開発者コンソール

Fire TV対応Androidアプリの作成方法


Fire TV対応Androidアプリの作成方法

ドキュメントの構成

手順1: メディアストリーミングアプリを作成する
Android Leanback Support Libraryには、効率的で魅力的なAndroidメディアストリーミングアプリの作成時に役立つ、主要コンポーネントとウィジェットがすべて含まれています。また、Android Studioを使用すれば... 続きを読む»
手順2: Amazon Fire TV向けのLeanback対応Androidアプリのしくみを理解する
Leanback対応プロジェクトでleanback、recyclerView、appCompat、Glideの4つのライブラリが重要となる理由を説明します。続きを読む»
手順3: Leanback対応Androidアプリのコンテンツを閲覧する
Fire TV対応Androidアプリの最も基本的なコンポーネントであるBrowseFragmentについて詳しく見てみましょう。続きを読む»
手順4: Presenterを介してユーザーインターフェイス(UI)を編集する
Presenterクラスについて詳しく見ていきましょう。Presenterクラスを使用すると、基になるデータ構造を編集しなくても、Leanback対応アプリのルックアンドフィールを定義できます。続きを読む»
手順5: DetailsFragmentを使用してアプリコンテンツの詳細情報を提供する
特定のコンテンツに関する情報を提供する方法を見てみましょう。それには、Leanback対応プロジェクトの主要コンポーネントの1つであるDetailsFragmentを使用します。続きを読む»
手順6: PlaybackOverlayFragmentを使用してビデオコンテンツを再生する
閲覧やコンテンツの検索から、特定のコンテンツの詳細を読み、アクションを実行するところまで、Fire TVについて詳しく見てきました。それでは最後の部分を見ていきましょう...続きを読む»