開発者コンソール

Amazon開発者アカウントと権限の管理方法


Amazon開発者アカウントと権限の管理方法

Amazonアプリストア開発者コンソールでAmazon開発者アカウントを管理できます。ほかのユーザーに自分のアカウントへの権限を付与したり、連絡先情報を更新したり、さまざまなことを管理できます。

開発者アカウントの作成

Amazonアプリストアでアプリを公開するには、Amazon開発者アカウントを作成する必要があります。Amazon開発者アカウントではなくAmazon.comアカウントがある場合は、そのAmazon.comアカウントでログインすることもできます。バックエンドでは、開発者コンソールがAmazon.comのEメールアドレスを使用して開発者アカウントを自動的に作成し、2つのアカウントを結び付けて同期させます。開発者コンソールの登録プロフィールページに入力してください。

Amazon開発者アカウントを作成する手順は次のとおりです。

  1. https://developer.amazon.comにアクセスします。
  2. 右上隅にある [ログイン] をクリックします。
  3. [Amazon Developerアカウントを作成] をクリックします。
  4. 名前、Eメールアドレス、パスワードの各フィールドに入力し、[Amazon Developerアカウントを作成] をクリックします。

    入力したEメールアドレス宛に送信されたワンタイムパスワード(OTP)を入力するように求められます(このワンタイムパスワード入力のダイアログが表示されない場合は、企業のVPNによりページがブロックされている可能性があります。VPNから切断してみてください)。

  5. Eメールを開き、OTPを確認します。OTPを [コードを入力] フィールドに入力し、[アカウントの作成] をクリックします。

  6. 開発者コンソールにログインし、[Amazon開発者ポータルへの登録] 画面が表示されます。[開発者情報] セクションと [連絡先情報] セクションのフィールドに情報を入力します。

    この連絡先情報は、後でアプリを公開する際に、Amazonアプリストアに掲載されるアプリの詳細ページに関連付けることができます。また、アプリの公開時に別の連絡先情報を指定することもできます。Eメールアドレスと会社のサイトはアプリの詳細ページの [開発者の情報] セクションに表示され、[開発者名] はアプリタイトルの下に表示されます。

    これらのフィールドのほとんどは基本情報のフィールドであり、必要に応じて後で更新できます。ただし、[開発者名] フィールドは、[送信] をクリックした後は編集できません(サポートケースを提出する場合を除く)。

  7. [ Amazon Developer Services Agreement ]セクションで、契約を読むリンクをクリックし、[ 同意する ]ボタンをクリックします。契約内容は、 Amazon Developer Services Agreementからいつでも確認できます。この契約はアプリを配信するうえで必要です。
  8. [送信] をクリックします。[Amazon開発者ポータルへようこそ] 画面が表示され、関心のある項目と製品情報や最新情報の受信をカスタマイズするオプションも表示されます。
  9. 目的のチェックボックスをオンにし、次のいずれかをクリックします。
    • [プロフィール入力を続行][設定] タブが表示されます。ここからアクセスできるサブタブの簡単な説明については、[設定] のサブタブを参照してください。
    • [コンソールの利用を開始][ダッシュボード] (下図参照)に移動します。このタブからは、一般的な操作に簡単にアクセスできます。
    開発者ポータルの [ダッシュボード]
    開発者ポータルの [ダッシュボード]

    開発者コンソールは、さまざまなAmazonアプリストア関連サービスの構成ポータルとして機能します。多くの場合、サービスごとに固有の構成画面、タブ、ブランドがあります。

開発者アカウントの切り替え

開発者アカウントに最初に関連付けられたユーザーは所有者とみなされ、開発者アカウントを管理するすべての権利を保持します。ほかのユーザーを招待して、開発者アカウントへのアクセス権を付与することもできます(開発者アカウントへのユーザーの追加を参照)。招待されたユーザーは、割り当てられた役割に関連する権限を保持します。

コンソールに表示されるタブとサブタブの数は、ユーザーの役割(管理者、開発者、マーケティング担当者、アナリスト)によって異なります。管理者にはすべてのタブが表示されます。

開発者名

役割の異なる別のアカウントに追加された場合は、そのアカウントの役割に応じて、表示されるタブの数が少なくなることがあります。

右上隅に表示されているイニシャルをクリックして別のアカウントを選択すると、アカウントを変更できます。たとえば、次のスクリーンショットでは、「Lucy Smith」には 「Lucy's Apps」と「ACME Apps」の2つのアカウントがあります。「Lucy's Apps」は個人のアカウントで、このアカウントでの権限は管理者です。「ACME Apps」は会社のアカウントで、このアカウントでの権限は開発者です。

