Login with Amazon | セキュアなログインサービス | Amazon開発者ポータル

Login with Amazon

セキュリティの心配なくAmazonユーザーとつながり、ユーザーに合わせたエクスペリエンスを提供する

Login with Amazon について

Login with Amazonを使えば、ユーザーがアプリやWebサイトにログインする時にAmazonアカウントを利用することができます。たったの2・3クリックでサービスを利用できるので、ユーザーの負担になりません。

ユーザーからの信頼の厚いAmazonのブランドを活かしつつ、名前・Emailアドレス・郵便番号など、ログイン情報から得られるデータを活かしてユーザーのエクスペリエンスをよりカスタマイズすることもできます。

登録の手間を減らす

ユーザーは、毎回新しい情報を登録するよりも、既に自分が使っている認証情報で登録やログインをするのを好む傾向にあります。米国Woot社が実施した聞き取り調査によると、ログインをする際にLogin with Amazonを選択したユーザーは、他のIDプロバイダーを選択するユーザーの2倍だったという結果が得られました。

安全性とスケーラビリティを活用できる

Amazon.co.jpで使用されているのと同じユーザー認証システムを利用することで、顧客情報を安全に保護することができます。Login with Amazonは、多くのサイトの認証システムで用いられているOAuth2.0がベースとなっています。

インフラコストと運用コストを削減する

Login with Amazonを利用すると、ユーザー管理システムの構築時間を減らし、プロダクトの開発に集中できるようになります。また、Login with Amazonでは、OAuth 2.0プロトコルを使用することで開発サイクルを迅速化できます。

Amazonユーザーを自分のアプリのユーザーにする

Amazon Payを追加すると、Amazonで買い物をするユーザーが、Amazonアカウントに保存されている情報を使用してウェブサイトやモバイルデバイスからログインし、決済ができるようになります。

詳細を見る »

ブログ記事

Login with Amazonのレスポンスにおけるクエリ文字列とURLフラグメント

インプリシットグラントを使用する場合、JavaScript用のLogin with Amazon SDKは、URLフラグメントとしてクエリ文字ではなくアクセストークンを返すことができます。このブログでは、そのしくみと、 アクセストークンの役割を説明しています。詳細を見る »

WordPress用のLogin with Amazonプラグインを使用する

Login with Amazonをウェブサイトに組み込むためのプラグインは数多くありますが、そのうちの1つ、WordPress用のプラグインを紹介します。このプラグインを使うと、コンテンツ開発者はAmazonの認証情報を使ってログインできるため、IDとパスワードを新たに覚える必要がありません。詳細を見る »

WordPress用のLogin with Amazonプラグインのトラブルシューティング

WordPress用のLogin with Amazonプラグインでは、curlを構成することで既知のエラーの一部を防ぐことができます。詳細を見る »