アプリ内課金 (IAP) をテストする


アプリ内課金 (IAP) のテストについて

Amazonでは、アプリ内課金 (IAP) の実装のテストに役立つツールやサービスを用意しています。以下のセクションでは、各ツールについて説明したうえで、アプリをテストする際にお勧めのワークフローを紹介します。

テストツール

IAP機能のテストには、次のツールを使用します。

App Tester

アプリをAmazonアプリストアに申請する前に、App Testerを使ってIAPのAPIコードをテストします。

  • App Testerはサンドボックスモードで実行され、IAP APIメソッド呼び出しのユニットテストが行われます。
  • アプリから送られたIAP APIリクエストがApp Testerによって横取りされ、
  • 提供されたJSONデータファイルに基づいてApp TesterがAPIレスポンスを生成します。

レシート検証サービス (RVS)

レシート検証サービス (RVS) では、開発者のアプリのサーバーに開発者がアップロードした購入レシートの検証が行われます。RVSではサンドボックス環境と本番環境が提供されています。

  • RVSのサンドボックス環境とApp Testerのテストツールを一緒に使用すると、サンドボックスモードでレシートを検証できます。
  • RVSの本番環境を使用すると、本番モードでのレシート検証とライブアプリテストを行うことができます。

ライブアプリテスト

ライブアプリテスト (LAP) では、ユーザーグループを指定してアプリのベータテストを行うことができます。このテストを行うことで、アプリが本番環境で正常に動作することを確認できます。

  • テストでは、Amazonの本番環境でAmazonのサービスをフルに利用できます。
  • テストで何かを購入しても課金はされません。

アプリを公開する前にアプリテストサービス (ATS) を実行して、互換性に関する潜在的な問題がないかどうかを確認します。

IAPテストモード

アプリ開発では、次のモードの順にアプリのテストを進めていきます。

サンドボックスモード

開発者ポータルに公開する前のアプリは、サンドボックスモードで実行されます。

  • IAP APIによって、このモードが自動検出されます。APIリクエストはアプリストアには送信されず、ローカルでApp Testerにリダイレクトされます。
  • App Testerを使用して、IAP APIメソッド呼び出しのユニットテストを行います。
  • RVSのサンドボックス環境を使用して、レシート検証をテストすることもできます。

ライブアプリテスト (LAT) モード

アプリを公開する前に、限定されたテスト参加者を対象として、アプリを本番環境で実行できます。

  • テストで何かを購入しても課金はされません。
  • RVSの本番環境を使用してレシートを検証します。
  • ライブアプリテストは任意なので、この手順を省略して、アプリをそのまま本番モードで公開することもできます。

本番モード

公開後のアプリは本番モードで実行されます。

  • アプリと実際のAmazonアプリストアとの間で、IAP APIリクエストがやりとりされることになります。
  • RVSの本番環境を使用してレシートを検証します。
  • アプリ内課金アイテム (有料) はユーザーに課金されます。

推奨テストプロセス

アプリをAmazonアプリストアに公開する前に、Amazonのテストツールやサービスを次の順序で使用し、アプリのIAPが正常に動作することを確認します。

  1. 必要に応じてSDK Tester (IAP v1.0のテストツール) をアンインストールします。SDK TesterとApp Testerを同じデバイスにインストールしていると、正常に動作しません。

  2. App Testerをダウンロード・インストールします。詳細については、App Testerをインストール・設定するを参照してください。

  3. App Testerを使用して、IAP API呼び出しのユニットテストを行います。App TesterユーザーガイドおよびIAP用テストケースを設計して実行するを参照してください。

  4. レシート検証サービス (RVS) のサンドボックス環境を設定します。詳細については、Androidアプリのレシート検証サービス (RVS) を参照してください。

  5. RVSのサンドボックス環境を使用できるようにサーバーを設定します。App Testerによってアプリで生成されたレシートを検証します。詳細については、Androidアプリのレシート検証サービス (RVS) を参照してください。

  6. アプリ内課金アイテムをAmazonアプリストアに申請して公開します。IAPアイテムを作成・申請するを参照してください。

  7. ライブアプリテストで、本番環境でのアプリのベータテストに参加するユーザーグループを選択します。詳細については、ライブアプリテストを参照してください。

  8. アプリが公開されたら、RVSの本番環境を使用して、アプリから発行された購入レシートを検証します。詳細については、Androidアプリのレシート検証サービス (RVS) を参照してください。