あなたのAlexaダッシュボード 設定

Alexa Skills Kit用語集

このドキュメントでは、Alexa Skills Kitドキュメントで使用されている用語について定義します。

A

アダプター(adapter): 「スキルアダプター」を参照してください。

Alexaアプリ(Alexa app): Alexaユーザー用のコンパニオンアプリ。端末のセットアップ、設定の変更に使用するほか、Alexaとの対話に関する視覚的情報を見ることができます。

Alexaサービス(Alexa service) / Alexa: Amazon Echo、Amazon Echo Dot、Amazon Tapなどの端末に搭載されているクラウドベースの音声サービス。Alexaからのリクエストを受け付けて応答を返す独自のクラウドベースのサービスを作成して、Alexaに新しい機能を追加できます。

Alexaスキル(Alexa skill): 「スキル」を参照してください。

Alexa Skills Kit: Alexaに新機能を追加するためのAPI、ツール、ドキュメントのコレクション。「Alexa Skills Kitによるスキルの構築」を参照してください。

AlexaスマートホームスキルAPI(Alexa Smart Home Skill API): 「スマートホームスキルAPI」を参照してください。

Alexaが使えるデバイス(Alexa-enabled device): Alexaサービスを利用できる端末。Alexa音声サービスを使用するAmazon Echo、Amazon Echo Dot、Amazon Tap、Echo Showなどの端末があります。

AWS Lambda関数(AWS Lambda function): AWS Lambdaにアップロードされるコード。Lambdaは、Node.js、Java、Python、C#でのコーディングをサポートします。スマートホームスキルのスキルアダプターは、Lambda関数として実装する必要があります。カスタムスキル用のサービスにLambda関数を使用することもできます。「AWS Lambda」も参照してください。

AWS Lambda: イベントに応答してコードを実行し、計算リソースを自動的に管理するAWS計算サービス。これにより、サーバーを管理することなく、クラウドでコード(Lambda関数)を実行できます。Lambdaはスマートホームスキルに必要です。スキルアダプターのコードはLambda関数でなければなりません。カスタムスキル用のサービスにLambda関数を使用することもできます。AWS Lambdaは、Amazon Web Servicesが提供するサービスです。

C

カード(Card): 「ホームカード」または「詳細ぺージ」を参照してください。

クラウドベースのサービス(Cloud-based service): 「サービス」を参照してください。

クラウド対応デバイス(Cloud-enabled device): インターネットに接続できる、電球、スイッチ、サーモスタットなどのスマートホームデバイス。通常、これらのデバイスはデバイス制御クラウドによって制御されます。

コンパニオンアプリ(Companion app): 「Alexaアプリ」を参照してください。

確認(Confirmation): Alexaによるユーザーの意思を正しく理解していることを確かめるための応答。確認には次の種類があります。

  • 暗黙的な確認(Implicit confirmation)ランドマーキング(landmarking)とも呼ばれます): Alexaが聞き取った内容を巧みな表現で繰り返し、正しく理解していることをユーザーに確かめます。例:

    ユーザー: アレクサ、十二星座占いで私の星座の運勢をチェックして。
    十二星座占い: どの星座ですか?

    ユーザー: (応答なし)
    十二星座占い: どの星座ですか?

    ここで、星座という語を繰り返すことが、自然な対話でユーザーとの信頼関係を確立するために使用されるランドマーキング技法です。

  • 明示的な確認(Explicit confirmation): Alexaが聞いた内容をもう一度繰り返し、正しいかどうかをユーザーに直接的に尋ねます。例:

    ユーザー: アレクサ、十二星座占いで私の星座の運勢をチェックして。
    十二星座占い: 十二星座占いで星座の運勢をチェックするんですね。あっていますか?

