開発者コンソール

デバイスの仕様: 各種Fire TVデバイスの比較表


デバイスの仕様: 各種Fire TVデバイスの比較表

ナビゲーションを表示

Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4K UHD(2020)

Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia 4K UHD(2020)

Fire TV Edition(日本未対応)- Onida HD(2019)

Fire TV Cube(第2世代)

Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig OLED 4K(2019)

Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig Vision 7 4K(2019)

Fire TV Edition(日本未対応)- JVC 4K(2019)

Fire TV Edition(日本未対応)- Nebulaサウンドバー(2019)

Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig Vision 6 HD(2019)

Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4K(2018/2019)

Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia 4K(2018)

Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba HD(2018-2020)

Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia HD(2018-2020)

Fire TV Cube(第1世代、日本未対応)

Fire TV(第3世代)

Fire TV Stick 4K

Fire TV Edition(日本未対応)- Element 4K(2017)

Fire TV(第2世代)

Fire TV Stick(第2世代)

Fire TV Stick(第1世代)

Fire TV Stick(Basic Edition)(日本未対応)

Fire TV(第1世代)

デバイス仕様の比較表
機能 Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4K UHD(2020) Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia 4K UHD(2020) Fire TV Edition(日本未対応)- Onida HD(2019) Fire TV Cube(第2世代) Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig OLED 4K(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig Vision 7 4K(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- JVC 4K(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Nebulaサウンドバー(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig Vision 6 HD(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4K(2018/2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia 4K(2018) Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba HD(2018-2020) Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia HD(2018-2020) Fire TV Cube(第1世代、日本未対応) Fire TV(第3世代) Fire TV Stick 4K Fire TV Edition(日本未対応)- Element 4K(2017) Fire TV(第2世代) Fire TV Stick(第2世代) Fire TV Stick(第1世代) Fire TV Stick(Basic Edition)(日本未対応) Fire TV(第1世代)
通称 Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4K UHD(2020) Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia 4K UHD(2020) Fire TV Edition(日本未対応)- Onida HD(2019) Fire TV Cube(第2世代) Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig OLED 4K(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig Vision 7 4K(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- JVC 4K(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Nebulaサウンドバー(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Grundig Vision 6 HD(2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba 4K(2018/2019) Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia 4K(2018) Fire TV Edition(日本未対応)- Toshiba HD(2018-2020) Fire TV Edition(日本未対応)- Insignia HD(2018-2020) Fire TV Cube(第1世代、日本未対応) Fire TV(第3世代) Fire TV Stick 4K Fire TV Edition(日本未対応)- Element 4K(2017) Fire TV(第2世代) Fire TV Stick(第2世代) Fire TV Stick(第1世代) Fire TV Stick(Basic Edition)(日本未対応) Fire TV(第1世代)
ECページでの表示名 All-New Toshiba 50LF621U21 50-inch Smart 4K UHD with Dolby Vision DTS Virtual-X TV - Fire TV Edition, Released 2020 All-New Insignia NS-43DF710NA21 43-inch Smart 4K UHD DTS Studio Sound TV - Fire TV Edition, Released 2020 Onida Fire TV Edition Fire TV Cube - 4K・HDR対応、Alexa対応音声認識リモコン付属 Grundig OLED - Fire TV Edition Hands-Free with Alexa (55 VLO 8599) 139 cm (55 inch) OLED TV (Ultra HD, Dolby Vision, Dolby Atmos) [Energy Class A +] Grundig Vision 7 - Fire TV Edition (43 VLX 7010) 109 cm (43 inch) TV (Ultra HD, Alexa Voice Control, HDR) Black [Energy Class A +] JVC Fire TV Edition Smart 4K HDR LED TV Nebula Soundbar – Fire TV Edition, 4K HDR Support, 2.1 Channel, Built-In Subwoofers, Alexa Built-In Grundig Vision 6 - Fire TV Edition (32 VLE 6010) 80 cm (32 inch) TV (Full HD, Alexa Voice Control, Magic Fidelity) Black TOSHIBA 43LF711U20 43-inch 4K Ultra HD Smart LED TV HDR - Fire TV Edition Insignia NS-50DF710NA19 50-inch 4K Ultra HD Smart LED TV HDR - Fire TV Edition Toshiba 43LF421U19 43-inch 1080p Full HD Smart LED TV - Fire TV Edition Insignia NS-24DF310NA19 24-inch 720p HD Smart LED TV- Fire TV Edition Fire TV Cube (1st Gen), hands-free with Alexa and 4K Ultra HD and 1st Gen Alexa Voice - Previous Generation Fire TV - 4K・HDR対応、音声認識リモコン付属 Fire TV Stick 4K - Alexa対応音声認識リモコン付属 Element 65-Inch Fire TV Edition TV with Sound Bar and Digital Antenna Amazon Fire TV with 4K Ultra HD Fire TV Stick Amazon Fire TV Stick - Previous Generation Fire TV Stick | Basic Edition Amazon Fire TV - 1st Generation
