Amazon Fire TVリモコン入力

すべてのボタン、Androidイベント、および動作のガイドラインは、音声認識ボタンを除いて、すべてのリモコンで同じです。音声認識ボタンは一部のリモコンでしか利用できません。

サポートされるすべてのコントローラーにおけるボタンの動作に関する推奨ガイドラインについては、「コントローラー動作のガイドライン」を参照してください。Amazon Fireゲームコントローラーからの入力を処理する方法の詳細については、「Amazon Fire TVゲームコントローラー入力」を参照してください。

ボタン

ほとんどのAmazon Fire TVリモコンには次のボタンがあります。一部のFire TVリモコンには音声認識ボタンが付属していません。

Remote control
Remote control

入力情報を取得する

Android入力機器と同じように、すべてのAmazon Fire TVリモコンは、ボタンが押されると、KeyEventイベントを生成します。コントローラーボタン入力は、標準のAndroidイベントリスナーインターフェースとコールバック (onClick()onFocusChange() など) を使用して処理できます。Amazon Fire TVリモコンと音声認識リモコンのいずれも、(Android MotionEventクラスからの) モーションイベントを生成しません。

Viewで特定のボタンが押されたことを示すイベントをキャプチャするには、onKeyDown() などの入力イベントハンドラをオーバーライドします。特定のキーをキャプチャするには、KeyEventクラスの入力定数に該当するかどうかをテストします。

たとえば、[左]、[右]、および [選択] のD-pad (ナビゲーション) ボタンをキャプチャするには、次のコードを使用します (ゲームコントローラーの [A] ボタンに対しても同様です)。

@Override
public boolean onKeyDown(int keyCode, KeyEvent event){
boolean handled = false;

switch (keyCode){
case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_CENTER:
case KeyEvent.KEYCODE_BUTTON_A:
        // ... handle selections
        handled = true;
        break;
case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_LEFT:
        // ... handle left action
        handled = true;
        break;
case KeyEvent.KEYCODE_DPAD_RIGHT:
        // ... handle right action
        handled = true;
        break;
}
return handled || super.onKeyDown(keyCode, event);
}

すべての入力イベントに関して、リスナーメソッドは、イベントをキャプチャして処理するためにtrueを返すか、他のコントロールがそのイベントを管理できるようにイベントをsuper.onKeyDown() に渡す必要があります。

入力イベントリファレンス

次の表に、ボタンとそのAndroid KeyEvent定数、各ボタンのデフォルトの動作を示します。Amazon Fire TVリモコンはいずれも、(Android MotionEventクラスからの) モーションイベントを生成しません。

アプリが特定の入力イベントをキャプチャしないと、デフォルトの動作が発生します。

ボタン KeyEvent デフォルトの動作
ホーム なし [ホーム] 画面に戻ります。これはシステムイベントで、インターセプトできません。
戻る KEYCODE_BACK 前の操作または画面 (アクティビティ) に戻ります。
メニュー KEYCODE_MENU Androidコンテキストメニュー (OptionsMenu) が起動されます。
音声認識ボタン(音声認識リモコンのみ) なし システムの音声検索が起動されます。これはシステムイベントで、インターセプトできません。
選択 (D-padの [選択]) KEYCODE_DPAD_CENTER 現在フォーカスが置かれているユーザーインターフェースアイテムが選択されます。
上 (D-pad) KEYCODE_DPAD_UP ユーザーインターフェース内でフォーカスが上方向に移動します。
下 (D-pad) KEYCODE_DPAD_DOWN ユーザーインターフェース内でフォーカスが下方向に移動します。
左 (D-pad) KEYCODE_DPAD_LEFT ユーザーインターフェース内でフォーカスが左方向に移動します。
右 (D-pad) KEYCODE_DPAD_RIGHT ユーザーインターフェース内でフォーカスが右方向に移動します。
再生/一時停止 KEYCODE_MEDIA_PLAY_PAUSE メディアが再生または一時停止されます。再生と一時停止は、相互に切り替わります。
早戻し KEYCODE_MEDIA_REWIND 再生中のメディアコンテキストが早戻しされます。
早送り KEYCODE_MEDIA_FAST_FORWARD 再生中のメディアコンテキストが早送りされます。