Amazonアプリストアへの申請方法


Amazonアプリストアへの申請方法

Amazonは、Androidアプリの申請をシンプルで簡単な手続きにしようと努めています。ほとんどの場合、Androidアプリは、変更を加えなくてもAmazon Fireデバイスで動作します。このページでは、FireタブレットなどのAndroidデバイス向けのアプリをAmazonアプリストアに公開するにあたっての重要なポイントを説明します。

はじめに

Amazonアプリストアでアプリを公開するには、以下が必要になります。

  • Amazonカスタマーアカウント: Amazonカスタマーアカウントをお持ちでない場合は、Amazon.co.jpで作成してください。

  • Amazon開発者アカウント: Amazon開発者アカウントがない場合は、Amazon開発者ポータルにアクセスし、Amazonカスタマーアカウントと同じEメールアドレスを使用してログインしてください。ポータルの説明に従って、アカウントを作成します。

  • Amazonアプリストアで公開するAndroidアプリ: 申請する各アプリは、Amazonのコンテンツポリシーに準拠している必要があります。申請されたアプリが、Amazonのガイドラインで禁止されているコンテンツを包含、助長、拡散しているとAmazonが判断した場合、そのアプリの申請は却下されます。詳細については、Amazonアプリストアのコンテンツポリシー要件を参照してください。

  • 製品プロモーション用の画像アセット:Amazonアプリストアでアプリの紹介に使用するスクリーンショットと大小2種類のサイズのアイコンを提出する必要があります。オプションで、プロモーション用の画像や動画を提出することもできます。画像アセットのガイドラインを参照してください。

  • 知的財産(IP)に関するドキュメント(必要な場合): アプリがサードパーティの知的財産(IP)を使用する場合、そのIPの使用許可または適切なライセンスをサードパーティから取得したことを示すドキュメントをAmazonに提出できるよう準備してください。

アプリの申請手順の概要

Amazonアプリストアにアプリを申請する一般的な手順を説明します。

  1. 開発または移行: Amazonアプリストアで公開するアプリを新規に開発するか、既存のAndroidアプリをAmazonアプリストアに移行します (詳細については、既存のアプリをAmazonアプリストアへ移行する方法を参照してください)。 Amazonアプリストアのコンテンツポリシー要件を念頭に置いて、アプリを設計してください。
  2. テスト: 申請するアプリは、Amazonアプリストア向けアプリのテスト基準を満たす必要があります。Amazonのテストサービスを利用して、アプリの機能を検証することもできます。詳細については、Amazonアプリストア向けアプリをテストするを参照してください。
  3. アプリの申請: Amazon開発者ポータルにログインし、Amazonアプリストアでアプリを公開するために必要な情報を適切に入力したら、アプリをアップロードします。詳細については、Amazonアプリストアにアプリを申請するを参照してください。
  4. 審査を通過しなかった場合の対応(必要な場合): アプリが申請基準に達していない場合、アプリが却下されたことを知らせる通知が届きます。指示に従ってアプリを修正し、再度申請してください。詳細については、アプリ申請ステータスを確認するを参照してください。
  5. アプリの更新(必要な場合): Amazonアプリストアで公開済みのアプリを変更する必要がある場合は、公開済みアプリの更新方法を参照してください。

アプリ申請に通過するためのヒント

アプリをスムーズに公開するためのヒントを紹介します。

アカウント情報とEメール通知

  • Amazonカスタマーアカウントは、Amazon開発者アカウントに紐付けられます。 Amazonカスタマーアカウントの認証情報を変更すると、Amazon開発者アカウントの認証情報も同様に変更されます。逆に、Amazon開発者アカウントの認証情報を変更すると、Amazonカスタマーアカウントの認証情報も変更されます。
  • Amazonは、アプリのステータスをお知らせするEメールを、会社情報に登録されているアドレスにのみ送信します。 Amazon開発者ポータルで開発者アカウントを作成した人が、デフォルトのアカウント管理者になります。管理者は、アナリスト、開発者、マーケティング担当者など、他の役割のユーザーをアカウントに追加できます。また、他の管理者を追加することもできます。開発者または管理者であればアプリを申請できますが、Amazonからのお知らせは、会社情報に登録されているEメールアドレスにのみ送信されます。アプリの申請者に関連付けられているEメールアカウントにはメールが送付されません。ただし、アプリ申請者のEメールアドレスが会社情報に登録されているEメールアドレスと同一である場合を除きます。登録されているEメールアドレスを確認するには、管理者権限を持つアカウントでログインし、[設定] タブから [会社情報] を開いてください。