発売年 2020年 2020年 2019年 2019年 2019年 2019年 2019年 2019年 2019年 最初のモデルは2018年にリリース。オプションモデルとして、ドルビービジョン対応のアップグレード版が2019年に登場 2018年 2018~2020年 2018~2020年 2018年 2017年 2018年 2017年 2015年 2016年 2015年 2017年 2014年
販売対象のマーケットプレイス
(詳細)
Amazon.com
Amazon.ca
Amazon.com
Amazon.ca
Amazon.in Amazon.com
Amazon.co.uk
Amazon.ca
Amazon.de
Amazon.co.jp
Amazon.de Amazon.de Amazon.co.uk Amazon.com
Amazon.co.uk
Amazon.ca
Amazon.de Amazon.com
Amazon.ca
Amazon.com
Amazon.ca
Amazon.com
Amazon.ca
Amazon.com
Amazon.ca
Amazon.com Amazon.com
Amazon.co.uk
Amazon.de
Amazon.co.jp
Amazon.com
Amazon.co.uk
Amazon.co.jp
Amazon.ca
Amazon.in
Amazon.com Amazon.com Amazon.com
Amazon.co.uk
Amazon.de
Amazon.co.jp
Amazon.in
Amazon.com Amazon.ca
Amazon.com.mx
Amazon.com.br
Amazon.fr
Amazon.it
Amazon.es
Amazon.com.au
Amazon.com
フォームファクター スマートTV スマートTV スマートTV キューブ(立方体) スマートTV スマートTV スマートTV サウンドバー スマートTV スマートTV スマートTV スマートTV スマートTV キューブ(立方体) セットトップボックス スティック スマートTV セットトップボックス スティック スティック スティック セットトップボックス
ビルドモデル
android.os.Build.MODEL
AFTDCT31 AFTDCT31 AFTLE AFTR AFTEUFF014 AFTEU014 AFTSO001 AFTMM AFTEU011 AFTKMST12 AFTJMST12 AFTBAMR311 AFTEAMR311 AFTA AFTN AFTMM AFTRS AFTS AFTT AFTM AFTT AFTB
Androidのバージョン
android.os.Build.VERSION.SDK_INT
Androidレベル28(Android 9) Androidレベル28(Android 9) APIレベル25(Android 7.1) Androidレベル28(Android 9) Androidレベル28(Android 9) Androidレベル28(Android 9) Androidレベル28(Android 9) APIレベル25(Android 7.1) Androidレベル28(Android 9) APIレベル25(Android 7.1) APIレベル25(Android 7.1) APIレベル25(Android 7.1) APIレベル25(Android 7.1) APIレベル25(Android 7.1) APIレベル25(Android 7.1) APIレベル25(Android 7.1) Androidレベル22(Android 5.1) Androidレベル22(Android 5.1) Androidレベル22(Android 5.1) Androidレベル22(Android 5.1) Androidレベル22(Android 5.1) Androidレベル22(Android 5.1)
Fire OSのバージョン Fire OS 7 Fire OS 7 Fire OS 6 Fire OS 7 Fire OS 7 Fire OS 7 Fire OS 7 Fire OS 6 Fire OS 7 Fire OS 6 Fire OS 6 Fire OS 6 Fire OS 6 Fire OS 6 Fire OS 6 Fire OS 6 Fire OS 5 Fire OS 5 Fire OS 5 Fire OS 5 Fire OS 5 Fire OS 5
プロセッサ(SoC) MTK T31/L MTK T31/L Amlogic T950Z S922 MStar T22 MStar T22 MStar T22 MTK8695+MT7668 MStar T22 MStar T12 MStar T12 Amlogic T950Z Amlogic T950Z Amlogic S905Z Amlogic S905Z MTK8695+MT7668 MStar-T1 938(MSDUAV16B-A-008T) MediaTek 8173C Mediatek 8127D Broadcom Capri 28155 Mediatek 8127D Qualcomm Snapdragon 8064
CPU ARM Cortex-A55 CPU最大1.5GHz ARM Cortex-A55 CPU最大1.5GHz クアッドコアCA53 ヘキサコア(最大2.2GHzのクアッドコア+最大1.9GHzのデュアルコア) クアッドコアCA55 クアッドコアCA55 ARM CA55クアッドコア(TEE 1.2GHz) クアッドコア1.7GHz クアッドコアCA55 ARM Cortex-A53 CPU最大1.4GHz クアッドコアA53 1.4GHz クアッドコアCA53 クアッドコアCA53 クアッドコアARM Cortex-A53 CPU最大1.5GHz。32ビットアプリに対応 クアッドコアARM Cortex-A53 CPU最大1.5GHz クアッドコア1.7GHz デュアルCA72+デュアルCA53(最大1.4GHz) クアッドコア(最大2GHzのデュアルコアARM Cortex A72、最大1.573GHzのデュアルコアARM Cortex A53) クアッドコアARM 1.3GHz 最大1GHzのデュアルコアARM Cortex A9 クアッドコアARM 1.3GHz 最大1.7GHzのクアッドコアQualcomm Krait 300
GPU ARM G52 MP1 2EE最大504MHz ARM G52 MP1 2EE最大504MHz Mali-450 MP3 ARM Mali G52-MP2(3EE)、800MHz Mali 470MP3 Mali 470MP3 Mali470 MP3 IMG GE8300 Mali 470MP3 Mali-T820-MP2 Mali 820MP2 Mali-450 MP3 Mali-450 MP3 Mali-450 MP3 Mali-450 MP3 IMG GE8300 Mali-T820-MP3 PowerVR Rogue GX6250 Mali-450 MP4 Broadcom VideoCore IV GPU/VPU(Capri VC4) Mali-450 MP4 Qualcomm Adreno 320
メモリ(RAM) 2GB DDR3 2GB DDR3 1GB DDR4 2GB DDR4-2400Mbps 1GB(外部)+1GB(内部):共にDDR3 1GB(外部)+1GB(内部):共にDDR3 1GB(外部)+1GB(内部):共にDDR3 1.5GB DDR4 1GB(内部)+0.5GB(外部) 2GB DDR3 2GB DDR3 1GB DDR4 1GB DDR4 2GB 2GB 1.5GB DDR4 3GB 2GB 1GB 1GB(システム用に512MB、ビデオ用に512MB) 1GB 2GB
ディスプレイ 最大60fpsの4K UHD 最大60fpsの4K UHD 32インチ - HD対応、43インチ - フルHD 最大4K Ultra HD(HDR、HDR10、HDR10+、HLG、ドルビービジョンもサポート) UHD(OLED) UHD(M+) 4K UHD 4K LED 最大60fpsの4K UHD、最大30fpsのAVC 4K 4K UHD HD/FHD HD/FHD なし なし 4K 4K なし なし なし なし なし
解像度とリフレッシュレート

