開発者コンソール
Fireタブレット | Amazonアプリストア開発者ポータル

Fireタブレット

Alexa搭載でユーザーインターフェイスも新しくなった新型Fireタブレット。Amazon独自のサービスとの連係も強化され、さまざまな新機能が満載です。最新のFireタブレットで充実したエンターテインメントをお楽しみください。

Amazonの開発者ツールを使用して、ユーザーが夢中になるエクスペリエンスを創りましょう。既にお持ちのアプリやゲームを公開する場合はこちら、新たに開発を始める場合はこちらをご覧ください。

開発フレームワークとツール

Androidアプリの開発

Fireタブレット対応アプリの開発には、Androidアプリの開発で既に使用されているのと同じツール、IDE、APIを使用できます。

クロスプラットフォーム開発

Unity、Adobe Air、Cordova、Xamarin、Marmaladeといった、 クロスプラットフォームエンジンに対応したプラグインや拡張機能をダウンロードしてご利用いただけます。

Fire App Builder

コードをゼロから記述することなく、Javaベースのアプリを開発することができます。このフレームワークではAndroid Studioが使用され、マネタイズと分析のサポート機能も利用可能です。

ウェブアプリの開発

Fireタブレットで実行可能なHTML5ウェブアプリを開発することができます。Amazonアプリストアにウェブアプリを申請するにあたって、複数の構成方法をご利用いただけます。

エンゲージメント向上に役立つ動的コンテンツ

Fireタブレット

魅力的なページレイアウト

ホーム画面には、書籍、アプリとゲーム、動画、音楽、オーディオブック、雑誌など、それぞれに専用のコンテンツページが用意されています。各ページはお洒落な雑誌のように見えるレイアウトで、アプリとゲームが「主役」となるようなデザインになっています。

Fireタブレット

動的なコンテンツ表示

Amazonアプリストアでは、静的なアプリメニューに替えて、個々のユーザーに応じてパーソナライズされる動的なコンテンツリストを導入しています。

Fireタブレット

Fire HD 10(2019)- Alexaハンズフリーモード対応

Fire HD 10は、Amazonの最新オペレーティングシステム「Fire OS 7」(Android 9 Pieベース)を採用した新世代の大画面Fireタブレットです。処理能力が向上した新型プロセッサ、最長12時間持続可能なバッテリー、さらにつながりやすくなったデュアルバンドWi-Fi、ピクチャーインピクチャー(PIP)機能のサポートなど、ハードウェアの面で開発者向けの改善が施されています。また、2.0GHzのオクタコアプロセッサと2GBのRAMが搭載されているため、アプリの切り替えや映画のストリーミング、ウェブの閲覧がよりスムーズに行えるようになりました。Alexaハンズフリーモードにも対応しているので、アプリやゲームの起動、ビデオの操作、音楽の検索、照明の調整、タイマーの設定、カレンダーの表示など、さまざまなことを音声だけで実行できます。詳細はこちら >>

Fire tablets

Fire HD 8タブレット(2020)

Fire HD 8は、明るくなった8インチHDディスプレイ、容量が2倍になったストレージ、2GBのRAMを搭載。新しい2.0GHzのクアッドコアプロセッサにより、前世代機と比べて最大30%の高速化を実現しています。Wi-Fiもさらにつながりやすくなったため、映画のストリーミングやビデオの視聴、ゲームプレイがより快適に。バッテリー持続時間は最大12時間で、ダウンロードしたコンテンツを外出先でも楽しめます。また、簡単に充電ができるUSB-Cが採用され、充電速度も向上しています。

Fireタブレット

Fire 7タブレット(2019)

Fire 7タブレットは、1024x600のIPSディスプレイ(171 ppi)を搭載しているので、どの角度からでも色鮮やかな映像を楽しむことができます。前世代機よりも速くなったCPUとGPUのほか、RealTekのボイスDSPが搭載されているので、ハンズフリーでAlexaにアクセスすることも可能です。オペレーティングシステムには、AmazonのOS「Fire OS 6」(Android Nベース)を採用。ストレージの容量は2倍(16GBと32GB)になり、720pのHD録画が可能な2メガピクセルフロントカメラも備わっています。また、最大1.3GHzの高速クアッドコアプロセッサを採用することでアプリの起動が速くなり、ゲームやビデオもスムーズに再生できるようになりました。

Fire OS

Fire OSは、Amazon Fire TVやFireタブレットに搭載されたオペレーティングシステムです。Androidのフォークバージョンであるため、Androidで実行できるアプリのほとんどは、AmazonのFireデバイスでも実行できます。Fire OS 6はAndroid 7.1(Nougat)とAPIレベル25を、Fire OS 5はAndroid 5.1(Lollipop)とAPIレベル22をベースにしています。最新のタブレットであるFire HD 10は、Fire OS 7を搭載。Amazonのテストでは、Androidアプリの75%以上が新たに開発を加えることなくそのまま動作することが確認されています。

Android APKをアプリテストサービスにドラッグアンドドロップするだけで、90秒以内で互換性を確認することができます。また、Android Nougatでは、アプリの互換性に影響を与える大幅な変更がAndroid Open Source Project(AOSP)に多数加えられています(特にAndroid Runtime(ART)の導入など)。Amazonでは、Amazonアプリストアで公開されているアプリを積極的にテストし、よくある問題や一般的なバグの対処方法(推奨ベストプラクティス)をナレッジベースに投稿して紹介しています。