デバイスの仕様: Fire TV(ペンダント型/セットトップボックス型)


デバイスの仕様: Fire TV(ペンダント型/セットトップボックス型)

詳細を確認したいFire TVデバイスを以下のドロップダウンメニューから選択してください。

Fire TV(第3世代)Fire TV(第3世代)は、2017年10月にリリースされた最大解像度4K Ultra HD@60fps対応のFire TVデバイスです。HDR10(ハイダイナミックレンジ:際立ったコントラストと鮮明な色彩表示を実現)、および豊かなサウンドを実現するドルビーアトモスにも対応しています。第3世代は小型のペンダント型であるため、セットトップボックス型の第1世代・第2世代と比べて目立たず、持ち運びに便利です。また、Fire TV Stickよりパワフルな1.5GHzクアッドコアプロセッサを搭載し、オプションのイーサネットアダプターにも対応するMicro USBポートを備えています。第3世代は、Android APIレベル25をベースとするFire OS 6を採用しています。

Fire TV(第3世代)のデバイス仕様
機能 説明
通称 Fire TV(第3世代)
販売名 Fire TV - 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属
発売年 2017年
販売対象のマーケットプレイス
(詳細)
米国、英国、ドイツ、日本
フォームファクター ペンダント型
ビルドモデル
android.os.Build.MODEL
AFTN
Androidのバージョン
android.os.Build.VERSION.SDK_INT
APIレベル25(Android 7.1)
Fire OSのバージョン Fire OS 6
プロセッサ(SoC)
Amlogic S905Z
CPU クアッドコアARM Cortex-A53 CPU(最大1.5GHz)。32ビットアプリに対応
GPU Mali-450 MP3
メモリ(RAM) 2GB
ディスプレイ 該当なし
最大解像度 3840 x 2160(2160p/4K)- 60Hz
オーディオコーデック
  • ドルビーアトモス(EC3_JOC)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、8チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(拡張AAC+)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
ビデオコーデック
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@60fps、35Mbps、Main 10プロファイルレベル5.1、HDR10対応のレンダリングパイプライン、色空間8ビットおよび10ビット表示に対応
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p@30fpsまたは1080p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4.1)
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大4K@60fps(フレームスキップ含む)、プロファイル2、HDR10対応のレンダリングパイプライン
DRM
デジタル著作権管理
  • PlayReady 3.0
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
Bluetooth Bluetooth 4.2:サポート対象のプロファイル
OpenGLのバージョン
Open Graphics Library – 2Dおよび3Dグラフィックのレンダリング
OpenGL ES 2.0
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
イーサネット 10/100Mbs(外部アダプターを使用)
ストレージ 8GB(内部)
Miracast
Fireタブレットのディスプレイミラーリング
サポートなし
Alexa遠隔操作
ハンズフリー音声操作
接続されたEchoデバイスでのみサポート
Alexa近接操作
リモコンのマイクボタン
サポートあり

Fire TV(第2世代)Fire TV(第2世代)は、2015年9月にリリースされた最大解像度4K Ultra HD対応のFire TVデバイスです。第3世代モデルとは異なり、第2世代はセットトップボックス型で、USBポートおよびイーサネットポートを搭載しています。また、Fire OS 5が採用され、高速CPU(2GHzと1.5GHzのデュアルコア)が高い処理能力を発揮し、ゲームコントローラーとも互換性があります。現在、第2世代デバイスは整備済み製品としてのみ販売されています。