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

43インチ - 1920 x 1080(1080p)- 60Hz
32インチ - 1280 x 720(720p)- 60Hz

UHD 2160p@60fps 10ビット

100Hz 4K(3840 x 2160)

50Hz 4K(3840 x 2160)

50Hz 4K(3840 x 2160)

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

50Hz 2K(1920 x 1080)

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

3840 x 2160(2160p/4K)- 30Hz
1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

1920 x 1080(1080p)- 60Hz
1280 x 720(720p)- 60Hz

オーディオコーデック
(入力形式)
  • AACプロファイル(AAC LC)。標準サンプリングレートが8~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACプロファイル(AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACv2プロファイル(enhanced AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • AAC ELD(enhanced low delay AAC)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • USAC。標準サンプリングレートが7.35~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • AMR-NB。4.75~12.2kbps(8kHzサンプリング時)
  • FLAC。モノラル/ステレオ(マルチチャネルなし)。最大48kHzのサンプルレート(ただし、48~44.1kHzのダウンサンプラーにはローパスフィルターが含まれていないため、出力が44.1kHzのデバイスでは最大44.1kHzを推奨)。16ビットを推奨(24ビットはディザなし)
  • MP3。モノラル/ステレオ:8~320Kbps定数(CBR)または可変ビットレート(VBR)
  • MIDI。MIDIタイプ0および1。DLSバージョン1および2。XMFおよびモバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • Vorbis。サポートあり
  • PCM/WAVE。16ビットリニアPCM(ハードウェア制限までのレート)。8000、11025、16000、44100Hzの周波数での未加工PCM録音に対するサンプリングレートのデバイスサポートが必須
  • Opus。サポートあり
  • ドルビーオーディオ
    - AC3(ドルビーデジタル)およびEAC3(ドルビーデジタルプラス)パススルー(omx.google.raw.dec)デコーダーをサポート
    - Audio Trackからのドルビーパススルーをサポート
    - ドルビーパススルーのAV同期処理
    - パススルーモードでのシステムサウンドとドルビーストリームのミキシング
    - ドルビーパススルーから非パススルー再生へのデバイス切り替えをサポート
  • DTSオーディオ。DTS-HD M6パススルーおよびOMXデコーダーをサポート
  • AACプロファイル(AAC LC)。標準サンプリングレートが8~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACプロファイル(AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACv2プロファイル(enhanced AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • AAC ELD(enhanced low delay AAC)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • USAC。標準サンプリングレートが7.35~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • AMR-NB。4.75~12.2kbps(8kHzサンプリング時)
  • FLAC。モノラル/ステレオ(マルチチャネルなし)。最大48kHzのサンプルレート(ただし、48~44.1kHzのダウンサンプラーにはローパスフィルターが含まれていないため、出力が44.1kHzのデバイスでは最大44.1kHzを推奨)。16ビットを推奨(24ビットはディザなし)
  • MP3。モノラル/ステレオ:8~320Kbps定数(CBR)または可変ビットレート(VBR)
  • MIDI。MIDIタイプ0および1。DLSバージョン1および2。XMFおよびモバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • Vorbis。サポートあり
  • PCM/WAVE。16ビットリニアPCM(ハードウェア制限までのレート)。8000、11025、16000、44100Hzの周波数での未加工PCM録音に対するサンプリングレートのデバイスサポートが必須
  • Opus。サポートあり
  • ドルビーオーディオ
    - AC3(ドルビーデジタル)およびEAC3(ドルビーデジタルプラス)パススルー(omx.google.raw.dec)デコーダーをサポート
    - Audio Trackからのドルビーパススルーをサポート
    - ドルビーパススルーのAV同期処理
    - パススルーモードでのシステムサウンドとドルビーストリームのミキシング
    - ドルビーパススルーから非パススルー再生へのデバイス切り替えをサポート
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。48kHz、6チャネル、16ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。 MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。ステレオで最大48kHz。CBR/VBRで最大320kbps
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • ドルビーアトモス(EC3_JOC)。最大48kHz、8チャネル、16ビット
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、8チャネル、16ビット
  • AACプロファイル(AAC LC)。8kHzから48kHzまでの最大8チャネルをサポート
  • MPEG-4 HE AACプロファイル(AAC+)。8kHzから48kHzまでの最大8チャネルをサポート
  • MPEG-4 HE AACv2プロファイル(enhanced AAC+)。8kHzから48kHzまでの最大8チャネルをサポート
  • AAC ELD(enhanced low delay AAC)。8kHzから48kHzまでの最大8チャネルをサポート
  • AMR-NB。4.75~12.2kbps(8kHzサンプリング時)
  • FLAC。最大2チャネル。最大48kHzのサンプルレート(ただし、48~44.1kHzのダウンサンプラーにはローパスフィルターが含まれていないため、出力が44.1kHzのデバイスでは最大44.1kHzを推奨)。16ビットを推奨。
  • MP3。モノラル/ステレオ:8~320Kbps定数(CBR)または可変ビットレート(VBR)
  • Vorbis。最大8チャネル、32~500キロビット/秒
  • Opus。最大8チャネル、48kHz
  • PCM/WAVE。最大8チャネルと96kHzの16ビットリニアPCM
  • AACプロファイル(AAC LC)。標準サンプリングレートが8~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACプロファイル(AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACv2プロファイル(enhanced AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • AAC ELD(enhanced low delay AAC)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • USAC。標準サンプリングレートが7.35~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • AMR-NB。4.75~12.2kbps(8kHzサンプリング時)
  • FLAC。モノラル/ステレオ(マルチチャネルなし)。最大48kHzのサンプルレート(ただし、48~44.1kHzのダウンサンプラーにはローパスフィルターが含まれていないため、出力が44.1kHzのデバイスでは最大44.1kHzを推奨)。16ビットを推奨。
  • MP3。モノラル/ステレオ:8~320Kbps定数(CBR)または可変ビットレート(VBR)
  • MIDI。MIDIタイプ0および1。DLSバージョン1および2。XMFおよびモバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • Vorbis