アカウントの切り替え

開発者のみに指定されている「ACME Apps」アカウントに切り替えると、[設定] の下に表示されるサブタブは3つのみになります。

アカウントのACME Appsへの切り替え

[設定] のサブタブ

次の表で、[設定] の各サブタブについて簡単に説明します。

サブタブ 説明
マイアカウント アカウントの連絡先情報。[編集] をクリックして、詳細情報(名前、Eメール、電話番号、パスワード)を変更することもできます。アカウントの役割も表示されます。デフォルトは管理者です。ただし、別の開発者とアカウントを共有していて、別の役割を割り当てられている場合は、その役割がここに表示されます。詳細については、開発者アカウントへのユーザーの追加を参照してください。携帯電話番号に関連付けることができるAmazonアカウントは、各番号につき1つだけです。
開発者情報 開発者の連絡先情報(Amazonアプリストアのアプリ詳細ページに表示されるサポート連絡先情報など)。開発者名を除くすべてのフィールドを編集できます(開発者名の変更方法については、開発者名の変更を参照してください)。
支払い情報 アプリを収益化してAmazonから支払いを受ける場合は、支払いの詳細情報(銀行名や支店番号など)が必要です。支払い情報を保護するため、2段階認証を行う必要があります。詳細については、Two-Step Verification for Payment Info Access and Updating Your Mobile Phone Numberの「支払い情報へアクセスするための2段階認証」を参照してください。
税に関する情報 デジタルコンテンツの収益受け取りや広告表示のために必要な税務フォーム。
ユーザー権限 アカウントに属しているユーザーのリスト。ユーザーの追加や削除の詳細については、開発者アカウントへのユーザーの追加を参照してください。
モバイル広告 Amazonモバイル広告ネットワークから広告を構成するためのフィールド。
ID アプリ内課金(IAP)などのサービスを構成するために使用する共有キー。
セキュリティプロファイル Login with Amazonなどのサービスで使用するセキュリティプロファイルを構成するためのタブ。

開発者アカウントへのユーザーの追加

アプリの開発と申請に従事するユーザーが複数いる会社の場合、その社員に会社のアカウントへのアクセス権を付与することができます。また、各ユーザーに役割を割り当てて、アカウント内での権限を制限することもできます。アカウントの所有者は、権限を付与したアカウントで発生するすべてのアクティビティに対して責任を負うことになります。

アカウントをほかのユーザーと共有するには、次の手順を実行します。

  1. 開発者ポータルにログインします。
  2. [設定] > [ユーザー権限] の順にクリックします。
  3. [新規追加] をクリックします。
  4. ユーザーのEメールアドレスを入力し、役割を選択します。役割は4つあり、それぞれ一意の権限を持ちます。各ユーザーに適切な役割を選択することで、会社の開発者アカウントを使用して各ユーザーが参照・実行できることをアカウント所有者が制御できます。使用可能な役割は次のとおりです。

    • 管理者: 開発者アカウントのすべてのセクション(レポート、支払い情報を含む)に完全にアクセスできます。最も重要な点は、アカウント管理者は、アカウントへのユーザーの招待や削除などを含め、ユーザー権限を管理できることです。
    • 開発者: 管理者以外で、アプリファイルの申請と調整の権限をユーザーに付与できる唯一の役割です。
    • マーケティング担当者: 管理者以外で、アプリに関連するコンテンツ(アプリの説明、画像&マルチメディアなど)やIAPの編集権限をユーザーに付与できる唯一の役割です。アナリストと同じように、マーケティング担当者も売上レポートにアクセスできます。
    • アナリスト: 管理者以外で、収益レポートの参照権限をユーザーに付与できる唯一の役割です。マーケティング担当者と同じように、売上レポートにアクセスできます。

    役割ごとの権限を次の表に示します。

    管理者 マーケティング担当者 開発者 アナリスト
    アプリファイル情報
    [APKファイル] タブ[バイナリファイル] タブ)または [アプリファイル] タブでアプリを管理する。
    アプリの詳細
    [アプリの説明] タブでアプリの詳細を管理する。
    会社情報
    [設定] > [開発者情報] タブで情報を管理する。
    収益/支払いレポート
    [設定] > [支払い情報] タブで支払い情報を管理/表示するほか、[レポート] タブでレポートを表示する。
    マイアカウント
    [設定] > [マイアカウント] タブで情報を管理する。
    アプリ内課金(IAP)
    IAPアイテムを作成/申請する。
    売上レポート
    [レポート] タブを表示する。
    ユーザー権限
    [設定] > [ユーザー権限] でユーザー権限を管理する。