アプリの準備

  • バージョン名AndroidManifest.xmlファイルのandroid:versionName属性を使用して、ユーザーに表示するバージョン情報を設定します。Amazonアプリストアでは、android:versionNameを必ず指定する必要があります。この属性には、50文字未満の任意の文字列を設定できます。
  • バージョン番号:アプリのバージョンが上がるごとに、android:versionCodeの値を大きくする必要があります。 Androidの<manifest>に関するドキュメントによると、AndroidManifest.xml内のandroid:versionCodeには整数を指定する必要があり、アプリの新しいバージョンがリリースされるたびにその値を増やす必要があります。アプリのandroid:versionCodeがこの規則に従っていない場合、ユーザーはアプリの新しいバージョンを受け取ることができません。
  • デバイスフィルタリングAndroidManifest.xmlファイルで、アプリでターゲットにしているAndroidデバイスを指定します。デバイスフィルタリングと互換性を参照してください。
  • パッケージ名: Amazon Undergroundにアプリを申請する場合、他のアプリストアで公開されているアプリで使用されていないパッケージ名を個々のアプリに使用する必要があります。

アプリのAPKファイルを作成する

このセクションでは、アプリ申請時に提出するAPKファイルを作成する際の推奨事項について説明します。

APKのzipalign

Android StudioでAPKを生成すると、APKはデフォルトで調整されます(調整とはAPKファイルの最適化を指します)。 ただし、APKの生成にAndroid Studioを使用しない場合は、Amazon開発者ポータルでAPKをアップロードする前に、APKをzipalignする必要があります。詳細については、Androidドキュメントに記載の zipalignを参照してください。

最適化されていないAPKを申請すると、Amazon開発者ポータルによって拒否され、「The submitted APK does not appear to be zip-aligned.Please zip-align your APK and resubmit your application.」(申請されたAPKはzipalignされていないようです。APKをzipalignし、アプリを再申請してください。)というメッセージが返されます。

このメッセージが表示された場合、Android Studioで以下のコマンドを実行すれば、APKをzipalignすることができます。

[Android SDK location]/tools/zipalign -v 4 <Original.apk> <Aligned.apk>

(Android Studioで [Tools] > [SDK Manager] の順にクリックしてAndroid SDKの場所を確認し、[Android SDK location]/Users/johndoe/Library/Android/sdkなどのパスに置き換えます)。

APKのzipalignに加えて、AndroidXライブラリMultidexに使用している場合は、Proguardファイルに以下の行を追加して、AndroidXライブラリが難読化されないようにします。

-keep class androidx/multidex.** { *; }

Amazonアプリの署名

Amazonでは、申請されたアプリに使用されている署名をいったん削除し、開発者ごとに一意のAmazon署名を用いてアプリを再署名します。Amazon署名は変更されることがなく、同一アカウントのすべてのアプリに対して同じAmazon署名が使用されます。

自身のAmazon署名ハッシュを調べるには、開発者コンソールでアプリを選択してから [APKファイル]([バイナリファイル])タブを開きます。SHA-1、MD5、のSHA-256ハッシュは、[アプリストアの証明書ハッシュ] セクションに表示されます。リクエストに応じて、公開鍵指数、公開鍵係数Facebookのハッシュも提供できます。

Amazonによるコードのラッピング

Amazonアプリストアにアプリを申請すると、メタデータとアプリの署名を含んだラッパーがコードに追加されます。AmazonがAPKファイルをコードでラッピングする目的は次のとおりです。

  • アプリに関する分析情報の収集
  • Amazonプログラムポリシーの検証および適用
  • プログラムに関して開発者およびその他関係者との収集情報の共有
  • デジタル著作権管理(DRM)を適用するための、アプリの変更および追加(任意)
  • メタデータの追加によるAmazonデバイスとの互換性の向上

APKのサイズ制限

APKファイルのサイズは最大2GBです。ファイルが2GBより大きい場合、SFTP経由でファイルをアップロードするよう求める画面が表示されます。Amazonアプリストアでは、SFTPを使用してアップロードするファイルのサイズに上限を設けていません。ただし、実際には、100MBを超えるAPKファイルでは、収集時と配信時に問題が発生する可能性があります。短時間でダウンロードおよびインストールできるサイズの小さいAPKをデプロイし、初回起動時に追加リソースをダウンロードして、ローカルのファイルシステムに保存することをお勧めします。Amazonアプリストアでは、バイナリBLOB(.obb)がサポートされていません。したがって、適切なパスに置いた外部リソースをランタイム時にダウンロードしてからインストールするか、.obbファイルを含めずにコンパイルしたAPKを申請するかは、開発者が判断してください。

SFTPによるアップロードプロセスを実行する際は、[APKファイル] タブで [SFTPの使用説明と命名規則] リンクをクリックするとSFTP画面にファイルのアップロード手順が表示されます。このリンクをクリックすると、SFTPの使用方法、ファイル名形式、SFTPサーバーと認証情報が表示されます。初めてSFTPを使用する場合は、SFTPログインアカウントの新規作成を依頼する必要があります。

SFTP経由でファイルをアップロードするときは、ファイル名に注意してください。Amazonのシステムがファイルを認識するためには、命名規則に従ったファイル名にする必要があります。ファイル名の付け方を確認するには、[SFTPの使用説明と命名規則] ページの [SFTPアセット命名規則について詳しくはこちらをご覧ください] をクリックしてください(ここから直接アクセスすることもできます)。

