デバイスの仕様: Fire TV Editionサウンドバー


デバイスの仕様: Fire TV Editionサウンドバー

詳細を確認したいFire TVデバイスを以下のドロップダウンメニューから選択してください。

Fire TV Edition(日本未対応)- Nebula D3000サウンドバー(2019)2019年、Amazonは好評のFire TV Editionスマートテレビの新カテゴリーとなる、Fire TV Edition(日本未対応)サウンドバーを発表しました。Fire TVがサウンドバーに組み込まれているため、これだけで豊富なストリーミング動画と上質なサウンドによるホームシネマ体験を味わえます。オーディオシステムのアップグレードとFire TVへの切り替えを検討していて、コードまわりをすっきりさせたい場合、このサウンドバーが理想的なソリューションになるはずです。また、Fire TV Edition(日本未対応)サウンドバーをAlexaモバイルアプリのマルチルームミュージックグループに追加することで、Amazon Musicなどの音楽配信サービスを家中で楽しむこともできます(利用可能な場合)。

Anker InnovationsとAmazonによる初のFire TV Edition(日本未対応)- Nebula D3000サウンドバーは、一般的なテレビでホームシネマ体験を味わえるようにするFire TVデバイスです。4K Ultra HD、スマートテレビ統合インターフェイス、Alexa近接操作、ドルビービジョンパススルーなどをサポートしているので、部屋のサイズを問わず、豊かなサウンドの安定したエンターテイメント環境を実現できます。付属のAlexa対応音声認識リモコンを使用すれば、Fire TVの操作、対応テレビの電源オン・オフ、サウンドバー機能(電源、音量、ミュートなど)の操作も簡単です。また、Nebulaサウンドバーの仕様はFire TV Stick 4Kと似ていて、ビルドモデルも同じものを使用しています。

Fire TV Edition(日本未対応)- Nebulaサウンドバーのデバイス仕様
機能 説明
通称 Fire TV Edition(日本未対応)- Nebulaサウンドバー
販売名 Nebula Soundbar – Fire TV Edition, 4K HDR Support, 2.1 Channel, Built-In Subwoofers, Alexa Built-In
発売年 2019年
販売対象のマーケットプレイス
(詳細)
米国英国カナダ
フォームファクター サウンドバー
ビルドモデル
android.os.Build.MODEL
AFTMM
Androidのバージョン
android.os.Build.VERSION.SDK_INT
APIレベル25(Android 7.1)
Fire OSのバージョン Fire OS 6
プロセッサ(SoC)
MTK8695 + MT7668
CPU クアッドコア1.7GHz
GPU IMG GE8300
メモリ(RAM) 1.5GB DDR4
ディスプレイ 該当なし
最大解像度 3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
オーディオコーデック
  • ドルビーアトモス(EC3_JOC)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(拡張AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
ビデオコーデック
  • ドルビービジョン。プロファイル4-MEL、5、8、9向けドルビービジョンのサポート(プロファイル5および8はレベル9まで、プロファイル9はレベル5まで)。 HLG
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、35Mbps、Main 10プロファイルレベル5.1、HDR10/HDR10+/HLG入力対応、色空間8ビットおよび10ビット表示に対応
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fps、6Mbps、プロファイル0、レベル70
  • VP8。1080p@30fpsまでサポート。ベースラインプロファイル、非セキュア
  • VP9。サポートあり
  • MPEG-2。ハードウェアによる高速化:最大1080p@60fps
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、シンプル/アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)、非セキュア
入出力の色形式
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/10ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/10ビットRec.2020
  • プロファイル5、8、9の最高レベルまでドルビービジョン対応。プロファイル5および8はレベル9、プロファイル9はレベル5
  • HDR10+
  • HLG
DRM
デジタル著作権管理
  • PlayReady 3.0
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
Bluetooth Bluetooth 5.0:サポート対象のプロファイル
OpenGLのバージョン
Open Graphics Library – 2Dおよび3Dグラフィックのレンダリング
OpenGL ES 3.2
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
イーサネット 10/100Mbs
ストレージ 8GB
Miracast
Fireタブレットのディスプレイミラーリング
サポートあり
Alexa遠隔操作
ハンズフリー音声操作
接続されたEchoデバイスでのみサポート
Alexa近接操作
リモコンのマイクボタン
サポートあり