングガイドの最小の対象APIレベルを指定するを参照してください。

アプリのコンプライアンス

Amazon開発者ポータルに申請する前に、アプリがAmazonアプリストアの要件をすべて満たしていることを確認してください。

  • サポート対象外の機能: 以下の機能は、いずれもAmazonアプリストアではサポート対象外のため、アプリに含めることはできません。
    • テーマ
    • 壁紙
    • スクリーンセーバー
    • カスタムまたはサードパーティ製のオンスクリーンキーボード(代わりにデフォルトのオンスクリーンキーボードを使用してください)
    • ユーザーインターフェイスを操作するホーム画面ウィジェット
    • disable_keyguardのパーミッション
    • ロック画面のカスタマイズ
  • アプリのコンテンツ: Amazonのコンテンツガイドラインに準拠させる必要があります。詳細については、Amazonアプリストアのコンテンツポリシーを参照してください。
  • アプリテスト Amazonアプリストアに申請する前に、アプリを入念にテストします。テスト基準と推奨されるテストケースを確認するには、Amazonアプリストアにおけるアプリ申請時のテスト基準を参照してください。