ユーザーエクスペリエンスの仕様


ユーザーエクスペリエンスの仕様

Fireタブレットのユーザーインターフェイスは共通です。ただし、デバイスの仕様はタブレットによって異なるため、ユーザーエクスペリエンス要素のピクセル寸法も異なります。

解像度

次の表に、Fire OS 5のユーザーインターフェイスの要素の解像度を、デバイス非依存ピクセル (dp) 単位で示します。次の画面要素は変わっているか、Fire OS 5にはありません。

  • カルーセルアプリのアイコンは含まれていない。
  • ライブラリグリッドビューは含まれていない。
  • お気に入りのアプリアイコンは標準のアプリグリッドアイコンに置き換えられる。
ステータスバーの高さ (上部) 24dp
ソフトキーバーの高さ (ツールバーが表示されているとき) 48dp
ライブラリリストアプリアイコン 56dp x 56dp
通知アプリアイコン 24dp x 24dp
アプリアイコン 72dp x 72dp

ジェスチャ

すべてのFireタブレットは、Ice Cream Sandwich (ICS) 以上のAndroidで対応している、2本指でのタッチジェスチャーに対応しています。Kindle Fire (第1世代/2011) とKindle Fire (第2世代/2012) を除き、Fireタブレットは5点のタッチを同時に検出し、2本指のタッチジェスチャーを認識します。アプリで5点のマルチタッチ機能を利用できるほか、オプションで2本以上の指を使用するタッチジェスチャーをカスタマイズできます。

すべてのFireタブレットで、アプリのユーザーインターフェイスは次のジェスチャーパターンに応答する必要があります。

ジェスチャパターンChrome標準のアプリケーションメディア地図画像
シングルタップアクションの呼び出しアクションの呼び出しChromeの表示/非表示アクションの呼び出しアクションの呼び出し
ダブルタップなしズームなしズームズーム
ピンチ/プルなしズームなしズームズーム
長押しコンテキストメニュー (テキストフィールド内)テキストの選択、コンテキストメニューなし位置フラグコンテキストメニュー
スワイプ/フリング (水平方向)Chromeの表示/非表示スクロールなしスクロールスクロール (写真またはサムネイル)
スワイプ/フリング (垂直方法)Chromeの表示/非表示スクロールなしスクロールスクロール
ドラッグドラッグアンドドロップパンなしパンパン