自分で用意したSFTPクライアントを使用して、指定された認証情報でファイルをアップロードします。アップロードする前に、2GBを超えるアセットの名前をこのページの指示に従って変更していることを確認してください。

Amazonの次の公開サイクル(約30~90分のサイクル)が経過した後、APKが正常にアップロードされたことを示すEメールがAmazonから届きます。[APKファイル] タブに戻ると、ファイルが表示されているはずです。

Amazonアプリストアでは、大きなAPK用に拡張ファイルを使用することはできません。

画面解像度

アプリのAPKを作成するときは、複数の画面サイズと解像度を考慮する必要があります。基本的な画面サイズは次のように分類されます。

  • 小画面
  • 通常画面
  • 大画面
  • 特大画面

各画面サイズに対応するデバイスのディスプレイの解像度は次のようになります。

  • 低解像度(120dpi)
  • 中解像度(160dpi)
  • 高解像度(240dpi)
  • 超高解像度(320dpi)

アプリを高密度(HD)として設計する

ユーザーにFireタブレットでHDを体感してもらうために、次の要件を定めています。アプリがこれらを満たすと、タイトルに「HD」と記します。

  • アプリをHD画面(hdpiまたはxhdpi)向けに設計し、マニフェストファイルでHDをサポートしていることを宣言する。
  • アプリのドローワブルをHD画面向けに最適化する(画像は実効解像度でのレンダリング)。
  • 画面全体をアプリが使用する(レターボックスを除く)。
  • アプリの動画コンテンツ(該当する場合)を24フレーム/秒かつ720p以上で作成する(動画中心のアプリの場合)。

アプリが上記の要件を満たし、商品詳細ページで「HD」と指定されるにふさわしいと思われる場合は、アプリを申請する際に、[テスト手順] フィールドに「Please review for HD designation.」と記入してください。APKファイルまたはウェブアプリをアップロードする際、[テスト手順] セクションを参照してください。

Kindle Fireタブレットでアプリをきれいに表示するには、画面のレイアウトと解像度を参照してください。

アプリのインストール場所を指定

Androidマニフェストファイルで、Fire TVとFireタブレットでのアプリのインストール場所を指定します。インストール場所を外部ストレージ(preferExternal)に指定すると、ほとんどのアプリでユーザーエクスペリエンスが向上します。詳細については、アプリのインストール場所を指定を参照してください。

DRM(デジタル著作権管理)について

アプリは、Fireデバイスでの起動時にAmazonアプリストアクライアントと通信して、このアプリを使用する権限を現在のユーザーが持っているかどうかを確認します。[APKファイル] タブの [Amazon DRMを適用しますか?] で [はい] を選択した場合、Amazon DRMが有効になり、サインインしたユーザーがアプリに対する権限を持っている場合にのみアプリが実行されます。[いいえ] を選択した場合、DRMが有効にならず、だれがサインインしたときでもアプリが実行されます。

Amazon DRMの適用を選択するかどうかに関係なく、Amazonはアプリをコードでラッピングします。それにより、分析データの収集、プログラムポリシーの評価と適用、集計情報の開発者との共有などの目的で、アプリがAmazonアプリストアクライアントと通信できるようになります。DRMを有効にしない場合でも、アプリは起動時に常にAmazonアプリストアクライアントと通信します。

Amazon DRMは、アプリを署名するときに使用したキーに関連付けられません。Amazonは、開発者の署名を削除したうえで開発者固有のAmazon署名を使用してアプリに再署名します。このAmazon署名は変更されることはなく、開発者のアカウントのすべてのアプリで同一です。

IP使用に関するドキュメントの提出

サードパーティのIPを使用しているアプリをAmazonアプリストアで公開する場合、そのライセンスまたはIPの権利を示す文書をAmazonに提出する必要があります。その場合は、IPの権利保有者が正式に署名した確認書か、該当するライセンス契約書の写しを提出してください。アプリと関連付けた形でこのドキュメントを提出するよう、アプリの申請プロセス中にAmazonから連絡します。

ライセンス契約のスクリーンショットは、この要件を満たす有効な文書とはみなされません。PDFファイル形式でAmazonに文書を提出してください。

Amazonでは、Amazonアプリストア、Fireタブレット、AmazonのECサイトだけでなく、Eメール、Facebook、Twitterなどへの投稿をとおして、おすすめのアプリを紹介しています。特別マーケティング枠には、「人気のアプリとゲーム」や「ニューリリース」といったセクションが用意されていて、 Amazonアプリストアで公開中のアプリも、取り上げられるかもしれません。夏の旅行、新学期、ホリデーシーズンといった、特定のシーズンにおすすめのアプリとしてピックアップされる場合もあります。

Amazonが承認しているマーケティングアセットやブランド、商標、マーケティングガイドラインはこちらからご覧ください。 商標、ブランドおよびマーケティングに関するガイドライン

別のベンダーにアプリを移行する

企業の合併や分離独立などの事情により、公開済みアプリを別の開発者アカウントに移行しなければならない場合があります。そのような場合は、Amazonがサポートします。お問い合わせをご利用ください。