    ほかのコンソールの使用権限は、Amazonアプリストアの開発者コンソールでの権限に準じています。たとえば、Alexa Skills Kitコンソール[ダッシュボード] から利用できます。

    Alexaコンソールにアクセスするためのリンク
    Alexaコンソールにアクセスするためのリンク

    Alexaコンソールにおける権限は、前述の役割ごとに次のようになります。

    • 管理者: 前述のとおり、この役割は、コンソールのすべてのセクションに完全にアクセスできます。
    • 開発者: この役割は、支払いと収益のセクションを除くAlexa Skills Kitのすべての領域にアクセスできます。また、開発者は、ASKコマンドラインインターフェイス(CLI)の使用や、スキル管理API(SMAPI)による変更を行うことができます。
    • マーケティング担当者: アナリストと同じように、マーケティング担当者も売上レポートにアクセスできます。Alexa開発者コンソールでは、支払いと収益のセクションを除くAlexa Skills Kitのすべての領域にアクセスできます。
    • アナリスト[支払い][収益] のセクションを含むAlexa Skills Kitのすべての領域にアクセスできます。

    Alexaコンソールにおけるこれらの役割の権限を、次の表に示します。

    管理者 マーケティング担当者 開発者 アナリスト
    Alexa Skills Kit開発者コンソールでのAlexaスキルの作成/変更/削除
    Alexa開発者コンソールでスキルを管理する。
    ASK CLI/SMAPIでのAlexaスキルの作成/変更/削除
    コマンドラインインターフェイス(CLI)またはスキル管理API(SMAPI)を使用してAlexaスキルを管理する。
    Alexa Skills Kitの収益と支払いの表示
    Alexa開発者コンソールの [収益] タブと [支払い情報] タブで情報を表示/管理する。
  5. ユーザーの追加と役割の構成が完了したら、[保存] をクリックします。

    ユーザーを追加すると、開発者コンソールからそのユーザーに招待Eメールが送信されます。このEメールの送信者はmas-deveportal-contactus@amazon.comで、件名は「Amazon Developer Program Invitation from <開発者名>(<開発者名>からのAmazon開発者プログラムへの招待)」です。招待されたユーザーがEメール内のリンクをクリックすると、開発者ポータルにログインできます。

    ユーザーがその招待を承認すると、ユーザーのプロフィールが会社のアカウントに追加されます。ユーザーがログインすると、(ユーザーに割り当てられた役割に応じて)元のユーザーと同じアプリやその他の情報が表示されます。詳細については、開発者アカウントの切り替えを参照してください。

    (ユーザーはEメールの招待リンクからアカウントの招待を承認する必要があります。ユーザーがこのリンクをクリックすると、開発者ポータルが表示され、ユーザー作成プロセスが完了します。招待されたユーザーが開発者ポータルに直接アクセスして登録することは避けてください。別の開発者アカウントが作成される可能性があるためです。)

    [設定] > [ユーザー権限] の順にクリックすると、アカウントに追加したすべてのユーザーを確認できます。

組織の開発者アカウントからユーザーを削除するには、[設定] > [ユーザー権限] の順にクリックし、削除するユーザーの横にある [アクセスを削除] をクリックします。

お知らせの受信

Amazonは、アプリのステータスをお知らせするEメールを、会社情報に登録されているアドレスにのみ送信します。Amazon開発者アカウントを新規に設定したユーザーが、デフォルトのアカウント管理者になります。管理者は、アナリスト、開発者、マーケティング担当者など、ほかの役割のユーザーをアカウントに追加できます。また、ほかの管理者を追加することもできます。

開発者または管理者であればアプリを申請できますが、Amazonからのお知らせは、会社情報に登録されているEメールアドレスにのみ送信されます。アプリの申請者に関連付けられているEメールアカウントにはEメールが送付されません。ただし、アプリ申請者のEメールアドレスが会社情報に登録されているEメールアドレスと同一である場合を除きます。登録されているEメールアドレスを確認するには、管理者権限を持つアカウントで [設定] > [開発者情報] の順にクリックします。

連絡先情報の変更

連絡先情報を変更するには、開発者ポータルにログインし、[設定] > [マイアカウント] の順にクリックします。[編集] をクリックすると、名前、Eメール、電話番号、パスワードを変更できます。管理者権限を持っていない場合は、アカウントの管理者に変更を依頼します。