確認するタイミングに関する推奨事項については、「選択的な確認の使用」を参照してください。

会話(Conversation): 「対話」を参照してください。

カスタム対話モデル(Custom interaction model): カスタムスキルに定義する対話モデル。カスタム対話モデルは、対象スキルによって処理できるリクエストを定義するインテントスキーマと、ユーザーがそれらのリクエストを呼び出すために呼びかける一連のサンプル発話で構成されています。

カスタムスキル(Custom skill): カスタム対話モデルを使用するスキル。開発者は、スキルが処理できるリクエスト(インテント)と、それらをリクエストするために呼びかけることができるフレーズ(サンプル発話)を定義できます。インテントとサンプル発話のマッピングによって、対象スキルの対話モデルまたは音声ユーザーインターフェースが作成されます。

完全なカスタムスキルには、クラウドベースのサービスとしてホストされるコードと、Alexaサービスがリクエストをサービスにルーティングするために必要な情報が記されているコンフィギュレーションが含まれます。これは、構築可能な最も柔軟なタイプのスキルであると同時に、自分で音声インターフェースを提供しなければならないため、最も複雑なスキルでもあります。

D

詳細ぺージ(Detail card): Alexaアプリに表示される、各スキルについての情報と使用法を示すカード。カスタマーは、これらの詳細カードを参照して、有効にするスキルを選ぶことができます。詳細カードに表示される多くの情報は、開発者ポータルの「公開情報(Publishing Information)」セクションで入力します。「スキルメタデータの定義」を参照してください。

デバイス制御クラウド(Device cloud): クラウド対応デバイスを制御できるバックエンドのクラウドサービス。スマートホームスキルでは、AlexaスマートホームスキルAPIからデバイス制御クラウドにコマンドを変換するスキルアダプターを作成します。

デバイス制御クラウドのアカウント(Device cloud account): デバイス制御クラウドにアクセスするために使用する。各カスタマーの固有アカウント。カスタマーは、Alexaアプリを使用して、このデバイス制御クラウドのアカウントをAlexaサービスにリンク付けします。リンク付けに推奨されるメカニズムは、OAuth 2.0です。

デバイスディレクティブ(Device directive) :「スキルアダプターディレクティブ」を参照してください。

デバイス検出(Device discovery): AlexaスマートホームスキルAPIが、スキルアダプターを介して制御できるデバイスを検出するプロセス。

Alexaが使えるデバイス(Device with Alexa): Alexaサービスを利用できる端末。Amazon Echo、Amazon Echo Dot、Amazon Echo Plus、その他Alexa Voice Serviceを使用する端末などがあります。

対話エラー(Dialogue errors): Alexaとユーザーの対話で生じる予期しない事柄。対話エラーには次の種類があります。

  • 低信頼度エラー(Low confidence errors): ユーザーの発言内容を正しく理解できたかどうか、Alexaの確証が低い場合。この場合、Alexaは、再び質問して対話を続行するか、対話を終了します。
  • タイムアウト/無音/入力なし(Timeouts/Silence/No input): Alexaの質問にユーザーが応答しない場合。通常、ユーザーに応答を促す再プロンプトが再生されます。
  • 承認失敗(False accept): ユーザーの発言を理解しているというAlexaの確証が比較的高いにもかかわらず、実際には正しく理解できていない場合。

対話エラーの対処に関する推奨事項については、「Alexaの発話内容」を参照してください。

ディレクティブ(Directive): 「スキルアダプターディレクティブ」を参照してください。

E

Echoアプリ(Echo app): 「Alexaアプリ」を参照してください。

サンプルフレーズ(Example phrase): カスタムスキルで、ユーザーが使うことができるフレーズの例。これらのフレーズは、開発者ポータルの「公開情報(Publishing Information)」セクションで入力します。また、これらのフレーズは、サンプル発話のリストにも含める必要があります。「Alexaスキルの認証を申請する」を参照してください。

終了コマンド(Exit command): ユーザーが対話を終了するために言う、「終了」や「停止」などのコマンド。

H

ホームカード(Home card): カスタムスキルとの対話の内容または対話をより充実させるための情報を示す、Alexaアプリに表示される要素。ホームカードは、スキル用のLambda関数やウェブサービスをテストおよびデバッグするときにも役立ちます。詳細については、「スキルの応答にカードを追加する」を参照してください。

I

インテント(Intent): カスタムスキルに関して、ユーザーのコマンドと関連付けられている主要なリクエストまたはアクション。例: 「Alexa、History Buffで6月3日の出来事を調べて」。この文では、「6月3日の出来事」が、特定のAlexaスキルによる処理が可能なインテントに対応付けられます。このインテントは、Alexaに対して、このユーザーが「History Buff」から特定の日付の歴史情報を取得したいということを示します。

