Fire TVに関する用語集


Fire TVに関する用語集
A| B| C| D| F| H| I| G| L| M| N| P| T| U| V|

A

アプリ(app)
アプリはAmazonアプリストアに表示されます。1つのアプリに、さまざまなデバイスやロケール向けに設計された複数のAPKが存在することもあります。
APK
Android Package Kitの略称。ユーザーがAmazonアプリストアからアプリをインストールする際に、APKファイルもデバイスにダウンロードされます。
Alexaスキル(Alexa Skill)
Alexaの機能や能力。Alexaはビルトインのスキルセット(音楽の再生など)を搭載しています。開発者はこのAlexa Skills Kitを使用して、Alexaに新しいスキルを組み込むことができます。スキルには、開発者コンソールで提供されている(クラウドベースのサービスという形式の)コードと構成が含まれます。
Alexa対応音声認識リモコン
音声ボタンを備える、Fire TV用のリモコン。この音声認識リモコンにはマイクアレイが搭載されているため、たとえTVから離れていても、近くにいるかのように操作できます。
AWS Lambda
AWSのコンピューティングサービス。イベントに応じてコードを実行し、開発者の代わりにコンピューティングリソースを自動的に管理します。これにより、サーバーを管理せずにクラウド内でコード(Lambda関数と呼ばれます)を実行できます。スキルのコードはLambda関数としてホストする必要があり、スマートホームスキルに必要です。カスタムスキルのサービスでLambda関数を使用することもできます。AWS Lambdaアマゾンウェブサービスによって提供されるサービスです。
AWS Lambda関数
AWS Lambdaにアップロードされるコード。Lambdaは、Node.js、Java、Python、C#でのコーディングに対応しています。スマートホームスキルはLambda関数として実装する必要があります。カスタムスキルのサービスでLambda関数を使用することもできます。

B

バイナリ(binary)
APKの別名。現在、開発者ポータル申請コンソールのユーザーインターフェイスで使用されています。「バイナリターゲティング」や「デバイスターゲティング」とは、マニフェストに基づいてAPKで利用可能なデバイスを絞り込むことです。
build.gradleファイル(build.gradle file)
ビルドの依存関係が宣言されているAPKのファイル。build.gradleファイルにはminSdkVersionversionCodeを示します。これは、デバイスの互換性を決めるAmazonアプリストアのフィルターロジックに影響を与えます。Android Studioプロジェクトごとに2つのbuild.gradleファイルがあります。1つはプロジェクトレベルの構成ファイル(プロジェクトのルートディレクトリに存在)で、もう1つはアプリレベルの構成ファイル(appと呼ばれるフォルダに存在)です。デバイスフィルタリングでは、マニフェスト関連のすべての構成がアプリレベルのbuild.gradleファイルに存在します。

C

カタログ(Catalog)
アプリのメディアのインデックスを参照してください。カタログ統合とは、カタログをAmazonに申請することで、コンテンツがユーザーに表示されるようにするプロセスのことです。カタログデータ形式スキーマに準拠したカタログファイルで、対象のメディア(映画、TV番組)に関するすべてのメタデータを定義します。Amazonにカタログファイルをアップロードすると、Fire TVやその他のデバイス(Echo ShowやEcho Spot)のユニバーサル検索を通じて対象のコンテンツを検出できるようになります。カタログ統合は、コンテンツを検索可能にするプロセスの一部にすぎません。Fire TVやEcho Showに実装するには、CDFファイルの申請に加えて追加の手順が必要です。例については、Fire TVのユニバーサル検索・閲覧を始めるを参照してください。
互換性(compatibility)
マニフェストとbuild.gradleファイルにおけるAPIレベル、機能、そのほかの属性に基づく、デバイスとAPKの適合性。アプリとデバイスの互換性がない場合、ユーザーはAmazonアプリストアから自分のデバイスにアプリをインストールすることができません。
Cordova
Apache Cordovaは、HTML5ウェブアプリでAndroidのネイティブ機能をウェブアプリに追加できるラッパーを提供しています。Cordovaを使用することで、ウェブアプリのAPKファイルを作成できます。

D

デバッグAPK(debug APK)
ウェブアプリの審査が申請されると、Amazonは申請されたアプリをAndroidアプリパッケージファイル(APK)に変換します。APKは、Amazonアプリストアで配信するために必要な形式です。APKのコピーは、開発者ポータルの [デバッグパッケージ] リンクからダウンロードできます。このAPKを使用して、Amazon Fire TVデバイスやFireタブレットなどのAndroidベースのデバイスでテストとデバッグを行うことができます。デバッグ用APKをインストール・実行してアプリをテストする方法を参照してください。
ディープリンク(deep linking)
ディープリンクは、Fire TVのデフォルトのメディアプレーヤーでメディアを再生する代わりに、サードパーティのアプリを直接起動してメディアを再生します。Fire TVのユニバーサル検索(音声検索またはテキスト検索)を使用してメディアを検索すると、検索結果ページにメディアの検索結果が表示されます。ディープリンクでは、検索結果のメディアをFire TVのデフォルトのメディアプレーヤーで再生するのではなく、サードパーティのアプリを起動して再生します。
デバイス(device)
APKがインストールされるタブレット、TVなどのデバイス。APKのサポート対象として表示されるデバイスのリストには、AmazonおよびAndroidのデバイスが含まれます。これは、実際には、AmazonアプリがAndroidアプリ向けのAmazonアプリストアからAndroidデバイスにインストール(サイドロード)されるためです。
デバイスフィルタリング(device filtering)
APKマニフェストとbuild.gradleファイルにおける機能、APIレベル、そのほかの属性に基づいて、アプリをインストールできるデバイスを自動的に判断するプロセス。マニフェスト(およびbuild.gradleファイル)で宣言されている機能は、アプリと互換性のあるデバイスを判断するためのフィルターとして機能します。Amazonでサポートされているフィルターの詳細については、Amazonアプリストアでサポートされているマニフェストフィルターを参照してください。
デバイスターゲティング(device targeting)
フィルタリングと似ていますが、こちらは特定のデバイスと互換性を持たせるために意図的にアプリを設計することです。複数のAPKをアップロードすると、追加のAPKに対するデバイスサポートを判断するためにフィルターが自動的に実行されることがありません。各APKがサポートするデバイスを手動で選択することになります。APKが複数あるデバイスのサポートを手動で選択することを、デバイスターゲティングと呼ぶ場合があります。