  • PCM/WAVE。16ビットリニアPCM(ハードウェア制限までのレート)。8000、11025、16000、44100Hzの周波数での未加工PCM録音に対するサンプリングレートのデバイスサポートが必須
  • Opus
  • ドルビーオーディオ。AC3(ドルビーデジタル)、EAC3(ドルビーデジタルプラス)、AC4をサポート
  • DTS。DTS-HD M6をサポート
  • AACプロファイル(AAC LC)。標準サンプリングレートが8~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACプロファイル(AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACv2プロファイル(enhanced AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • AAC ELD(enhanced low delay AAC)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • USAC。標準サンプリングレートが7.35~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • AMR-NB。4.75~12.2kbps(8kHzサンプリング時)
  • FLAC。モノラル/ステレオ(マルチチャネルなし)。最大48kHzのサンプルレート(ただし、48~44.1kHzのダウンサンプラーにはローパスフィルターが含まれていないため、出力が44.1kHzのデバイスでは最大44.1kHzを推奨)。16ビットを推奨。
  • MP3。モノラル/ステレオ:8~320Kbps定数(CBR)または可変ビットレート(VBR)
  • MIDI。MIDIタイプ0および1。DLSバージョン1および2。XMFおよびモバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • Vorbis
  • PCM/WAVE。16ビットリニアPCM(ハードウェア制限までのレート)。8000、11025、16000、44100Hzの周波数での未加工PCM録音に対するサンプリングレートのデバイスサポートが必須
  • Opus
  • ドルビーオーディオ。AC3(ドルビーデジタル)、EAC3(ドルビーデジタルプラス)、AC4をサポート
  • DTS。DTS-HD M6をサポート
  • AACプロファイル(AAC LC)。標準サンプリングレートが8~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACプロファイル(AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACv2プロファイル(enhanced AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • AAC ELD(enhanced low delay AAC)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • USAC。標準サンプリングレートが7.35~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • AMR-NB。4.75~12.2kbps(8kHzサンプリング時)
  • FLAC。モノラル/ステレオ(マルチチャネルなし)。最大48kHzのサンプルレート(ただし、48~44.1kHzのダウンサンプラーにはローパスフィルターが含まれていないため、出力が44.1kHzのデバイスでは最大44.1kHzを推奨)。16ビットを推奨。
  • MP3。モノラル/ステレオ:8~320Kbps定数(CBR)または可変ビットレート(VBR)
  • MIDI。MIDIタイプ0および1。DLSバージョン1および2。XMFおよびモバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • Vorbis
  • PCM/WAVE。16ビットリニアPCM(ハードウェア制限までのレート)。8000、11025、16000、44100Hzの周波数での未加工PCM録音に対するサンプリングレートのデバイスサポートが必須
  • Opus
  • ドルビーオーディオ。AC3(ドルビーデジタル)、EAC3(ドルビーデジタルプラス)、AC4をサポート
  • DTS。DTS-HD M6をサポート
  • ドルビーアトモス(EC3_JOC)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AACプロファイル(AAC LC)。標準サンプリングレートが8~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACプロファイル(AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • MPEG-4 HE AACv2プロファイル(enhanced AAC+)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオ/5.0/5.1コンテンツをサポート
  • AAC ELD(enhanced low delay AAC)。標準サンプリングレートが16~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • USAC。標準サンプリングレートが7.35~48kHzのモノラル/ステレオコンテンツをサポート
  • AMR-NB。4.75~12.2kbps(8kHzサンプリング時)
  • FLAC。モノラル/ステレオ(マルチチャネルなし)。最大48kHzのサンプルレート(ただし、48~44.1kHzのダウンサンプラーにはローパスフィルターが含まれていないため、出力が44.1kHzのデバイスでは最大44.1kHzを推奨)。16ビットを推奨。
  • MP3。モノラル/ステレオ:8~320Kbps定数(CBR)または可変ビットレート(VBR)
  • MIDI。MIDIタイプ0および1。DLSバージョン1および2。XMFおよびモバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • Vorbis
  • PCM/WAVE。16ビットリニアPCM(ハードウェア制限までのレート)。8000、11025、16000、44100Hzの周波数での未加工PCM録音に対するサンプリングレートのデバイスサポートが必須
  • Opus
  • ドルビーオーディオ。AC3(ドルビーデジタル)、EAC3(ドルビーデジタルプラス)、AC4をサポート
  • DTS。DTS-HD M6をサポート
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。ステレオで最大48kHz。CBR/VBRで最大320kbps
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。ステレオで最大48kHz。CBR/VBRで最大320kbps
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。48kHz、6チャネル、16ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。ステレオで最大48kHz。CBR/VBRで最大320kbps
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。48kHz、6チャネル、16ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。ステレオで最大48kHz。CBR/VBRで最大320kbps
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • ドルビーアトモス(EC3_JOC)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • ドルビーアトモス(EC3_JOC)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • ドルビーアトモス(EC3_JOC)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、16ビットおよび24ビット
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビットのVorbisOgg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(拡張AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビットのaudio/mp4a-latm
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • **AAC-LC。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(enhanced AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • **FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody。最大48kHzのMP3、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