インテントの定義方法について詳しくは、以下を参照してください。

インテントスキーマ(Intent schema): カスタムスキルに関してサービスが処理できるインテントを宣言するJSON構造。詳しくは、「JSONおよびテキストで対話モデルを定義する」および「カスタム対話モデルのリファレンス」を参照してください。

対話(Interaction): ユーザーとAlexaとの間の会話。1対のリクエストと応答である場合もあれば、複数回のやり取りになる場合もあります。

対話モデル(Interaction model): ユーザーがアクションを実行するためにスキルに対して言うことができる語句およびフレーズ。カスタムスキルの場合、インテントスキーマと一連のサンプル発話を作成することで、対話モデルを定義します。スマートホームスキルの場合には、スマートホームスキルAPIで定義します。

中断(Interruptions): Alexaとユーザーの対話が別のイベントによって中断されること。中断の例として、ユーザーがAlexaに話しているときにアラームやタイマーが鳴る場合などがあります。

呼び出し(Invocation): 特定のAlexaスキルとの対話を開始すること。例: ユーザーは「Alexa、Astrology Dailyで私の運勢をチェックして」ということで、Alexaを起動して、Astrology Dailyスキルを呼び出すことができます。Alexaは、その呼び出しに応答して「どの星座ですか?」と尋ねます。呼び出しのタイプ:

  • フルインテント(Full intent): Alexaがリクエストに対するアクションを実行するために必要なすべての情報が含まれるユーザーリクエスト。例: 「Alexa、History Buffで8月20日の出来事を調べて」。
  • 部分インテント(Partial intent): ユーザーのインテントが含まれているが、リクエストスロットが含まれないユーザーリクエスト。例: 「Alexa、Astrology Dailyで私の運勢をチェックして」。このリクエストには運勢を調べる星座が示されていません。Alexaは、ユーザーからその情報を入手する必要があります。
  • インテントなし(No intent): インテントまたはスロットの情報がないユーザーリクエスト。例: 「Alexa、History Buffを開いて」。

各種タイプの呼び出しを処理する対話の設計方法に関する推奨事項については、Alexa音声設計ガイド: ユーザーの発話内容を参照してください。

呼び出し名(Invocation name): ユーザーが使用する、カスタムスキルの名前。ユーザーは、スキルの呼び出し名とサンプルフレーズを組み合わせてリクエストを言うことができます。例:「Alexa、History Buffで6月3日の出来事を調べて」。この例の場合、History Buffが、歴史上の出来事を調べるスキルの呼び出し名です。スマートホームスキルには、呼び出し名がないことに注意してください。

L

Lambda設計図(Lambda blueprint): 新しいLambda関数のサンプルコードとサンプル構成を提供する、AWS Lambdaコンソール内のオプション。わずか数クリックで、Lambda関数を作成できます。Alexa Skills Kitに関連する設計図がいくつかあります。例:

  • alexa-skills-kit-color-expertalexa-skills-kit-color-expert-pythonには、Node.jsとPythonの両方の簡単なカスタムスキルのサンプルも用意されています。「カスタムスキルのAWS Lambda関数を作成する」を参照してください。
  • alexa-smart-home-skill-adapter には、Node.jsのスマートホームスキル用のサンプルスキルアダプターが用意されています。
  • 新しいLambda関数を作成すると、他のいくつかのAlexaスキル設計図も利用できるようになります。

Lambda関数(Lambda function): 「AWS Lambda関数」を参照してください。

ランドマーク(Landmark): (別名、暗黙的な確認)Alexaが聞き取った内容を巧みな表現で繰り返し、正しく理解していることをユーザーに確かめます。

M

最大エラー状態(Max error condition): 連続して対話エラーが生じる場合。この場合、対話が終了し、Alexaが同じ失敗を繰り返さないよう設計されています。

N

通知(Notification): ユーザーが、イベントの発生時または発生前にAlexaから通知を受け取ることを必要とするアクションを行うこと。通知の最も一般的な例はアラームやタイマーです。通知は、他に何も実行されていない場合に実行されるだけではなく、Alexaとユーザーの対話中に中断という形で実行されることもあります。この場合、通知は対話のやり取りの合間に配信されます。

