開発者コンソール

カタログ統合について


カタログ統合について

カタログ統合とは、メディアをAmazonに申請してユーザーに表示できるようにするプロセスのことです。まず、特定のXMLスキーマ(カタログデータ形式(CDF))に準拠したカタログファイルで、対象のメディア(映画、TV番組)に関するすべてのメタデータを定義します。

次に、Amazonで統合できるようにこのカタログファイルをS3バケットにアップロードします。Amazonは、カタログを取り込んだ後にいくつかの重複排除プロセスを実行し、メディアのメタデータを1つのマスターコンテンツデータベースに統合します。このデータベースのコンテンツは、複数のデバイスにわたって統一的にユーザーに表示できます。

統合されたカタログメタデータとデバイスのやり取り

カタログ統合は、特定のデバイスへの配信とは関連付けられていません。つまり、Fire TVやEcho Showでは、統合されたカタログのコンテンツとさまざまな形でやり取りして、メディアを再生できます。

たとえば、Fire TVでは、ユニバーサル検索・閲覧機能を独自に使用して、カタログ統合されたTV番組や映画などのコンテンツを検出することができます。ユニバーサル検索・閲覧機能の主な利点は、コンテンツの検出を可能にすることです。これは、検索がアプリ固有ではなく、Amazonにカタログが統合されたすべてのアプリで「ユニバーサル(全般的)」に行えることによるものです。

Fire TVでは、VSK(Video Skills Kit)を利用すると、インストールと認証(サインインなど)が済んでいるアプリで再生可能なメディアを操作することができます。ユーザーが「『インターステラー』を再生して」などと呼びかけると、Fire TVは、メディアを再生するためのさまざまなオプションを含む映画の詳細ページを開くか、場合によっては要求されたメディアを開いてすぐに再生を開始します。

Echo Showは、VSKの統合には対応していますが、ユニバーサル検索・閲覧機能は組み込まれていません。Echo ShowでVSKを使用すると、ウェブブラウザから呼び出されたウェブアプリでビデオコンテンツを再生できます。どちらの場合も、統合されたカタログコンテンツをさまざまなデバイスに表示できます。全体として、統合されたカタログとやり取りする方法はデバイスによって異なりますが、カタログ統合のプロセスは変わりません。カタログ統合はデバイスに依存しません。

カタログ統合の要件

カタログ統合プロセスを開始する前に、以下の要件を満たしている、または容易に満たせることを確認してください。

  • ビデオオンデマンドコンテンツ: カタログ統合の利用は、ビデオオンデマンドの映画、TV番組、およびその他のメディア(IMDbで見つかるようなメディアなど)を取り扱うアプリに限定されます。
  • メディアのメタデータに容易にアクセスできる: データベースからメディアのメタデータをエクスポートする必要があります。エクスポートできない場合は、手動でカタログファイルを作成する必要があります。メタデータをエクスポートした後、情報を構造化するカタログファイルをカタログデータ形式スキーマに従って作成する必要があります。
  • アマゾンウェブサービス(AWS)アカウント: 組織内のだれかがAWSアカウントを持ち、AWS S3ツールに習熟しているか習熟する意欲がある必要があります(詳細については、AWSアカウントのセットアップに関するページを参照してください)。 取り込むカタログをFire TVで取得できるように、コマンドラインインターフェイス(CLI)を使用していくつかのAWSコマンドを実行し、カタログファイルをAmazon S3にアップロードする必要があります。Amazonでは、AWS SDKを使用してこのプロセスを自動化することを推奨しています。
  • オンボーディングプロセスとセットアップ: カタログ統合をテストするためのS3バケットとなるシステムをセットアップするには、2週間かかります。また、Amazon側の担当者が、統合プロセスへの開発者のオンボーディングを行う必要もあります。担当者が不明な場合は、お問い合わせください。
  • マッチングを行うための最小限のフィールド: マッチングのためのメタデータを提供するには、必須フィールドと追加フィールドを指定する必要があります。Titleフィールドは必須です。2つ以上(理想としては3つ以上)の追加フィールドも指定する必要があります。追加フィールドは、 ReleaseYearCredits(役者および監督)RuntimeMinutesSeasonInShowまたはSeasonID(SeasonIDは有効なシーズンを指している必要があります)、ShowTitleまたはShowIDから指定できます。
  • プロセスを自動化するためのスクリプト: カタログの作成とアップロードのプロセスには複数の手順が必要ですが、自動化により簡略化することが可能です。このプロセスの自動化と簡略化を行うためのcronジョブのスクリプト作成とセットアップに、1名の開発者を割り当てることを検討してください。

カタログ統合プロセスの概要

カタログ統合プロセスの大まかな手順は次のとおりです。

以下に、これらの各手順について詳しく説明します。

以下は、このプロセスの模式図です。

コンテンツが公開されるまでにかかる時間

カタログ統合はリアルタイムではありません。データがデバイスや検索結果に表示されるまでには、最大24時間かかります。

目的を確実に達成するには、配信の72時間前にカタログコンテンツを申請してください(注目作品の公開時など)。

情報が事前に漏れないように、カタログファイルでMetadataAvailabilityDateタグを使用することもできます。こうすることで、カタログの項目が、そのコンテンツに対して宣言した日時まで表示されなくなります。

カタログ統合に関するよくある質問(FAQ)

Q: カタログ統合とは何ですか?
A: カタログ統合により、AmazonはFire TVやEcho Showなどのエンターテインメントデバイスで映画やTV番組のコンテンツを表示できます。
Q: カタログ統合の一般的なプロセスの概要を教えてください。
A: 簡単に言うと、まず、コンテンツのプロバイダーが、メディアのメタデータを含むカタログファイルを作成します。カタログファイルはAmazonのカタログデータ形式(CDF)スキーマに従います。カタログファイルを検証した後は、それをAmazonのAWS S3サービスにアップロードし、統合プロセス中にエラーが発生しなかったことを確認します。
Q: カタログの更新はどのくらいの頻度で行うべきですか?
A: Amazonでは、カタログのエクスポートとアップロードのプロセスの自動化にエンジニアまたは開発者を1名割り当てることを推奨しています。カタログは週に1回以上アップロードする必要がありますが、統合間隔が許す限り何度でもカタログファイルをアップロードできます(Fire TVの場合、この統合間隔は4時間です)。注: カタログに実際に変更が加えられているかどうかにかかわらず、少なくとも3週間に1回はカタログをアップデートする必要があります。 3週間以上経過したカタログファイルは古いカタログファイルとして扱われ、そのカタログのコンテンツは削除されます。カタログの内容が古くなったことが原因で無効になるリスクを回避するには、カタログが更新されたかどうかにかかわらず、アップロードプロセスを毎週実行するように設定してください。
Q: このプロセスにはかなり専門的な作業が含まれているようですが、組織内のどのような人物が担当すべきでしょうか?
A: カタログファイルの作成およびアップロードの担当者としては、エンジニアかITプロフェッショナルが適しています。Amazonでは、エンジニアにこのプロセスの自動化作業を割り当てることを強く推奨しています。エンジニアが確保できない場合は、XMLの取り扱いとコマンドラインインターフェイスを使用したコマンドの実行に慣れている人物が、カタログファイルの作成およびアップロードを担当するとよいでしょう。

次のステップ

カタログ統合を開始するには、 手順1: カタログファイルを作成するを参照してください。