Fireタブレット対応アプリの開発について


Fireタブレット対応アプリの開発について

はじめに

Fireタブレットは、AndroidアプリとHTML5ウェブアプリに対応しています。開発者自身の経験とアプリの要件に合った方法を選んでください。

  • Androidアプリ: 既存のツール(Android Studioなど)とフレームワーク(Unityなど)を使用してアプリやゲームを開発します。AndroidによるEclipse ADTプラグインのサポートは終了しました。アプリの開発に役立つサンプルコード、ドキュメント、ガイドラインが用意されています。
  • HTML5ウェブアプリ: Amazon WebViewを使用してアプリやゲームを開発します。HTML5ウェブアプリ、Fire OSを使用するCordovaアプリ、またはHTML5ハイブリッドアプリを開発できます。

Fireタブレット対応Androidアプリの開発

Fireタブレット対応Androidアプリの開発には、Androidの開発で既に使用しているツール、IDE、APIを使用します。

Fireタブレット対応の新しいアプリ

アプリを一から構築する場合は、次のトピックを参照してください。

既存のアプリをFireタブレットに移行

既存のAndroidアプリを移行するには、Fireタブレットデバイスに関する次の特別な考慮事項のリストを確認してください。

また、アプリが現在使用しているAPI、サービス、機能も考慮に入れる必要があります。Amazonアプリストアの要件を満たすために、アプリを変更する必要がある場合があります。詳細については、既存のアプリをAmazonアプリストアに移行するを参照してください。

Fireタブレット対応HTML5ウェブアプリの開発

構築するウェブアプリの種類に応じて、適切なドキュメントを参照してください。

ウェブアプリがAmazonアプリストアの要件を満たしていることを確認するには、Amazonアプリストア申請前チェックリストのドキュメントを参照してください。

Fireタブレットアプリ用のAmazonのAPI

Fireタブレット対応アプリを構築する際に、Amazonが提供するほかのAPIも実装すれば、より優れたエクスペリエンスを提供することができます。

追加のAPIは、Amazonアプリ・ゲームサービスSDKのリストで確認できます。

Fireタブレットのドキュメント構成

Fireタブレットのドキュメントは、以下のトピックに分かれて構成されています。

  • 仕様:Fireタブレットのメディア、デバイス、ユーザーエクスペリエンスに関する仕様を紹介します。
  • はじめに:初めてFireタブレット対応Androidアプリを作成する際の手順を説明します。
  • Androidアプリの実装:Fireタブレット対応アプリを開発する際に特に考慮すべき事項を取り上げます。
  • テスト:Fireタブレット対応Androidアプリをテストする方法を紹介します。
  • ウェブアプリの実装:ウェブアプリの開発方法を説明します。
  • HTML5ハイブリッドアプリ:Fireタブレット対応HTML5ハイブリッドアプリを構築・テストする方法を紹介します。
  • リファレンス:AmazonウェブアプリのAPIリファレンスについて取り上げます。

Fireタブレット対応アプリの開発に関して、以下のドキュメントも用意しています。

Fireタブレットに関するフォーラム

ヘルプが必要な場合、質問がある場合、またはその他フィードバックを共有する場合は、Amazon開発者フォーラムのFireタブレットのカテゴリーを使用してください。