アプリ内課金 (IAP) をテストする

Amazonでは、アプリ内課金 (IAP) の実装のテストに役立つツールやサービスを用意しています。

  • App Tester: アプリをAmazonアプリストアに申請する前にIAP v2.0をローカルでテストできるアプリ。
  • Receipt Verification Service (RVS): サーバーからアイテムを正しく購入できるかどうかを確認するためのサービス。サンドボックス環境と本番環境の両方で使用できます。
  • ライブアプリテスト: アプリをAmazonアプリストアに申請した後、指定したユーザーグループを対象にアプリをベータテストできるサービス。

このトピックでは、各ツールについて簡単に説明したうえで、アプリのテストについてお勧めのワークフローを紹介します。

テスト環境と本番環境

App Testerアプリが使用する環境は、公開済みのアプリの環境とはやや異なります。

AmazonのAPIライブラリでは、アプリがAmazon開発者ポータルに公開済みであるかどうかを検出します。

  • アプリが公開済みの場合、APIはAmazonアプリストアとデータをやり取りします。
  • アプリがまだ公開されていない場合、APIはApp Testerアプリとデータをやり取りします。

この手法により、アプリの公開時と同じコードベースをテストに使用できます。

次の画像は、2つの環境の違いを説明したものです。

推奨テストプロセス

テストのプロセスやワークフローはどのようなものであっても問題ありません。 下記は一例として、Amazonのツールやサービスを使用して、ストアに公開する前にアプリに幅広いテストを実施し、その動作を確認するためのワークフローを紹介します。

  1. IAP v1.0を使用しているアプリをテストするためにSDK Testerをインストール済みの場合は、SDK Testerをアンインストールします。SDK TesterとApp Testerを同じ端末にインストールしていると、正常に動作しなくなることがあります。

  2. App Testerをダウンロード・インストールします。詳細については、App Testerをインストール・設定するを参照してください。

  3. App Testerを使用して、アプリ内課金APIの呼び出しにおいて単体テストを実行します。App TesterユーザーガイドおよびIAP用テストケースを設計して実行するを参照してください。

  4. Receipt Verification Service (RVS) サンドボックスをローカルで設定します。詳細については、Androidアプリのレシート検証サービス (RVS) を参照してください。

  5. RVSサンドボックスを使用するようにサーバーを設定し、App Testerによりアプリで生成されたレシートを検証します。詳細については、Androidアプリのレシート検証サービス (RVS) を参照してください。

  6. アプリの公開をAmazonアプリストアに申請します。詳細については、アプリ内課金アイテムを作成・申請するを参照してください。

  7. ライブアプリテストで、本番環境でのアプリのベータテストに参加するユーザーグループを選択します。詳細については、ライブアプリテストを参照してください。

  8. サーバー側で、ライブRVSサービスを使用してアプリの購入レシートの検証を続けます。詳細については、Androidアプリのレシート検証サービス (RVS) を参照してください。