ビデオコーデック
  • ドルビービジョン
    - 解像度/フレームレート: 最大UHD@60
    - プロファイル: 4-MEL、5、8、9。
    - コーデック: AVC(プロファイル9)、HEVC(プロファイル4-MEL、5および8)。
    - OTT4文字コード:hvc1、dvh1、hev1、dvhe、avc1
    - ドルビービジョンボックスの種類:dvcC、dvvC
    - 適応型のストリーミング形式: DASH、HLS、fMP4を使用するHLS
  • H.265 HEVC
    - 最大解像度: 2160p
    - 最小プロファイル: バージョン1、Main、Main 10、10ビット以上のサポート
    - レベル: 5.1、Main Tier
    - 最大フレームレート: 720p@60fps(必須)、1080p@60fps(必須)、2160p@60fps(必須)
    - セキュア(PlayReady、Widevine DRM)およびクリア(非セキュア)なコンテキスト
    - 解像度の高低の動的な切り替えをサポート
    - 必要な参照フレーム数は、レベル、プロファイル、解像度に基づく。High Efficiency Video Codingに記載のProfiles(英語のみ)を参照
    - カラースペース: Rec.601、Rec.709(セキュアまたは非セキュア)、Rec.2020
  • H.264 AVC
    - セキュアまたは非セキュア
    - 最大解像度: 1080p
    - 最小プロファイル/レベル: Mainプロファイル/レベル5.0、ハイプロファイル/レベル5.0)
    - 最大フレームレート: 720p@60fps(必須)、1080p@30fps(必須)、1080p@60fps(必須)、2160p@30fps(必須)、2160p@60fps(限定的サポート)
    - セキュア(PlayReady、Widevine DRM)およびクリア(非セキュア)なコンテキスト
    - 解像度の高低の動的な切り替えをサポート
    - 必要な参照フレーム数は、レベル、プロファイル、解像度に基づく。Advanced Video Codingに記載のLevels(英語のみ)を参照
  • H.263。サポートあり
  • MPEG-2
    - MPEG2 HWデコード(非セキュア)をサポート。TS(トランスポートストリーム)の非セキュアコンテンツ(ATSCなど)の視聴
    - MP@HL
    - 1080p@60fps
  • MPEG-4 SP
    - MPEG4 HWデコードをサポート
    - 1080p/60fps
    - シンプルプロファイル、アドバンスドシンプルプロファイル(レベル5)
  • VP8
    - 最大フレームレート: 720p@60fps(必須)、1080p@30fps(必須)、1080p@60fps(推奨)
    - Androidの仕様に必要なその他のサポート
    - システムのデコード機能を指定
  • VP9
    - 解像度/フレームレート: 最大UHD@60
    - プロファイル: 4-MEL、5、8、9
    - コーデック: AVC(プロファイル9)、HEVC(プロファイル4-MEL、5および8)
    - OTT4文字コード:hvc1、dvh1、hev1、dvhe、avc1
    - ドルビービジョンボックスの種類:dvcC、dvvC
    - 適応型のストリーミング形式: DASH、HLS、fMP4を使用するHLS
  • AV1。サポートあり
  • H.265 HEVC
    - 最大解像度: 2160p
    - 最小プロファイル: バージョン1、Main、Main 10、10ビット以上のサポート
    - レベル: 5.1、Main Tier
    - 最大フレームレート: 720p@60fps(必須)、1080p@60fps(必須)、2160p@60fps(必須)
    - セキュア(PlayReady、Widevine DRM)およびクリア(非セキュア)なコンテキスト
    - 解像度の高低の動的な切り替えをサポート
    - 必要な参照フレーム数は、レベル、プロファイル、解像度に基づく。High Efficiency Video Codingに記載のProfiles(英語のみ)を参照
    - カラースペース: Rec.601、Rec.709(セキュアまたは非セキュア)、Rec.2020
  • H.264 AVC
    - セキュアまたは非セキュア
    - 最大解像度: 1080p
    - 最小プロファイル/レベル: Mainプロファイル/レベル5.0、ハイプロファイル/レベル5.0)
    - 最大フレームレート: 720p@60fps(必須)、1080p@30fps(必須)、1080p@60fps(必須)、2160p@30fps(必須)、2160p@60fps(限定的サポート)
    - セキュア(PlayReady、Widevine DRM)およびクリア(非セキュア)なコンテキスト
    - 解像度の高低の動的な切り替えをサポート
    - 必要な参照フレーム数は、レベル、プロファイル、解像度に基づく。Advanced Video Codingに記載のLevels(英語のみ)を参照
  • H.263。サポートあり
  • MPEG-2
    - MPEG2 HWデコード(非セキュア)をサポート。TS(トランスポートストリーム)の非セキュアコンテンツ(ATSCなど)の視聴
    - MP@HL
    - 1080p@60fps
  • MPEG-4 SP
    - MPEG4 HWデコードをサポート
    - 1080p/60fps
    - シンプルプロファイル、アドバンスドシンプルプロファイル(レベル5)
  • VP8
    - 最大フレームレート: 720p@60fps(必須)、1080p@30fps(必須)、1080p@60fps(推奨)
    - Androidの仕様に必要なその他のサポート
    - システムのデコード機能を指定
  • VP9
    - 解像度/フレームレート: 最大UHD@60
    - プロファイル: 4-MEL、5、8、9
    - コーデック: AVC(プロファイル9)、HEVC(プロファイル4-MEL、5および8)
    - OTT4文字コード:hvc1、dvh1、hev1、dvhe、avc1
    - ドルビービジョンボックスの種類:dvcC、dvvC
    - 適応型のストリーミング形式: DASH、HLS、fMP4を使用するHLS
  • AV1。サポートあり
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps。Main/Main10プロファイル、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps。ハイプロファイル、レベル4.2。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大704x576p、非セキュア。H.263 MPEG-4 Part 2をサポート
  • VP8。ソフトウェアによる高速化。セキュア(Widevine L3のみ)および非セキュア。720p/30fpsに最適
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps。
  • MPEG-4。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大2160p(4K)@60fps、Mainプロファイルレベル5.1
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大2160p@30fpsまたは1080p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H263。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps、6Mbps、プロファイル0、レベル70
  • VP8。1080p@30fpsまでサポート。ベースラインプロファイル、非セキュア
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大2160p@60fps(制限あり)
  • MPEG-2。最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@60fps、10ビット
  • ドルビービジョン。最大2160p@60fps。プロファイル: 4-MEL、5、8、9。コーデック: AVC(プロファイル9)、HEVC(プロファイル4-MEL、5および8)。ドルビービジョンボックスの種類:dvcC、dvvC
  • H.265 HEVC。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、HDR10対応。Main/Main10プロファイル、Main Tier、レベル5.1、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264 AVC。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fps。ハイプロファイル、レベル5.0。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。サポートあり
