開発者コンソール

リニアTVの統合について


リニアTVの統合について
アンケート 本コンテンツは最近更新されました。内容が開発者のみなさまのニーズを満たしているかどうか、フィードバックをお寄せください。フィードバックを送信する

Fire TVでは、ユーザーが好きなコンテンツを見つけて楽しむことができるように、さまざまな閲覧機能、音声機能、検索機能を提供しています。ライブTVを統合する主な目的は、既存ユーザーがコンテンツの閲覧や検索によりライブTV(常時リニアフィードでスケジュールされている番組)を利用できるようにすることです。

Fire TVのライブTV機能

アプリにおけるリニアTV統合の完了後、ユーザーがアプリをインストールして認証すると、どのFire TVデバイスでも以下の機能を利用できるようになります(ただし、一部のマーケットプレイスでは、[ライブ] タブを利用できません)。

[ホーム] タブにあるリニアコンテンツのタイルに、各リニアフィードの最新の番組情報が表示されます。

[ホーム] タブのリニアコンテンツのタイル

[ライブ] タブにあるリニアコンテンツのタイルに、最新の番組情報が表示されます。

マーチャンダイジングの機会

[ライブ] タブにあるリニアコンテンツのタイルに、最新の番組情報が表示されます。

[ライブ] タブのリニアコンテンツのタイル

統合チャンネルガイドに、各チャンネルの14日間の番組が表示されます。

14日間の番組を表示する統合チャンネルガイド

ユーザーは、今後14日間の放送局と番組に関する情報を検索できます。

放送局と番組に関する情報の検索

Alexaでチャンネルを変更できます。

チャンネルの変更

ユーザーは、閲覧画面でお気に入りのチャンネルを設定したり、チャンネルを管理したりすることができます。

お気に入りのチャンネルの設定とチャンネルの管理

これらすべての閲覧ポイント、検索ポイント、音声入力ポイントで、ネイティブのライブTVアプリで再生するか、ディープリンク経由で開始するかを選択できます。

認定チェックリスト

Amazonは、以下のチェックリストを使用して、ライブTVが統合されたアプリを認定します。アプリの実装が直接関係する動作ポイントは次のとおりです。また、認定の例外は、状況に応じた対応となります。

権限状態の変更

  • ユーザーが次のいずれかを実行すると、視聴権限のあるチャンネルがFire TVのUIに表示されます([放送中のチャンネル] 行、チャンネルガイドなど)。 (1)アプリを開いてサインインする。(2)[設定] > [放送中のチャンネル] > [チャンネル提供元を同期] > <アプリ名>からアプリの設定ページにアクセスする。
  • ユーザーのメンバーシップ期限が切れた場合(つまり、「視聴権限がなくなった」場合)、ユーザーがチャンネルにアクセスしてペイウォールに到達し、オファーをキャンセルまたは拒否するまで、チャンネルはFire TVのUIに表示され続けます。
  • チャンネルは、アプリがアンインストールされたとき、またはチャンネルの視聴権限が無効になったときに、Fire TVのUIから削除されます。

閲覧と再生

  • ユーザーがチャンネルにフォーカスすると、詳細なメタデータが提供されます。リニアTVガイドに表示されるチャンネルには、チャンネルのロゴ、チャンネル番号(オプション)、今後14日間のスケジュール情報が含まれます。番組のメタデータには、番組名、再生時間、エピソード名、エピソードの詳細な説明、シーズンとエピソードの情報、字幕、番組のレーティング画像(16:9)、背景画像(16:9)が含まれます。このメタデータ情報は、Gracenoteのマッチング、またはTVコントラクトの一部としてプッシュされるメタデータから提供されます。
  • ユーザーが [放映中のチャンネル] 行のチャンネルにフォーカスすると、背景画像に代わってライブチャンネルのプレビューが表示されます。
  • ユーザーは、視聴権限のあるこのチャンネルの提供元を把握できる必要があります。このため、背景画像(モノクロ、高さ34px)の一部として、またはライブチャンネルプレビューの再生前のスプラッシュ画面として、プロバイダーアトリビューションを追加します。
  • ユーザーがチャンネルを選択すると、全画面再生が開始されます。[戻る] ボタンを押すと、Fire TVのUIに戻ります。
  • PCONが有効になっている場合、再生前にPINを求めるプロンプトが表示されます。PCONが有効になっている場合は、ライブチャンネルプレビューを無効にする必要があります。
  • Alexaにアクセスする場合は、再生するライブコンテンツの音声をミュートする必要があります。ビデオは続行されます。
  • (任意)ジャンルをチャンネルに割り当てることができます。この場合、Fire TV UIの追加入力ポイントでチャンネルが表示されます。

開発、ステージング環境、およびデプロイ

  • 本稼働環境に進む前に、Amazonが特定のアカウントをホワイトリストに登録して、統合されたエクスペリエンスを確認および認定できる必要があります。
  • 視聴権限のあるチャンネルのみが、両者がリリースに同意したマーケットプレイスのFire TV UIに追加されます。その後、別のマーケットプレイスでリリースする際には、新しい認定レビューとして扱われ、ホワイトリストの登録が必要となります。
  • リリース後に追加または削除されるチャンネルはすべて、Amazonが把握する必要があります。追加されるチャンネルの上限については、両者の合意が必要です。
  • (強く推奨)アプリのダウンロードページとリリースノートには、ユーザーがFire TVで利用可能な新機能を把握できるように、ライブTVの統合について記載してください。