アカウントの連絡先情報がアプリの連絡先情報と同じである必要はありません。アプリを申請すると、[一般情報] タブにアプリの連絡先情報が記載されます。任意でアカウントと同じ連絡先情報を使用することもできます。

開発者名の変更

開発者名は、アプリの詳細ページのアプリタイトルの下に表示されます。以下のAmazon Musicアプリの詳細ページでは、開発者名は「Amazon.com」になっています。

開発者名

(アカウント登録プロセスの完了後に)開発者名の変更が必要になった場合は、右上隅に表示されている [?] ボタンをクリックし、[お問い合わせ] を選択してリクエストを送信します。新しい開発者名を入力して、変更を依頼してください。

開発者アカウントの名前の変更はアカウントにすぐに反映されますが、ECサイトへの表示には数日かかる場合があります。

カスタマーIDとベンダーIDの確認

場合によっては、Amazonチームが特定のプログラムやドキュメントページへのアクセスをホワイトリストに登録するために、カスタマーIDとベンダーIDを必要とすることがあります。カスタマーIDとベンダーIDは次の手順で確認できます。

  1. Amazon開発者コンソールにログインします。
  2. https://developer.amazon.com/mycid.htmlにアクセスします。

    画面にカスタマーIDとベンダーIDが表示されます。

同じアカウントで複数のプロフィールを作成する方法

1つのAmazonユーザーアカウントを使って複数の開発者プロフィールを作成することができます。この機能により、複数のユーザー名とパスワードを管理しなくても、1人のユーザーで複数の開発者アカウントに簡単にアクセスできるようになります。以下に、複数アカウントの使用例を示します。  

  • フリーランスの開発者で、各クライアントに独自の開発者アカウントを設定してもらう必要がある場合。 
  • 会社で複数のコンテンツカテゴリーを対象にアプリを作成している場合。この機能を使用すると、アプリのカテゴリーごとに異なる会社名(ブランド)を使用できます。 
  • 会社に複数の子会社や複数の部署がある場合。親会社の開発者アカウントに、新たに作成した子会社や関連部署の開発者アカウントをひも付けることができます。

複数のアカウントをリンクさせる手順は次のとおりです。

  1. 既存の開発者アカウントでログインします。 
  2. https://developer.amazon.com/new_firm.htmlにアクセスします。
  3. 新しい開発者アカウントを作成するための必須フィールドに入力します。デフォルトでは、現在のアカウントのプロフィール情報が各フィールドに入力されるので、新しいプロフィールに合わせて変更してください。重要: 新規アカウントには一意の「開発者名」を使用するようにしてください。

アカウントを切り替えるには、右上隅に表示されているイニシャル、[ユーザーを変更] の順にクリックして、新しいユーザープロフィールを選択します。

よくある質問(FAQ)

Q: アカウントについて質問がある場合の、Amazonへの問い合わせ方法を教えてください。
開発者コンソールにログインし、右上隅表示されている [?] をクリックして、[お問い合わせ] を選択します。または、直接 お問い合わせフォームにアクセスすることもできます。
Q: 自分のアカウントの開発者名を変更する方法を教えてください。
アカウントのセキュリティを保護するため、開発者名の変更は認められていません。お問い合わせフォームを使用して、開発者名の変更を依頼してください。
Q: 支払い情報を変更する方法を教えてください。
管理者の役割を持つユーザーだけが支払い情報を変更できます。開発者コンソールで、[設定] > [支払い情報] の順にクリックしてください。セキュリティ保護のため、支払い情報の表示と編集には、ワンタイムパスワード(OTP)を使用して身元を確認する必要があります。
Q: 携帯電話番号を追加しようとすると、その電話番号が使用中であるというエラーが表示されます。なぜですか?
[マイアカウント] ページの電話番号は、さまざまなアカウント検証に使用されます。現在のユーザーのAmazonカスタマーアカウントに関連付けられ、ユーザーに固有です。この番号はSMSテキストで検証されるので、ここには携帯電話番号を追加する必要があります。このアカウントで収益化を予定していない場合は、[マイアカウント] に電話番号を追加する必要はありません。
1つの携帯電話番号に関連付けられるのは、1つのAmazonアカウントのみです。現時点では、同じ携帯電話番号を複数のアカウントに追加することはできません。
Amazon.comアカウントから携帯電話番号を削除するには、ログインして [アカウント&リスト] セクションに移動します。[アカウントサービス][ログインとセキュリティ] の順に選択します。このページで、アカウント情報を確認し、編集することができます。携帯電話番号を削除するには、番号の横にある [編集] をクリックし、[削除] オプションを選択します。