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4 SP。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • VP8。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • H.265 HEVC。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、HDR10対応。Main/Main10プロファイル、Main Tier、レベル5.1、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264 AVC。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fps。ハイプロファイル、レベル5.0。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。サポートあり
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4 SP。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • VP8。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • ドルビービジョン。最大2160p@60fps。プロファイル: 4-MEL、5、8、9。コーデック: AVC(プロファイル9)、HEVC(プロファイル4-MEL、5および8)。ドルビービジョンボックスの種類:dvcC、dvvC
  • H.265 HEVC。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、HDR10対応。Main/Main10プロファイル、Main Tier、レベル5.1、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264 AVC。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fps。ハイプロファイル、レベル5.0。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。サポートあり
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4 SP。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • VP8。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • ドルビービジョン。プロファイル4-MEL、5、8、9向けドルビービジョンのサポート(プロファイル5および8はレベル9まで、プロファイル9はレベル5まで)。
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、35Mbps、Main 10プロファイルレベル5.1、HDR10/HDR10+/HLG入力対応、色空間8ビットおよび10ビット表示に対応
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps、6Mbps、プロファイル0、レベル70
  • VP8。1080p@30fpsまでサポート。ベースラインプロファイル、非セキュア
  • VP9。サポートあり
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、シンプル/アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • H.265 HEVC。ハードウェアによる高速化:最大2k(1080p)@60fps、HDR10対応。Main/Main10プロファイル、Main Tier、レベル5.1、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264 AVC。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fps。ハイプロファイル、レベル5.0。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。サポートあり
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4 SP。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • VP8。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • ドルビービジョン。2019年にリリースされた一部のモデルは、ドルビービジョンをサポートしています。ドルビービジョンの仕様は以下のとおりです。
    - 解像度/フレームレート: 最大UHD@60
    - プロファイル: 4-MEL、5、8、9
    - コーデック: AVC(プロファイル9)、HEVC(プロファイル4-MEL、5および8)
    - OTT4文字コード:hvc1、dvh1、hev1、dvhe、avc1
    - ドルビービジョンボックスの種類:dvcC、dvvC
    - 適応型のストリーミング形式: DASH、HLS、fMP4を使用するHLS
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、HDR10対応。Main/Main10プロファイル、Main Tier、レベル5.1、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fps。ハイプロファイル、レベル5.0。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大1080p、非セキュア
  • VP8。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、HDR10対応。Main/Main10プロファイル、Main Tier、レベル5.1、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fps。ハイプロファイル、レベル5.0。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大1080p、非セキュア
  • VP8。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps。Main/Main10プロファイル、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps。ハイプロファイル、レベル4.2。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大704x576p、非セキュア。H.263 MPEG-4 Part 2をサポート
  • VP8。ソフトウェアによる高速化。セキュア(Widevine L3のみ)および非セキュア。720p/30fpsに最適
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps。Main/Main10プロファイル、セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps。ハイプロファイル、レベル4.2。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大704x576p、非セキュア。H.263 MPEG-4 Part 2をサポート
  • VP8。ソフトウェアによる高速化。セキュア(Widevine L3のみ)および非セキュア。720p/30fpsに最適
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps、プロファイル0、2、セキュアおよび非セキュア
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@60fps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、35Mbps、Main 10プロファイルレベル5.1、HDR10対応のレンダリングパイプライン、色空間8ビットおよび10ビット表示に対応
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fpsまたは1080p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4.1)
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大4K@60fps(フレームスキップ含む)、プロファイル2、HDR10対応のレンダリングパイプライン
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、35Mbps、Main 10プロファイルレベル5.1、HDR10対応のレンダリングパイプライン、色空間8ビットおよび10ビット表示に対応
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fpsまたは1080p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4.1)
