Amazonアプリストアにおける収益化と支払いについて


Amazonアプリストアにおける収益化と支払いについて

Amazonアプリストアでは、公開したアプリからさまざまな方法で収益を得ることができます。このページでは、Amazonのアプリを収益化する方法を紹介し、アプリ販売によるロイヤリティがどのように支払われるかを説明します。

支払いを確認するには、開発者コンソールで開発者アカウントにサインインして、[レポート] タブで [支払い] レポートを選択します。

アプリを収益化

Amazonアプリストアにアプリを公開して収益化する方法は複数あります。

  • 有料ダウンロード: アプリをダウンロードするユーザーに請求します。
  • アプリ内課金: アプリ内でアイテムを販売します。
  • Merch by Amazon: アプリ内からTシャツなどのブランド商品をユーザーに販売します。
  • モバイル広告: アプリ内でAmazonおよびブランド広告主の広告をホストします。
  • Amazon Underground: ユーザーのアプリ使用時間に基づいて支払われます。

支払いとVAT

標準価格には、あらゆる付加価値税(VAT)またはそれに類する税が含まれます。この価格がエンドユーザーに表示されます(通常は、VAT込みの価格であることが注記されます)。VATまたはそれに類する税は、ロイヤリティを計算する際に標準価格から差し引かれます。

たとえば、ヨーロッパのいずれかのAmazonマーケットプレイスでアプリの標準価格を1.15ユーロに設定したとします。

  • そのAmazonマーケットプレイスのエンドユーザーには、価格が1.15ユーロとして表示されます。
  • この価格には15%のVATが含まれます。システムは、すべての価格にVATが含まれることを示す注記を表示します。
  • ロイヤリティの計算に使用する価格は1.00ユーロとなります。

支払いの受け取り

Amazonから開発者への支払いは、ほぼ例外なく電子決済で行われます。電子決済の方法は国/地域によって異なります。決済通貨は、利用する銀行の所在地によって決まります。

米国の開発者に対する支払い

米国の開発者には、アプリのロイヤリティが毎月送金されます。支払いは、アプリ、ソフトウェア、ゲームが販売されたマーケットプレイスごとに別々に行われます。支払残高が最低支払額を超えている場合、Amazonからの支払いは、(a) モバイルアプリの売上発生月の末日から約30日後、または (b) 売上発生月の末日から約45日後に行われます。たとえば、モバイルアプリの売上が4月に発生した場合、4月末から約30日後の5月末に支払われることになります。

米国では、支払残高が$0.00を超えている場合に、電子振替決済(EFT)で支払われます。

日本の開発者に対する支払い

日本の開発者は、銀行口座を登録すると、国内および海外の売上に対する支払いを電信送金またはEFTで受け取ることができます。ただし、日本国内の銀行では、電信送金を受領する際に手数料が課される場合があります。

銀行情報を入力するには、開発者コンソールでアカウントにサインインし、[設定] > [支払い情報] の順にクリックします。[有料アプリや有料ゲーム、アプリ内課金やゲーム内課金、又はスキル利用による現金報酬の受取り等、収益化を検討されていますか?] という質問に [はい] と答えると、銀行の場所や口座番号の入力を求められます。

そのほかの国の開発者に対する支払い

電子決済に対応している国/地域の開発者には、電子決済で支払われます。銀行の場所によって、口座振込または電信送金を利用できます。銀行の場所が電子決済に対応していない場合や、電子決済を利用したくない場合は、小切手で支払いを受けることができます。小切手は、マーケットプレイスごとに売上通貨で発行されます。日本およびブラジルのAmazonマーケットプレイスでの売上に対する小切手は、米ドルで発行されます。

電子決済を利用できるかどうかを調べるには、開発者コンソールでアカウントにサインインし、[銀行/金融機関の場所はどこですか?] ドロップダウンメニューから、利用する銀行の場所を選択します。この選択に基づいて、電子決済を利用できる場合は、電子決済または小切手のいずれかを選択するように求められます。支払いは、アプリが販売されたマーケットプレイスごとに別々に行われます。電子決済の場合、支払いの通貨は銀行の場所によって決まります。電子決済を利用する場合に手数料がかかるかどうかについては、金融機関にお問い合わせください。

