Amazon Fire TV用アプリとゲームを開発するための準備

アプリを開発するための準備 (Amazon Fire TV)

Amazon Fire TV向けのアプリを開発する際は、まず、Androidアプリとウェブアプリのどちらを作成するのかを決めます。

  • Androidアプリ: Android Java開発者は、既存のツール (Android Studioなど) とフレームワーク (Unityなど) を使用して、10フィートエクスペリエンス向けのアプリやゲームを開発できます。アプリの開発に役立つサンプルコード、ドキュメント、ガイドラインが用意されています。ストリーミングメディアアプリを開発する場合、Fire App Builder (JavaベースのAndroidスターターキット) を使用して効率的にアプリを作成することができます。
  • ウェブアプリ: HTML5ウェブ開発者は、Amazon WebViewを利用してアプリやゲームを開発できます。開発の成果物として、HTML5ウェブアプリ、Fire OSポートを使用するCordovaアプリハイブリッドアプリのいずれかを選択できます。ストリーミングメディアアプリを開発する場合、Fire TV向けウェブアプリスターターキットを使用して効率的にアプリを作成することができます。

加えて、自分のスキルを考慮することも重要です。得意とするのはJavaを使用したAndroid開発でしょうか。それとも、HTML5/ウェブ開発でしょうか。自分の経験とアプリの要件に合った方法を選んでください。

Amazon Fire TV向けAndroidアプリ開発

JavaでAndroid開発を行っている方のために、Amazon Fire TVではAndroid開発で使用されているものと同じツール、IDE、APIが使用されています。まずは、Fire App Builderを参照してください。Amazon Fire TV対応アプリやAndroidアプリをJavaで開発する方法が、初めての方にもわかりやすく説明されています。Fire App Builderは、(ゲームではなく) ストリーミングメディアTVアプリを意図した設計になっています。

独自のアプリをゼロから開発する場合は、次のトピックを参照してください。

Android開発の経験が豊富にある方は、Fire OSを対象とする開発とAndroidを対象とする開発の違いも確認しておいてください。

Amazon Fire TV向けHTML5ウェブアプリ開発

日頃、HTML5を使ったウェブアプリ開発でストリーミングメディアアプリを作成している方は、Amazon Fire TV向けウェブアプリスターターキット (WASK) を利用いただけます。WASKは、Fire TV向けに簡単なメディア指向アプリを短時間で作成できるよう支援することを目的としたオープンソースプロジェクトです。このスターターキットには、10 フィートエクスペリエンスに適したユーザーインターフェース設計の例や、Fire TVリモコンのサポートが含まれています。サンプルコンポーネントも用意されており、それを基に独自のメディアアプリを作成してカスタマイズすることができます。

HTML5のウェブアプリをゼロから開発する場合は、ウェブアプリを準備するを参照してください。

Amazon Fire TV対応アプリに使用されるAPI

Amazon Fire TV対応アプリを作成する際、堅牢性を高めるためにほかのAmazon APIを実装することもできます。

  • アプリ内課金API: Fire TV端末を購入し、Amazonアカウントに登録すると、自動的にAmazon支払いプロファイルが設定され、その他の設定をすることなくアプリまたはアプリ内アイテムを購入できるようになります。Amazon Fire TVとFire TV Stickは、Amazonアプリ内課金のAPIをサポートしているため、消費可能アイテムや消費不可アイテムのほか、定期購入もアプリ内で販売することができます。
  • Amazon Fling SDK: Amazon Fling SDKを使用すると、スマートフォンやタブレットに表示される画面を直接テレビに転送することができます。アプリを 2 画面に拡張することにより、複数のユーザーでアプリを利用することができます。

Fire TV APIとSDKの詳細については、アプリ・ゲームサービスSDKを参照してください。

端末とメディアの仕様

Amazon Fire TVでサポートされるメディア、端末、仕様 (ビデオの形式、DRM、コーデック、解像度など) については、Fire TV端末の仕様を参照してください。

Amazon Fire TVのドキュメントについて

Amazon Fire TVのドキュメントは、次のグループに分かれています。

Amazon Fire TV端末の命名規則

Amazon Fire TVの端末名
名前 端末の説明
Amazon Fire TV 小型のポータブル型かセットトップボックス型のいずれかのバージョンのAmazon Fire TVを指します。Fire TVには3世代あります。
  • 第3世代: 2017年リリース
  • 第2世代: 2015年リリース
  • 第1世代: 2014年リリース
最新のバージョンは、Amazon.comでは「Alexa Voice Remote付き、4K対応Amazon Fire TV」と表記されています (リモコンの音声認識機能以外は日本未対応)。
Fire TV Edition (日本発売なし) Fire TVがテレビに実装されたスマートTVを指します。Amazon.comでは「新型 [43/50/55/65] インチ、4K Ultra HDスマートLED TV - Fire TV Edition」と表記されています (日本未対応)。
Fire TV Stick スティック型のFire TVを指します。Fire TV Stickには2つの世代と1つのEditionがあります。
  • Basic Edition: 2017年リリース
  • 第2世代: 2017年リリース
  • 第1世代: 2015年リリース

ハードウェアに関して、Fire TV Stick (第2世代) とFire TV Stick Basic Editionの仕様を比較すると、Basic EditionはAlexa Voice Remote (リモコンの音声認識機能は日本未対応) を搭載していませんが、あとの部分はほぼ同じです。Fire TV Stick (第2世代) は、米国、英国、ドイツ、日本、インドで提供されています。一方、Basic Editionは、それらの以外の100を超える国と地域で利用可能です (対象国の一覧はこちらを参照してください)。

Amazon Fire TV端末 Fire TV端末 (セットトップボックス型、小型のポータブル型、スティック型、スマートTV) のすべてのバージョンとモデルを指します。

Amazon Fire TVフォーラム

ご不明な点やご質問、ご意見など、他のユーザーと共有したい事柄がある場合は、Amazon開発者フォーラムのFire TVとFire TV Stickのカテゴリをご利用ください。