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大4K@60fps(フレームスキップ含む)、プロファイル2、HDR10対応のレンダリングパイプライン
  • ドルビービジョン。プロファイル4-MEL、5、8、9向けドルビービジョンのサポート(プロファイル5および8はレベル9まで、プロファイル9はレベル5まで)。
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、35Mbps、Main 10プロファイルレベル5.1、HDR10/HDR10+/HLG入力対応、色空間8ビットおよび10ビット表示に対応
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps、6Mbps、プロファイル0、レベル70
  • VP8。1080p@30fpsまでサポート。ベースラインプロファイル、非セキュア
  • VP9。サポートあり
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、シンプル/アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps。Main/Main10プロファイル、High Tier、レベル5.1。DRC 16ミリ秒以内
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@60fps。Main/Highプロファイル、レベル最大5.1。DRC 16ミリ秒以内。セキュアおよび非セキュアな再生
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps、40Mbps、非セキュア
  • VP8。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps、プロファイル0
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、プロファイル0、2、Widevineのみ
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、20Mbps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@30fps、25Mbps、Main 10プロファイル(レベル5.0)、色空間8ビットおよび10ビット(入力のみ、出力は8ビット)
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大WVGA(800x400)@30fps、6Mbps、プロファイル0 レベル70
  • VP8。ハードウェアによる高速化、プロファイル0
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大Youtube 4K、プロファイル0
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、20Mbps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps、25Mbps、Mainプロファイルレベル4.0、色空間8ビットをサポート
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大WVGA(800x400)@30fps、6Mbps、プロファイル0 レベル70
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps
  • MPEG-4。30fpsでデコード、20Mbps、アドバンスドシンプルプロファイル(レベル5)
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大WVGA(800x400)@30fps、6Mbps、プロファイル0 レベル70
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、20Mbps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps、25Mbps、Mainプロファイルレベル4.0、色空間8ビットをサポート
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大WVGA(800x400)@30fps、6Mbps、プロファイル0 レベル70
  • MPEG-4。30fpsでデコード、20Mbps、アドバンスドシンプルプロファイル(レベル5)
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大WVGA(800x400)@30fps、6Mbps、プロファイル0 レベル70
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、20Mbps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)
入出力の色形式
  • 8ビット~10ビットの色深度(HEVC/AV1)をサポート
  • 8ビット~10ビットの色深度(HEVC/AV1)をサポート
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/10ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/10ビットRec.2020
  • プロファイル5、8、9の最高レベルまでドルビービジョン対応。プロファイル5および8はレベル9、プロファイル9はレベル5
  • HDR10+
  • HLG
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 注: 10ビットの色入力はコーデックによりサポートされていますが、出力は10ビットをサポートしていません。
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 注: 10ビットの色入力はコーデックによりサポートされていますが、出力は10ビットをサポートしていません。
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/10ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/10ビットRec.2020
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/10ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/10ビットRec.2020
  • プロファイル5、8、9の最高レベルまでドルビービジョン対応。プロファイル5および8はレベル9、プロファイル9はレベル5
  • HDR10+
  • HLG
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 注: 10ビットの色入力はコーデックによりサポートされていますが、出力は10ビットをサポートしていません。
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
DRM
デジタル著作権管理
  • PlayReady 3.3
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 3.3
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 2.5
  • Widevide L1/L3
  • HDCP 1.4
  • Widevine L1 v11
  • Playready 3.3
  • Widevine L1
  • Playready 2.5
  • Widevine L1
  • Playready 2.5
  • Widevine L1
  • Playready 2.5
  • PlayReady 3.0
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • Widevine L1
  • Playready 2.5
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 2.5
  • Widevide L1/L3
  • HDCP 1.4
  • Widevide L1/L3
  • PlayReady 2.5
  • HDCP 1.4
  • PlayReady 3.0
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 3.0
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 3.0
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 1.4
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L3
  • HDCP 1.4
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 1.4
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L3
  • HDCP 1.4
HDR
ハイダイナミックレンジ
  • HDR10
  • HLG
  • ドルビービジョン
  • HDR10
  • HLG