マーケットプレイスでの売上に対してAmazonから支払いを受けるには、支払額が最低支払額を超えている必要があります。支払いのタイプおよびマーケットプレイスの通貨に基づいて、下記の最低支払額が適用されます。

  • 口座振込*:$0(米ドル)、€0(ユーロ)、£0(英ポンド)、¥0(日本円)、$0(カナダドル)、$R20(ブラジルレアル)
  • 送金:$100(米ドル)、€100(ユーロ)、£100(英ポンド)、¥10,000(日本円)、$100(カナダドル)
  • 小切手:$100(米ドル)、€100(ユーロ)、£100(英ポンド)、$100(カナダドル)

ブラジルのマーケットプレイスでの売上について、ブラジル国外の開発者に対する国際口座振込の最低支払額は100米ドル相当額となります。

支払残高が最低支払額を超えている場合、Amazonからの支払いは、(a) モバイルアプリの売上発生月の末日から約30日後、または (b) デジタルソフトウェアまたはビデオゲームの売上発生月の末日から約45日後に行われます。たとえば、モバイルアプリの売上が4月に発生した場合、4月末から約30日後の5月末に支払われることになります。

アプリの標準価格には、エンドユーザーに提示される購入価格に含まれる付加価値税(VAT)またはそれに類する税が含まれています。ロイヤリティを計算する際には、標準価格からこれらの税額を除いた金額が使用されます。たとえば、Amazonマーケットプレイスでのアプリの標準価格が1.15ユーロで、エンドユーザーへの提示価格に15%のVATが含まれている場合、ロイヤリティの計算に使用する価格は1.00ユーロとなります。

小切手による支払いの受け取り

電子決済を利用できない場合、アプリを販売しているAmazonマーケットプレイスの通貨で発行される小切手によって支払いを受けます。小切手は、アプリが販売されたマーケットプレイスごとに発行されます。日本およびブラジルのAmazonマーケットプレイスでの売上に対する小切手は、米ドルで発行されます。

支払いとレポートに関するよくある質問(FAQ)

Q: 売上は、Amazonと開発者の間でどのように分割されますか?
Amazonは、App Distribution and Services Agreement(アプリ配信およびサービス契約)に記載されているロイヤルティを開発者にお支払いします。
Q: Amazonが提供する開発者向けプログラムの使用料はいくらですか?
開発者向けプログラムは無料でご利用いただけます。開発者アカウントの作成、Amazon APIの使用、アプリの申請はすべて無料です。
Q: 無料アプリを公開(または投稿)できますか?
はい。ぜひ無料アプリをAmazonで公開してください。
Q: Amazonアプリストアにアプリを申請して販売する予定です。売上から受け取るロイヤリティに課税されますか? 税務申告の登録方法を教えてください。
米国住民の場合、受け取るロイヤリティは、米国の税制による課税の対象となります。[納税者確認インタビュー] を入力してAmazonに納税者情報を提出します。詳細については、税務申告を登録するを参照してください。
Q: 米国の住民でなくても米国の税制に基づく税金を払うのでしょうか?
お住まいの国/地域とアプリを販売する地域によっては、米国政府に税金を支払わなければならない場合があります。詳細については、税務申告を登録するを参照してください。
Q: 税務情報に関するインタビューとは何ですか?
アプリ配信用ポータルでは、米国国税庁による税制の遵守を目的として、税務情報の入力を求めています。Amazonからロイヤリティまたはそのほかの支払いが発生するアプリが対象です。詳細については、税務申告を登録するを参照してください。
Q: アプリに関するレポートはどこで確認できますか?
開発者コンソールの [レポート] タブでレポートの種類を選択すると、アプリに関するさまざまな種類のレポートを見ることができます。詳細については、レポートの概要を参照してください。