HDMIイベントを処理


HDMIイベントを処理

ユーザーがHDMIケーブルを接続したり抜いたりした際、ガイドラインに従ったHDMIイベントの処理がアプリには求められます。

HDMIの切断

テレビの電源をオフにする、テレビへの入力を別のHDMIポートに切り替える、またはHDMIケーブルを物理的に切り離すことによって、HDMIを切断した場合の推奨動作を次に示します。

  • ビデオを再生するアプリは、テレビの電源が切れたりHDMIケーブルが抜かれたりした場合に再生を一時停止する必要があります。テレビの電源がオンになるかHDMIケーブルが接続された後も、ユーザーがリモコンの再生ボタンを明示的に押すまで、再生は一時停止状態のままにする必要があります。
  • オーディオだけを再生するアプリは、HDMIが切断された場合でも、再生を続けることが可能です。ただし、Amazon Fire TVが、光デジタルケーブルに繋がった別のオーディオデバイス(Fire TV(第1世代のみ))、Bluetooth A2DPヘッドセット、またはゲームコントローラーに繋がったオーディオヘッドセットに接続されていることが必要です。

アプリにHDMIイベントを通知

アプリに接続または切断を認識させるには、HDMIが接続されているかどうかを示すエクストラ(EXTRA_AUDIO_PLUG_STATE)が含まれたインテントのブロードキャストアクション、ACTION_HDMI_AUDIO_PLUGをリッスンします。

そのほかの接続イベント

光デジタルケーブル(Amazon Fire TV(第1世代のみ))、オーディオヘッドセット、またはBluetooth A2DPヘッドセットがFire TVに接続されている場合は、Android LollipopベースのFire OS 5以降で接続イベントを認識する確実な方法がありません。

そのため、この動作を制御するユーザー設定をアプリに用意することをお勧めします。