開発者コンソール

リニアTVについて


リニアTVについて

Fire TVのコンテンツは、閲覧、音声操作、検索のいずれかの方法で探すことができます。このページで取り上げるリニアTVは、主要なコンテンツタイプの1つで、簡単に見つけて視聴することができます。このリニアTVの統合により、Fire TVのいたるところでリニアTVのコンテンツを表示して、アプリのユーザーエンゲージメントを高めることができます。ここでは、留意すべきいくつかの定義を取り上げています。

重要な定義

  • リニアTV - 従来のケーブルTVと同様に、設定されたスケジュールに従って視聴できる番組です。
  • ビデオオンデマンド(VOD)- 都合の良い時間にいつでもコンテンツを視聴できます。
  • ライブストリーミングイベント - 生中継されるイベントです。スポーツは多くの場合、このカテゴリーに分類されます。これらのイベントは録画され、後でまた配信される場合もあります。

比較

  • リニアとビデオオンデマンド(VOD)- 視聴方法。リニアTVがスケジュールに従って配信される(事前に番組内容が決められている)のに対し、ビデオオンデマンドはいつでも視聴可能です。
  • ライブとリプレイ - コンテンツの収録時を基準とした相対的な時間。ライブコンテンツは、収録と同時にリアルタイムでストリーミング配信されます。こうしたコンテンツは、リプレイで後から配信される場合があります。
  • 番組とイベント - カットして編集したものであるか、未編集のものであるか。番組は通常、台本に従って制作され、編集されます。イベントは開催と同時にそのままブロードキャストされ、場合によっては録画されます。

リニアTVのコンテンツがある場合、アプリをFire TVに統合できます。ここからは、リニアTVとその機能を中心に取り上げます。

Fire TVのリニアTV機能

アプリとリニアTVが統合されると、そのアプリのインストールと認証が済んだユーザーは、すべてのFire TVデバイスで次の機能を利用できるようになります。

番組情報の表示

[ホーム] タブのタイルには、[最近見た商品] 行と [放映中のチャンネル] 行に番組情報が表示されます。

番組情報

リニアTVの番組は、[ライブ] タブ(現在のリニアTVコンテンツ専用のタブ)に表示されます。

[ライブ] タブで利用可能

特定の番組にフォーカスすると、より詳しい情報が表示されます。

詳細情報

統合された番組表では、チャンネルごとに最大14日分のスケジュール情報が表示されます。

統合された番組表には最大14日分の情報が表示される

ユーザーは、最大14日分の番組を対象にリニアTVコンテンツを検索できます。検索は、手動で入力するか、音声を使用して行うことができます。

コンテンツの検索

Alexaの音声操作でチャンネルを変更できます。

チャンネルの変更

ユーザーは、リニアTVのチャンネルをお気に入りの一覧に追加することで、そのチャンネルにすばやくアクセスできます。

お気に入りに追加

リニアTVコンテンツの再生方法

コンテンツは、独自のアプリで再生することも、直接再生することもできます。直接再生した方がコンテンツを見つけやすく、ユーザーにとって時間と労力の節約になります。

これらの機能を実装する方法については、 Fire TVのTV入力フレームワークを参照してください。