P

プロンプト(Prompt): ユーザーに詳細を尋ねる際にAlexaが読み上げる応答のテキスト文字列。ユーザーのリクエストに対する応答には、このプロンプトテキストを含めます。プロンプトには次のような種類があります。

  • 自由回答(Open-ended): 幅広い応答を引き出すことを意図した質問をユーザーに尋ねるプロンプト。例: 「何をしますか?」
  • メニュースタイル(Menu-style): 少数の選択肢(5個以下を推奨)から応答を引き出すことを意図した質問をユーザーに尋ねるプロンプト。例: 「Minecraft Helperです。レシピ、ポーションの材料、ゲームの遊び方を紹介します。どれを知りたいですか?」
  • 再プロンプト(Re-prompt): 対話エラーが生じた後にユーザーに質問するプロンプト。再プロンプトの一般的な目的は、ユーザーのエラーからの回復をサポートすることです。例:

    ユーザー:アレクサ、スコアキーパーを開いて。
    スコアキーパー: スコアキーパーです。何を更新しますか?
    ユーザー:応答なし)

  • ランドマーク(Landmark)暗黙的な確認とも呼ばれます): Alexaが聞き取った内容を巧みな表現で繰り返し、正しく理解していることをユーザーに確かめます。

R

再プロンプト(Re-prompt): 応答が聞こえない場合、またはよく理解できなかった場合にAlexaが使用する特別なプロンプト。「プロンプト」も参照してください。

S

サンプル発話(Sample utterance): 特定のインテントを、想定されるユーザーの発話に結び付ける、構造化されたテキスト文字列。カスタムスキルでは、対話モデルの一部として、一連のサンプル発話を提供します。ユーザーがこれらの発話のいずれかを言うと、Alexaサービスによって、対応するインテントが含まれるサービスにリクエストが送信されます。

サービス(Service): スキルをサポートするために作成するクラウドベースのサービス。このサービスはAlexaからクリエストを受け付けて、応答を返します。カスタムスキルの場合、サービスは、インテントを含んだリクエストを受け入れて、ユーザーへの返事となるテキストを含む応答を返します。スマートホームスキルの場合、サービスは、ディレクティブを受け付けて、照明やサーモスタットなどのデバイスを制御するためにデバイス制御クラウドと通信するスキルアダプターです。

カスタムスキルのサービスをAWS Lambda関数またはウェブサービスとしてデプロイできます。スマートホームスキルのスキルアダプターは、Lambdaを使用してのみホストできます。

スキル(Skill): Alexaの機能または能力。Alexaには一連の(ミュージック再生などの)標準スキルが備わっており、開発者はAlexa Skills Kitを使用してAlexaに新しいスキルを提供できます。スキルには、開発者ポータルで提供されている(クラウドベースのサービスという形式の)コードと構成が含まれます。「カスタムスキル」と「スマートホームスキル」も参照してください。

スキルアダプター(Skill adapter): AlexaスマートホームスキルAPIからデバイス制御クラウドにコマンドを変換するために作成するコード。このAPIは、ディレクティブと呼ばれるリクエストをスキルアダプターに送信します。その後、スキルアダプターは、デバイス制御クラウドと通信してデバイスを制御します。スキルアダプターは、AWS Lambda関数として作成します。

スキルアダプターディレクティブ(Skill adapter directive): AlexaスマートホームスキルAPIからスキルアダプターにリクエストを送信するための、JSON形式のデータと命令の集合。

スキルアダプターディレクティブ言語(Skill adapter directive language): AlexaスマートホームスキルAPIとスキルアダプター間の通信を可能にするJSONプロトコル。

スロット(Slot): リクエストに関する詳細情報をAlexaに提供する、インテントへの引数。例:「Alexa、History Buffで6月3日の出来事を調べて」。この文の場合、「6月3日」がリクエストを絞り込むデータスロット値です。