Fire TV(第2世代)のデバイス仕様
機能 説明
通称 Fire TV(第2世代)
販売名 Amazon Fire TV with 4K Ultra HD
発売年 2015年
販売対象のマーケットプレイス
(詳細)
米国
フォームファクター セットトップボックス
ビルドモデル
android.os.Build.MODEL
AFTS
Androidのバージョン
android.os.Build.VERSION.SDK_INT
Androidレベル22(Android 5.1)
Fire OSのバージョン Fire OS 5
プロセッサ(SoC)
MediaTek 8173C
CPU クアッドコア(最大2GHzのデュアルコアARM Cortex A72、最大1.573GHzのデュアルコアARM Cortex A53)。32ビットアプリに対応
GPU PowerVR Rogue GX6250
メモリ(RAM) 2GB
ディスプレイ 該当なし
最大解像度 3840 x 2160(2160p/4K)- 30Hz
オーディオコーデック
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • AAC-LC。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(拡張AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody
  • MP3。最大48kHz、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
ビデオコーデック
  • H.265(HEVC)。ハードウェアによる高速化:最大3840x2160p(4K)@30fps、25Mbps、Main 10プロファイル(レベル5.0)、色空間8ビットおよび10ビット(入力のみ、出力は8ビット)
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大WVGA(800x400)@30fps、6Mbps、プロファイル0 レベル70
  • VP8。ハードウェアによる高速化、プロファイル0
  • VP9。ハードウェアによる高速化:最大Youtube 4K、プロファイル0
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、20Mbps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)
入出力の色形式
  • 8ビットRec.709(HEVC MainプロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.709(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
  • 10ビットRec.2020(HEVC Main10プロファイルL5)/8ビットRec.709
DRM
デジタル著作権管理
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L1/L3
  • HDCP 2.2
Bluetooth Bluetooth 4.1:サポート対象のプロファイル
OpenGLのバージョン
Open Graphics Library – 2Dおよび3Dグラフィックのレンダリング
OpenGL ES 3.0
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
イーサネット 10/100Mbs
ストレージ 8GB
Miracast
Fireタブレットのディスプレイミラーリング
サポートあり
Alexa遠隔操作
ハンズフリー音声操作
接続されたEchoデバイスでのみサポート
Alexa近接操作
リモコンのマイクボタン
サポートあり

Fire TV(第1世代)Fire TV(第1世代)は、2014年4月にリリースされた初代Fire TVです。形状は第2世代に似ていますが、最大解像度は1080p@30fpsしかありません。第2世代と同じようにFire OS 5が採用されていて、同様のポートを備えています。ストアでの販売は終了し、現在ではそれほど多くのお客様に利用されていないようです。

Fire TV(第1世代)のデバイス仕様
機能 説明
通称 Fire TV(第1世代)
販売名 Amazon Fire TV - 1st Generation
発売年 2014年
販売対象のマーケットプレイス
(詳細)
米国
フォームファクター セットトップボックス
ビルドモデル
android.os.Build.MODEL
AFTB
Androidのバージョン
android.os.Build.VERSION.SDK_INT
Androidレベル22(Android 5.1)
Fire OSのバージョン Fire OS 5
プロセッサ(SoC)
Qualcomm Snapdragon 8064
CPU 最大1.7GHzのクアッドコアQualcomm Krait 300。32ビットアプリに対応
GPU Qualcomm Adreno 320
メモリ(RAM) 2GB
ディスプレイ 該当なし
最大解像度 1920 x 1080(1080p)- 60Hz
オーディオコーデック
  • AC3(ドルビーデジタル)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • eAC3(ドルビーデジタルプラス)。最大48kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • **AAC-LC。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv1(AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • HE-AACv2(拡張AAC+)。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • **FLAC。最大48kHz、2チャネル、16ビットおよび24ビット(24ビットはディザなし)
  • MIDI。MIDI(タイプ0および1)、DLS(バージョン1および2)、XMF、モバイルXMF。着信音の形式:RTTTL/RTX、OTA、iMelody。最大48kHzのMP3、DSP(16ビットおよび24ビット)とソフトウェア(16ビット)の2チャネル
  • PCM/Wave。最大96kHz、6チャネル、16ビットおよび24ビット
  • Vorbis。Ogg(.ogg)、Matroska(.mkv)
  • AMR-NB。サポートあり
ビデオコーデック
  • H.264。ハードウェアによる高速化:最大1080p@30fpsまたは720p@60fps、20Mbps、ハイプロファイル(最大レベル4)
  • H.263。ハードウェアによる高速化:最大WVGA(800x400)@30fps、6Mbps、プロファイル0 レベル70
  • MPEG-4。最大1080p@30fps、20Mbps、アドバンスドシンプルプロファイル(最大レベル5)
DRM
デジタル著作権管理
  • PlayReady 2.5
  • Widevine L3
  • HDCP 1.4
Bluetooth Bluetooth 3.0:<a href='https://launchstudio.bluetooth.com/ListingDetails/15741"サポート対象のプロファイル</a>
OpenGLのバージョン
Open Graphics Library – 2Dおよび3Dグラフィックのレンダリング
OpenGL ES 3.0
Wi-Fi 802.11a/b/g/n、2x2 MIMO
(2.4GHzおよび5.0GHzのデュアルバンド)
イーサネット 10/100Mbs
ストレージ 8GB
Miracast
Fireタブレットのディスプレイミラーリング
サポートあり
Alexa遠隔操作
ハンズフリー音声操作
接続されたEchoデバイスでのみサポート
Alexa近接操作
リモコンのマイクボタン
サポートなし