サポートなし

  • HDR10
  • HLG
  • HDR10+
  • DoVi
  • HDR10
  • HLG
  • ドルビービジョン
  • HDR10
  • HLG
  • HDR10
  • HLG
  • ドルビービジョン
  • HDR10
  • HDR10+
  • HLG
  • ドルビービジョン

サポートなし

  • HDR10
  • HLG
  • ドルビービジョン
  • HDR10

サポートなし

サポートなし

  • HDR 10

HDR 10

  • HDR10
  • HDR10+
  • HLG
  • ドルビービジョン

サポートなし

サポートなし

サポートなし

サポートなし

サポートなし

サポートなし

Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.2 Bluetooth 5.0。サポート対象のプロファイル Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0 Bluetooth 5.0。サポート対象のプロファイル Bluetooth 5.0 Bluetooth 4.2。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.2。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.2。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.2。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.2。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.2。サポート対象のプロファイル Bluetooth 5.0。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.1。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.1。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.1。サポート対象のプロファイル Bluetooth 3.0。サポート対象のプロファイル Bluetooth 4.1。サポート対象のプロファイル Bluetooth 3.0。サポート対象のプロファイル
OpenGLのバージョン
Open Graphics Library – 2Dおよび3Dグラフィックのレンダリング
OpenGL ES 3.2 OpenGL ES 3.2 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 3.2 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 3.2 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 3.2 OpenGL ES 3.2 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 3.2 OpenGL ES 3.2 OpenGL ES 3.0 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 2.0 OpenGL ES 3.0
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
2x2 MIMO(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11 a/b/g/n/ac
2x2 MIMO(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11ac、2.4GHz、5GHz、2x2 MIMO機能に加えて、各地域のすべてのサブバンドをサポート 802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
802.11a/b/g/n、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
イーサネット 10/100Mbps 10/100Mbps 10/100Mbps 10/100Mbps 10/100Mbps 10/100Mbps 10/100Mbps サポートなし 10/100Mbps 10/100Mbs 10/100Mbs 10/100Mbs 10/100Mbs 10/100Mbs 10/100Mbs(外部アダプターを使用) 10/100Mbs(外部ドングルを使用) 10/100Mbs 10/100Mbs 10/100Mbs(外部アダプターを使用) サポートなし 10/100Mbs(外部アダプターを使用) 10/100Mbs
ストレージ 8GB 8GB 8GB 16GB(内部) 8GB 8GB 8GB 8GB 8GB 8GB 8GB 8GB 8GB 16GB(内部) 8GB(内部) 8GB 16GB。SDカードで128GBに拡張可能 8GB 8GB(内部) 8GB 8GB(内部) 8GB
Miracast
Fireタブレットのディスプレイミラーリング
サポートあり サポートされます。 サポートされます。 サポートあり サポートなし サポートなし サポートあり サポートあり サポートなし サポートなし サポートなし サポートなし サポートなし サポートなし サポートなし サポートあり サポートなし サポートあり サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートあり
Alexaファーフィールド音声制御
ハンズフリー音声操作
接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート サポートなし ネイティブサポートあり ハンズフリー版でネイティブにサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート ネイティブサポートあり 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート 接続されたEchoデバイスでのみサポート サポートなし 接続されたEchoデバイスでのみサポート
Alexaニアフィールド音声制御
リモコンのマイクボタン
サポートあり サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートされます。 サポートあり サポートなし サポートなし サポートなし