インテントによっては、スロットが必須の場合もあれば、オプションの場合もあります。

  • 必須(Required): Alexaがユーザーリクエストを完了するために必要な値が含まれるスロット。例: 「Alexa、Astrology Dailyで牡牛座の運勢をチェックして」。具体的な星座名がないと、Astrology Dailyは運勢を答えられません。ユーザーが必要なスロット値を提供しない場合、スロット値をユーザーに尋ねる必要があります。
  • オプション(Optional): ユーザーリクエストの絞り込みに使われるが、タスクを完了するために必須ではない値を取るスロット。例:「Alexa、History Buffで6月3日の出来事を調べて」。6月3日はオプションです。History Buffはユーザーが特定の日付を指定しない場合、今日の歴史上の出来事を答えます。このように、ユーザーの発話にオプションのスロット値が含まれていなくても、その値を尋ねる必要はありません。

スロットを必須に指定し、Alexaがそのスロット値を取得できるよう対話を進めるよう設計するには、ダイアログモデルを作成しDialog.Delegateディレクティブを使用します。

スマートホームスキルAPI(Smart Home Skill API): 照明やスイッチなどのスマートホームデバイスをAlexaが制御できるようにするスキルを作成するためのAPI。スマートホームスキルAPIは、「照明をつけて」などの発話をデバイスディレクティブに変換し、ディレクティブをクラウド対応デバイスを制御できるスキルアダプターにルーティングします。

スマートホームスキル(Smart Home Skill): 照明やサーモスタットなどのスマートホームデバイスを制御するためのスキル。スマートホームスキルAPIを使用する場合、対象スキルが処理できるリクエスト(デバイスディレクティブ)と、それらのリクエストを行うときにユーザーが呼びかける言葉をこのAPIが定義します。

完全なスマートホームスキルには、AWS Lambda関数としてホストされるコードと、AlexaサービスがリクエストをLambda関数にルーティングするために必要な情報が記されている構成が含まれます。スキルのコード(スキルアダプターと呼ばれます)は、クラウドを使用して(照明などの)デバイスを制御できなければなりません。

システムエラー(System errors): ユーザーとAlexa間の対話に関連しない、予期しない事柄が生じる場合。例: ユーザーがリクエストした情報を取得するためにデータサービスが使用した呼び出しが、その情報をAlexaに送信できなかった場合など。

T

教えて(Tell): ユーザーが特定のカスタムスキルを起動するようAlexaに命令するときに呼びかける言葉の1つ。スキルの呼び出し名と組み合わせて使用します。例: 「Alexa、Color Expertに私のお気に入りの色は赤だと教えて」。Alexaとの会話を始めるためにユーザーが使うことができるフレーズはいくつかあります。「カスタムスキルを呼び出す方法」を参照してください。

読み上げ(Text-to-Speech (TTS)): テキスト文字列の合成音声(Alexa音声)への変換。Alexaサービスでは、TTS会話にプレーンテキストを利用できます。

ターン(Turn): 会話のターンとは、Alexaへの1つのリクエスト、またはAlexaからの1つの応答を指します。場合によっては、リクエスト側からの会話のみを数えることもあります。たとえば、「Alexa、Horoscopeを開いて」、「どの星座にしますか?」、「魚座」、「今日の魚座の運勢は...」という場合には、厳密には4ターン含まれていますが、2ターンの会話と見なされることがあります。

U

発話(Utterance): ユーザーが行いたいことを伝える、またはAlexaに質問するために言うフレーズ。カスタムスキルの場合、カスタム対話モデルの一部として、インテントにマッピングされるサンプル発話を提供します。スマートホームスキルの場合、スマートホームスキルAPIが、事前に定義された一連の発話を提供します。

V

音声インターフェース(Voice Interface)または音声ユーザーインターフェース(VUI): ユーザーが、主に音声を使ってコンピューターと対話するためのインターフェース。カスタムスキルの場合、音声インターフェースは、ユーザーの発話と、クラウドベースのサービスで処理可能なインテント間のマッピングで構成されます。関連トピック:

W

ウェイクワード(Wake word): ユーザーがAlexaに何かをリクエストする前に言うコマンド。例: 「Alexa、History Buffで12月7日の出来事を調べて」。この場合、「Alexa」がウェイクワードです。Alexaユーザーは、定義されている一連のウェイクワードから選択できます。

ウェブサービス(Web service): Alexa Skills Kitのコンテキストでは、Alexaサービスからのリクエストを受け付けて応答を返すことができる、インターネット接続可能なサービス。ウェブサービスは、カスタムスキル用のクラウドベースのサービスとして使用できます。