ディスプレイとレイアウト


ディスプレイとレイアウト

実装したAndroidアプリをテレビできれいに表示させたり、タブレットやテレビで適切に動作させるには、ユーザーインターフェイス(UI)のレイアウトに注意を払う必要があります。

このドキュメントでは、Amazon Fire TVプラットフォームのUIレイアウトを構築するための技術情報を説明します。テレビデザインに関するガイドライン全般については、デザインとユーザーエクスペリエンス(UX)に関するガイドラインを参照してください。

画面サイズと解像度

Fireタブレットなど、多くのAndroidデバイスでは画面サイズが固定されており、解像度も1種類だけです。一方、Amazon Fire TVデバイスでは任意のサイズの画面に接続して、720pまたは1080pの解像度を利用することができます。

Androidのメカニズムでは、ビデオの出力解像度にかかわらず、絶対座標でアクティビティレイアウトを指定するために、密度非依存ピクセル単位(dp)を使用します。画面の解像度がいくつであっても、Androidではグラフィックリソースを拡張してサイズを一定に保つことができるのです。

Amazon Fire TVデバイスに接続される各種ビデオ出力のピクセルサイズ、密度、ディスプレイ解像度は下表のとおりです。

テレビ設定 出力解像度(ピクセル) レンダリングサーフェス(ピクセル) 密度識別子 画面密度(dp) ディスプレイ解像度(dp) 画面サイズ識別子
1080p 1920 x 1080 1920 x 1080 xhdpi 320 960 x 540 large
720p 1280 x 720 1920 x 1080 xhdpi 320 960 x 540 large
480p 640 x 480 1920 x 1080 xhdpi 320 960 x 540 large

ディスプレイの向き

Amazon Fire TVデバイスのディスプレイは、横向きに固定されています。デバイスに回転または向きの変更を求めるリクエストに対しては、次の結果が返されます。

メソッド 結果
Display.getRotation() 0 (ROTATION_0)
Display.getOrientation()(廃止) 0 (ORIENTATION_UNDEFINED)

リソース構成

タブレットなどAmazon Fire TV以外のプラットフォームで動作するアプリを設計する場合は、プラットフォームごとに異なるレイアウトとドローワブルを作成し、さまざまなプラットフォームやデバイス構成向けに名前を付けたres/のサブディレクトリに保存できます。このようなリソース構成の使用に関する詳細については、Androidのベストプラクティスガイドで複数画面をサポートするを参照してください。

Amazon Fire TVプラットフォームで使用可能なリソース構成は下表のとおりです。

構成
最小幅 sw540dp
使用可能な幅 w960dp
使用可能な高さ h540dp
画面サイズ large
画面アスペクト比 long
画面の向き land(TVアプリは常に横向きです)
UIモード television
ナイトモード notnight
画面のピクセル密度 xhdpi
タッチスクリーンタイプ notouch
キーボードの可用性 keyssoft
プライマリテキスト入力メソッド nokeys
ナビゲーションキーの可用性 navexposed
プライマリノンタッチナビゲーションメソッド dpad
プラットフォームバージョン v17