Fireタブレット対応アプリの開発について


Fireタブレット対応アプリの開発について

はじめに

Fireタブレットは、AndroidアプリとHTML5ウェブアプリに対応しています。開発者自身の経験とアプリの要件に合う方を選んでください。

  • Androidアプリ: 既存のツール(Android Studioなど)とフレームワーク(Unityなど)を使用してアプリやゲームを開発します。なお、Eclipse ADTプラグインについては、既にAndroidによるサポートが終了しています。アプリの開発には、サンプルコード、ドキュメント、ガイドラインを活用できます。
  • HTML5ウェブアプリ: Amazon WebViewを使用してアプリやゲームを開発します。HTML5ウェブアプリ、Fire OSポートを使用するCordovaアプリ、またはHTML5ハイブリッドアプリを開発できます。

Fireタブレット対応Androidアプリの開発

Fireタブレット対応Androidアプリの開発には、既にAndroidの開発で使用しているツール、IDE、APIを使用します。

Fireタブレット対応アプリの新規開発

アプリを一から構築する場合は、次のトピックを参照してください。

既存のアプリからFireタブレット対応アプリへの移行

既存のAndroidアプリを移行する場合は、Fireタブレットデバイスで特に考慮すべき点として、次の事項を確認してください。

また、そのアプリが現在使用しているAPI、サービス、機能についても検討する必要があります。Amazonアプリストアの要件を満たすために、アプリの変更が必要な場合もあります。詳細については、既存のアプリをAmazonアプリストアに移行する方法を参照してください。

Fireタブレット対応HTML5ウェブアプリの開発

構築するウェブアプリの種類に応じて、適切なドキュメントを参照してください。

ウェブアプリがAmazonアプリストアの要件を満たしていることを確認するには、Amazonアプリストアの申請前チェックリストを参照してください。

AmazonのFireタブレット対応アプリ用API

Fireタブレット対応アプリを構築する際は、Amazonが提供するほかのAPIも実装することで、より優れたエクスペリエンスを提供できるようになります。

その他のAPIについては、Amazon Developer SDKのリストで確認できます。

Fireタブレットのドキュメント構成

Fireタブレットのドキュメントは、以下のトピック別に構成されています。

  • 仕様:Fireタブレットのメディア仕様、デバイス仕様、ユーザーエクスペリエンス仕様
  • はじめに:初めてFireタブレット対応Androidアプリを開発する際の手順
  • Androidアプリの実装:Fireタブレット対応アプリを開発する際に特に考慮すべき事項
  • テスト:Fireタブレット対応Androidアプリをテストする方法
  • ウェブアプリの実装:ウェブアプリの開発方法
  • HTML5ハイブリッドアプリ:Fireタブレット対応HTML5ハイブリッドアプリを構築・テストする方法
  • リファレンス:AmazonウェブアプリのAPIリファレンス

Fireタブレット対応アプリの開発に関して、以下のドキュメントも用意しています。

Fireタブレットに関するフォーラム

ヘルプが必要な場合や質問がある場合、またはフィードバックを共有する場合は、Amazon開発者フォーラムのFireタブレットのカテゴリーを利用してください。