開発者コンソール

メディアプレーヤー


メディアプレーヤー

Androidのメディア再生APIと暗号化API(MediaCodecMediaCryptoAudioTrackクラスなど)を使用しているメディアプレーヤーは、いずれもAmazon Fire TVプラットフォームで動作します。このドキュメントでは、Amazon Fire TVにおけるメディアプレイヤーのオプションについて説明します。

無料オプションと有料オプション

無料で利用できるメディアプレーヤーは次のとおりです。

VisualOn OnStream MediaPlayerNexStreaming NexPlayer SDKなど、多くの商用オプションも用意されています。

Amazon Fire TVが対応するオーディオ・ビデオ形式の詳細については、Fire TVのデバイス仕様を参照してください。

また、Android環境で利用できる標準のAndroid APIを使用して、独自のカスタムメディアプレイヤーを開発することも可能です。各Fire OSバージョンがサポートするAndroidのバージョンについては、Fire OSの概要を参照してください。

Amazon版ExoPlayer

ExoPlayerは、Androidのメディアアプリ向けにGoogleが開発したオープンソースのメディアプレイヤーです。詳細については、以下のリソースを参照してください。

Amazonでは、Fire TVに対応したExoPlayerの移植版を用意しています。Fire TV対応アプリにデフォルトのExoPlayerを組み込む代わりに、このAmazon版を使用してください。ExoPlayerがAmazonデバイスで正常に動作するよう、修正・回避策・その他パッチが数多く提供されています。

ExoPlayerの使用方法について詳しくは、前述のExoPlayer関連リソースを参照してください。

Android MediaPlayer

Fire TVでは、オーディオとビデオの再生を処理するAndroid MediaPlayerの標準クラスがサポートされています。このメディアクラスを使用すれば、アプリで基本的なメディア再生を処理することができます。ただし、より高度なメディア再生のニーズがある場合は、Amazon版ExoPlayer(または有料メディアプレイヤー)をお勧めします。