アプリ内課金(IAP)のテストについて


アプリ内課金(IAP)のテストについて

Amazonでは、アプリ内課金(IAP)の実装のテストに役立つツールやサービスを用意しています。以下のセクションでは、これらのツールに関する情報と、アプリのテストで推奨されるワークフローについて説明します。

テストツール

IAPの機能をテストするには、次のツールを使用します。

App Tester

アプリをAmazonアプリストアに申請する前にIAP APIのコードをテストするには、App Testerを使用します。

  • App Testerはサンドボックスモードで動作し、アプリのIAP APIメソッド呼び出しのユニットテストを実行します。
  • App Testerは、アプリから送信されたIAP APIリクエストをインターセプトします。
  • App Testerは、開発者が提供したJSONデータファイルに基づいてAPIレスポンスを生成します。

レシート検証サービス(RVS)

レシート検証サービス(RVS)は、アプリサーバーにアップロードされた購入レシートを検証するサービスです。RVSには、サンドボックス環境と本番環境が用意されています。

  • RVS Sandbox環境とApp Testerテストツールを使用すると、サンドボックスモードでレシートを検証できます。
  • RVSの本番環境を使用すると、本番モードでのレシート検証とライブアプリテストを行うことができます。

ライブアプリテスト

ライブアプリテスト(LAT)では、特定のユーザーグループを対象にアプリのベータテストを行います。このテストにより、アプリが本番環境で正しく動作することを確認できます。

  • テスターは、Amazonの本番環境でAmazonのサービスのすべての機能にアクセスできます。
  • テスターが行った購入に対して料金が請求されることはありません。

アプリを公開する前に、アプリテストサービス(ATS)を実行して、互換性に関する潜在的な問題がないかどうかを確認します。

IAPテストモード

アプリ開発では、次のテストモードの順にアプリのテストを進めていきます。

サンドボックスモード

開発者ポータルに公開する前のアプリは、サンドボックスモードで実行されます。

  • IAP APIは、このモードを自動的に検出します。APIリクエストはAmazonアプリストアには送信されず、ローカルのApp Testerにリダイレクトされます。
  • App Testerを使用して、アプリのIAP APIメソッド呼び出しのユニットテストを実行します。
  • RVS Sandbox環境を使用して、レシート検証をテストすることもできます。

ライブアプリテスト(LAT)モード

アプリを公開する前に、限定されたテスターを対象に本番環境でアプリを実行できます。

  • テスターが行った購入に対して料金が請求されることはありません。
  • レシートの検証には、RVS本番環境を使用します。
  • ライブアプリテストはオプションの手順です。この手順を省略して、アプリをそのまま本番モードで公開することもできます。

本番モード

公開後のアプリは本番モードで実行されます。

  • アプリからのIAP APIリクエストは、実際のAmazonアプリストアに送信されます。
  • レシートの検証には、RVS本番環境を使用します。
  • 有料のアプリ内課金アイテムは、ユーザーに料金が請求されます。

推奨テストプロセス

アプリをAmazonアプリストアに公開する前に、Amazonのテストツールとサービスを次の順序で使用して、アプリでIAPが正しく機能していることを確認します。

  1. 必要に応じて、SDK Tester(IAP v1.0のテストツール)をアンインストールします。SDK TesterとApp Testerは、同じデバイスにインストールされていると正しく動作しません。

  2. App Testerをダウンロードしてインストールします。詳細については、App Testerのインストールおよび構成を参照してください。

  3. App Testerを使用して、アプリのIAP APIメソッド呼び出しのユニットテストを実行します。App Testerユーザーガイドおよびアプリ内課金(IAP)のテストケースを設計および実行する方法を参照してください。

  4. RVS Sandbox環境をセットアップします。詳細については、アプリ内課金(IAP)アプリのレシート検証を参照してください。

  5. RVS Sandbox環境を使用するようにサーバーを構成します。App Testerを使用して、アプリで生成されたレシートを検証します。詳細については、アプリ内課金(IAP)アプリのレシート検証を参照してください。

  6. アプリ内課金(IAP)アイテムをAmazonアプリストアに申請して公開します。単一のアプリ内課金(IAP)アイテムを作成および申請する方法を参照してください。

  7. ライブアプリテストによる本番環境でのアプリのベータテストに参加するユーザーグループを選択します。詳細については、ライブアプリテストサービスについてを参照してください。

  8. アプリが公開されたら、RVS本番環境を使用して、アプリで生成された購入レシートを検証します。詳細については、アプリ内課金(IAP)アプリのレシート検証を参照してください。