F

ファーフィールド(far field)
Fire TVとペアリングされたEchoデバイスを使用した音声コマンドの実行。
Fire TV Cube(日本未対応)
ハンズフリーのTV操作(遠隔制御)を最初に提供したFire TVデバイス。コンテンツへのアクセスや起動、制御、TVやAV機器の電源投入、入力の切り替え、音量調整、コンテンツの検索など、さまざまな操作をリモコンを使わず遠隔から音声で実行できます。詳細については、Fire TVのデバイス仕様を参照してください。
カタログ(Catalog)
Fire TVのメディアを示すインデックス。メディアカタログをAmazonに統合すると、ユーザーがコンテンツをAmazonデバイス(Fire TVホーム画面)から検索(音声またはテキスト検索)して再生できるようになります。詳細については、カタログ統合についてを参照してください。
Fire TVランチャー(Fire TV Launcher)
Androidランチャーと異なり、Fire TVランチャーはFireデバイスでデフォルトで使用されるランチャーです。通常、ランチャーとは、アプリ、設定、ナビゲーションを体系化するホーム画面のUIを指します。オペレーティングシステムの一番上にあるUIです。

H

ホストアプリ(hosted app)
アセットがウェブサーバーにホストされているアプリです。クライアントはホストに接続し、アプリのアセットをデバイスにダウンロードしてからアプリを実行します。
HTML5ハイブリッドアプリ(HTML5 hybrid apps)
ユーザーインターフェイスにウェブコンテンツを使用するプラットフォームネイティブなアプリ。

I

インテント(intent)
任意のサービスによって実行されるデバイス上の操作を記述したメッセージ。インテント​を参照してください。

G

Gradle
Androidが依存関係を収集してAPKをパッケージ化するために使用するビルドシステム。

L

ローカル検索(local search)
Fire TVでカタログに統合された特定のアプリ内のコンテンツを検索すること。

M

マニフェスト(manifest)
アプリの機能やアクティビティを記述する、APKの必須ファイル。マニフェストとbuild.gradleファイルは、アプリと互換性のあるデバイスを判断するために使用されます。
メディアカタログ(media catalog)
Amazonカタログに組み込んでコンテンツを検索できるようにするためのアプリのメディアリスト。

N

ニアフィールド
Fire TV音声認識リモコンを使用した音声コマンドの実行。新しいFire TV Cube(日本未対応)の場合、Fire TV Cubeへのリクエストによってデバイス上のAlexaが初期化されます。そのため、マイクアレイを使用していてもニアフィールドエクスペリエンスと見なされます。

P

パッケージ名(package name)
マニフェストのpackage属性によって、Amazonアプリストアのアプリに一意の識別子が与えられます。アプリのパッケージ名は同じ名前を維持する必要があり、新しいリリースに伴って変更することはできません。同じアプリに対する複数のAPKは、どのAPKも同じパッケージ名を使用する必要があります。ただし、公開アプリが異なる場合は、異なるパッケージ名を指定する必要があります。また、パッケージ名にamazonを含めることはできません。
パッケージアプリ(Packaged app)
クライアント側のウェブ標準に準拠した本格的なアプリで、アセットがZIPアーカイブにバンドルされて配信されます。

T

転送制御(transport controls)
メディアを視聴する際の再生コントロール(再生、一時停止、停止、早戻し、早送りなど)。「メディアコントロール」とも呼ばれます

U

ユニバーサル検索(universal search)
Fire TVでカタログに統合されているあらゆるアプリのコンテンツを検索できる機能。ユニバーサル検索は、音声またはテキストを使用して開始できます。デフォルトでは、音声検索はすべてユニバーサル検索になります。Fire TV UI内の検索ボタンを使用した検索(個々のアプリ内で提供される検索ではありません)もユニバーサル検索になります。
発話
ユーザーが行いたいことをAlexaに伝える、またはAlexaからの質問に答えるために言うフレーズ。

V

ビデオスキルAPI(Video Skill API)
Alexa対応デバイスを使用してビデオデバイスやストリーミングサービスの遠隔制御を行うためのAPIセット。詳細については、ビデオスキルAPIを参照してください。